ラインの色を合わせるのも、またヨシ。タンクバッグ編。


写真はカワサキ650RS W3にLONG TOUR タンクバッグ(LLサイズ)のセミオーダー(白パイピング)を装着した状態。W1シリーズはW3からフロント周りがZ系と共通になり、それこそグッと“RS(RoadSter)”感が増したワケですが、そうするとスピード感じゃありませんが、不思議と“前後長が長い”LLサイズのタンクバッグもグッと似合ってきます。


↓荷室拡張↓


タンクのカラーやデザインとタンクバッグを合わせるか!? はたまたあえてハズすか!? は好みのモンダイですが、ラインの色とパイピングカラーを合わせるのも雰囲気いいなぁ……なんて、編集部YASのアズキW3で撮影するといつも思います。

 


LLサイズのタンクバッグは荷室を拡張すれば1リットルサイズのペットボトルも収納できるため、これからの季節、“外コーヒーセット”を持って日帰りツーなんてのもタンクバッグひとつでこなしてくれますよ。

パイピングカラーの色を選ぶセミオーダーのタンクバッグ、おすすめです。

“MAN”ステッカー作りました。

ストバイ時代の特集企画タイトル「AUTO-BY MAKES A MAN」。

英国で古くから伝わる格言に「Motorcycles Makes A Man」。走ること(旅/ツーリング)はもちろん、修理/整備を通してモーターサイクルは一人前の男を育てる……といった意味合いで使われていたと聞きますが、このデザインはその日本版がテーマというわけで、“オートバイ”バージョンで作成しました。。

サイドカバーやフレーム、ヘルメットやスマホにもちょうどいいサイズのステッカーです。

[シムズクラフト]サイドバッグサポートを新型W800に装着。


ストバイ・オンラインショップでも高い人気を誇る、カワサキW800/650/400用シムズクラフト製サイドバッグサポート。そもそもシムズクラフトが得意とするSR用とともにW650時代に開発されたサポートは、基本的に燃調関係以外の車体はそれまでと変わらなかった初代W800に装着できるのは誰でも分かることだったんのですが、第2世代となった2018年以降のW800にはどうなのか!? は、じつはきっちりと検証できていませんでした。


というのも、写真のスタンダードのひと足先に登場した“ストリート”と“カフェ”は、リアフェンダー周りがこれまでのW650や初代W800とまるで違っていたため、1年遅れで登場した↑のW800スタンダード(2019〜)にも付くのだろうか? と少し不安があったのです。第2世代のスタンダードタイプはそれこそリアウインカーがテールランプステーに後方移設されたりとリア周りに若干の変更は加えられたものの、基本的な構造や使用している部品は旧W800やW650と共通のため、無事に装着できました。


これで安心してラージサイズのサイドカーゴパックラージも装着できます。W800はキックスタートがないですから、バッグ装着位置に対してそれほど神経質になる必要はありませんが、それでもウインカーが後方移設された恩恵は大きく、いい塩梅の位置に装着できました。


現在、W800(2018〜STREET/CAFEを除く)/650/400用のシムズクラフト製サイドバッグサポートは在庫を切らしております。次回の入荷は8月下旬を予定しております。毎度、入荷分は予約完売、もしくは即売り切れますので、気になっている方はお急ぎください。また8月下旬分は余裕あります。

GO→サイドバッグサポートはこちらへ
GO→サイドカーゴパックラージ “LARGE”はこちらへ

↑PageTop