[SR500F.I.]初めてのヒューズ切れ。原因究明-3

切れたり切れなかったり……SR500F.I.がレッカーを含め不定期に4回もエンジン不動に陥る原因不明のヒューズ切れに見舞われ早4ヶ月。いよいよ佳境に迫ってまいりました。前回、前々回の模様は⇩で。

 

■「初めてのヒューズ切れ」原因究明-1は→原因究明-1
■「初めてのヒューズ切れ」原因究明-2は→原因究明-2

 

配線図を辿りキルスイッチ、フレームアース、フューエルポンプリレーと、安価で確認しやすい場所から故障やリークの原因を探るも上記3箇所は全て正常。残るは関連する配線を一本一本確認するか、メインキーの交換か、フューエルポンプの交換。そこで僕が睨んだのはメインキーでした。それは以前にキーシリンダー内部で削れた鍵や鍵と接する部品(各ディスク板)の鉄粉が原因で導通不良を起こしたりリークの原因になったり……という話を聞いたことがあったからです。

 

また、ヤマハ車に多い症状ですが、僕のSRも4〜5年目くらいからハンドルロックの解除やキーOFFからONにする時にやや回りづらくなる症状が出始め、その症状は徐々に酷くなり、オーナーだけが分かるコツじゃありませんが、微妙なチカラ加減でカギを前後に押しながら動かさないと“スムーズに回わらない”状態になってもいたからです。前回も書いてますが、パーツクリーナーでの洗浄は何度も行いましたが、鍵を刺す部分から吹く程度……これほど不定期なヒューズ切れからすると、日々、回りづらくなっているキーシリンダーはやはり怪しい……と考えたのです。



ところがメインキーの交換はなんと約10万円!? (高過ぎてツライ)……と悩みながらネットサーフィンしていて見つけたのが、錠前のプロフェッショナル=ツールドコルスさんでした(ブログ「カギの穴からこんにちは」も要チェックです)。ブログをさかのぼって読み進めると、オートバイのキーシリンダーだけじゃなく、自宅の鍵やスーツケースの鍵など……ありとあらゆる鍵の修理、改良、スペアキーの製作を行うスゴ腕の鍵屋さん。そして配線リークのことも忘れ思わず気になったのは、旧車に多いキーON時の“カギ抜け”、そしてヤマハ車に多いカギが“回りづらく”なるトラブルの修理/改善・改良についてでした。



基本的にはキーシリンダーを郵送し(トップブリッジから外せない場合はトップブリッジと一緒でOK)、修理し送り返してくれるシステムですが、一刻も早く!! というわけで、栃木県壬生町にあるツールドコルスさんにキーシリンダーを持ち込みました。

ツールドコルス主宰で技術者の青木さん(正式な肩書きは、日本錠前技師協会認定錠前技師 / 錠前特殊加工技師 / スーツケース修理士)は、度重なる同様の症状の修理をこなす中でその構造的欠陥に気づき、キーシリンダーの内部構造を独自の技術とノウハウで改良することで、単なる修理を超えて“今後、同じようなことが二度と起こらないよう”に改良・改善までしてくれるというのです!! この改良については、あらゆる鍵の構造を知り尽くした熟練の職人であり、探求し続けてきた技術者だからこそ辿り着いたノウハウで、青木さんも「おそらく現在、全国で同じ改良・修繕を行う鍵屋さんはないと思います」と仰っていました。

 

というわけで、“何をどう施すか!?”は当然企業秘密で、僕自身も具体的な内容を聞くことも作業を拝見することもできなかったのですが、その仕上がりはお世辞抜きに素晴らしく、今後“回りづらくなる”ことがないことを考えると、その仕上がりはもはや新品以上といえるクオリティと言えるのです。つまり、値段の問題以上に新品を購入するよりツールドコルスさんにて修理した方が、断然お得というワケです(価格も想像をはるかに超える安価!! 詳細は後ほど)。




