春とともに復活し始めるW3!?

今時点でこんな感じまできました。こっからは早いと思いますケド。

前回、正月早々W3がシリンダーヘッドとその上のロッカーケースの間からオイル漏れを始めて、アッという間に2ヵ月が経ってしまいました。とは言っても、僕にはナゼか冬に強いW6もあるもんだから……これまたナゼだかバッテリーが丈夫で、もう7年ほど交換してない!! とはいえ寒くなるとセルの回りがキモチ弱い感じがしたから、むしろ毎日乗っていられて良かったのかも……つーコトで、アッと2ヵ月ドットコムなんです。とは言っても(その2)、W3を放ったらかしにしたわけではなく、部品を買いに行ったり、前回報告したようにヘッドのエンザート加工を、W1工房・厚木基地の関根師匠にお願いしたり、相模原分室/やまが商店やマキトラ先生にダイナモO/Hの相談をしたり、もちろん仕事もしたりと…で、アッと2ヵ月ドットコムなわけです。で、ご覧のとおり、マフラーまで付いて、あと一歩です。春・4月には間に合いそうです。つーコトで、今回はキャプション(写真別解説)でのレポートをお届けしてみます。

まずはシリンダーにヘッドを乗せて締め付ける。この時、ヘッドガスケットをしっかり潰しておくと、後でタペット調整がラクなので、2~3日毎に増し締めをしておく。これを5回ほど繰り返せば十分だけど2~3週間経っちゃうね。

僕が30年ほど使ってきたトルクレンチは最大4.5kgf-cmまで。最後の方はもうそれではカッチンして締められないので、さらにソコから「5ぉー!」と叫びながらわずかに締め込むことを3回ほどした。これで1週間たっちゃう。

 

やまが商店で、ダイナモの配線の講義を受け、マキトラ先生にも相談。

 

増し締め地獄の前に、ダイナモO/Hのために、TRカンパニー後藤メカの手とエアツールを借りて、ダイナモを外してもらい、やまが商店&マキトラ先生に相談。結局、電気に強いマキ先生にO/Hをお願いし、将来的にICレギュレーターを付けやすいように配線(赤)を増やす工夫を…でも、今は使わない配線なので、二股リード線で元の配線に接続することで戻してます。

ロッカーケースのガスケットに前回はシリコン接着剤を使ったけど、今回は昔から合わせ部分の接着の定番“液体ガスケット・灰色”を使ってみた。

ガスケット上面にも液ガスを薄く塗り、十分乾いてから例の“割ばしガイド”でプッシュロッドの位置決めして、ロッカーケースを乗せたら、ナント1発で決まった!!……仕舞い込んだ純正の櫛ガイドをちょっと前に見つけたのに、使う時にはまたどっかへ行っちゃって……でもモー要らないね。

エキパイ・ガスケットは一応バラす度に換えるコトにしている……ナゼか? じつはW650やニンジャ900、ZRX1200などと共通サイズで、キタコの中空銅ガスケットなら4個900円、1個200円ちょっとだから、排気が漏れることを思えばケチる気がしないのだ。

今回のレポートの目玉は、メーターワイヤーのハナシ!? じつはタコメーターやスピードメーターが変な動きをしだしたら、メーターの中身よりワイヤーをまず疑おう!! メーターワイヤーはじつは古くなると切れるより“伸びる!!” それがメーター内の回転部品を押し上げて、最後にはメーターの中身を故障させるそうだ(計器修理屋さんのアドバイス)。実際に、僕のタコメーターも変な動きをし始めた時、このハナシを聞いてチェックしたら通常インナーが20mm出ているところを、28mmも出てた。1cm近くも押し上げていたことになる。早速新品に交換、結果は走り出さないと分からないけどね。

 

イチバン寒い頃はナゼかW3修理!? www.com

みんなにあっさりとオイル漏れが見つかった

 

前回、正月2日の長塚セニア兄貴ツー第2弾に、W3で参加した際に、朝の集合場所に行くまでに、シリンダーヘッドとその上のロッカーケースの間からオイルが吹き出るようになってしまいました。集合場所に着くと、さっそく見つけられ“あれあれ?”と皆が心配して集まってくる始末。でも、昨年自分でエンジンを組み上げた僕的には“あぁ、アレだ…”と原因は分かってました。その日はオイルを拭き拭きなんとか帰還しました。

