3, 2, 1, GO !!!!!!!!!


最新号から始まった東京・小金井の旧車スペシャルショップ[TRカンパニー]の若手メカニック、三井→ミツイ→”321″クンが手に入れた不動のHONDA CB72とともに「’60年代のCB伝説を知る」日々徒然を追いかける新連載……その名も〈321 GO ! (ミツイゴー)〉。

 

現在、22歳のミツイくんが1961年型のCB72から「何を知り」、「どう“伝説”を感じていく」のか!? ……は、連載のお楽しみですが、昨日は台風が来る前の午前中にミツイ君と奥多摩に走りに行ってきました。第一回の連載は不動のCB72をまず路上復帰させ、翌月に開催されたサイドウェイ・トロフィーに出場するまでをご紹介。 GO→SB186(2017/7月号)

 


さて、昨日は朝8時にお休みのTRカンパニー駐車場で集合しいざ奥多摩へ。奥多摩湖の駐車場で休憩してると偶然、先日CBを納車したばかりのお客さんに遭遇。その後は奥多摩周遊道路をグルグル2台で鍛錬! 鍛錬!  気持ちいい一日でした。その模様は次号連載でも展開予定ですよ〜。乞うご期待! 1961年生まれのCB72と1978年生まれのSR500。一緒に走っていると17年も(厳密には2010年製FI/SRなので49年!?)差があるとは思えないほど、同じペースで楽しく走れました。これこそ“スーパースポーツ”と銘打たれた名車たる部分でしょうか!?

 

 


ところで、僕の“LONG TOUR” TANK BAGをCB72に付けてみました。ここでひとつ注意事項を…。

 


web shopページにも書いてありますが、サイドホール仕様は基本的にCB72に適合(タンクキャップ位置にタンクキャップ逃げ用の孔を合わせるとタンクバッグがタンク中央に装着)しますが、底面に付く4つのマグネットは下側は両サイドに2つ、上側はタンクキャップ逃げ用の孔の反対側に縦に2つ並びます。

つまり、タンクキャップ側はタンクキャップとタンクの間の隙間に(’70年代以降の車種は割とココにクリアランスがありますが、’60年代以前はタンクとキャップの間にクリアランスがない車種も多い)タンクキャップ逃げ用の孔の“ヘリ”を引っ掛け固定するため、CB72純正をはじめその隙間=クリアランスがない場合、タンク中央に装着できても、走行中に外れはしないもののタンクキャップ側がわずかに“浮いてしまう”可能性があります。サイドホール仕様をご検討の方は、一度ご自身のタンクキャップとタンクを確認してみてください。

 

ではでは。

 

 

“DAY TRIP” Tankbag with ROYAL ENFIELD

久しぶりの装着写真のご紹介はROYAL ENFIELD。東京在住のNさんが送ってくれた写真。タンクの”R”とも好相性の”DAY TRIP” Tankbagはセンターホール仕様の白パイピング

 


それよりも昔ながらのアーチ橋とエンフィールドが良い雰囲気。こちらは旧型アイアンのBULLETで535cc。メッキタンクがさらにクラシカルな雰囲気を演出。タンクバッグも戦前のイギリスにもあった!? な〜んて錯覚すらさせてくれます。

「中身は飲み物やハットや鍵等の小物を入れています。まだ街乗りで2回しか使っていませんが、全くズレる事はありません。またマグネット式なので、とにかく脱着がしやすい! 脱着に時間が掛かると給油の時も面倒になってしまうので、手間が掛からず大満足です。使いやすさはもちろん、見た目もカッコ良く凄く気に入りました!  これからキャンプにも街乗りにもヘビーに使って行きたいと思っております!  素敵なバッグをありがとうございました」

こちらこそ素敵なお言葉をありがとうございます!! こちらのタンクバッグは、雨風のなかはもちろん、ほんとにヘビーに使っていただいてもまるでヤレないタフなやつなので、ガシガシ使い込んでやってください!!

 


しかし、良い角度で撮りますね〜。左側の後ろ7:3、もしくは8:2……ハンドルの見え方も最高です!!

 

ではでは!!

Lewis Leathers写真集もweb shopにて販売開始!!

いま閉塞感を感じるなら、英国人を真似て夕暮れにビールを立ち呑みしよう! そんな時に〈ルイス〉を着ていると、なぜかロックン・ロールな気分になれるんだ。世界中にルイス・ファンがいるから、こんなマニアックな本が完成した! ——田中凛太郎

 

今年の1月に発売した〈Lewis Leathers〉の歴史アーカイブをまとめた写真集を、ストバイweb shopでも取り扱い開始しました。まずは全238Pからなる膨大なページの中身をチラッとお見せいたします。

最新号の付録キーホルダーでもおなじみ、英国ルイス・レザーズの歴史を紐解いた1冊がついにストバイweb shopでも取り扱いスタート!! 以前、発売されたばかりのブログでもベタ褒めしましたが、これがお世辞抜きで想像以上の見応え!! あまりに膨大なアーカイブをまとめるには1冊じゃ到底足りないと、前・後編の2冊展開(今回は前編の発売)にもかかわらず、前編だけで全240P!!! もちろんフルカラー。

創業から1960年代までを網羅した前編では、WWII以前の貴重なレースの時代から、戦後さらに盛んになったグランプリレースの模様を、当時の貴重な写真(未発表写真ばかり!!)とレザージャケットやパンツ、レーシングスーツといった製品とともに振り返る内容で、見ているだけでワクワクしてきます。もちろん、戦時中にパイロットに支給したアビエイターものもしっかり網羅。さらにさらに、巻末にはコレクターの協力で実現した1960年代の”59CLUB”(ROCKERS)の写真がこれでもか!? と掲載!! これまたなんとすべてフルカラー!!

現ルイス・レザーズ代表にして世界イチのコレクターでもあるデレック・ハリス氏と古着研究の第一人者として世界的に有名な田中凛太郎氏がタッグを組んで制作した今作は、ルイス・レザーズファンや英車好きだけじゃなく、多くのオートバイ乗りのみなさんが楽しめる素晴らしい内容!! 見ていて「オートバイ乗りってやっぱりいいなぁ」って嬉しくなりました。この内容で6900円はお買い得!! 本気で損しませんヨ!! そうそう最後になりましたが、イチバン嬉しいのは全てのキャプションが日本語/英語の併記だってコト!!

 

というわけで、web shopへGOなのです。

↑PageTop