こちらトップの写真と同じモノですが、キーシリンダーを分解し取り出した“内筒”と呼ばれる部分にSRの鍵を刺した状態(キーOFF)。SRの場合、カギの山と溝が計8枚のディスク板と組み合わさる作りで、正常であればカギを刺すと各ディスク板は“内筒”から飛び出さず“面一”になることで鍵が“回る”仕組み。つまり、違う鍵でキーシリンダーが“回らない”のは、鍵とディスク板がピッタリ合わないため、ディスク板が内筒から飛び出した状態(面一にならない)になりディスク板が外筒に引っかかることによって回らないのだそう。

そこで、上記の写真をもう一度よく見てください。内筒に対して鍵が若干“左上がり”に刺さっているのが分かるでしょうか? そして、それに伴うように、内筒の先端にいけばいくほど、ディスク板の飛び出す幅が増えています。僕のSRの鍵が回りづらくなっていた原因はコレ!!

[×]手で持っていますが、最初の写真と同様に普通に刺した状態。“左上がり”でディスク板も比例して飛び出しています。

[◯]鍵が内筒に対して垂直に刺さるように手で調整すると(この場合、やや鍵の持ち手側をやや上に持ち上げる)、ご覧のとおりディスク板は内筒に対して面一になり飛び出ません。いわゆる正常なキーシリンダーは鍵が刺さっている時はこの状態。

構造を知ると、回りづらくなってから鍵を微妙なチカラ加減で前後に押すとスムーズに回っていた……というのも納得なのです。


こちらはツールドコルスさんからお借りした、他のSRのお客さんの修理写真。

では、どうして使用している内にこうなってしまうのか!? というと、これはもう構造上の欠陥でしかないらしいのです。もちろん、何百何千回と抜き差しする鍵を毎回キーシリンダーに対して垂直に刺し、かつ回す際もその垂直を狂いなく保ったままであれば、早々こうした状態にならないのかもしれませんが、そんなの不可能なのは誰でも分かること。

また、“ディスク板の飛び出した部分”を削ることで修理する鍵屋さんもあるらしいのですが、もうお分かりの通り、その修理は間違えた応急処置でしかなく、一時的に回りやすくなるかもしれませんが、いずれまた同じ症状が起きたり、本来必要なディスク板を削ってしまうため、今度は鍵抜け等を誘発する恐れもあるのです。



ツールドコルスさんはディスク板を削ることなく内筒内部に独自の技術で加工を施すことで、一般ユーザーが普段通り気軽に使用しても鍵が“斜め”にならないように改良してくれるのです。

分解したばかりのコンビネーションスイッチ。溶け流れたグリスの汚れは割と酷い方だそうで、導通に悪さをする場合もなきにしもあらず……とのこと。

驚くほどキレイにしていただいたコンビネーションスイッチ。

またツールドコルスの青木さんは、趣味で過去に4輪ラリーを楽しんできた経緯を持ち、現在も二輪も四輪も整備からレストアまで自身で行うほどの知識と経験があるため、偶然でしたが当然配線関係にも詳しく、今回のフューズ飛びの件を相談すると「キーシリンダーの修理とともに、コンビネーションスイッチの確認・清掃、そして配線の導通も確認しますよ」と。

 


そしたらなんと!! メインキーの配線で一部導通が怪しい箇所があったのでした。「繋がったり繋がらなかったり……でもコレでヒューズが飛ぶとは考えにくいですね」と青木さん。整備関係だけじゃなく電気関係にも詳しいツールドコルスさんには各配線等の部材も揃うため、念のため配線も新しくしてもらったのでした。


またスプリングの変形により半開きになってしまっていたシャッター部分もスプリングを交換し修理してもらいました。(写真は変形してしまっていたシャッターの開閉を担うスプリング部分)

こちらは仕上がったキーシリンダーを無事車体に組み終えた状態。ほんとに素晴らしい仕上がりで、鍵を回す際の「手応えのあるしなやかさ」はまさに新品同様!! ※内部構造は新品以上!!

