貴重なサンプル!? SUZUKI “刀”GSX1100Sへのフィッティング。Day Trip TankBag-ver.2


こちら、SUZUKI GSX1100S“刀”ですが……タンクの上にはDAY TRIP TANKBAG-ver.2。



そう刀はタンクキャップの位置が右側前方です。というわけで、当初“サイドホール”仕様をご注文いただいていたのですが、そもそもサイドホール仕様はヤマハSRのガソリンタンクを基準に開発したものです。SRのガソリンタンクに装着した際にタンクバッグがタンク中央にくる設定です。偶然でしたが、HONDA CB/CL72&77系や旧トライアンフUSタンクなどはバッチリ装着できました。


つまりSRと同じくらいの横幅のタンクであればいいのですが、今回の“刀”、他には現行モデルのトライアンフ等はそもそもガソリンタンクの横幅が広いためタンクキャップ位置に裏側の“長孔”を合わせると[写真上/左(トライアンフ・スラクストンR)]のように右側に“寄った”状態になってしまいます。ところが、そもそもSRよりもタンクの幅が広いモデルの多くは大型排気量車で[写真上/右]のように、タンクキャップ手前のスペースに弊社のタンクバッグが収まってしまうことも多いのです。

今回ご注文いただいたのはDAY TRIP TANKBAG-2。タンクキャップ手前のスペースまでギリギリでした。

というわけで、まず“サイドホール”案は却下し、長孔のない“ホールレス”仕様が装着できるか!? に論点は移ります。今回のご購入いただくまでに、タンクキャップ手前のスペースの寸法をお客様に測っていただきメールで何度かやり取りしました。僕らも実質のタンクバッグの寸法ではなく、タンクバッグ裏側の四隅に入る磁石の位置の距離を測りなんとか行けるかも!? との結論に。


結果は、ご覧のとおりかなりいい感じのフィット感でした!! でもギリギリでしたね〜。なんとか付きました! と写真を送っていただき僕らもホッしました。


無事に付いてしまえばスポーティなマシンのフォルムを崩さないこの雰囲気、カッコいいですね!! Iさん、ありがとうございました。

というわけで、ご自身のタンクキャップはSRと同様、右側前方だけどホントに付くのか!? なんて不安な方はどしどしメールにてご質問、ご相談ください。少しずつですがデータが集まってきております!!

 

Lewis Leathers写真集web shopにて販売しております。

いま閉塞感を感じるなら、英国人を真似て夕暮れにビールを立ち呑みしよう! そんな時に〈ルイス〉を着ていると、なぜかロックン・ロールな気分になれるんだ。世界中にルイス・ファンがいるから、こんなマニアックな本が完成した! ——田中凛太郎

 

2017年1月に発売した〈Lewis Leathers〉の歴史アーカイブをまとめた写真集、ストバイweb shopでも取り扱いしております。まずは全238Pからなる膨大なページの中身をチラッと立ち読み。

英国ルイス・レザーズの歴史を紐解いた1冊がついにストバイweb shopでも取り扱いスタート!! 以前、発売されたばかりのブログでもベタ褒めしましたが、これがお世辞抜きで想像以上の見応え!! あまりに膨大なアーカイブをまとめるには1冊じゃ到底足りないと、前・後編の2冊展開(今回は前編の発売)にもかかわらず、前編だけで全240P!!! もちろんフルカラー。

創業から1960年代までを網羅した前編では、WWII以前の貴重なレースの時代から、戦後さらに盛んになったグランプリレースの模様を、当時の貴重な写真(未発表写真ばかり!!)とレザージャケットやパンツ、レーシングスーツといった製品とともに振り返る内容で、見ているだけでワクワクしてきます。もちろん、戦時中にパイロットに支給したアビエイターものもしっかり網羅。さらにさらに、巻末にはコレクターの協力で実現した1960年代の”59CLUB”(ROCKERS)の写真がこれでもか!? と掲載!! これまたなんとすべてフルカラー!!

現ルイス・レザーズ代表にして世界イチのコレクターでもあるデレック・ハリス氏と古着研究の第一人者として世界的に有名な田中凛太郎氏がタッグを組んで制作した今作は、ルイス・レザーズファンや英車好きだけじゃなく、多くのオートバイ乗りのみなさんが楽しめる素晴らしい内容!! 見ていて「オートバイ乗りってやっぱりいいなぁ」って嬉しくなりました。この内容で6900円はお買い得!! 本気で損しませんヨ!! そうそう最後になりましたが、イチバン嬉しいのは全てのキャプションが日本語/英語の併記だってコト!!

 

というわけで、web shopへGOなのです。

C125は2019年モデルもC100カラー!? Honda2019年市販予定車発表〜!

ホンダさんから2019年の一部の市販予定車の写真が届いたのでご紹介!

スーパーカブ50 ストリート 2019年3月発売予定 ¥240,000前後(税込/予価)

スーパーカブ110 ストリート 2019年3月発売予定 ¥285,000前後(税込/予価)

クロスカブ110 くまモンver. 2019年6月発売予定 ¥350,000前後(税込/予価)

スーパーカブC125 2019年6月発売予定 ¥400,000前後(税込/予価)

モンキー125 2019年7月発売予定 ¥400,000前後(税込/予価)

CRF250L 2019年2月中旬発売予定 ¥479,880前後(税込/予価)

CRF250RALLY 2019年3月下旬発売予定 ¥702,000前後(税込/予価)

CB250R 2019年4月発売予定 ¥590,000前後(税込/予価)

C100をイメージさせる外観で登場したC125は今年の新色も初期モデルを彷彿させる“昭和カラー”できましたね〜。昨年のブルーよりも雰囲気出てる!? ような気もします。ではでは。

■問い合わせ●ホンダモーターサイクルジャパン

 

Supporters of STREET BIKERS’ web

SAKAICLONE 京都市下京区丹波街道町313 TEL075-344-4833

Click→SAKAICLONE

 

SIRANO BROS.神奈川県茅ケ崎市中島1206-5 TEL0467-82-5829

Click→SIRANO BROS.

↑PageTop