さて数日後には、パパッとマフラーやキャブを外し、ロッカーケース、シリンダーヘッドとバラしていくと、やはり予想どおりの原因……じつは昨年のストバイ誌面では順調に組み上がっていったように書いていましたが、その後に控えた北海道ツーリング取材のために、ゴマカした箇所からのオイル漏れだったわけです。それは、シリンダーヘッドの、ロッカーケースを締め上げるためのボルト孔……12本あるボルトのネジ穴がずいぶんダメになっていて、ヘリサート加工(ネジ山再生加工)もすでに数ヵ所してあったにもかかわらず、タペット調整の度にロッカーケースのボルトを増し締めしていく際に、何本かアヤシい感触の閉まり具合のヤツがあった……ケド、エエィッ!!と目をつぶって帰ってからなんとかしよう、と思って、とりあえずセーフだったわけです。でも、コイツは持って1年かな…と思ってたら、本当にそのとおりになったワケ。

あらま、こんなんだったのか!?

もーヘリサートを外し、全部エンザートに変更だ!!

W1工房・厚木基地で関根さんと、外したヘッドにボルトを入れてみると、ビックリするほどアチコチ向いちゃうし、ネジ山自体も変形してボルトあ入って行かない孔もあり…で、全部やり直すことに。でも、やり直しってできるの?……ヘリサート加工というのは元のネジ山がつぶれた際に、同じネジピッチの専用タップでひと回り大きなネジ山を切り、そこにコイル状のネジ山だけの“ヘリサート”をねじ込んで新たなネジ山を構築する加工方法。ところが、コイツをダメにしてしまうと、さらに大きな孔を開け直し、今度はネジ山を切れるタップ機能が外側に付いたビット/固まりをねじ込んでいく“エンザート加工”を施さねばならなくなる。幸い、W1のシリンダーヘッドのネジ孔周辺には、さらに大きな孔を開け直す肉厚の余裕があったので、モー全部エンザートすることに……これを失敗したらヘッドは使えなくなるので、関根師匠も真剣だ。ボール盤を使ってキッチリ垂直に孔を開け直し、今度はそのボール盤にボルトを加えさせ、そのボルトにはめたエンザートビットを丁寧にねじ込んでいってもらいました。「一度にこんなにたくさんのエンザートをやったの初めてだよ。練習になったよ」と関根師匠もご満悦の様子。僕もひと安心。これでロッカーケースをしっかり締め込めるぜぃ!

これがエンザートのビット。雌ネジの外側にタップ機能がついたネジ山がついている

関根師匠もこんなにたくさんやったのは初めてだそうだ

とはいっても、これまた長い組み立ての道のりが始まりました。まずはシリンダーにシリンダーヘッドを乗せてヘッドボルトを何度も締め付け、ヘッドガスケットを潰し切るのに何日かかかるし、次にロッカーケースを乗せてボルトを増し締めする度に、タペット調整を繰り返すことになるし……慌てない慌てない、工程をできるだけ戻らずガスケットなどを無駄にしないように、ユックリやってきますよ。春が来るまでに間に合えばいいんですからね。

始まりました“増し締め地獄”。まぁボチボチいきます 

 

 

SAKAICLONE 京都市下京区丹波街道町313 TEL075-344-4833

Click→SAKAICLONE

 

SIRANO BROS.神奈川県茅ケ崎市中島1206-5 TEL0467-82-5829

Click→SIRANO BROS.

今日は師匠と24年ぶりにお仕事!?

今日はなんと、僕(YAS)のオートバイの師匠・ネモケンさんこと“ライダースクラブ根本健氏と、寒風吹きすさぶ箱根のお山の上でお仕事でした。「ご無沙汰してました」の挨拶も忘れ、会ってしまえばまるでタイムスリップしたかのような、日本のメーカーがこーの、世界情勢があーの、最近の素材がどーのと、昔とまるで変わらない内容の会話ばかり。そんでもって、ひとたびオートバイに打ち跨がると、団塊世代バリバリの御仁が嬉々として、横殴りの寒風も乾き切らない路面もものともせず、ビシッと走らせるのだから参ります。加えて、ネモケン師匠はお仕事の途中から、随走していたシバハラの落第ポイントを的確に指摘した上で特訓教室を始める始末。でも、その後進の者に教えるときのキビシさも熱意もそして笑顔も30年ほど前の僕のときとまるで同じでした。ここんとこ、ネモケン党員を目指して鍛錬に励んでいたシバハラには相当ショックだったはずのに、なぜか嬉しがってました。今日は極寒の中、お疲れさまでした&ありがとうございました、師匠。

↑PageTop