MEGURO K3ムックの裏話。その1


メグロK3ムックの中の記事にもありますが、メグロといえば……のひとつに東京オリンピックがあります。というのも1964年の東京オリンピックで聖火リレーの先導を務めたのがメグロ・スタミナKP(K1後期型のポリス仕様)でした。オリンピック開催の是非は別として、スペシャルバージョンとして白塗装ポリス風ver.MEGURO “K3P”のデモ車をカワサキさんが作ってくれたら盛り上がるなぁ……なんてムック本制作中に考えながら、↑ココへ向かいました。

オリンピック開催を待ち新国立競技場横で夜間ライトアップされている五輪オブジェの前でメグロK3とパシャリ。1964年から約60年。今から60年後の2080年にこの写真を見たら、メグロK3はどんな風に見えるのでしょうか!?

 


その流れで翌朝向かったのがコチラ。1965年に完成した原宿のマンション、コープ・オリンピア。’60年代とは思えないレトロながら斬新なデザインはいつ見ても見惚れてしまいますがメグロK3との相性はどうだろう!? ……なんて期待して向かいましたが、このフォトスポット=スロープの頂点は駐車場からの通り道。メグロK3を置いてカメラを構えた瞬間に管理人さんに注意され即終了! よって誌面ではボツ。ハイ、ちゃんと許可を取れってハナシです。失礼しました。


セピア加工してみました。「メグロK3とゆく’60年代遺産巡りツーリング」なんてのも楽しそうですね。そんなに残っていないのかな。

 


では、まだご覧になっていない方は、ぜひ全国の書店もしくはAmazonでポチッとどうぞ。Wファンであれば読み応えある内容になっております。


そうそう、3月30日発売のGO OUT連載の“ストバイ”でも“メグロネタ”やらせてもらいました。こちらもチェックよろしくお願いいたします。

GS750 & ストバイサイドバッグ / タンクバッグ


昨日は普段からサイドバッグを使ってくれているGS750に乗るお客さんが、タンクバッグの大きさを試してみたいとのことで編集部へ来てくれました。おそらく塗装もオリジナルの貴重なGS750は、海外から新規輸入し3年、多少の整備だけで絶好調とのこと。価格もそれほどではなかったようで、アタリ物件だったようです。

 


タンクバッグの“大きさを試したい”というのは、じつはこの頃のGSは鍵付きの“タンクキャップカバー”なるものが付いているため、同時代のカワサキZやホンダCB系にフィットする“センターホール仕様”が使えないのです。

↑センターホール仕様はこちら。タンク中央にタンクキャップがあるモデル向けでもっとも汎用性が高いのですが、タンクキャップカバー!? とは参りました。というわけで、タンクキャップより手前のスペースに“どのサイズのタンクバッグが付けられる”のか!? の確認に来られたのでした。
結果的にタンク自体がそれなりの大きさなので、L(平面サイズはMも同じ)もLLも付きましたが、見た目の雰囲気やご自身の使い方を考慮しLサイズに、またサイドバッグとの相性で帆布オリーブドラブに決定。タンクキャップに被せないので、底面仕様はホールレスです。


サイドバッグも良い感じで似合ってましたよ!


ナナハンだからなのか、GS6750は想像以上に取り回しが軽くて驚きました。始動はセル一発、アイドリングは800〜900rpmでも安定しエンジン音も静か。羨ましいくらいほんと絶好調!


GSシリーズはオーバークオリティとまで言われるたしかな作りも含め、良いオートバイだって聞きますね。こうした名車とともにサイドバッグ&タンクバッグを使ってくれて嬉しいかぎりです。完成までしばらくお待ちください。ありがとうございました〜!

 

というわけで、タイミングさえ合えば、編集部にてバッグのフィッティングもできますので気軽にお問い合わせください。

1950年代にも“ベベルのメグロ”は存在していた!?

写真は三樹書房web「M-BASE」より拝借いたしました。

こちらは1950年代後半に目黒製作所が浅間火山レースに持ち込んだ単気筒レーサーですが、ご覧のとおりなんとベベルギアを採用しています。MEGURO K3のベベルカバーにも”MW”の刻印があってもよかったんじゃないか!? なんて想像してしまう写真ですね。

 

というわけで、現在「カワサキM(メグロ)&W(ダブル)の不思議な関係」に迫るムック本を制作中です。

 

“ベベルのメグロ”は過去にも存在していた!?

MEGURO K3の誕生は必然だった!?

などなど、色々と考えを巡らせながらぜひ本を読んでください。

 

↑PageTop