チコちゃんに教わり片岡小説で復習。


NHKで人気の「チコちゃんに叱られる!」。この前、深夜の再放送をふと見ていたら信号機の“進め”の色を“青”と呼ぶのは日本人だけ……なんてやってました。街ゆく諸外国の方々のインタビューでも誰もが当たり前のように「グリーン=緑」と答えます。そもそも“進め”の色は緑色で作られたらしいですが、なんでも日本に初めて信号機ができたときの新聞に、赤/青/黄色と書いてあったからという説や、緑色なのに“アオムシ”、緑色なのに“青菜”など、明らかに緑色なのに“アオ”と呼んでいたモノもたくさんあることなど、昔から日本人が青と認識する色の範囲が広かった説……などとやってて「へ〜」なんて面白がって見てました。

 

お盆休みに久しぶりに片岡義男のオートバイの詩シリーズを読書。

「長距離ライダーの憂鬱」から。

そんなチコちゃんを見た後に、久々に片岡義男氏のオートバイの詩シリーズを読み返していたのですが、英語にも日本語にも堪能な先生の小説には、ちゃんと「信号が、グリーンに戻った」とありました。さすがですね〜。毎度のことながらこのシリーズを読むと幻の4冊目=“冬”が気になります。

DAY TRIP!!


久しぶりに装着写真をご紹介。

静岡にお住まいのSさんが送ってくれた写真。BMW R100RSにDAY TRIP TankBag-ver.2を装着。

「久しぶりの休みでオイル交換、アンダーカバーも外してみました。タンクバック気にいってます」

とのお言葉いただきました! ありがとうございます。BMWのジェントルな雰囲気にも違和感なくマッチしていてひと安心。セニアステッカーもご応募いただいたとのこと! もう届いていると思いますが、万が一届いていないようであれば連絡くださいね〜。

 


セニアステッカーまだありますので、前号に付く応募券を送っていただけたらもれなくプレゼント!! セニア(=ベテラン=50歳以上)限定ではありますが…こちらもよろしくです。

Lewis Leathers 40年ぶりのニューモデルは、type:GUITAR WOLF


ストバイ編集部に昨日届いたびっくりニュース!
昨年の20周年記念号での付録キーホルダー(もちろんお持ちですよね!?)でもおなじみ、Lewis Leathersさんがなんでも40年ぶりにニューモデルのレザージャケットをリリースするとのこと。

#723 MEMPHIS JACKET

いまや世界中でライブハウスを満員にし、全身全霊ロックンロールの塊となって疾走し続けるバンド・ギターウルフをイメージしたニューモデル。’70年代にピストルズやクラッシュのメンバーが着用し、オートバイ乗りだけじゃなくロックスターにとってのアイコンにもなったLewis Leathersのレザージャケット。疾走感を求めるオトコ達はいまも変わらず「ルイスが好きなのだ!!」

 


襟は小さめでフロントの開口部もできる限り狭めたメンフィス・ジャケット。ウエストのベルトにはスタッズが施され、肩にはエポレット、さらに背中にはアクションプリーツを装備したオートバイ乗りにとっても嬉しい1着。ライニングにはギターウルフには欠かせないビアーポケット付き!?


ギターウルフといえばZ2乗りでもあるセイジさんが2010年にストバイにも登場してくれましたね。


ロックンロールにも通じるオートバイの魅力をたくさん語ってくれました。

 

今月15日にはそんなギターウルフも登場するLewis Leathers Tokyo1周年パーティも開催されますが、このメンフィスジャケットの発売も15日からだそう。お見逃しなく!!

ではでは〜。

 

No.723 MEMPHIS JKT(Horse Leather) : 17万5000+税
レディース:17万+税
8/15 よりギターウルフHPで先行発売(特典あり)
GO→www.guitarwolf.net
GO→www.lewisleathers.jp

↑PageTop