“LONG TOUR” Tank Bag on CB1100 RS & EX

先日、読者の方より問い合わせのあった「LONG TOURタンクバッグはCB1100EXに付きますか?」

撮影のために借りた広報車で試してみたのでご紹介。CB1100RS/EXのタンク(※写真はRSですが、タンクはEXも共通)にはタンク上面に約15cmくらいの“面”があるため、タンクバッグ底面に付くマグネット装着位置の“左右幅”がそれ以上だと装着は難しいかなぁ!? と懸念しておりましたが、まさに“ちょうど”な幅で無事に装着確認!! 写真を見てお分かりかと思いますが、CB1100RS/EXシリーズはタンクキャップがタンクと“ツライチ”です。その上、タンク自体が大きいため現行トライアンフと同様に、“ホールレス”仕様がおすすめです。

※マグネットが底面4隅に付く作りはセンターホール仕様と共通のため、CB1100以外にもタンクキャップがタンク中央に付くオートバイをお持ちの場合はセンターホール仕様で兼用する方が良しかち思います。もちろん”DAY TRIP”タイプも装着OKであります。

 


CB1100RS/EXオーナー様、クラシカルな外観を損なわないスタイリッシュなタンクバッグをお探しの際はぜひ”LONG TOUR” Tank Bagを!

 


そう、CB1100といえば、最新号にてCB1100RSをインプレッション。テーマは、「ホンダ“CB”とは一体何なのか?」さかのぼること70年近く!? CB92から始まった”CB”の呼称には、市販スポーツモデルだとか、空冷4発だとか、インライン(並列)だとか……昔からさまざまな憶測が繰り返され続けていますが、CB1100RSとともにあらためて「”CB”とは!?」を考えてみました。新旧CBファン必見ですよ〜。

KAWASAKI W3 + DAY TRIP!!


今日はお客さんから送っていただいた装着写真をご紹介! なんだかここへきてタンクバッグがまた人気ですね〜。今回は初期オレンジ・ゴールド・カラーがきれいなW3+“DAY TRIP” Tank Bag(ALL BLACK/センターホール仕様)

 


タンクバッグ到着以来、何度かツーリングにも出かけているようで、うらやましくなるような良い景色とともに数枚写真を送って頂いたのは埼玉在住のおかさん(ブログ名)。

「早急のお手配、ありがとうございました。到着からだいぶ遅くなってしまったのですが、やっと先日バイクに装着した画像が撮れました。ツーリングにも行き使用しましたが、想像通りコンパクトでスッキリしたフォルムがW3にピッタリ☆彡 停車時はタンクから外し、そのままバッグとして持ち歩け一石二鳥で大満足です(≧▽≦)b レインカバーが付属されているのも嬉しいですね。先日大活躍でした」とのこと。ありがとうございます!! 文面からもお分かりかと思いますが、なんとオーナーさんは女性の方!! 数ある旧車のなかでも、なんだかW1系は女性オーナーさんが多いような!? 気がします(編集部調べ)。“得も言えぬ”W1ならではの快感は女性すらも虜にするのでしょうか?? 旧車オーナーの経験がない私シバハラは「よく乗っているなぁ」と、女性の旧車乗りを見るたびにほんと感心してしまいます。

 


さて、話をおかさんに戻しましょう。なんでも……
「バイク仲間が赤パイピング仕様のタンクバッグを付けていて『カッコいい!』と思い、色々探してやっと見付けました。ショップなどで他のバッグも検討したりしたのですが、これほど完成度の高い(カッコいい)ものは無いですね。私の感性にドンピシャです! ありがとうございました。大事に使って行きます!!」

なんとありがたいお言葉!! ありがとうございます。「これほど完成度の高い(カッコいい)ものは無い」←ここ拡散希望であります。“違いの分かる”大人の方に気に入っていただけて僕らも嬉しい限りです。それにしても気持ち良さそうなところばかり走ってますね〜。写真からもW3愛が伝わってきます。

 


いや〜W3カッコいい!! タンクバッグ&サドルバッグを黒で統一することで、落ち着いた大人の雰囲気も漂ってます。ではでは、ありがとうございました。また良い写真がありましたらいつでも送ってください。

 

 

トライアンフ・パーセルグリッドにぴったり!?

昨日ブログで書いた、トラ乗りへの朗報とは……


写真上の旧トライアンフのタンクに付くパーセルグリッドと呼ばれるキャリア。このパーセルグリッドが付く厳密な年式は調べないと分からないのですが、なんとこのキャリアにストバイ・タンクバッグが見事にぴったり!! な大きさだったのです。

 


何がピッタリって、バッグ底面の4隅に付くマグネットの位置とスチール製パーセルグリッドの大きさがまさにピッタリ!! だったのです。「布引クラシックス」店内で松枝さんと話していて「このキャリアに付けばいいのに…」なんて上に置いてみてビックリでした。興奮のあまり真横からの写真を撮り忘れましたが、タンク上面からキャリアの高さ=約1cmほどのクリアランスがありタンクバッグが装着されているサマも良い感じでしたよ!! 今度、パーセルグリッドが付くトライアンフで、しっかり真横写真を撮ってまいります!!

↑当然、写真の“LONG TOUR” も”DAY TRIP”タイプも共にぴったり!!

 


調子に乗り、ノートンコマンドにはSB SIDE CARGO PACK-IVを装着。こちらも似合っております。

 

というわけで、英車乗りのみなさんもぜひぜひストバイ・ツーリンググッズで豊かなオートバイライフを楽しんでみてはいかがでしょうか!?

 

 

↑PageTop