次号は”Lewis Leathers”製スペシャル・キーホルダーが特別付録デス!!

1997年、夏に創刊したストリートバイカーズは今年で丸20年を迎えました。次号(7/24発売号)では「これまでの20年、これからの20年」をテーマに日本のオートバイシーンを振り返り、見つめ直す特集を企画中ですが……と、その前にビッグなニュース! 20年間続けてこられたのも、ひとえに毎号ストバイを楽しんでいただいている読者の方々のおかげ……というわけで、7月24日発売の記念号では20年の感謝の気持ちを込めまして、スペシャル・ビッグサプライズな特別付録をご用意しました!!


特別付録は……な・な・なんと!! かの老舗、英国Lewis Leathersがストバイ20周年のために製作したレザー・キーホルダー!!!!!

 

「兄さん姉さん、これは事件デス!!」

 

2輪総合誌として20年駆け抜けてきたストバイには、国産オートバイはもちろん、そのルーツである英国車、またその他の欧州車やハーレーまで、あらゆるオートバイ乗り/好きの方々が読者です。そうした幅広い志向を持つ読者の方々にとって何が良いのか? そう考えたとき、[Lewis Leathers]が真っ先に思い浮かびました。

と、いうのも……モーターサイクル発祥の地、イギリスにて戦後から本格的に盛んになり始めたグランプリレースを始め、スティーブ・マックイーンやロッカーズに代表されるように、当時から多くのオートバイユーザーを支え、そして現在も幅広いオートバイ乗り達から愛され続けている[Lewis Leathers]は、もはやイギリス好きや英車乗りという枠を飛び越え、大人も楽しめるレザー・ウェアメーカーの“スタンダード”として君臨している……からに他ありません。

 


日本ではミュージシャンでオートバイ乗りでもある甲本ヒロトさんが愛用しているコトでも有名です。2009年に愛車トライアンフとともに1万字インタビューを行った際も、ジャケットはルイスでしたね。懐かしい。

 


[Lewis Leathers]ならではの上質なレザーを使用したキーホルダーは、雑誌付録とは思えない品格漂うクオリティ!


オートバイの鍵にはもちろん、革ジャンやバッグのジッパーにもちょうどいい大きさです。おまけに価格は据え置き1200円!! Lewis Leathersでも現在、このテのキーホルダーは販売されていない希少アイテム。

 

もちろん予約も受け付けておりますので、web shopからどしどしどうぞ!! 当然、何冊でも送料無料ですよ。

大好評“LONG TOUR” TANK BAG、第3ロットの予約受付中!

おかげさまで3月末入荷予定の第1ロットはすべて予約で完売。4月末に入荷した第2ロットも本日で全て完売。第3ロットは現在製作中で次回入荷は6月下旬を予定しております。第3ロットも早めの完売が予想されますので、引き続き、ご予約をオススメしております。

以下は、これまでどおりの”LONG TOUR” TANK BAGの説明になります。


[BAGG × SB]”LONG TOUR” TANK BAG 

スタイリッシュな流線型フォルムはそのままに、大容量“ロングツーリング”仕様として待望のタンクバッグ第2弾がようやく完成しました!! その名も“LONG TOUR” タンクバッグ。



構想2年、製作期間1年。メーカーBAGGさん、そして職人さんと試行錯誤を繰り返し、サンプルは修正を繰り返し5つ目にしてようやく出た「GO」サイン。コンセプトは「A5版ツーリングマップルがすっぽり入り、ロングツーリングでも使い勝手の良いゆとりのある容量」そして「フォルムは当然、オートバイのラインを崩さない“流線型”」じつはこの2つの両立に苦労しました……容量を増やすだけなら、既製品に多い“四角い”形状にすれば早いのですが、やはり「オートバイのフォルムを崩さない“流線型”」は譲れません。

 


