発表から数日で約6000台もの予約!? SRファイナルモデル。

ヤマハさんのサイトに掲載されていましたが、今年でSR生産終了のアナウンスが流れてから発表された2021年モデルは、なんと約6000台もの予約が入ったそうです。ちなみに43年間での累計生産台数はおよそ12万台!!


年代別の購買層がこちら。一時期よりも40代以上の“オトナ世代”が増えているのが、SRが持つ懐の深い魅力を物語っている気がしますね〜。

 

ストバイでも別冊「大人のSR」でも、しつこいくらい何度も書いてきましたが、とにかく2019年以降に刷新されたFIのフィーリングは、FI第一世代のSR乗りとしても嫉妬してしまうほど、もうほんとに最高なんです。スロットルの明け初めから「まるでツイン!? 」と感じてしまうほど、チカラ強く粘る低中速のトルクフィーリングは、これまでのSRとはハッキリ言って別物。でも、しっかり単気筒ならではの気持ちいい鼓動感は伝えてくる……「一度はSR乗っておきたいんだよなぁ」なんて方は、もはやキャブかFIかで迷ってる場合じゃありませんよ!

 


かくゆう私は、最新モデルに嫉妬してしまうFI第一世代のSR乗り。現在、500cc化して楽しく乗っていますが、最新のECUが搭載された現行SR400を500ccにして燃調を整えたらどうなるだろう? と思うと……乗り換えたくなるほどです、ホント。

ツーリングコードにバッグが付いていた……的な。


そもそもは「ツーリングコードで固定するシートバッグ」ですが、最近はちょっと荷物があると「収納力のあるツーリングコード」的な使い方ばかり。バッグの中にはそれなりに日常的な荷物を入れているので、普段ならもうひとつタンクバッグ等が必要か、もしくはもう一本ツーリングコードが必要ですが、この使い方が意外と便利でこればかり。


まぁ、あまりスタイリッシュではありませんが、ちょっとした移動時ならいいでしょう。

松の木が立派でした & “CSB”帆布OD × SR500。


ここは通勤途中にいつも通る二子玉川周辺の裏道。いつも立派な松の木があるお家だなぁと走りながら眺めていました。まるで春のような日差しと高い気温だったからか、今日は普段よりものんびり走っていたのでSRを停めて少し休憩しました。小さな小川が流れていて、写真だけ見ると城下町にいる(……は言い過ぎか)ような気分にもなります。こうした小道でも“停まりやすい”SRって良いですね。さすがにKZ1000じゃ、こうしたいつもの通り道で(しかも裏道)ではなかなか停まる気になりませんからね。

ベテランのライダーの方との話でもたまに話題に出る、この「停まりやすい」って意外と大事ですよね。

 


さて、今日はおとといのKZ1000に引き続き、帆布オリーブドラブのシートバッグを使ってます。しかしこのカラーは万能ですね。クラシックテイストのオートバイで似合わないモデルはないんじゃないでしょうか!?

 


嬉しい悲鳴ですが、第一ロットは即完売、そして2月下旬〜3月上旬の入荷を予定している帆布オリーブドラブの”CSB”(クラシック・シートバッグ)ですが、こちらの第2ロット分も本日で全て予約完売となりました。第3ロットは5月下旬頃になる見込みですが、裁断から縫製までオールハンドメイドによる丁寧な日本製のため、毎度生産数には限りがございます。ずいぶん前からのご予約になってしまいますが、ご興味のある方にはご予約をオススメしております。よろしくお願いいたします。

↑PageTop