 

そして気になる修理代は、
■キー抜け/キーの回りづらさ=¥8,000(税別) ※今回は配線製作代が別途かかりましたが、正直、仕上がりそして技術代から考えても安過ぎる価格です。
■黒色のサブキーからの追加合鍵製作=¥10,000(税別/一本)

 

いずれにせよ、SRをはじめ僕と同様の症状で困っている方、旧車での鍵抜けで困っている方(こちらも独自のノウハウで修理・改良してくれます)、その他、スーツケース等での困り事も含め、ツールドコルスさん、本当におすすめです。青木さん、ありがとうございました。

 

■GO→ツールドコルスさん
■GO→ブログ「カギの穴からこんにちは」

 

最後に、オートバイの鍵の修理も多数こなしてきた青木さんから
「鍵が抜けはしないけど回りづらい時によくしてしまうのが、キーを捻って曲げてしまうことです。キーが引っかかるけどついつい力を入れて回してしまうのは分かりますが、これは絶対にダメです。また、合鍵などもしっかり技術を持ったところで作らないとシリンダーを痛める結果となります。今回のようなシリンダーが要因で回りづらい時に、質の悪い合鍵で回すとキーもシリンダーも痛め取り返しがつかなくなります。また、回らないからと潤滑剤で“556”を多用するのもダメです。556等には金属を溶かす溶剤も含まれているため、必ずトラブルの原因となりますし、サビを誘発したりグリスを洗い落としてしまい潤滑不良も起きるためデメリットでしかありません。少量のグリス・スプレーか、少量の鍵用の潤滑スプレーもしくは少量のフッ素系潤滑剤を塗布するのがオススメです。なおネットでは鉛筆の芯を削って潤滑代わりに使うネタがありますが、アレは異物混入や詰まり要因となるのでおススメはしません」とのこと。




さて、10万円を覚悟していたメインスイッチは、回りづらさだけじゃなく、想定外の配線トラブルまで発見・修理できて、なおかつキーシリンダー内部の洗浄も完璧に出来て1/10程度の費用で収まりました。懸案のヒューズ飛びは直るのでしょうか!?

続く。

[SR500F.I.]レバーは折れたら変えるもんだと思ってた。

[上]1年ほど使用したドッグレッグ・タイプの2010年SRの純正クラッチレバー[中]ストレート・タイプの1992年TZ250の純正クラッチレバー[下]およそ7年使用したTZ250のクラッチレバー

リークの原因追求ブログの途中ですが……ちょっと別の話題を。


何度も書いてますが、2010年から新車で乗り始めたインジェクションSR。およそ8年で走行距離は8万5000キロほど。車検も含め日常メンテは基本的に自分で行っているので、ある程度、状態は把握できていると思っていましたが、最近は考えてもみなかった部分での消耗/磨耗が出てまいりました。先日発見したクラッチレバー自体の磨耗もそのひとつ。



違和感のきっかけは、昨年クラッチケーブルが切れ新品に交換した後でした。しっかり注油もした新品ケーブルにもかかわらず、交換した直後からクラッチレバーがなんだか重たい!? と感じたこと。さらに“遊び”の調整も精度が良くないというか……自分好みにきっちり合わせても、わずかながらすぐに“遊びが増えて”しまうのです。思えばクラッチ周辺は納車以降、何も部品を変えずに使い続けている箇所のひとつ。クラッチ板にプッシュレバーにプッシュロッドと、いよいよ一度チェックしないといけないのかなぁ……と思ってた矢先に、フト確認したのが“レバー”だったのです。

[左]約7年使用[右]新品。レバーを留めるボルトが通る穴が見事に楕円に広がっています。

[左]約7年使用[右]新品。ホルダーにハマる部分の“幅”も磨耗し、不均一に薄くなっていました。


クラッチレバーを外してみるとご覧の有り様!? レバーを留めるボルトが通る穴は大きく楕円に広がり、ホルダーにハマる部分も不均一に磨耗していて、なぜ気づけなかったのか!? と自分の鈍感さにガッカリするほど、上下に左右にとカタカタする状態でした。

