いつでも出かけられる準備を。


ひとつあると助かる、ふたつあるともっと便利な定番のサイドバッグ。必要なときだけ付ける、いらないときはパッと外す。そんな気軽さや日常感を大事に製作したストバイ・サイドバッグですが、現在、ロング&キャンプツーリング仕様の“大きめサイズ”を企画・製作しております。6月上旬には紹介できるでしょうか?

大きなサイズのサイドバッグというと“振り分けタイプ”が定石ですが、今回も“片方掛け”で製作しております。当然、大きめタイプを左右に振り分けてもいいんですが、イメージは片方には現行のサイドバッグ、もう片方には“大きめサイドバッグ”……荷物の仕分けも含め使い勝手が良く、雰囲気的にはやはりオートバイ専用のバッグではなく「’60〜’70年代に払い下げの軍モノBAGを工夫して付けていた世界観」。お楽しみに。

写真は2019年モデルのカワサキW800のスタンダードモデル。旧モデルと比べタンクがひと回り大きくなりましたがバランス良いですよね。そして何といってもリアウインカーが純正で後方移設済み!! これは旅好きのライダーにとって嬉しい改良点。コンピューターが一新され低中速のトルクがさらに逞しくなった新型W800。気になっている方は試乗orレンタルしてみるといいですよ。


まだまだ不安が残る状況で、大手を振るって出かける気分にはなかなかなれませんが、明けない夜はありません。というわけで、いつでも出かけられる準備だけはしておきましょう(笑)

ダークブラウンのサイドバッグ再入荷しましたよ!

約1ヶ月ほど在庫を切らしていたダークブラウンのサイドバッグがようやく再入荷しました。このサイドバッグシリーズは製作し始めてからもうかれこれ5年くらい経ちますが、どのカラーもずっと好評で嬉しい限りです。付けっ放しのサイドバッグやサドルバッグもいいですが、使うときだけ装着していらないときは外す……そんな気軽さもストバイ・サイドカーゴパックの魅力です。あとは丈夫さ! どれだけハードに使用しても、まず壊れません。もちろんタイヤに擦っちゃったらアウトですが、重い荷物をパンパンに詰めても、雨天時に何回走っても、“壊れる”……ということはまだ聞いたことありません。僕らが使っているサイドバッグも壊れたモノは一つもナシ。メイドインジャパンの強みでしょうか。何年も何年も超ハードに使用して、おそらく生地の方からヘタってくる……そんなバッグです。また帆布は使い込んで、色褪せてきてからがまた新しい魅力を発揮しますからね。

世の中、まだまだ落ち着きそうにありませんが、ぼちぼちバイクシーズンの到来ですね。こんな時だからこそ、やっぱりバイクって良いよなぁって走るたびにつくづく思います。毎日バイクで通勤してるだけで幸せってなモンです。何よりバイクで走ってると不安なこともその時だけは忘れてますからね。“いつもの自分”でいられるために、ゆっくりのんびり“バイクとの時間”を作っていきたいですね。

    

3月2日「ネオクラシックの世界」発売!!

昨年暮れ辺りから密かに取材編集活動をしていたムック、リターンライダー必見!!「NEO-CLASSIC・ネオクラシックの世界」が、3月2日にようやく発売になりました。全国書店あるいはアマゾンで購入可能です。

何しろ最近は空前の“旧車ブーム”でありますが、それもそのハズ……じつはこれまでの旧車ファン・旧車マニアに加えて、いわゆる“リターンライダー”なる方々が旧車を求める傾向が強まってきたからでもあるのです。年齢的には50歳以上が中心……20代の頃はオートバイにもずいぶん乗っていたけど、30代になると仕事の忙しさや責任に加えて、プライベートでも結婚・子供・マイホーム…とよく言われる重荷・足かせも増え、一家の長としては時間も資金もなかなか自由にならない時期が訪れ、20年余りにわたる長いトンネルを抜け、子供立ちも自立して手を離れ、住宅ローンなどの目処も立ち、長年連れ添った愛妻・伴侶も自分の時間・人生の楽しみ方も見出した様子。一家の長としての責任も徐々に軽くなってきた頃、諦めてきた“オートバイライフ”をもう一度楽しもう!! と思い立つ方々が急増してきているのが、ここ数年の旧車ブームに少なからず影響を及ぼしているようです。

