[庶民の”Z”] Zはそもそも値段が庶民じゃない…とのご指摘受けました。

4月に取材したBRITISH RUNで皆さんを見送ったあと。最新号誌面にも書きましたが、“Zあるある”な異音に悩みっ放しでした。

前々号からスタートした1977年KZ1000での連載、GT-FOUR “庶民のZ”。おかげさまで好評いただいておりますが……早速、読者の方から「庶民のZなんて言うけど、そもそもKZ1000だって値段が庶民じゃないですよね?」とのご指摘。たしかに、Z1 / Z2ほどじゃないにせよ、KAWASAKI Z系の中古価格は相当ですね。

 


カワサキZシリーズというと、「男カワサキ」のフレーズを誰もが知っているとおり、黒づくめでリーゼントにサングラスといった当時の日本の不良の雰囲気だったり、迫力ある集合管の音を響かせながら走る飛ばし屋のイメージが強いモデルですが、W1やCB750、XSシリーズと同様に、カワサキZだって’70年代の国産スタンダード。写真は’76年のヨーロッパ向けZ1000のカタログの表紙ですが、初めて見たときは「Zにもこんなにジェントルで“正統派”な世界もあったのか!?」とオドロキながら嬉しくなったモノでした。

そして、大人がじっくりと楽しめる“正統派なZ”の世界を追究してみよう! と始まったのが[GT-FOUR〜庶民のZ]。“大人のZ”や“正統派Z”なんて候補もありましたが、’70年代当時のスタンダードモデルはあくまで多くの庶民に向けたもの……というワケであります。

 

深夜の編集部横ガレージにて夜な夜なキャブ整備中。


ところが、正統派なZの世界を追究する前に、キャブセッティングの闇に…。

 

発売したばかりの最新号、連載一回目のタイトルカットはなぜか鳥取県の隼駅。風情のある木造駅舎は隼乗りじゃなくてもオススメ。

そんな模様も含め、最新号では展開しております。GT-FOURな新しい(カワサキは当時から目指していた)Zの世界、まだまだ連載一回目ですがお楽しみください。


おまけ。
締め切り明けの山形旅行で見かけたズボンのスズキ。飾られたベルボトムのオブジェ&カタカタ英語ともにスズキの書体に思わずパシャリ。誌面ではもちろん“パンツ”と書きますが、普段はついついズボンと言ってしまいます。

初遠乗り!


先週末はBRITISH RUN取材で5日間の関西出張…という名の役得ツーリング。1月に乗り始めたKZ1000での初の遠乗りでした。今回のお供はLONG TOUR TankBag-ver.1(マップポケット無し)とSB SIDE CARGO PACK-IV左右二丁掛け。40年前のオートバイとはいえ、SRよりはるかに高い巡航スピードで高速を走り続けられるKZ。普段は雨天時しか付けないコンペシールドも装着し快適に飛ばします。「東名秦野付近右ルートはぼちぼち飛ばすといい感じの高速コーナーが続くんだよ」と、その昔YASさんが言ってましたが、バックミラーを注意しながら……たしかにSRじゃ感じられなかったなかなかの曲率を堪能。4気筒1000cc良いです!

 


一気に神戸まで走った夜は温泉付きの宿の大広間にて一泊。宴会場を仕切って部屋になるこちら。部屋の鍵はかかりませんが、16畳以上の広さをひとりじめ。風呂上がりに畳でゴロゴロ最高です。

 


翌日からのBRITISH RUNも最高の天気で関西勢を中心に遠くは四国や九州からもベテランの英車乗りの方々が集まりいい取材ができました。詳しくは5月24日発売の次号にて。到着の写真を撮ってくれたのは毎年東京から参加しているTRIUMPer KAZさん。いつも写真ありがとうございます!

