メグロ、欲しくなっちゃいます。

こないだの日曜日4月14日、W1クレージーズ泰山会長からのお誘いもあって、東京葛飾区にある水元公園駐車場で開催されました、メグロミーティングに行ってきました。ここのところ、Wの方の人気が高まって、メグロ方面の元気がないのでは?と心配した泰山さんが、メグロミーティングの主催でもある国井俊男会長を励まそう!という副題つきで、正式には「第13回メグロミーティング」を急きょ開催したわけです。

そんな感じでしたので、メグロ製歴代モデルは当然のこと、カワサキメグロ時代/川崎航空機時代のSGやK2の参加もOKではありましたが、「W1系が大挙して集まると、主役を奪っちゃうかもしれないから、今回はメグロでないオートバイでの参加者はW1系以外で来てね」という泰山さんの心配りがありました。で、僕的にはW650はどうなのかな?と思ってたら、「W650/800はイイよ」と泰山さん。W1のような音出しますけど…と念押ししたら、「大丈夫! ほら、W1系は(年式や存在感が)近い感じだからさ。音の問題じゃないんだよ」と含蓄のあるお言葉をいただき、では!ということでW650で、10時開始に間に合うように水元公園に向いました。

都内にこんなに大きな水場と緑地の公園があるとは!…とビックリする規模の葛飾・水元公園の、これまた大きな駐車場に一角に集結した“メグロ”は16台。僕はメグロのことはあまり詳しくないのですが、’50年代に製造されたZ系(500cc単気筒)やS系(250cc単気筒)、’50年代後半に登場したT系(650cc2気筒)、そして’60年代になって登場のK/K2(500cc2気筒)そしてSG(250cc単気筒)などが揃い、その大半がレストア/再塗装&再メッキが行き届いていて、調子もよくピカピカでした。とくに、メグロオーナー世界最高齢82歳(…泰山さん推定)の佐藤さんのZ系のエンジンがかかると、排気脈動の“引き込み音”の混じった“ド、ド、ド+ニョコ、ニョコ、ニョコ”という、いかにもメグロ単気筒独特の排気音が印象的でした。そして副題でもあった国井会長も終始ニコニコで、泰山さんの目標も叶ったようで何よりでした。

泰山さん推定の世界最高齢メグロオーナー佐藤さん

夕方から天候が崩れる予報でしたので、お昼過ぎには解散してみなさん元気をメグロ音を奏でながら無事に帰路につかれたようでした。それにしても、アノゆったりとクランクが回って、トッコトッコと走るメグロ感……ちょっと欲しくなりましたケド、W3の面倒もしっかりみれないようじゃ、ダメですね。

こちらにも、メグロK2とSGやW系との関係などのハナシ出てます/サンエイムック「カワサキWエストレヤの世界」1200円

ここんとこのカムアウト2-Wエストレヤ本

もうすでに、SNSなどに買っていただいた方々の記事が挙ってますが、昨日4月5日に発売されたのが、サンエイムック「カワサキWエストレヤの世界」(1200円)です。これがここ最近やってたお仕事の第2弾なワケです。

これは、W(W1系〜W650/800)からエストレヤにいたるまでのユーザーさんはみんな同じ感覚でオートバイライフを楽しんでいるということが言いたくて、ストバイを出し続けていただいたSANEI Corp.(旧三栄書房)に企画を上げ、出してイイよ!というお許しがいただけて実現したものです。

サンエイムック「カワサキWエストレヤの世界」1200円

内容的にはPart1-W1系/Part2-W6/W8系/Part3-ESTRELLAという3部構成にファッションとキャンプ用品を加えたもので、ストバイで使用してきた写真も使いながら、ストバイではちゃんと言ってなかった内容まで盛り込んであります。そして何より、3月1日に発売されたばかりの新”W800 2019model”のインプレ&詳報もネジ込みました。

当然、現在Wやエストレヤにお乗りの方々にも読んでいただきたいワケですが、それに加え、今からWやエストレヤに乗ろうと考えている方や、オートバイ乗りにリターンしようと考えていたり、では何に乗ったらイイんだろう?と迷っておられる方々に向けた“参考書的な存在”として捉えていただきたくて編集制作しました。なにしろ、皆さんもご存知のように、迷ってるときが楽しい…ワケでもありますからね。なので、W乗り&エストレヤ乗りの方々は、ゼヒとも友人知人にも紹介していただき、こんなに幅広く&奥深く楽しめる“カワサキW&エストレヤの世界”があるんだよ…と引きずり込むのにご活用いただけたら幸いに思います。

