寒くなりました…てゆーか、週末はW漬け!?の年の瀬。

text/YAS photos/Yasuhiko Naruse, YAS and more

隔月刊「ストリートバイカーズ」の幕をおろす際に、皆さまと約束したWEBサイトでの展開充実をいよいよ始められるようになりました。すでにシバハラが奮闘していろいろアップしてますが、僕も好評をいただいていた連載コーナー“WWW.com”を、このYASブログの中で継続展開していこうかと思ってますんで、よろしくお願いします。

て、ことで、ストバイ最終号発売を終えてから1ヵ月余りですが、その間にも週末のイベントやツーリングのお誘いが連続して、出掛けるとなると何だかカメラを持っていかないと落ち着かず、カメラを持っていると今度は何らか今までどおり写真に収めないと落ち着かず、結局これまでどおり編集根性の抜け切らないW乗りとして、皆さんのツーリングに参加してきました。

その第一弾が最終号発売日の先月11月24日(土)、特集セニアでCB250SENIORで登場いただいた神奈川・伊勢原の長塚さんからのお誘いで、「悠久の道を走る」と題した日帰りツーでした。長塚セニア兄貴はCB250セニアの他に、CB550FやW1SAもお持ちで、今回はそのW1SAで、参加者を神奈川・秦野~足柄界隈の山の中の道を先導してくれるそうです。

朝10時に秦野のコンビニに12台が集合。遠くは群馬方面から駆けつけた方も。そのコンビニでまずは昼食も買い込んでおいての出発。出発早々、国道や県道などの道を避けいきなり地域の生活道路へ12台のオートバイ軍団がなだれ込むというルートには面食らいましたが、いわゆる山間の町や村を抜ける道には、収穫を終えて冬そして年の瀬を迎える落ち着いた雰囲気がありました。

少しずつ高度を上げながら道はどんどん山の中の小道になっていきました。すると日陰になったコーナーで停止。「水を汲みますよー」とツアコンのセニア兄貴。見れば小さな沢から出されたホースからとうとうと綺麗な水が流れ出ています。傍らのお地蔵さんに挨拶をして、お昼のコーヒー用の水を持ってきた空のペットボトルにめいっぱい詰めました。オヤジギャク連発の歓談もそこそこに出発。

お地蔵さんが守ってくれている沢の清水を、お昼のコーヒー用に汲んでいきました。

 

凝ったアングルをいつも探している  ダンディ・ナルセ氏

 

ひと山ひと谷と林間の道を越えて行き、開けたところに出たらまた停止。見晴らしの良いコーナーで小休止。遠くに大山を南端とした丹沢の山塊を一望にでき、その出発点が大山の西麓だったと思えば、それだけでもずいぶん遠くに来たなぁと全員が感動。ツアコンのセニア兄貴の配慮が泣かせます。「この山を越えたところに小学校の廃校があってこれがまた良いんです」と出発。

今回の参加者で紅一点のクミちゃん。GB250クラブマンで、オジサン達の気まぐれな運転にもしっかり付いてきてました

で、その廃校の小学校“旧高松分校”に来てみれば、これがまた見事な雰囲気で、小さな校庭にオートバイを並べ、各々にその懐かしくも感じる、取り残された夢の空間に浸りました。それでも、たしかにここは神奈川・秦野界隈の山あいなので、大して遠くへ来ているはずはなのだが、もう自分たちがドコに居るのかさえ分からなくなっていました。神奈川にこんな夢のような山間部があったとは…。

子供達の歌声が聞こえてきそうな名残りがいっぱい

E田くん、暴走。踊りだしてしまった!?

 

 

 

さらに、苔むした山道(林道ながら舗装はされていて、それがゆえに苔がコケの恐怖を膨らませます)を行ってまた停止。「ココは隠れた富士山絶景ポイントでーす」と、セニア兄貴はまた心憎いツアコン精神を発揮してくれました。

参加者の方々はどうぞ記念に落としてくださいね

あれ?Hセンパイがいな〜い!? 富士山見てるうちに、向こう側に落ちちゃったかな? せんぱ〜い!

