〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉がリニューアル!!

 


長らくweb shopから姿を消していた〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉supported by SOTOですが、さらに使いやすく携行しやすいスグレモノにリニューアルしストバイ・オンラインショプに再登場です。

 

〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉ってそもそもなんぞや? という方に、軽く説明いたします。まず注目して欲しいのは商品名の後ろに付くsupported by SOTOの文字。そう、アウトドアやキャンプ好きにはお馴染みの[SOTO]さんです。愛知県豊川市を拠点に燃焼器具メーカーひと筋38年という老舗メーカーさんのオリジナルブランド[SOTO]は、僕らもキャンプツーでは必ずお世話になっているバーナーやストーブを中心とした燃焼器具を幅広くラインナップ。そのたしかな性能と、使いやすくコストパフォーマンスに優れた製品の数々は、世界的な雪山登山のプロフェッショナルから、僕らのようなオートバイ乗りやキャンプ初心者まで、ほんとに多くのアウトドア好きから熱烈な支持を得ています。僕らも仕事抜きで大好きなブランドです。

 

そんな[SOTO]さんがリリースするアイテムのなかから、日帰りコーヒーツーからロング&キャンプツーまでこなしてくれるアイテムを厳選し、オートバイ乗りに向けたストバイ・オンラインショップだけのスペシャルKITが〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉になります。その中身とは…

●サーモスタック・クッカーコンボ
●アミカス(ストーブ)
●フィールドホッパー(コンパクトテーブル)
●ガス缶(105g)

カンタンにそれぞれの商品を説明いたします。


●サーモスタック・クッカーコンボ  ¥8,000(税別)
コッヘル&マグカップ要らずで珈琲からラーメンまでを実現したサーモスタック・クッカーコンボは、350(ステンレス)/400(チタン)/750(アルミ)mlの3種類のマグと、飲み口にも注ぎ口にもなるシリコン製のフタに、専用のリフター、そして保温/断熱性の高い収納用コジーがセットになったモノ。

 

sb178-38-39-1-a
●アミカス(ストーブ) ¥4,800(税別)

[SOTO]さんのなかではエントリーモデルと言われているストーブ“アミカス”は、リーズナブルな価格設定ながら、“すり鉢”状のバーナーヘッドを持つことで耐風性に優れ、またバーナーヘッド全体から炎が出ることで鍋底全体に効率良く加熱することが可能。また故障にも強く、おまけに着火スイッチ(赤いボタン)付きで安心のライター要らず……[SOTO]さんのラインナップの中では入門編ですが、フツーのキャンプツーならば非の打ち所がないほどの実力者。もちろん[↑]のサーモスタック・クッカーコンボの中に収納できます。収納時:幅40×奥行き43×高さ75mm

 

soto-1soto-9
●フィールドホッパー(コンパクトテーブル) ¥4,800(税別)

ワンアクションで4本のスタンドが飛び出すA4サイズのコンパクトテーブルは、天板に軽量なアルミ、スタンドには強度のあるステンレスを使用し総重量約395gという軽さを実現。もちろん収納時も両手で折りたむだけ。ソロツーでの食事、ファミリーキャンプでのサブテーブルに重宝する逸品。数あるキャンプ用ソロテーブルの中でも使いやすさとコンパクトな収納性はピカイチ!! A4サイズ/高さ78mm。

 

sod-710t_1soto-5
●パワーガス105トリプルミックス ¥540(税別)

刻一刻と気温が変わる自然環境にも対応するパワーガス。量販店でよく見かけるサイズは2つ並べた写真の右側(大きい方)で250g缶。〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉には予備としての携行性に優れ、サーモスタック・クッカーコンボの上部のフタにもフィットする小さなサイズの105g缶がセットになります。

 

 

そして話は〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉に戻ります。

※珈琲ドリップは撮影用に別途用意したものになります。

最近でこそしょっちゅうキャンプツー(正味は野宿ツー!?)をしている僕らですが、数年前まではズブのキャンプ・シロウト。テントもイスもテーブルも、ましてやクッカーなんて編集部にありませんでした。そんなキャンプ初心者の僕らに「キャンプツーって楽しいかも!?」そう思わせてくれたのがこの[SOTO]さんのストーブとテーブルだったのです。気軽に持ち運べ、気軽に使うことができ、気軽にコーヒーやラーメンが食べられたとき、ほんとに贅沢な気持ちになれました。そして少しずつその他の周辺グッズも気になり始めた……というワケです。

そして「そんな感動を皆さんにも伝えたい」と[SOTO]さんに話し実現したのが、上記のサーモスタック・クッカーコンボ+アミカス+フィールドホッパー+パワーガスをセットにしたこの〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉。もちろんSOTOさんでもその他のweb shopでもそれぞれ単体で購入できるアイテムですが、〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉ととしてご購入いただければ……

パワーガス105トリプルミックスをひとつサービスいたします!! さらにSOTOとストバイのオリジナルステッカーも付属!!

わずかなサービスではありますが、それは「オートバイ乗りのキャンプライフを支えたい」という[SOTO]さんの熱い思いとご好意によるもの。

 


もう一度、価格をおさらいします。それぞれ単品だと……
●サーモスタック・クッカーコンボ  ¥8,000(税別)
●アミカス(ストーブ) ¥4,800(税別)
●フィールドホッパー(コンパクトテーブル) ¥4,800(税別)
●パワーガス105トリプルミックス ¥540(税別)
4点合計=¥18,140(税別)


↓↓↓↓↓
〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉だと……
4点合計=¥17,600(税別)
& SOTOとSTREET BIKERS’のオリジナルステッカーもセット付きでご購入いただけます!!

