一度も組み立てられることなくアメリカで発見された1981年SR500。


11月頭に海外でニュースになっていた「アメリカで一度も組み立てられることなく発見されたSR500」。年式は1981年でモデル名はSR500H。

しかしオートバイがこうして輸出されている(いた!?)とは知りませんでした。そんな状態も含めちょっと見たことがない写真ばかりでしたのでオークションサイトより拝借し紹介します。


SR500と刻印された発泡スチロールだけでも欲しい……。


ハンドルにミラーにケーブル、そしてメーター等は上部の発泡スチロールに収められているんですね。


箱の中とはいえ保管状態もよかったのでしょうね。塗装もメッキもタイヤも!? 輝いております。


当時のシールドビームならではの丸みのあるヘッドライトの凸レンズ、うっとりします。タイヤはまさかのマグモーパスでしょうか!?!?


フロントフェンダーはリアタイヤの上に収納。ほうほう、ナルホド。しかしサビの一つも浮いていないエンジン周辺のアルミ部品も惚れ惚れしますね〜。


輸出モデルならではのカラーリング、グレーにゴールドのラインもまた良い雰囲気。

 

初めて見たSRのマイル表示メーター。キャブ時代のSRに乗っていたら間違いなくebayで探してますね。

なんでも2022年にラスベガスのオークションに出品されるとのことですが、一体いくらくらいになるのでしょうか? ぜひヤマハさんが落札し磐田のコミュニケーションプラザに展示されてほしいものです。