 


BRITISH RUNのあとは鳥取方面へ向けてひとりのんびりツーリング。この途中、エンジンのヘッド付近から謎のカンカン音が鳴りだし往生しましたが、鳥取市内のホームセンターで工具を買いなんとか解決。Z特有のあるあるだったようですが、納車以来まだ走行3000キロ&初の遠乗り。ビビリまくりでした。これまた詳しくは次号連載GT-FOURにて。それにしてもさすがにミクスチャー調整用のドライバーとプラグレンチ&替えのプラグだけで、他の工具ゼロはやり過ぎでした。反省。

 


走っていると「←隼駅」の看板。そういえばスズキ隼乗りの聖地なる駅があると聞いたことがあるあの隼駅!? というワケで寄り道。こちら小さな駅でしたが隼ミーティングも行なわれるとのこと。15分ほど休憩しているだけで僕のような見物オートバイ乗りが何台もやってきてました。

 


その夜はテント泊。朝ごはんはお気に入りの簡単ホットサンド。寝床近くのコンビニに5枚切りの食パンしか売ってなく分厚過ぎるなぁ…と思いましたが、意外とコレが食べ応え抜群で写真写りもバッチリな焼け具合。ちょっと肌寒い早朝のホットコーヒー+温かいホットサンドの組み合わせは何度食べても幸せ。

 


帰りの寄り道一軒目はカワサキZを中心に確かな整備で定評のある大阪ダブルアップさん。お客さんの取材からZ1シリーズの細かいハナシまで勉強になることばかり。キャブセッティングのヒントをありがとうございます! これまた詳しくは次号GT-FOURにて。

 


翌日、KZ用のIKONサスペンションの相談に大阪モーターステージさんに立ち寄ると、IKONのルーツである昔のKONIサスペンションのオーバーホールの作業中。聞くとKONIのオーバーホール依頼もずいぶん多いとのこと。現行のIKONサスは当然オススメですが、KONIサスで困っている方はぜひモーターステージまで。

 


モーターステージに来たら2階のココは拝んでおかなくてはなりません。極上のCB750 K1とRC213V。

いろいろありましたが、走行距離2000キロちょっとを難なくこなすKZ1000に驚かされてばかりの初遠乗り、無事に走りきりひと安心でした。

スピード感溢れるオートバイにも!


本日は岩手在住のYさんから送っていただいた装着写真をご紹介。こちらは昨年の夏に岩手のSR専門ショップ〈ニューゲート〉さんで取材させていただいたお客さんですね。今じゃ意外と珍しい!? カチ上げた砲弾型ヘッドライトにメーター周りやセパハン、前後アルミフェンダーにシートにサスにマフラー(見えにくいですがトライアンフタイプ?)と……外装はほぼカスタムしながらあえてタンクは純正を使用。世代でしょうか? 30〜40代のヒトなら分かると思いますが、この雰囲気のSRには憧れましたね〜。


チョイスしていただいたのはLONG TOUR TankBag-ver.1SB SIDE CARGO PACK-IV(BLACK)。

 

「なかなかセパハンが付くオートバイへの装着イメージがしにくかったのですが、どちらもスマートに装着できているかと思います。SB SIDE CARGO PACK-IVは無難な黒にしましたが、バイクに乗っていない時も使えるデザインのため普段使いもしています。改良を重ねてきただけにデザインがカッコいいだけではなく、使い勝手や作り手の意思が込められていて魂の感じる製品ですね。”LONG TOUR” TANKBAGは外観は思ったよりスリムながら、容量も多く使い勝手が良い製品です。縫製も丁寧で長く使えそうです。岩手はようやくシーズンです。今年のツーリングが楽しみです♪」

と……僕らの宣伝以上に上手でありがたいお言葉いただきました!! Yさん、ありがとうございます。ちなみにどちらも縫製や作りの丈夫さは自信を持ってオススメできる商品です。おまけに有料ではありますが万が一のときの修理対応もしておりますので、遠慮なくご相談ください。

サイドバッグの高さ調節のため、グラブバーにベルトをグルグルと巻き付けて装着。何度も書いていますが、こうしたユーザーさんならではの工夫は、昔のオートバイ乗りが軍モノバッグを工夫して装着している感じでカッコイイしほんとに嬉しい。

シーズンは限られるものの、聞くと岩手も走りを堪能できる極上の道がたくさんあるとのこと。自然の景色が広がるワインディングを前傾姿勢で走っていたらもう気分はマン島レーサーですね! そんな充実した一日にストバイグッズも貢献できていると思うと感無量!! ありがとうございます!! それにしても〈ニューゲート〉さん、この春も個性的で大人っぽい新しいカスタムが目白押しです。整備バッチリな純正スタイルからカスタムまで……大人が長く楽しめるSRをお探しの方は要チェックなスペシャルショップですよ〜。

↑PageTop