 

それでは使い方の一例をご紹介。

※珈琲ドリップは撮影用に別途用意したものになります。

フィールドホッパー(テーブル)の上に並べたのは、それぞれバラバラにしたサーモスタック・クッカーコンボとパワーガス105gにセットしたアミカス。

↓↓↓↓↓↓

アミカスはもちろんカップの中に収納。そして上部のシリコン製のフタに105gのガス缶カチッと装着しコジーの中に入れれば手のひらサイズに収まります。

↓↓↓↓↓↓

使い方次第で用途は幅広い350(ステンレス)/400(チタン)/750(アルミ)mlの3種類のマグ。アミカス(ストーブ)や専用リフターはマグ内に収納できます。マグ大と小には飲み口にも注ぎ口にもなるシリコン製のフタも付き、収納用コジーは内側にアルミシートを蒸着することで保温・断熱性にも優れています。

 


例えばマグ750(大)でお湯を沸かし、マグ350(小)にドリッパーをセットしコーヒーを淹れ、マグ350(小)をマグ400(中)に重ねてダブルウォールマグにすれば、持ち手も熱くなく保温性にも優れ、シリコン製のフタのおかげで飲み口も熱くない……というスグレモノ。またシリコン製のフタのおかげでお湯も注ぎやすい。さらに専用リフター&ダブルウォールがあることで、冷めたコーヒーを安全・安心に再加熱することも可能。


当然、750mlのマグ大であればラーメンといった簡単な食事も可能です。

 



↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓

すべて収納すると……テーブルを合わせてもこのサイズ感!!
小ぶりなショルダーバッグひとつでもコーヒー&ラーメン・ツーリングに気軽に出かけられる〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉

 

ではでは、この夏〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉とともに「手軽にちょっと贅沢な気持ちになれる」キャンプツーリングを始めてみてはいかがでしょうか?  掛け値なしでオススメです。

GO→〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉

偶然に揃った!? オトナのBROWN with KAWASAKI “W”。


ご無沙汰です。先週末、ようやく来週24日に発売の最新号の締め切りが終わりました。明後日、月曜日にはブログにて次号についてもお知らせ予定!

今日は締め切り中に仕上がった双子ブラウンのご紹介。フルオーダーにて表皮からジッパー、さらにパイピングまでオールブラウンでのご注文が、偶然にも[左]LONG TOUR TankBag-ver.1(マップポケット無)と[右]DAY TRIP TankBag-ver.2でいただき、これまた同時に仕上がり編集部に到着。


今回はどちらもセンターホール仕様だったため、W3 & W6で装着写真を撮影してみましたので、ご参考にどうぞ。

まずはLONG TOUR TankBag-Ver.1(マップポケット無) with KAWASAKI W650

続いてDAY TRIP TankBag-ver.2 with KAWASAKI 650RS W3

シブい大人のブラウンは新旧ジャパン・スタンダードに似合いますね〜。お客様、お先にスミマセン。

 


今シーズンからジッパー色も表皮合わせて選べるようになりましたが、それが良い感じですね。表皮とパイピングとジッパー……同じブラウンながらも微妙な色違いが絶妙なコントラストを演出しております。

 

……と、ココで、せっかく同じ色仕様だったので気になる大きさ比較を。モデルはダブロク。

もいっちょ!

 


LON TOUR TankBag-ver.1 (フルオーダー/マップポケット無) ¥25,400(税別)
フルオーダー:表皮=ブラウン / パイピング=ブラウン / ジッパー=ブラウン

 


DAY TRIP TankBag-ver.2(フルオーダー)  ¥23,600(税別)
フルオーダー:表皮=ブラウン / パイピング=ブラウン / ジッパー=ブラウン

 

ではでは、ご参考に〜。

オーダー・タンクバッグ続々と仕上がっております〜。

こちらはLONG TOUR TankBag-ver.2 セミオーダー(赤パイピング)でマップポケット無し。

昨日、職人さんの元を巣立ったオーダータンクバッグが編集部に到着! まずは長距離ツーリングにはもってこいの通称“2階建て”、LTタイプのver.2の赤パイピングのセミオーダーでマップポケット無しバージョンのこちらを紹介。

底面に付くファスナーを開ければドンッ!!

タンクに載っけるとこのボリューム!


ホールレス仕様でのオーダーだったためKZへはタンクキャップをよけた位置に装着。

最大のこだわりは、2階建て状態のときでも、オートバイのフォルムは崩さない絶妙の大きさと丸み。

ツーリングの帰り道ってお土産だとかで微妙に荷物が増えるもの。普段、LT-ver.1を使ってるけど、そろそろver.2もオーダーしたいなぁ.。それにしてもネイビーに赤パイピングも似合う。

 

こちらはLONG TOUR TankBag-ver.1 のセミオーダー(グレーパイピング)でマップポケット有り。


お次ぎは、シックで都会的な雰囲気も漂うグレーパイピングを施したLT-ver.1。

グレーパイピング、これまたKZに似合うなぁ…(お客様の元に届く前なのにスミマセン)


こちらはセンターホール仕様でのオーダーだったため、通常どおりタンクキャップに被せて装着。Z1シリーズのようにタンクキャップがタンク中央にあり、タンクキャップ上でもタンクキャップより手前のスペースでもどちらにでも装着できる大きなタンクのオートバイの場合は、センターホール仕様を選び好みで装着位置を楽しむのもアリですね。

巷に溢れる安価なモノと比べると少々値は張りますが、腕の良い熟練の職人さんによるオール・ハンドメイドはほんとに丈夫で使い勝手も抜群。テストも兼ねて雨の日も炎天下の日も通勤からツーリングにと使ってますが、掛け値なしに一生使えるクオリティ。ぜひぜひ夏のツーリングのお供に!! オススメです。

↑PageTop