貴重なサンプル!? SUZUKI “刀”GSX1100Sへのフィッティング。Day Trip TankBag-ver.2


こちら、SUZUKI GSX1100S“刀”ですが……タンクの上にはDAY TRIP TANKBAG-ver.2。



そう刀はタンクキャップの位置が右側前方です。というわけで、当初“サイドホール”仕様をご注文いただいていたのですが、そもそもサイドホール仕様はヤマハSRのガソリンタンクを基準に開発したものです。SRのガソリンタンクに装着した際にタンクバッグがタンク中央にくる設定です。偶然でしたが、HONDA CB/CL72&77系や旧トライアンフUSタンクなどはバッチリ装着できました。


つまりSRと同じくらいの横幅のタンクであればいいのですが、今回の“刀”、他には現行モデルのトライアンフ等はそもそもガソリンタンクの横幅が広いためタンクキャップ位置に裏側の“長孔”を合わせると[写真上/左(トライアンフ・スラクストンR)]のように右側に“寄った”状態になってしまいます。ところが、そもそもSRよりもタンクの幅が広いモデルの多くは大型排気量車で[写真上/右]のように、タンクキャップ手前のスペースに弊社のタンクバッグが収まってしまうことも多いのです。

今回ご注文いただいたのはDAY TRIP TANKBAG-2。タンクキャップ手前のスペースまでギリギリでした。

というわけで、まず“サイドホール”案は却下し、長孔のない“ホールレス”仕様が装着できるか!? に論点は移ります。今回のご購入いただくまでに、タンクキャップ手前のスペースの寸法をお客様に測っていただきメールで何度かやり取りしました。僕らも実質のタンクバッグの寸法ではなく、タンクバッグ裏側の四隅に入る磁石の位置の距離を測りなんとか行けるかも!? との結論に。


結果は、ご覧のとおりかなりいい感じのフィット感でした!! でもギリギリでしたね〜。なんとか付きました! と写真を送っていただき僕らもホッしました。


無事に付いてしまえばスポーティなマシンのフォルムを崩さないこの雰囲気、カッコいいですね!! Iさん、ありがとうございました。

というわけで、ご自身のタンクキャップはSRと同様、右側前方だけどホントに付くのか!? なんて不安な方はどしどしメールにてご質問、ご相談ください。少しずつですがデータが集まってきております!!

 

C125は2019年モデルもC100カラー!? Honda2019年市販予定車発表〜!

ホンダさんから2019年の一部の市販予定車の写真が届いたのでご紹介!

スーパーカブ50 ストリート 2019年3月発売予定 ¥240,000前後(税込/予価)

スーパーカブ110 ストリート 2019年3月発売予定 ¥285,000前後(税込/予価)

クロスカブ110 くまモンver. 2019年6月発売予定 ¥350,000前後(税込/予価)

スーパーカブC125 2019年6月発売予定 ¥400,000前後(税込/予価)

モンキー125 2019年7月発売予定 ¥400,000前後(税込/予価)

CRF250L 2019年2月中旬発売予定 ¥479,880前後(税込/予価)

CRF250RALLY 2019年3月下旬発売予定 ¥702,000前後(税込/予価)

CB250R 2019年4月発売予定 ¥590,000前後(税込/予価)

C100をイメージさせる外観で登場したC125は今年の新色も初期モデルを彷彿させる“昭和カラー”できましたね〜。昨年のブルーよりも雰囲気出てる!? ような気もします。ではでは。

■問い合わせ●ホンダモーターサイクルジャパン

 

Supporters of STREET BIKERS’ web

SAKAICLONE 京都市下京区丹波街道町313 TEL075-344-4833

Click→SAKAICLONE

 

SIRANO BROS.神奈川県茅ケ崎市中島1206-5 TEL0467-82-5829

Click→SIRANO BROS.

2回目のSB SIDE CARGO PACK。


今日は先日届いた装着写真をご紹介!
東京都在住のIさんから届いたのはW650+SB SIDE CARGO PACK-IV(BLACK)。軽快な雰囲気のトラッカースタイルにカスタムされたダブロクにも似合っておりますが、聞けばなんでも初期サイドカーゴパックもご購入していたんだとか…。

 

「じつはこのサイドバッグの初めての型が出たばかりの頃に購入し使っていましたが、当時はあまり荷物を積むことがなかったため、しばらくしてヒトに譲ってしまいました。最近、バイクで荷物を運ぶ機会が増えたため再度購入させて頂いたのですが、初期のものよりもずっと使い勝手が良くなっていて感動しました! デザインも現行のものの方が良いと思います。いまのWに乗って9年が経ちました(過去、初期型にも4年乗っていたのでW歴はもう13)。このサイドバッグのおかげで、まだまだWと付き合っていけそうな気がしています」

 

W650を2台乗りつぎ早13年!! じつは次号の特集企画でも1台のオートバイを4長年乗り続けているベテランの方々を取材しているのですが、1台と長く付き合うからこそ見えてきたり、感じたりするオートバイの魅力は、どうやら何台も乗り継ぐヒトとはまた違った喜びや発見がたくさんあるようなんです。おそらくIさんもそうした感動をW650から得ているんでしょうね。

ストバイ・サイドバッグがそうしたオートバイとの付き合いを少しでも支えていると思うと嬉しい限りです。ありがとうございます!

 


こちらも以前お客さんに送っていただいた写真ですが、このときはマイナーチェンジ第2弾の頃ですね。バッグを開閉するベルトが現行のフックタイプではなく、より当時の米軍バッグに忠実なタイプ。これはこれでベルトが細くいい雰囲気なんですけどね。

↑PageTop