サイドホール仕様はタンクキャップに“引っ掛けて”装着ですよ!


ヤマハSR用としてスタートした“サイドホール仕様”。前回のブログでも紹介しましたが、ホンダC70系神社仏閣シリーズや、旧トライアンフのUSタンクなど……いくつか汎用性はありますので、気になる方はお問い合わせを。


サイドホール仕様を使っている方でたまに見かけるのが、バッグ底面のタンクキャップを“逃げる孔”をタンクキャンプに“被せるだけ”で使っているヒト。バッグの四隅にマグネットが付くセンターホール/ホールレスと違い、サイドホールは上側はタンクキャップを逃げる“孔”の反対側に「縦に2つ」マグネットが並びます。つまり、“逃げ用の孔”をタンクキャップに“被せるだけ”では、タンクキャップ側がわずかに“浮いた”ように装着されてしまいます。


正しい装着方法は、タンクキャップを逃げる孔の“ヘリ”をタンクキャップとタンクの間のクリアランスに“差し込み”付けること。こうするとどこも浮くことなくタンクにぴったり装着できます。

 


さて、このところ“帆布”オリーブドラブのタンクバッグがまたよく動いています。昔ながらのコ●ナ社製タンクバッグのイメージ(合皮もあります)もあるのか、最近はスタンダードの合皮タイプと同じくらい売れていますね。たしかに旧車や英車にも似合うタンクバッグってなかなかないですからね。今日もタイプ違いで2つの入荷したのですが、ちょうどどちらも“サイドホール仕様”でした。


LONG TOURタンクバッグのLサイズ。帆布でオリーブドラブ。絶妙な大きさと丸みのあるフォルム、ビンテージ感すら漂う不動の定番。旧車はもちろん、SRやW800/650、エストレヤといったクラシック系にも間違いなく似合います。

容量を増やすとこんな感じ。これでも結構な収納力を発揮するので一度使うと、やめられません。

 


もう一つは、LONG TOURタイプのLLサイズ。[上]のLサイズより長さを約5cm伸ばしたタイプです。それこそSRの純正タンクには抜群のフィット感。こちらは、まだ少数派!? のダークブラウンでのご注文。


↓容
↓量
↓を
↓増
↓や
↓す
↓と

LLサイズで容量を増やすと、まぁありとあらゆるものが収納可能。日常的な買い物から通勤は当然ながら、コンパクトなストーブとマグカップといったコーヒーセットとレインウェアも入ります。Lで良いと思っていたのにLLを使うと、これまたやめられません(笑)

 

デザインソースは仏様にもあった!? HONDA C72 with DAY TRIPタンクバッグ 〈type:PHIL〉


先日、秋田在住のKさんからタンクバッグの装着写真を送っていただきました。Kさんの愛車はHONDA C72。“日本”を強調したオリジナル・デザインの第一号としても知られる、’50年代後半に登場したホンダの250cc実用車、C70の後継モデル。購入していただいたのは、DAY TRIPタンクバッグver.1のフルオーダーで、同時代にマン島TT  でも活躍していたイギリス人レーサー、フィル・リードをイメージした〈type:PHIL(フィルリード風の黒白ツートーン〉。実用車+レーサーイメージの組み合わせですが、時代考証が合ってるとバッチリ似合います。

C70〜72系は燃料タンクのタンクキャップが“右上”に付くため、“サイドホール仕様”でご注文を頂いたのですが、ヤマハSRのタンクをベースに製作した“サイドホール仕様”は、“横幅が広い”タンクの場合、その大きさによってはタンクバッグ自体が“やや右寄り”に装着されてしまうことがあるため、事前にKさんと電話連絡を取りサンプルを送付し装着確認をした上でのご購入となりました。結果は既存のサイドホール仕様でバッチリ。そして装着写真を送って頂いたワケであります。

[写真]HONDAホームページ「語り継ぎたいこと/限りない夢、あふれる情熱/“姿の良い製品は内容も充実している”/1957」より。

“神社仏閣”の相性で知られるホンダC70は、それまで欧米諸国の二番煎じが多数を占めていた国内オートバイシーンにおいて、本田宗一郎さんが「世界に誇れる日本デザイン」をコンセプトに、自らデザインのモックアップまで製作したと言われている’57年登場のOHC2気筒250ccの実用車


月刊時代のSTREET BIKERS’ vol.150(2010年)で特集した「BUKKAKU」。この時取材したC71も状態が良く現役でオーナーさんの日常のアシとして活躍していました。