ホルダー側も相当長期間磨耗したレバーがカタカタと擦れたのでしょう? ひどい状態でした。

新品ホルダーのレバーがハマる部分の幅は約7mm。

磨耗したホルダーのレバーがハマる部分の幅は約8mm強!? 削れたのでしょうか? 1mmも広がっていました。

当然、レバーが付くホルダー側の磨耗もそれなりにヒドい状態で、レバーがハマる部分の幅は約1mmも広がっていました。まだクラッチが“滑る”状態ではなかったため、「クラッチ操作が重たく感じたり、遊び調整がきっちり出来ない原因はコレか!!」と慌ててホルダーとレバーを交換したというわけです。

 


ホルダーとレバーを新品に交換し、各部を注油&グリスアップ。やはり原因はここだったようで、クラッチレバーの妙な重たさは改善され、遊びの調整もきっちり微調整できるようになりました。しょっちゅう使う部分だからこそ、きっちりしていると本当に気持ちいいですね。しかし言い換えればしょっちゅう使う部分なのに、どうしてこの違いに気づけなかったのか!? いや、しょっちゅう使う部分だからこそ、磨耗とともに徐々に変化していく違いに、いつしか慣れてしまい気づけなかったのか!?

ぼちぼちオートバイのこと分かってきたなぁ、少し乗れてきたかなぁ……なんて思い始めてましたが、こうした違いに気が付けないなんてまだまだですね。


いずれにせよ、「レバーなんて折れたら交換する」モノだと思っていましたが、それは大間違い。そしてもうひとつ大切なのは“レバーの角度”の調整。真っ直ぐ手前に引いてるつもりでしたが、今回の磨耗を発見しあらためて確認すると、僕の場合レバー位置がやや下過ぎたのか、手前に引きながらわずかに斜め上方向にチカラがかかってしまっていたようでした。間違いなくそれも磨耗の原因。レバーの角度も再調整し作業は完了!


お約束の“昭和パーツ”!? レバー先端に付けるゴムも装着。

 

 


しかしながら、部品同士が擦れ合う部分は少なからず磨耗する……その視点で考えると、まだまだ気になる部分が出てきますね。少しずつチェックしていこう。

[SR500F.I.]初めてのヒューズ切れ。原因究明-2


編集部に戻りマニュアルを確認し、まずは全体の配線図をチェック……すればいいものを、ヒューズが切れた結果としてフューエルポンプが作動しなかったことが頭の中を支配してしまっていた僕は、“フューエルポンプ系統”のトラブルシューティング&配線図から確認し始めてしまったのでした。この配線図から推測すると怪しいのは、当然、自分で触ったヘッドライトケース内部に配線があるメインスイッチ関連とキルスイッチ関連、その次がフレームアースにフューエルポンプリレーにフューエルポンプ……となる。順番からすると、1:メインスイッチとキルスイッチの配線確認と各接点の洗浄、2:フレームアースの確認、3:フューエルポンプリレーの交換。しかし思い返せば、これが原因究明を長引かせたミスの始まりだったのでした。



レッカー車にて編集部に運ばれてきた翌日、岡山の山中と同様、まずは再びヘッドライト周りの配線のカプラーをいったん全て外し、もう一度各配線を念入りにチェックし付け直す。また、鍵やキーシリンダー内部のディスク等の削れた鉄やアルミの粉が悪さをしているかもしれない!? と、キーシリンダー内部をパーツクリーナーでできる限り洗浄。そして切れたヒューズを取り替えてみると……なんと、またしてもヒューズは切れずにエンジンがかかるのです!? そして試しに編集部周辺をぐるぐる走り回ってもヒューズは切れず、当然エンジンも止まらない。なんだか腑に落ちないまま、恐る恐る12〜3キロある家まで走ってみるも、これまた無事に走り切るのでした。まさか原因はキーシリンダー内部……!? ウ〜ン。


