MEGURO K3ムックの裏話。その1


メグロK3ムックの中の記事にもありますが、メグロといえば……のひとつに東京オリンピックがあります。というのも1964年の東京オリンピックで聖火リレーの先導を務めたのがメグロ・スタミナKP(K1後期型のポリス仕様)でした。オリンピック開催の是非は別として、スペシャルバージョンとして白塗装ポリス風ver.MEGURO “K3P”のデモ車をカワサキさんが作ってくれたら盛り上がるなぁ……なんてムック本制作中に考えながら、↑ココへ向かいました。

オリンピック開催を待ち新国立競技場横で夜間ライトアップされている五輪オブジェの前でメグロK3とパシャリ。1964年から約60年。今から60年後の2080年にこの写真を見たら、メグロK3はどんな風に見えるのでしょうか!?

 


その流れで翌朝向かったのがコチラ。1965年に完成した原宿のマンション、コープ・オリンピア。’60年代とは思えないレトロながら斬新なデザインはいつ見ても見惚れてしまいますがメグロK3との相性はどうだろう!? ……なんて期待して向かいましたが、このフォトスポット=スロープの頂点は駐車場からの通り道。メグロK3を置いてカメラを構えた瞬間に管理人さんに注意され即終了! よって誌面ではボツ。ハイ、ちゃんと許可を取れってハナシです。失礼しました。


セピア加工してみました。「メグロK3とゆく’60年代遺産巡りツーリング」なんてのも楽しそうですね。そんなに残っていないのかな。

 


では、まだご覧になっていない方は、ぜひ全国の書店もしくはAmazonでポチッとどうぞ。Wファンであれば読み応えある内容になっております。


そうそう、3月30日発売のGO OUT連載の“ストバイ”でも“メグロネタ”やらせてもらいました。こちらもチェックよろしくお願いいたします。

半年ぶりの入稿〜。カワサキ“M & W”なムック本は3月24日発売です。

こんな角度から見ると、単気筒SRのスリムさが強調されてGOODですね〜。細身のタンクに車体に寄り添うマフラー……純正が一番だなぁなんて思ってきたらおじさんの仲間入りでしょうか!?

こんなペースでいいのか!? とは思いますが、昨年9月に発売した「大人のBIKE CAMP」に続くムック本、順調に編集制作中です。今日は半年ぶりに大日本印刷さんに入稿物をお届け。カワサキ”M & W”なムック本は3月24日発売ですのでお楽しみに。

 


書類的な荷物を運んでいた今日はシートバッグとともにこんな使い方。バッグには帰り道用のインナーダウンを仕込んでいました。

発表から数日で約6000台もの予約!? SRファイナルモデル。

ヤマハさんのサイトに掲載されていましたが、今年でSR生産終了のアナウンスが流れてから発表された2021年モデルは、なんと約6000台もの予約が入ったそうです。ちなみに43年間での累計生産台数はおよそ12万台!!


年代別の購買層がこちら。一時期よりも40代以上の“オトナ世代”が増えているのが、SRが持つ懐の深い魅力を物語っている気がしますね〜。

 

ストバイでも別冊「大人のSR」でも、しつこいくらい何度も書いてきましたが、とにかく2019年以降に刷新されたFIのフィーリングは、FI第一世代のSR乗りとしても嫉妬してしまうほど、もうほんとに最高なんです。スロットルの明け初めから「まるでツイン!? 」と感じてしまうほど、チカラ強く粘る低中速のトルクフィーリングは、これまでのSRとはハッキリ言って別物。でも、しっかり単気筒ならではの気持ちいい鼓動感は伝えてくる……「一度はSR乗っておきたいんだよなぁ」なんて方は、もはやキャブかFIかで迷ってる場合じゃありませんよ!

 


かくゆう私は、最新モデルに嫉妬してしまうFI第一世代のSR乗り。現在、500cc化して楽しく乗っていますが、最新のECUが搭載された現行SR400を500ccにして燃調を整えたらどうなるだろう? と思うと……乗り換えたくなるほどです、ホント。

↑PageTop