 

一人一人、1台1台で記念撮影を終えて、山道を下るとアレレ!? R246山北付近の見慣れた雰囲気だ。そこから再び山道に再突入。出たところは、東名高速・都夫良野トンネルの真上にある公園施設“山北つぶらの公園”。富士山の勇姿が一望にできる駐車場の大きな歩道スペースで、車座になってランチ&コーヒータイム。各々、お地蔵さんの沢で汲んできた水を沸かしてコーヒーを淹れ、楽しい時間を過ごしていたら、お尻に根が生え始めた頃に「さあ出発です!!」と絶妙なタイミングでセニア兄貴の号令。

“山北つぶらの公園”の駐車場の歩道の広いスペース。背景には富士山の勇姿がある(ハズ)

足柄山西麓中腹の“誓いの丘”。ナゼか「クミちゃーん!」と叫ぶ

そしてナゼか、オヤジたちのクミちゃん撮影会となる!?

別の山道でR246に戻ってしばらく行って、今度はR246南側の山を上ります。金太郎で有名な“足柄山”です。とはいっても、足柄山という山はなく、箱根の北端の金時山から矢倉岳や鳥手山辺りの山塊のことのようです。その西麓中腹にある“誓いの丘”展望台駐車場からは富士山の全景が一望にできるので、皆で「クミちゃ~ん !!」と叫んですぐ出発(この日の参加者の中で紅一点)。足柄山塊の中の連続ワインディングをこなし東麓側に下りてきました。で、そのまま終着地・小田原厚木道路大磯PA向うと思いきや、セニア兄貴のルートはそんなに甘くなかった。またまた松田方面に戻り、東名高速脇にピッタリと寄り添う名もない細い道を走り、中井辺りから小田厚・二宮IC方面に南下し、ようやく大磯PAに到着。

スゴく遠くへツーリングした気分でいっぱいなのに、日の短い秋の陽がまだ沈んでいない頃に解散……という、軽食なハズなのに美味しさでお腹いっぱいという不思議な感覚を抱いたまま、みな笑顔で帰路に就きました。

突然、横に来たナルセ氏に撮られ、慌てた変な顔のYAS

そんでもって、次の週末は横浜ホットロッドカスタムショー(の仕事)があって、次の週末は少しノンビリ…と思いきや、W1箱根ミーティングの主催・W1愛好会の忘年食事会を兼ねた宮ヶ瀬湖ショートツーに参加。さらに翌週にはWエストレヤ交流会・清川ミーティング(…Gallaryでシバハラがレポート)と、寒くなればなるほどW3&W6に乗って出かけてばっかりの12月でございました。ふー…という今日も、これからW1工房・厚木基地の年越し餅つき大会でございます。どんだけ、W浸りW漬けの年末なんだぁ~/YAS

 

 

● Supporters of STREET BIKERS’ web 

SIRANO BROS.神奈川県茅ケ崎市中島1206-5 TEL0467-82-5829

Click→SIRANO BROS.

秋のW1箱根ミーティング、明日は無事に開催予定です。

ここのところ、当日の朝まで不安定な天気予報に悩まされてきたW1箱根ミーティングですが、明日は久々に朝から晴天の予報ということで、予定どおり無事に開催されるようです。久しぶりにきれいな富士山を拝めそうですネ!!

 

↓以下は昨日と同じ内容です。

年2回開催されるカワサキW系バイクのオーナー・ミーティング。神奈川の“W1愛好会”の主催で四半世紀以上にわたり開催されてきたこのイベントは、毎回200台を超えるW1/W1S/W2TT/W1SA/W3などのオーナー達が全国から駆けつける。34回目となる今春のW1“箱根”ミーティングの開催場所は、例年同様の“十国峠レストハウス(R1箱根峠から県道20を熱海峠・伊豆スカ方面に南下約10分)”。希少パーツやノベルティなどの販売、また参加者にはお楽しみ抽選会もあり。マナー/モラルを守る大人のカワサキW系オーナーの方はゼヒ、W情報の交換やW談義に花を咲かせにお越しください。W650/800の方でもWスピリットのある方なら参加OK、W1系にちょっと興味のあるという他機種の方も見学参加可能(参加料500円)です。

■開催日時:10月7日(日)10時受付開始

■場所:十国峠レストハウス駐車場(静岡県田方郡函南町桑原1400-20/TEL0557-83-6211)

