カワサキW1S + タンクバッグあれこれ


昨夜はYASのW1仲間のひとり、Iさんがタンクバッグを買いに編集部にやってきました。最初は普通にweb shopから注文をもらったのですが、Iさんの希望がシリーズ最大容量のLLサイズのLONG TOURタンクバッグだったため、W1Sのタンクには長過ぎるかも!? と心配になり連絡したところ試着にやってきてくれたというワケです。

注:夜のガレージの中での写真のため色味はかなり薄く写っています。

W1談義もそこそこにいざ試着。タンクバッグ装着のマグネットは基本的にバッグの四隅に配置されているため、後端部が傾斜しているW1Sのタンクに、全長が約36cmもあるLLサイズのタンクバッグが収まってくれるのか不安でしたが、のっけてみると全然問題なし。むしろピッタリなぐらいでひと安心でした。

注:こちらも色味は薄く写っております。

Iさんの希望カラーは帆布のダークブラウン。編集部には帆布ダークブラウンはLサイズしかなかったため、色を見るために付けて見ると「この大きさもいいかもなぁ」と。


そして「やっぱりLサイズのオリーブドラブも付けてみていいですか?」と楽しく悩ましい時間が始まりました。なんだかんだオートバイを眺めながらウダウダ過ごす時間は楽しいですね〜。


メッキタンクが夜に映えるW1S、かっこいいなぁ。散々悩んだ末、ご注文は初志貫徹、LONG TOURタンクバッグのLLサイズに決まりました。Iさん、遅くまでありがとございました!! 仕上がりまでもう少しお待ちください。というわけで、弾けるW1Sサウンドを響かせて帰って行きました。

横浜本牧快晴!!


今日は年明けに発売予定のムック本の撮影で、ヤマハからお借りしたXSR900とともに横浜・本牧周辺まで行ってきました。雲ひとつない快晴で革ジャンがちょうどいい季節。最高です。撮影もひと段落したところで、本牧埠頭辺りでトレーラーが立てられている場所があったので休憩がてらブログ用写真をパシャリ。

なんでもトレーラーを引っ張っているトラックは、減速時に車体とトレーラーの取り付け部分に余計な負荷を与えないよう、ブレーキを踏むと車体側よりも先にトレーラー側のブレーキが効き始める仕組みになっているんだそう……なんて話をしながら一服。

 


せっかくなのでW3でも一枚。


経年変化の実験も兼ね、ほぼほぼ装着しっ放しにしているYASダブサンのDAYTRIPタンクバッグ-ver.2“帆布”オリーブドラブ。だいぶオリーブの色味が薄くなってましたね。これはこれで旧車には似合っていますが、そろそろワックス加工してもいいかもしれません。


こちらは経年変化パート2として絶賛実験中のサイドカーゴパックの“帆布”ダークブラウン。今後が楽しみですね。また随時報告していきます。

 


気温が下がるとともに徐々に空気も澄んできているのでしょうか!? 今日も気持ちよく走れて幸せです。

CLASSIC CYCLE TOKYOさんに納品〜!!

店頭に並ぶオートバイはここのところW1シリーズばかり!? 販売中の車両もあるため狙っている方はお早めに。

まるでW1屋さん!? と勘違いしそうなほど、最近はW1シリーズが店頭に並ぶクラシックサイクル・トーキョーさん。いや、正確には反対側にはCB750が2台、店内にはトライアンフが2台にBSAが1台と……相変わらず多種多様な名車が入庫している名店。

 

再入荷を待っていただいての納品!! W1に付けてみましたが、新品は初々しいくらいパリッとしてますね


今日は注文をもらっていたサイドバッグのオリーブドラブとDAY TRIPタンクバッグver.1のTYPE“フィル”とLONG TOURタンクバッグLサイズの納品。
車検に試乗にツーリングにとガシガシ使ってやってください〜!! というわけで、クラシックサイクル・トーキョーさんに行けば、上記の3点は実物が確認できますよ〜。

こちら正面からの写真で分かりづらいですが、2回建て仕様のLサイズ。実物確認にもどうぞ。

フィル・リード風というわけで、販売当初はTYPEフィルとして販売していたシリーズ。現在はフルオーダーにて製作可能です。


そしてカウンター横に新設された雑誌ラック。BRITISH TWIN & 大人のSR、良いとこ確保いただきました〜!! ありがとうございます。

↑PageTop