アルミタンクにタンクバッグを装着する裏技……完成度高いです。


旧車から現行モデルまで、クラシック系のオートバイ乗りの方々を中心にご好評いただいているタンクバッグですが、ウィークポイントを挙げるとすれば「装着(固定)方法が“マグネットのみ」ということ。つまりアルミタンクやグラスファイバー製のタンクには装着できないのです。そうした意味では、2本のベルトで固定した台座にタンクバッグを固定するタンクバッグの大先輩、コロナのタンクバッグは車種を選ばず装着できて本当によくできてます。



そうした矢先に一件の問い合わせが。「LONG TOURタンクバッグにコロナみたいにベルトを通す加工はできませんか?」問い合わせをしてくれたのは、何度も取材させてもらっているオートバイ仲間のひとり、トライアンフにBSAにベロセットにW1SAにSRと……親子で何台も所有するオートバイ好きのSさんでした。所有するオートバイの中にはカスタムしたSRが2台とBSAビクターがアルミタンクというワケで、なんとかできませんか? とのことでした。



従来のタンクバッグにベルトを通す加工を施すのは不可能ではありませんが、手間や価格、そしてアルミタンク以外のオートバイに使うことも考えるとやはり非現実的。Sさんはご自身で整備もこなす器用な方のため、「タンクバッグを固定するためのマグネットを埋め込んだゴム製のベルトを作ってみるのはどうですか?」と提案。というわけで、強力マグネットをプラス4つご購入いただき「完成しましたよ!」と、送ってもらった写真がこちら。マグネットを埋め込むために使用したのは丈詰めしたデニムの切れ端だそう。


購入してもらったのはLONG TOURタンクバッグLサイズの帆布オリーブドラブ(他のオートバイにも使えるよう“センターホール仕様”を選んでいただきました)。しかし想像を遥かに越える高い完成度でバッチリ固定されています。タンクバッグに採用しているマグネットは驚くほど磁力が強いため、磁石同士での4点固定はスチール製のタンクにそのまま付けるよりある意味強力かもしれません。

 


しかしなんでしょう? コロナ風じゃありませんが、ガソリンタンクに2本のゴムベルトが付く姿もまたクラシカルで良いですね。英車のスクランブラー風にセンス良くカスタムされたSRに見事に似合っております。Sさん、さすがですね。ありがとうございます。


こちらはSさんのインスタから拝借した写真。帆布オリーブドラブのタンクバッグはベロセットにもバッチリです。クラシックなオートバイに精通した方々に使ってもらえるのは本当に嬉しいですね。

では、同じようにご自身で加工を希望する方はタンクバッグ購入時にご相談ください。

オリーブもブラウンもどちらも良い雰囲気です。※ダークブラウン・サイドバッグ今週入荷です。


好評の帆布ダークブラウンのサイドバッグ。ご予約のお客さまにはお待たせしておりますが今週中には入荷する予定です。濃紺なKZ1000にオリーブのタンクバッグダークブラウンのサイドバッグ。どちらも大人な良い雰囲気で似合っております。


少し使い込んでこなれてきた頃が楽しみです。

 

 

まだ第一ロット余裕ありますので、ご予約はお早めに。それから帆布ダークブラウンの生地でタンクバッグも製作中です。これもたぶん良い雰囲気に仕上がると思います。お楽しみに!!

いよいよ“帆布”が楽しくなってきた。

こちらは新品の状態……なんですが、オリーブは色の特性上、デジカメとの相性が悪いのか、忠実な色味を出すのがほんとにムズカシイ。実物はもう少し“濃い”んです。

昨年リリースし好評の“帆布”製サイドカーゴパック。最初の半年は予約で完売が続いていたため編集部用在庫がありませんでしが、今年の春頃からようやく少し余裕が出たので、経年変化を楽しむべく「YASによる毎日付けっぱなし実験」を行なってました。


約5ヶ月間くらいでしょうか? 基本的にオートバイから外さず、通勤&取材に使用し当然、日差しとともに雨にも何度も降られてきました。日々見ていると気がつかないもんですが、たまに入荷した新品と比べると色味も風合いもだいぶ使い込まれた雰囲気になってて驚きました。





というわけで、先日入荷したドリンクホルダー付きをYASが使い始め、使い込んだ“帆布”を譲り受け新たな実験を開始します。まずは5ヶ月間の汚れをジャブジャブ洗います。洗剤とナイロン製のタワシを使いながら2〜3回に分けてゴシゴシ洗います。思えば“洗える”ことも“帆布”の魅力のひとつですね。ちなみにネットに入れて洗濯機もラクかもしれません。


これまた写真じゃ伝わりづらいですが、左]が新品で[右]が洗濯後。本来、色落ち具合を見せたい比較写真ですが、逆に[左]の新品の色の濃さやパリッとした生地の質感が伝わるでしょうか? わずかな違いですが、各部にアタリも出始めベルト類もクタッとしたことで、ずいぶんと軍モノらしい風合いになってます。

 


洗濯&乾燥が終わった“帆布”サイドカーゴパック。日の当たる部分によって色の褪せ方も違うようで、何とも言えないムラのある色落ち具合やクタッとした生地の風合いがビンテージのような雰囲気だったため、ついつい古着のデニムとパシャリ。

 

さて、これからが実験の本番。これまで展開してきたコーデュラ・ナイロンにも合皮ブラックにもない“帆布”ならではの楽しみ。成功すると良いなぁ。お楽しみに!

↑PageTop