GS750 & ストバイサイドバッグ / タンクバッグ


昨日は普段からサイドバッグを使ってくれているGS750に乗るお客さんが、タンクバッグの大きさを試してみたいとのことで編集部へ来てくれました。おそらく塗装もオリジナルの貴重なGS750は、海外から新規輸入し3年、多少の整備だけで絶好調とのこと。価格もそれほどではなかったようで、アタリ物件だったようです。

 


タンクバッグの“大きさを試したい”というのは、じつはこの頃のGSは鍵付きの“タンクキャップカバー”なるものが付いているため、同時代のカワサキZやホンダCB系にフィットする“センターホール仕様”が使えないのです。

↑センターホール仕様はこちら。タンク中央にタンクキャップがあるモデル向けでもっとも汎用性が高いのですが、タンクキャップカバー!? とは参りました。というわけで、タンクキャップより手前のスペースに“どのサイズのタンクバッグが付けられる”のか!? の確認に来られたのでした。
結果的にタンク自体がそれなりの大きさなので、L(平面サイズはMも同じ)もLLも付きましたが、見た目の雰囲気やご自身の使い方を考慮しLサイズに、またサイドバッグとの相性で帆布オリーブドラブに決定。タンクキャップに被せないので、底面仕様はホールレスです。


サイドバッグも良い感じで似合ってましたよ!


ナナハンだからなのか、GS6750は想像以上に取り回しが軽くて驚きました。始動はセル一発、アイドリングは800〜900rpmでも安定しエンジン音も静か。羨ましいくらいほんと絶好調!


GSシリーズはオーバークオリティとまで言われるたしかな作りも含め、良いオートバイだって聞きますね。こうした名車とともにサイドバッグ&タンクバッグを使ってくれて嬉しいかぎりです。完成までしばらくお待ちください。ありがとうございました〜!

 

というわけで、タイミングさえ合えば、編集部にてバッグのフィッティングもできますので気軽にお問い合わせください。

ツーリングコードにバッグが付いていた……的な。


そもそもは「ツーリングコードで固定するシートバッグ」ですが、最近はちょっと荷物があると「収納力のあるツーリングコード」的な使い方ばかり。バッグの中にはそれなりに日常的な荷物を入れているので、普段ならもうひとつタンクバッグ等が必要か、もしくはもう一本ツーリングコードが必要ですが、この使い方が意外と便利でこればかり。


まぁ、あまりスタイリッシュではありませんが、ちょっとした移動時ならいいでしょう。

松の木が立派でした & “CSB”帆布OD × SR500。


ここは通勤途中にいつも通る二子玉川周辺の裏道。いつも立派な松の木があるお家だなぁと走りながら眺めていました。まるで春のような日差しと高い気温だったからか、今日は普段よりものんびり走っていたのでSRを停めて少し休憩しました。小さな小川が流れていて、写真だけ見ると城下町にいる(……は言い過ぎか)ような気分にもなります。こうした小道でも“停まりやすい”SRって良いですね。さすがにKZ1000じゃ、こうしたいつもの通り道で(しかも裏道)ではなかなか停まる気になりませんからね。

ベテランのライダーの方との話でもたまに話題に出る、この「停まりやすい」って意外と大事ですよね。

 


さて、今日はおとといのKZ1000に引き続き、帆布オリーブドラブのシートバッグを使ってます。しかしこのカラーは万能ですね。クラシックテイストのオートバイで似合わないモデルはないんじゃないでしょうか!?

 


嬉しい悲鳴ですが、第一ロットは即完売、そして2月下旬〜3月上旬の入荷を予定している帆布オリーブドラブの”CSB”(クラシック・シートバッグ)ですが、こちらの第2ロット分も本日で全て予約完売となりました。第3ロットは5月下旬頃になる見込みですが、裁断から縫製までオールハンドメイドによる丁寧な日本製のため、毎度生産数には限りがございます。ずいぶん前からのご予約になってしまいますが、ご興味のある方にはご予約をオススメしております。よろしくお願いいたします。

↑PageTop