「CB750FOURその真実」読むと感謝したくなる一冊です。

八重洲出版から今月発売された「CB750FOUR その真実」は、1963年に現・本田技研工業に入社しベンリイ125/CB450/CB750FOURのエンジン設計をはじめ数々の名車を手掛け、後にHRC取締役として活躍された松田稔さんが監修された1冊。

「開発開始後50年がすでに経過している事でもあり、本書では開発過程を、1968年9月組立の1X(1次先行試作車)、68年12月組立の2X(2次先行試作車)、69年2月組立の工試車(工場試作車)の3段階に分け、各段階での問題点とその対策を包み隠さず書き上げると共に、誤認されている項目は修正し、今後の資料としても役立つようにまとめてみた」(ヤエスメディアムック「CB750FOURその真実」この本を読むにあたり—より引用)

……雑誌屋が言うのもなんですが、これまでの雑誌等の記事とは比べる次元にない真実がここにあります。CB750ファン、HONDAファンはもちろんですが、全てのオートバイ好きが読む価値のある内容は、思わず「こんな一冊を作ってくれてありがとう」と感謝してしまうほど。1週間の外出自粛程度じゃ足りないくらい濃密です。編集部でも思わずもう一冊追加購入しましたが、読む用、保存用、何かあった時用と……もう一冊購入予定であります。

3XL装着例ーHONDA CB750 FOUR


今月リリースした特大3XLサイズのタンクバッグ。ことの発端は弊社タンクバッグをいくつもご購入いただいているお客様の相談からでした。それは「ツーリング中の写真をi PADで撮影するため、i PADの出し入れがしやすいタンクバッグが欲しい」という内容でした。


こちらはLONG TOURタンクバッグのサイズ比較。左から3XL→LL→Lになります。(全てバッグ下部のファスナーを開くことでエマージェンシー用の荷室を設けられる“二階建て”仕様)。お客様がお使いのi PADのサイズは主流のB5版相当で、大きさだけであればLサイズでも収納可能です。事実、このお客様もずっと“Lサイズ”を使っておられました。それでも「より大きいサイズのタンクバッグが欲しい」という理由は、デザイン的に内部の荷室よりも狭くなってしまう“開口部の大きさ”にありました。


こちら、Lサイズ(幅はLLも同じ)の開口部は約A5版+αくらい。入り口を通ってしまえば中はギリギリB5版が入る大きさになります。つまり頑張ればB5版のi PADは入るのですが、出し入れがとにかく煩わしいというわけです。
こちらは3XLサイズ。写真じゃ分かりづらいですが、開口部がグッと大きくなっているのが伝わるでしょうか?


大昔のB5版ヤングマシンがすっぽり入ります。


というわけで、年季の入ったCB750にお乗りのお客様とともに完成した3XLサイズのタンクバッグ。ご注文は発色の良いフルオーダーでいただきました! ありがとうございます。


発売以来“現役”な雰囲気のCB750。ベテランのオートバイ乗りの方にも選んでいただき光栄です。

クレジット決済可能になりました。

電子マネー全盛の時代にも関わらず、銀行振込&代引きのみだったストバイwebshopですが、お待たせしました、ようやくクレジット決済導入いたしました。

もはやネット通販も大半がクレジット決済、実際に僕ら自身も100%クレジット。わずらわしい振込の手間、代引き支払いの手間、もういりません。というわけで、どしどしご利用ください。今後ともよろしくお願いいたします。

↑PageTop