創刊”20周年”記念スペシャル第3弾は[超豪華・読者プレゼント]ですよ〜。本買って応募すべし!!


そうなんです!!

1997年に創刊したストバイは今年で20周年。創刊月の7月24日号ではLewis Leathers革製キーホルダーを特別付録にしほぼ完売!! そして前号ではHONDAモンキー50周年とコラボし、A5版(モンキーサイズ)クリアファイルを付録にしました。そして今年最後の発売である最新号では、20周年記念スペシャル第3弾として豪華読者プレゼントをご用意しました!!

Lewis Leathersにおんぶにだっこじゃありませんが、なななんと!! ルイスのレザージャケットを筆頭に、エンジニアブーツにヘルメットにグローブに各種アウター&デニムパンツまで……協賛ブランドさんによる超豪華な読プレ全14点目白押し!!

 

応募締め切りは次号発売日(2018/1/24)の前日まで。厳正なる抽選の後、1月末には発送になります。大人のお年玉、新年の運試しにひとつ、最新号を買って応募しましょう!!

創刊20周年謝 & “DAY TRIP” タンクバッグ・リニューアル大特価SALE開催!!

今年は創刊20周年の記念イヤーということで、年末年始を待たずに始めちゃいます大特価セール!!

第1弾は”DAY TRIP” タンクバッグ。こちら、’60年代に一世風靡した往年のコロ●社製タンクバッグを彷彿させる“ラグビーボール”形状が、旧車はもちろんクラシックなスタンダード車に似合うロングセラー・モデル。ストバイ・プロデュースによる最大のポイントは、オートバイのフォルムを崩さない“流線型フォルム”。小ぶりながら約2.2ℓの容量を誇る”DAY TRIP”タンクバッグは、日常使いからツーリングまでアナタのオートバイライフをスタイリッシュに、そして豊かにしてくれますヨ!!

じつはこの”DAY TRIP”タイプ、昨年夏頃から水面下で進めていたリニューアルにメドがついてきたため、今年いっぱい(現在庫限り)で全モデル廃盤。2018年春に生まれ変わることが決定しました!! というわけで、現在庫&カラーオーダーモデルのサンプルを約30〜50%引きにて大特価セールといたします!!

そのほとんどは各1〜2個になりますので、まさに早いモノ順。センター/サイドどちらかしかないモデルも多数のため、ピタリとハマれば即ポチッがおすすめです。

 

本日12月1日 22:00よりスタートします!! web shopをチェックお願いします!!

 

ストリートバイカーズ2018年1月号 (最新号)絶賛発売中!!


■特集「旧車と19インチ」旧車が偉くみえるワケ!?
■全国秋の旧車ミーティングレポート
■[RSC]2nd スイングアームを考える。
■“冬手袋”図鑑 老舗JRP産直レポート&カタログ
■[W3組立]WWW.COMスペシャル

 

なんだか今年もあっという間に年末の声が聞こえてきそうですね。歳をとればとるほど“時間”に対する経験値が増えることで、1年が早く感じるようになる……なんて話を聞いたことがありますが、本当でしょうか? というわけで、あっという間に2ヶ月。11月24日に発売したストバイ最新号は2018年1月号になります。

 


ドーンッと表紙を飾るこのオートバイ、何だか分かりますか? こちらはカワサキW1SA。毎週末、雨に降られ散々だった10月の中で唯一、天候に恵まれた第1週に箱根で行われたW1ミーティングでの1カットです。W1ミーティングの会場に入るにはスロープを上がり鋭角に左折するワケですが、今回は“あるネライ”があり、入り口でYASがしゃがみこみ下から皆さんを撮影いたしました。

 

あるネライとは…!?

 

 


■特集
「旧車と19インチ」
旧車が偉くみえるワケ!?
featuring 「全国秋の旧車ミーティングレポート」

W1ミーティング / 第84回アサマミーティング / 第35回北海道ミーティング / 第36回英車の集ひ / 古き2輪を愛でる会2017 / オールドタイムランみかも2017

そう、特集タイトルは「旧車と19インチ」

カワサキW800が生産終了した現在、じつはH-Dを除くと現行車でフロント19インチのオートバイはありません。エッ!? と思いません? ’50〜’60年代の英車をはじめ、’70年代の国産車のラインナップはそのほとんどがF19-R18だったのにって。時代の流れ(数々の陰謀!?)でしょうか、F19-R18は前後18インチになり、紆余曲折あったレーサーレプリカ全盛期を経て、今やニューレトロ、ネオクラシックと呼ばれるモデルですら前後17インチが主流です。

でも……「前後17インチなんて、レプリカじゃないんだから」といっぱしに批判できても、じゃあF19-R18、もっと言えばフロント19インチの魅力って、一体何だったんだろう? と聞かれてはっきり答えられるヒトも意外と少ないものです。でも、何だか楽しいんですよね(笑)

第32回を迎えたW1ミーティングを始め、第84回アサマミーティング第35回北海道ミーティング、第36回英車の集ひ古き2輪を愛でる会2017オールドタイムランみかも2017と、今年も恒例の秋の旧車ミーティングが「雨にもマケズ」全国各地で開催されました。

そんななか、ひと括りに“旧車”……といっても、’60〜’70年代生まれの旧車が全国ドコでもイチバン元気に走り回っていたように感じました。調査を進めると……威風堂々とした旧車の存在感にはやはり“何か”があるような……その謎を解く鍵は、やはりフロント19インチ!?な〜んて思ってしまったのです。

というわけで、秋の旧車ミーティングとともに“オートバイと19インチ”について、あれこれ思いを馳せてみませんか?

 

 


[RSC]2nd
スイングアームを考える。


“冬手袋”図鑑
老舗JRP産直レポート&防寒グローブカタログ2017〜2018

 

[W3組立]
WWW.COMスペシャル


■New Model Review
「”CB”の意味が見えてきた!?」
HONDA CB1100RSで考える”CB感”。
さかのぼること70年近く!? CB92から始まった”CB”の呼称には、市販スポーツモデルだとか、空冷4発だとか、インライン(並列)だとか……昔からさまざまな憶測が繰り返され続けていますが、CB1100RSとともにあらためて「”CB”とは!?」を考えてみました。新旧CBファン必見ですよ〜。

 


■創刊20周年記念スペシャル第3弾
超豪華・読者プレゼント

 


巻末綴じ込み付録
「IKONサスペンション国産車向けカタログ」


24日発売の最新号、ストバイ・オンラインショップでは何冊でも何回でも送料無料です。こちらもぜひご利用ください。

↑PageTop