先言っておきます。ココで大チョンボ!! W800なのにW650にしてしまいました。スミマセン。

本のタイトルの大元となったFB内グループ“カワサキWエストレヤ交流会”の会長&副会長対談。

ざっとこんな感じになってますが、読み応えのある参考書にするべく、結構細かなハナシまで盛り込んであります。それにしても、取材編集を進めるうちに、カワサキにはZの流れとは違う、もうひとつのカワサキらしさの流れが厳然としてあって、それが最新型までずっと貫かれていることに気がつきました。だから、カワサキWエストレヤ交流会がそうであるように、旧Wでもエストレヤでも最新Wでも、何に乗っても同じ世界観でオートバイライフを楽しめる……ということなので、これからの方々にはどんどん楽しく悩んで迷っていただきたく思います。

 

 

ここんとこのカムアウト1-SR本

ストバイを昨年終わってしまって4ヶ月、僕もシバハラもノンキに過ごしているのか?とギモンに思われたり、心配をしていただいたりと、これまでの読者さんのお便りをそれなりいただいていたのですが、情報が少なくて申し訳ございませんでした。

何しろ、僕の場合は34年、シバハラにしても16年も、オートバイ雑誌の仕事しかしたことがない2人ですんで、そりゃ21年も続けたストバイを終えても、やっぱりオートバイ雑誌を作るしか能がないので、この4ヵ月、イチから企画を考え、ストバイではない、でもちょっとストバイのような雑誌を作るべく活動してまいりました。そんでもって、昨年暮れには2つの企画が通り、年明けから2冊のオートバイムックを作ってきまして、それがようやく実を結んで発行されることになりました。

エイ出版刊エイムック「the Sound of Singles SR vol.9」3月23日発売/1500円+税

そのひとつがコレ……3月23日発売のエイ出版ライダースクラブ別冊「the sound of singles SR vol.9」です!! これは、ライダースクラブでこれまでの10年ほど毎年出してきた別冊ですが、昨年はエイ出版でのタイミングとか予算が合わず、発行を見送られていたものだったんですが、なにしろヤマハSR400の2019年新型車の激変ぶりに驚いた僕らとして、「今年は誕生40周年とゆーコトもあるし、何しろ内容の進化ぶりが濃いからやりましょう!」と持ちかけ、ナントカ発行に漕ぎつけてもらったものです。内容的には、これまでのライダース別冊の流れもありますんで、同編集部にも参画してもらう共同編集のカタチで、僕らは巻頭特集をはじめ全体の8割りほどを編集制作しました。

ポイントは“大人SR元年”として、今こそ“ワケ知りの大人が乗るオートバイ”こそSRだとしたことです。その新型SRの中低速トルクの激変ぶりが間違いなく、飛ばさずとも単気筒エンジンを堪能するポイントになり、さらに40年も多くのファンに愛されてきた“SRの真髄”を感じて楽しめるオートバイとして認識/堪能してもらいたいと思って編集したところです。そのために、我が師匠、齢オーバー70ながらライディングは正確無比の根本健さんを担ぎ出し、SRについて少々濃ゆいハナシを展開してもらいました。ココの部分は、SRファンやSRユーザーならずも、昨今高年齢化の一途をたどるオートバイ乗りに一読していただきたい内容とも思っています……やっぱり、オートバイに乗る高年齢(含リターン)ユーザーに、今こそオートバイの楽しさの幅も奥行きも堪能してもらってこそ、次世代への広がりに繫がる!! と信じてやってきたことに間違いはないと、ネモケンさんの本気のインプレに感動した次第です。

元GPライダーにして長年ライダースクラブ編集長を務めた、我が師・根本健さんの深い巻頭インプレ

単気筒のしくみを理解すると、百発百中のキックスタートが当たり前になる!?とゆーハナシ。

 

そして、もうひとつの企画は、サンエイCorp.(旧三栄書房)より4月5日発売のサンエイムック「カワサキWエストレヤの世界」です。コレについては、また発売日がきましたらお伝えしましょう。

↑PageTop