2回目のSB SIDE CARGO PACK。


今日は先日届いた装着写真をご紹介!
東京都在住のIさんから届いたのはW650+SB SIDE CARGO PACK-IV(BLACK)。軽快な雰囲気のトラッカースタイルにカスタムされたダブロクにも似合っておりますが、聞けばなんでも初期サイドカーゴパックもご購入していたんだとか…。

 

「じつはこのサイドバッグの初めての型が出たばかりの頃に購入し使っていましたが、当時はあまり荷物を積むことがなかったため、しばらくしてヒトに譲ってしまいました。最近、バイクで荷物を運ぶ機会が増えたため再度購入させて頂いたのですが、初期のものよりもずっと使い勝手が良くなっていて感動しました! デザインも現行のものの方が良いと思います。いまのWに乗って9年が経ちました(過去、初期型にも4年乗っていたのでW歴はもう13)。このサイドバッグのおかげで、まだまだWと付き合っていけそうな気がしています」

 

W650を2台乗りつぎ早13年!! じつは次号の特集企画でも1台のオートバイを4長年乗り続けているベテランの方々を取材しているのですが、1台と長く付き合うからこそ見えてきたり、感じたりするオートバイの魅力は、どうやら何台も乗り継ぐヒトとはまた違った喜びや発見がたくさんあるようなんです。おそらくIさんもそうした感動をW650から得ているんでしょうね。

ストバイ・サイドバッグがそうしたオートバイとの付き合いを少しでも支えていると思うと嬉しい限りです。ありがとうございます!

 


こちらも以前お客さんに送っていただいた写真ですが、このときはマイナーチェンジ第2弾の頃ですね。バッグを開閉するベルトが現行のフックタイプではなく、より当時の米軍バッグに忠実なタイプ。これはこれでベルトが細くいい雰囲気なんですけどね。

Wとエストレヤに似合うんだよなぁ。


本日は愛知県在住のHさんが送ってくれたタンクバッグの装着写真をご紹介。 エストレヤとW400にお乗りのHさん。どちらも鮮やかなカラーリングがなんだか国産というより、上品な欧州車の香りを漂わせてます。

 


チョイスいただいたタンクバッグはスタンダードなベーシックモデル、DAY TRIP TankBag ver.1(センターホール)。シリーズ中、もっともシンプルなデザイン&作りはある意味、一番クラシカルなモデル。丸みのあるラグビボール形状が、またエストレヤとW650/800系のタンクに似あいますね〜。

「TankBag -ver.1〈センターホール仕様〉エストレヤ W400共にフィッティング良で便利です」

と写真とともに一言。ありがとうございます!!

 

ついでに、先々週のW1ミーティングで見つけたタンクバッグ装着写真も。

W1S+DAY TRIP TankBag-ver.1(セミオーダー/旧リング仕様)

W3+DAY TRIP TankBag-ver.1(センターホール)

W1S+LONG TOUR TankBag-ver.1 (セミオーダー/マップポケット有/センターホール)

W1SA+DAY TRIP TankBag-ver.2(センターホール)

やっぱり相性いいなぁ!

今日もフルオーダー納品〜!


週明けの本日、職人さんのもとより届いたフルオーダーのタンクバッグは、表皮にグレー、ファスナーにブラックをチョイスしたLONG TOUR TankBag ver.1。サイドホール仕様だったため、丁寧に拝借しSRで装着写真を撮らせていただきました。

 


やや明るめのグレーと内側のバーガンディは相性も抜群。昭和レトロな雰囲気が強いホワイトとは違い、どことなく品のある仕上がりがグレーの特徴でしょうか。

 


スリムなSRのタンクとボリュームのあるLTタイプの相性もまたイイんですよね。

ではでは、個性的なタンクバッグとともに日本中を走り回って下さい。本日発送予定です。

 

 

 

ちなみにSRでは僕もLONG TOUR TankBag ver.1を愛用してますが……


先週の金曜から3日間、アサマミーティングの取材がてらテントを積んでキャンプという名の長野・野宿ツー。とくにルートの地図や旅のしおりもなかったので、ちょっと寂しかったLTタンクバッグver.1のマップポケットをカスタム。イメージは信州の山道を淡々と走り続けているときの脳内トリップ模様!? タンクのグリーンにも合っていて意外といい感じでしたが、もっとサイケでもよかったかも!?

↑PageTop