ちなみに[↑]フューエルポンプリレーは、ヘッドライトリレーと同じ部品のためそれぞれを入れ替えてみて正常に動作しているのは確認済み。さらに1000円ちょっとのため、念には念をと新品に交換しました。そしてフレームアースもこのタイミングで確認と洗浄済み。

 

ところが!? それから1週間、故障がウソのように日々の通勤をこなしていたSRが、帰宅途中に家から二駅ほどの距離でまたもエンジンストップ!! やはり原因は同じ場所のEFIヒューズ切れ。たくさん買いためておいたスペアのヒューズに付け替えるも、やはり直後はキーをONにした瞬間に付け替えたヒューズは即座に切れてしまう……夜中だったこともあり30分以上かけ家まで押し、翌日自宅からほど近いオレンジブルバードに緊急ピットイン。一連の症状を話すと、過去に(キャブレター車で)キルスイッチの接点の汚れが原因で同様にヒューズが切れたことが数回あるとのこと。いよいよキルスイッチか!! と、キルスイッチの接点の洗浄(納車以降、一度も掃除したことがないため結構汚れていた!!)とともに、念のためややサビも出ていたヘッドライトケースの中の各配線カプラーの接点もキレイにし接点復活剤を吹いてもらう。

自宅からほど近いオレンジブルバードにてキルスイッチ部分の清掃と各カプラーに接点復活剤を拭いてもらう。

そして、再度ヒューズを付け替えキーONにすると、またもやヒューズは切れない!? のです。当然エンジンをかけても切れない。原因はキルスイッチ!? いや、ここまできてそれも早計だ……やはりどこかの配線の中でのリークを疑い、エンジンをかけた状態でヘッドライトケースの中の配線や左サイドカバー内のフューエルポンプ周辺の配線を2人がかりでしばらく手で揉んでみるも、まるでヒューズは切れないのでした。なんだかスッキリしないまま「様子を見よう」ということになり、途中で止まるのを覚悟で編集部へ向かうと無事に15キロほど走りきってしまったのでした……じゃあ原因は本当にキルスイッチの接点不良だったのか??



それからなんと2週間……


毎日、通勤にSRを使うも一度もヒューズが切れることはなかったのです。前例もあったと言ってたし「こりゃキルスイッチの接点不良だな」とタカを括り、8月4日に栃木で開催されるオールドタイムラン・サマーフェスタをSRで往復(約300キロ弱)できたら、その想いも確信に変わる!? と、半ば強引にSRで栃木行きを決行。そして何事もなく無事に往復できたのでした。これは本当にもう大丈夫か!! とひと安心した翌日……編集部からの帰り道にその時はやってきました……まだ家まで7〜8キロあるところで同じくヒューズ切れにてエンジンストップ。当然、スペアに変えてもキーONでヒューズは即死亡。もう心は完全に折れ、この日は近所に見つけた駐輪場に止め電車で帰宅。翌日ハイエースで回収となりました。

合計4回目の路上ストップ。もはや心も折れかけ、翌日ハイエースで回収…。

なぜ心が折れたかというと……残された可能性は、丁寧に配線を一本一本確認しリーク箇所を探る、もしくはメインハーネスの交換=約3万7000円(金額もさることながらどちらも作業がツラい)。またはメインキー・ユニットの交換=約10万円、もしくはフューエルポンプの交換=約2万5000円……だからです。しかしながらメインハーネスは取り回しも含め、納車以来ほぼ触っていないに等しい部分。フューエルポンプに関しては初のFIモデルでもあるため、何とも言えないものの故障の話はまだ聞いたことがない。それらに比べると、分解できないメインキーユニットはパーツクリーナーで洗浄したといっても鍵穴から吹いた程度だし、おまけにヤマハ車に多いことでもありますが、ずいぶん前から“鍵が回しづらく”もなってもいたのでした。メインキー内部でのリークは聞いたことはあるし、8年乗ってるし……まずはメインキーの交換からかなぁ……はぁ10万円……と、心が折れかけたというわけです。

 

いずれにせよ、根気と時間とお金は必要……と悩んでいた矢先、救世主を見つけたのでした。続く。

 

↑PageTop