理想に近い!? 大人のZ。


先週末に京都で行なわれた古き2輪を愛でる会でなんと3台もお目にかかれたKAWASAKI Z750ツイン。

ただいま腰上オーバーホール中のKZ1000。先週末ヘッドとシリンダーが内燃機屋さんから仕上がってきたので来週末には走り出せるか!?

’77 KZ1000乗りとしてはティアドロップタイプのガソリンタンク+左右2本出しマフラーのカワサキZ……という意味でZ750ツインには興味津々だったワケですが、いつかスリムなLTDタンクを付けてみたいと考えていた僕にとって、KZ900/1000のLTDタンクとおぼしきスリムなタンクが付くZ750ツインは限りなく理想に近いスタイル!! しかもKZ1000と似たようなメガホンマフラーなのに、Z750はZ1/Z2を彷彿とさせるリブ付き!? このマフラー付けたいなぁと妄想も広がりっ放しでした。


それにしてもKZ900/1000同様、’76〜’78辺りのヨーロッパ向けカタログはジェントルなZのイメージでカッコイイのばかり。


日本バージョンも負けてません。オーナーさんや乗ったことがある方の話を聞くと、低速トルクがありマイルドで「気持ちいい」と皆さん、絶賛。とはいえパーツも少ない希少車……チャンスがあれば試乗してみたいものです。

次号(11/24発売号)ではそんなZ750Tのオーナーさんの話もありますよ〜。お楽しみに!!

な〜んて2気筒Zのことばかり考えていたら今日も出会いがありました!? それはまた後日〜!