前後は流れるようにスラントし、両サイドはまさにラグビーボールをイメージさせる絶妙な膨らみ……前後左右ドコから見てもどの部分も角張らないこの“丸み”こそ、僕らが追い求めたクラシック・モーターサイクルとも共通する「ヒトの手で作られた“温かみ”」。じつは[BAGG × SB]タンクバッグが、旧車をはじめとしたスタンダードなオートバイに似合う理由の真髄は、裁断から縫製に至る全工程をひとりの職人さんが手作業で行なうことで実現したこのフォルムにあるのです! コンピューターではなくヒトの手でデザインが行なわれていた時代のオートバイだからこそ、いつまでも眺めていられる造形美がある……ストバイ読者の方々を始め、クラシック・モーターサイクル乗りなら周知の事実。だからこその“流線型”フォルムなのです。

 


長いヒトなら1~2週間、一度ツーリングに出ると朝から晩まで毎日一緒に過ごすオートバイだからこそ、大量の荷物だってスタイリッシュに積載したいモノ。ツーリング途中の絶景ポイントで自分のオートバイとともに撮影する写真だって、オートバイがスマートな姿の方が良いに決まってます……長くなりましたが、新型”LONG TOUR” TANK BAGのポイントをおさらいします。

 


■ポイント1
A5版ツーリングマップルがすっぽり収まる+αの大容量
まず懸案のA5版ツーリングマップルですが、すっぽり余裕を持って収まります。さらに500mlペットボトルや水筒とメガネケースやCAPを収納してもまだまだゆとりあるたっぷり大容量。またフタを開けた内側にはメッシュ素材のジップ付きポケットを装備。ツーリング先で立ち寄った寺院のパンフレットやすぐに取り出したいカード類やメモなど……さまざまな用途に活用できます。

 


■ポイント2
ガバッと大きく開閉できるWジップ
流線型ラグビーボール形状を利用し、左右パイピング部分に沿ってWジップを配すことで、丸みのあるフォルムはそのままにガバッと開閉できるため、バッグ隅に入り込んだ小物も含め荷物の出し入れは容易です。

 


■ポイント3
スマホも使えるクリアポケット
上面のクリアポケットにはツーリングの道程を記したメモはもちろん、スマホを入れた際にクリアパネルの上からタッチパネルを直接操作することも可能です。ナビとして使用するときだって、ハンドルに付けるわずらわしいスマホ・ホルダーとはもうおさらば。またスマホを入れる際に画面が傷つかないようマジックテープの上下にもしっかり配慮しております。

 


従来の”DAY TRIP” TANK BAGから引き続き採用された左右に付く縦長の小物ポケット。ひと昔前であれば高速道路チケット入れでしたが……ETCが当たり前の現在、片方には付属の専用レインカバーを、もう片方にはライターやボールペンといったイザというときに役立つ小物を入れておくのも便利です。また前方には外した際に持ち運びしやすいハンドルが付きます。


またバッグ底面にはタンクキャップの“逃げ”としての“長孔”が付いています。タンクキャップ位置が中央に付く“センターホール”仕様[左]と、YAMAHA SRやHONDA CB72系をはじめとしたタンクキャップがタンクの前方右側に付く“サイドホール”仕様[右]の2種類ラインナップしています。走行中に外れることがない強力マグネットを使用することで日常的な使い勝手も抜群です。

 


>>NEW<<
“LONG TOUR” TANK BAG

MATERIAL:合成皮革、マグネット4個付き。専用レインカバー付属。
COLOR:ブラック
SIZE:縦310 × 横190 × 高さ110(mm)

価格:¥18,500 +TAX

GO→“LONG TOUR” TANK BAG〈センターホール仕様〉
GO→“LONG TOUR” TANK BAG〈サイドホール仕様〉

 


そしてそして”LONG TOUR” TANK BAGもカラーパイピングを5色から選べるセミオーダーを受け付けております!! こちらは状況により2週間〜1ヶ月ほど納期をいただきますが、ぜひぜひよろしくお願いします。※↑一番最後の写真は従来のDAY TRIP TANK BAGのセミオーダーサンプルです。パイピングの色見本になります。お間違えのないようお願いします。

 

GO→“LONG TOUR” TANK BAG〈センターホール仕様〉セミオーダー
GO→“LONG TOUR” TANK BAG〈サイドホール仕様〉セミオーダー

ストリートバイカーズ最新号(7月号)発売中! 立ち読みはコチラから。日々更新中!


