9月26日 「片岡義男と“あの頃”のオートバイたち」@ 箱根バイカーズパラダイス ちょろっと協力参加します。


片岡世代&ファンの方々はご存知の先日発売された「片岡義男を旅する一冊」。文庫本を思い起こす表紙デザインがファン垂涎の一冊は、MOTO NAVIを手がけていた編集者の河西さんが編集長をつとめ、クラウドファンディングを利用し作った新しい試みの雑誌。その発売を記念して今週日曜日(9/26)に箱根バイカーズパラダイスにてイベントが行われます。

以下、バイカーズパラダイスHPより転載。



■9月26日(日)11:00-12:30

スペシャル トークショー&ライブ「片岡義男と“あの頃”のオートバイたち」
〜80年代バイクブームを生み出した小説、映画、マンガを語る〜

『片岡義男を旅する一冊』発売記念として、二輪ジャーナリストの小林ゆき氏をMCに雑誌の編集長をつとめた河西啓介氏と自動車ライター嶋田智之氏が“80年代バイクブーム”を盛り上げた小説、映画、マンガなどについて語る。当日は『片岡義男を旅する一冊』の先行販売、アコースティックライブも行われる。

・11;00-11:45 トークショー(河西さん&嶋田さん MC小林さん)
・12:00-12:30 アコースティックライブ(小林さん&河西さん)

以上。


じつはストバイ編集部と河西さんはちゃんと面識がないというか、これまでしっかりお話をさせていただく機会がなかったのですが、大人のBIKE CAMP vol.2の取材で訪れていた道志のキャンプ場で超偶然にお会いし初めてゆっくりと話をしました。ちょうど「片岡義男を旅する一冊」の制作が始まった頃で、W3で白石島へ取材へ行く際のサイドバッグを探していた河西さんは、その日SRに付けていたSIDE CARGO PACK LARGEを気に入ってくれ撮影でも使ってもらいました。(結局、ひとつご購入いただきました。ありがとうございます) そんな縁もあり本が完成した後も少し連絡を取らせてもらい、今週末のイベントでも超〜微力ながら協力させてもらうことになったのです。


今週末の箱根バイカーズパラダイスでの出版記念イベントのテーマは、そう片岡義男にちなんだ「読書」。というわけで、河西さんと相談しカワサキWシリーズの先祖であり、昨年復活した〈MEGURO K3〉のムックを少し販売用に持っていくこととなりました。


「片岡義男を旅する一冊」おそらく一般販売は今週末のバイカーズパラダイスが初ではないでしょうか!? オートバイに限らず幅広い視点・視野で編集された読み応えのある一冊で、三好礼子さんの手紙に始まり、片岡先生の書き下ろしまで!! 一度では読みきれない、そして何度も読み返したくなる充実の内容です。ツーリングがてらいかがでしょうか? おすすめです。

■箱根バイカーズパラダイス
静岡県田方郡函南町桑原1348−2

サイドバッグの小穴をワッペンで補修。


ここ最近ハードに使っていたラージサイズのサイドバッグ底面に小さな穴を見つけました。内側のナイロン素材には達していないほつれのような穴でしたので、アイロンタイプのワッペンで補修します。


ストックワッペン箱を探していたらアイロンタイプでやや大きめ、ちょうどいいのがEssoクンでした。

 


バッチリです。帆布なので裁縫が得意な方なら縫製にて修理も可能ですね。今回は面倒なのでワッペンで補修しましたがこれでまたハードなツーリングに耐えてくれるでしょう!

 


DAY TRIPタイプのver.1、艶ありブラックにブラウンカラーのパイピングでサイドホール仕様。フルオーダー仕様のサンプルタンクバッグ 、一つ出てきましたので、セール価格にてオンラインショップにUPしています。お好みと合う方であればお得ですのでよろしくです。

[お詫びと訂正]ある意味、貴重な一枚となりました。


3月24日に発売し、多くのメグロ&Wファンからご好評いただいているムック「KAWASAKI MEGURO K3」において、一点訂正がございます。

「表2-3ページのカワサキさんによるW800の広告ですが、誤って海外仕様モデルの原稿を掲載してしまいました。申し訳ございません。このカラーのモデルは日本では入手不可能ですので、お間違えのないようよろしくお願いいたします。読者の皆様、並びに関係各位の方々にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」
カワサキモータース ジャパン/KAWASAKI MEGURO K3 編集部

それにしても……W800シリーズは相変わらず良いカラーばかりですね。このカラーを手に入れることはできませんが、海外モデルをじっくり見ることができる貴重な一枚として、塗り替えやカスタム等の参考にしてください。

↑PageTop