“BUKKAKU”特集のSTREET BIKERS’ vol150は→コチラへ。


こちらはTED’S SPECIALさんで撮影した150ccのCA95。A=アメリカ輸出仕様で、日本における実用車=黒のイメージとは違い、ブルーやレッドといったポップなカラーリングも多かったいいます。


突然失礼いたします。こちらは奈良の大仏、毘盧遮那仏。以前、ツーリングで訪れた時に望遠レンズで撮影した表情ドアップの写真。前述したように日本オリジナルのデザインをコンセプトにした“神社仏閣”シリーズは、いわゆる神社の鳥居や社を想起させるような“直線”や“角”を意識したデザインが特徴ですが、C70製作前に10日間ほど長期休暇を取り京都に向かった本田宗一郎さんは、それこそ神社仏閣を巡り続け、その中で三千院の仏様には拝観時間を過ぎても見惚れていた……といいます。

「燃料タンク側面のエッジ部分は仏様の眉から鼻にかけての線を頭に描きながらデザインした」本田宗一郎さんの回想録より。


いやぁ初めて知りました。マニアの方には有名な話でしょうか? 直線や四角いデザインばかり注目していましたが、この滑らかな曲線とエッジのルーツがなんと仏様にあったとは!? 恐れいります。今後、お寺に行った時の視点が変わりそうです。京都・三千院は新たな仏閣ユーザーの聖地になるんじゃないでしょうか!? すでになってる?


KさんのC72へ戻りましょう。こちらはアメリカ輸出仕様なんでしょうか!? ツートーンのシートやホワイトリボン、サイドカバーのステッカーがそう思わせるのか、なんだかカリフォルニアの風を感じる良い雰囲気。


そしてあらためて、黒白ツートーンのDAY TRIPタンクバッグver.1が似合っております。

「昨日、秋田県にある小安郷という場所まで走ってきました タンクバックとても使い勝手が良くお気に入りです」とKさんよりありがたいお言葉いただきました!

ありがとうございます!!

 

ちょっと走りに行きたくなるタンクバッグ、もろもろ入荷しました!!

[左/KZ1000]DAY TRIPタンクバッグ-ver.1 [右/W3]DAY TRIPタンクバッグ-ver.2

久しぶりに爽やかな陽気の水曜日。日中にオーダー品を含め欠品していたタンクバッグがもろもろ入荷したので、W3 & KZ1000で撮影しました。※お客様のオーダー品、撮影のため丁寧に拝借させていただきました。また順次発送いたします。もうしばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。


こちらはDAY TRIPタンクバッグ -ver.2のセミオーダーで白パイピング。パイピングカラーが5色(ホワイト/レッド/ブルー/ブラウン/グレー)から選べるセミオーダーですが、やはりホワイトとレッドが不動の人気。トラディショナルなパイピングカラーといえばこの2色ですからね、当然、旧車&クラシックモデルには似合います。

こちらはDAY TRIPタンクバッグver.1のセミオーダーで白パイピング。ホールレスでの注文でしtがので、KZでの撮影ではタンクキャップの後ろのスペースに付けてみました。似合わないオートバイは一切ない、元祖ラグビーボールフォルム!!


燃料タンクが大きい’70年代以降のリッターモデルは当然、大柄なLONG TOURタンクバッグとの相性も良いのですが、小柄なDAY TRIPタイプも似合いますよ。

[左/KZ1000]LONG TOURタンクバッグ-Lサイズ [右/W3]LONG TOURタンクバッグ-LLサイズ“帆布オリーブドラブ”


こちらは全長約36cmある、たっぷり大容量のLONG TOURタンクバッグのLLサイズ。今回は帆布オリーブドラブでご注文いただきました。オーダー頂いたお客さんもオートバイは偶然W3とのことでしたが、カラーも一緒でしょうか!? 帆布のオリーブドラブも旧車には鉄板のミスタートラディショナル!! 似合わないワケがありません。使い込んで少し色が褪せてきたら、少量のワックスを塗っても良い感じになりますよ。

 

こちらはLONG TOURタンクバッグのLサイズ。ちょうど[↑]のLLと比べると、全長は約5cm短いタイプになります。欠品中だったホールレス仕様の在庫補充だったため、これまたタンクキャップ手前のスペースに装着。

 


こうして見ると、合皮ブラックと帆布オリーブドラブ、迷うんですよね〜。どっちも似合う、良い感じです。


今日もコロナの心配さえなければ初夏の爽やかな風が気持ちいい最高のオートバイ日和。そろそろパ〜っと走りに行きたいもんですね。ではでは、今週いっぱい5月31日まで全品送料無料サービス実施中なのでご検討ください。

 

(おまけ)

↑PageTop