“Daytona Special”カラーで仕上がりました!


昨年末のオーダータンクバッグ・キャンペーンで頂いたオーダーのひとつがこちら。当初のオーダーはLONG TOURタンクバッグ(Mサイズ)をベースに、表皮=ホワイト/パイピング&ファスナー=レッド、マップポケット無し(サイドホール仕様)でした。大胆な配色だなぁと思い、念のため電話で確認すると、「RD400“Daytona Special”カラーにしたSR500に付けたい」とのこと。


RZシリーズに移行する直前、燃料タンクからシートカウルに続くフォルムやキャストホイールが、まさに’70〜’80年代の時代の変わり目を感じさせるRD400の最終モデル。その中でも’70年代のヤマハのレーシングカラーでもあった白地に赤ストライプが入ったカラーリングの“Daytona Special”は人気の一台。日本でもそれほど走っていないんじゃないでしょうか?

オーダーをいただいたAさんによると、中央の赤ストライプの両サイドに入る濃紺のラインも忠実に再現しているとのことだったので、タンクバッグも同様に中央部分は表皮もパイピングもファスナーも赤、そして“Daytona Special”に倣い、両サイドのパイピングはさりげなく黒に、そして残りの左右部分は表皮もファスナーもパイピングも白で統一することになりました。


真横から見たとき、そして上から見たときもしっかりタンクのカラーリングと同調しています。まさにオーダーメイドならではの仕上がり。ありがとうございました!!


それにしてもエンジンにも相当手が入っていそうなスピード感溢れるSR500。速いんだろうなぁ。ではでは、タンクバッグとともにさらに豊かなオートバイライフを!! というワケで、イマイチ想像がつかない、まとまらないとフルオーダーを考えている方は遠慮なくご相談ください。アドバイスというか、一緒にあれこれ考えましょう。

LONG TOUR タンクバッグ “LL”のサイズ感 @ カワサキ650RS W3 & W650


1リットルサイズのペットボトルも楽々収納可能なLONG TOURタンクバッグの“LL”サイズ。単体の製品写真ではイマイチ大きさが分かりづらいため装着写真をご紹介。


写真はセミオーダーの白パイピングですが、W3のタンクデザインとも絶妙にマッチしてますね。全て2回建て仕様にバッグを広げた状態です。


こちらは同じ“LL”サイズの帆布オリーブドラブ with 650RS W3。写真上は2階建て仕様に広げていない状態です。


お次はLONG TOURタンクバッグ“LL”サイズ with W650。まずは2階建てに広げていない状態。こちらもセミオーダーの白パイピング。


いかがでしょうか?
LONG TOURの名に相応しく、荷物満載のツーリングスタイルに似合いそうですよね? まぁこれだけ容量があると、普段使いから日帰りツーまでタンクバッグひとつでOKなんて気軽さも“LL”サイズならではの魅力です。ご検討ください。

ダークブラウンのサイドバッグいかがでしょうか?


帆布でリリース以来、定番のオリーブドラブと並び人気のダークブラウンのサイドバッグ。軍モノやアウトドア系のタフなイメージと少し上品な雰囲気が、意外と旧車/現行モデルを問わず似合うのがその理由でしょうか。以前、オリーブドラブのサイドバッグで実験したように、来年には使い込んでワックス加工をしたものも紹介できると思います。今なら在庫に余裕がありますので即納可能です。

 


■SB SIDE CARGO PACK-ダークブラウン
¥14,750+TAX


雰囲気を崩さず使い勝手が抜群な“切り欠きフック”の魅力は、使えば使うほど感じるはず。


両サイドのポケットには必要な時だけ使えるドリンクホルダーを装備。両サイドに付いているので、サイドバッグを左右どちらに付けた時でも使いやすくツーリング時はほんと重宝します。


基本的に500mlペットボトルサイズでですが、直径約8cmの1リットル携行缶(モノタロウ製)も入ります。


裏地は防水性が高く丈夫でハリがあるナイロンのため、使い込んでも型崩れしにくいのも魅力です。

 

ではでは、寒い日が続きますが、安全運転で楽しんでいきましょう。

 




↑PageTop