■参加資格:W1~W3

■参加費:1000円(参加者名簿・記念写真・記念ステッカーを後日郵送)また他機種の方見学参加は、500円で見学できます(見学希望者は、参加者名簿・記念写真・記念ステッカーの後日郵送はありません)。

●W1愛好会/TEL&FAX0463-93-2735(会長・髙橋)

とはいえ、台風は日本海を通過し北海道方面に抜ける予報。当日の箱根方面の天気は晴れの予報ですが、ただ、日本海側や東北・北海道方面よりお越しになる方は、くれぐれも強風や豪雨など天候や路面状況に気をつけてお越し下さい。そして、無理そうな時は決して無理なさらずに、次回・来春の開催を楽しみにしてください。カワサキWとご自身が無事であれば、またこのW1ミーティングでお会いできるわけですからね。

ではでは、W1 & W系オーナー&ファンのみなさん、明日は箱根・十国峠で会いましょう。/YAS

今年の秋は、突然な感じだ。

猛暑猛暑の今年の夏、それが9月後半まで残暑残暑になってたけど、お彼岸(秋分の日)を境に、突然秋の空に変わった。季節というのはそういうものかもしれなけれど、今年はとくに“突然”な感じが色濃いように思う。いや、それだけ、猛暑を楽しんだ自分があるのかもしれない。

前夜に、僕が親しくしてもらってるグループの仲間のひとりが、残暑がかすかに引いてきた頃に不慮の事故で亡くなったその現場に、そのグループの仲間二人と花を手向けにいったら、爽やかな秋の空気がすぅっと頬をなでた。…と思ったら、その翌日は朝からからりと秋晴れ。会社の周りでは三軒となりの神社の秋祭りで大にぎわい。

もう20年近く例年の恒例行事として迎えてきた日なので、いよいよ今年度も後半と自覚させてくれる節目としてきたものだが、それでもお参りにいって御神輿の出発にお目にかかったのは初めてで、さして有名でもない神社なのに氏子衆がパリッと祭り装束で御神輿を担ぎに集まっている姿をみて、これまでさして感じてこなかったこの町の人情に触れ、あらためて心が現れる想いがした。自分はちゃんと“日本”の中にいたんだなと。

午後から、そのグループの基地にふらりと出かけてみると、秋空の光を受けて端々を輝かせたW1SAがあった。半年以上かけて、そのグループの大将が丹精込めて仕上げたもので、その日が初火入れ&試乗だったそうだ。再びエンジンに火を入れると、アッサリと安定したアイドリング音を奏でる。組み上げたばかりなのに、丁寧に慣らしを終えた新車のようで、九州・大分のオーナーが羨ましく思えた。

それでも、最近ようやく本調子を得た自分のW3も、帰り道で僕に気持ち良く走らせてくれて、気分上々でいつものコンビニの前まで帰ってきたとき、久々にパチリとした。コンビニの向かいの自転車屋さんが店じまいすると、道沿いは一面のシャッターバックになり、おまけにコンビニの蛍光灯が見事な照明になるので、ここに止めると僕のW3も新車のように見えてくるから不思議だ。やっぱり自分のW3も、カッコ良いなぁ…

 

と、ブログはここまでにして、ちょいとお知らせ。このW3に装着している弊社オリジナル“SBサイドカーゴパック”は、今回限定で発売しました“木綿帆布バージョン”。バッグ・ブランド[バリスティックス]さんと相談の上、初めて採用した木綿帆布生地のため、長期使用した場合にどのような感じになるかが分からないので、試験的な生地発注だったため少量限定生産とさせていただいたワケですが、おかげさまで完売させていただきました。

そこで、現在僕もサンプルを実際に試験使用して、実際にどんな感じなるかを見極めた上で、追加生産あるいは継続生産をしていこうと検討を始めました。そのために、現在のところ雨の日も使用し濡れた後や日差しにされされたりした後に、風合いがどのように変わってくるかを見極めていこうとしています。自分たちもきっと旧車に相応しい風合いになっていくと予測していますが、その結果についてはもう少しお持ちください。ちなみに、外側生地以外は従来品と同様のクオリティの素材を維持しております。表地が木綿になったことで水分を吸いやすくなることで、若干の違いはあるにせよ、高い防水性の裏地の効果は十分生かせるものと思っており、たぶん皆さまのご期待に応えられる結果になると思います。ご期待ください。それでは。

↑PageTop