■車体に乗る。エンジン“以外”を感じてますか?
■[KEEP ON LEGEND]英車の魅力は“感動”し続けること。
■知ってる? 第3科目「純正マフラーの作られ方」
■TRIUMPH STREET SCRAMBLER
■HONDA Rebel 500/250

 

■特集
車体に乗る。Base-Line of Motorcycle
「エンジン以外を感じて走っていますか?」
featuring YAMAHA SPORT “RZ250”

「2ストスポーツ/レーサーレプリカのパイオニア、YAMAHA RZ250が教えてくれた真実」

加速がいい。鼓動感が良い。高回転が気持ちいい。

そのオートバイの好きなところや楽しい部分を聞くと、“エンジン”に関することを答えるヒトが圧倒的に多い……のですが、エンジンで生み出したパワーでリアタイヤが路面を蹴るから前に進むのがオートバイ…。ならば、エンジン以外をもっと感じた方が楽しいにキマッテます!!! と、ストバイ編集部は考えます。最新号の特集[車体に乗る。]では「エンジン“以外”を感じて走る」をテーマにアレコレじっくりと考えております。

そんな風に言われてみれば……「エンジン以外についてちゃんと考えたコトなかった」なんてヒトも多いんじゃないでしょうか。’80年代に一世風靡した名車YAMAHA RZ250をフィーチャーし、ストバイが声を大にして言い続ける「オートバイを感じる」快感が詰まった内容は、真実を見極めたい大人のオートバイ乗り必見ですヨ!!!

「オートバイを感じる」とは、何だろう!? そう思ったアナタは、読めば翌日から確実に変わり始めます!!

ちなみにサブタイトル「Base-Line of Motorcycle」は、エンジンがリードギターなら車体はベースライン……つまりベースとドラムが作るグルーヴを楽しんでこそ、音楽だってその本質が 掴める……そんな想いで付けました。それにしてもRZ、最高でした!!

 

■第二特集
[KEEP ON LEGEND]英車の魅力は“感動し続けること”
~TRIUMPH RIOT 6th / BRITISH RUN 2017 spring~

「英国車がオートバイ乗りを虜にするワケ!?」

最新号では「KEEP ON LEGEND」と題して巻末にて英車を特集しています。オールド・トライアンフだけの祭典〈TRIUMPH RIOT 6TH〉、そして関西発信で30年以上続く〈英車の集い〉の春開催〈BRITISH RUN2017〉を12Pボリュームでスペシャルレポート。なんで50年以上も前の英国車がこれほど人気なのか!? 若者から大先輩まで楽しみ続けるヒトが多いのか!? そんな深遠なる謎!? に迫っております。英車乗り、英車に乗りたいヒト、英車好きなヒトは必見です。読めば英車に乗りたくなりに違いない!?

■SB DEEP SIGHT
知ってる? 第3科目「純正マフラーの作られ方」
潜入先工場はヤマハ純正マフラーも数多く手掛ける「サクラ工業」
そもそもオートバイに付いているあらゆる部品やパーツはどうやってできているのか!? に焦点を当てた連載企画「知ってる?」コーナー。最新号では「純正マフラーの作られ方」に注目。潜入した工場は、ヤマハ系純正マフラーをはじめ、“プラナス”シリーズをはじめとした多くの純正リプレイス・マフラーも手掛ける創業60年を超える浜松の老舗[サクラ工業]さん。寸分狂いのない品質やクオリティを維持する大量生産を支えていた多くの職人さん達のこだわりと、「そもそもマフラーって何してるところ!?」といった、じつはちゃんと考えてこなかった部分にもしっかり踏み込んでおります。読めば明日、友人に「知ってる?」と言える知識の泉。今回も必見の内容デス。

■SB NEW MODEL TEST
TRIUMPH STREET SCRAMBLER × BELSTAFF2017
HONDA REBEL500/250

よろしくお願いいたします!!

↑PageTop