ただし、そうしたリターンを目指す方々の中には、若かりし頃の思い出も手伝って旧車に乗りたいと思う方が多い一方で、旧車のメンテナンスやメカニズムに対する自信が今ひとつなく、いつでも調子良く走らせられるか心配な方々も相当数いるわけです。何しろオートバイから離れていた期間も長いわけですから、分からないでもありません。

そこで選択肢として俄然注目を集めるのが、“ネオクラシック”という旧車スタイル/テイストの現行新型モデルだ!と考えたのです……ネオクラシック・モデルならば、見た目・外観を満足させながら、実際の乗り味もクセのない染みやすいものだし、調子もとりあえず新車・新型らしく安定しているし、メンテ・整備の面でも旧車にありがちな難しさもない。だから、長年オートバイから離れていた人にとって、ネオクラシックを手にした時に、まずは大きく深い充実感・満足感を得られるモデル群となるだろう!くらいに自信を持ってオススメしたいカテゴリーなのです。それらネオクラシック・モデルで、オートバイライフを快適に再スタートして、かつて若い頃に経験したハズの楽しさや喜びを堪能した後に、さらに広くあるいは深くオートバイを楽しめむべく、旧車の世界に踏み込んでみても遅くはないだろうし、そのままネオクラシックで得られる楽しさや喜びを重ねていくのもいいことだと思います。

そうしたリターン・再スタートを始めよう!と決めた方や、そこでそういう選択の岐路に立って逡巡されている方にこそ役立てていただきたいムック/バイヤーズガイドとして、今回の「NEO-CLASSIC・ネオクラシックの世界」を編集制作しました。

内容的には、まずオススメのネオクラシックとして、クラシック度の濃い順に、国産ネオクラシックW800 / CB1100 / SR400 / Z900RS / ZSR900&700の6機種、そして海外メーカーのTRIUMPH T120&100 / MOTOGUZZI V7 IIIの3機種を徹底インプレ。しかもそれぞれの技術的背景やルーツモデルの歴史に触れての徹底解説(BMW RnineTやDUCATI SCRAMBLERも紹介)。さらには、リターン世代の大人向けのオーソドックス・ギア考やパニアケースを中心にしたラゲッジ考や、センタースタンド考などを展開してます。ポイントはじつは、こうした一連の内容は、これからリターンという方々ばかりでなく、今すでに、旧車や新型車に乗りオートバイライフを楽しんでいらっしゃる方々にも楽しんで読んでいただけるよう、各メーカーや各機種の系譜・歴史を取り混ぜながらの濃い内容にしてあるので、ご覧いただいた誰もが何らかの発見などをしてもらえると思っております。

KAWASAKI W800

HONDA CB110

 

 

 

 

 

 

 

YAMAHA SR400

KAWASAKI Z900RS

 

 

 

 

 

 

 

YAMAHA XSR900&700

SUZUKI KATANA

 

 

 

 

 

 

TRIUMPH T120&100

MOTO GUZZI V7 III

 

 

 

 

 

 

 

……今回ネオクラシック・モデルのムックを、リターンライダー向けに編集制作する際に感じたり気づいたことですが、オートバイライフを再スタートされる方ということは、そのほとんどがかつて乗っておられた=既に免許を取得されている方々だということです。そしてその多くは、免許制度改変時期のことも考えると“中型・普通二輪免許”保持者ということになると思いますと、“いつかは大型二輪!”という夢や願望があったとしても、リターン&再スタートから新たに大型二輪免許を取得して晴れて大型二輪を手にするのは大変な労力や努力の要ることでもあります。じつは、今回オススメとしてまとめた機種が全て大型二輪免許カテゴリーなのは、ネオクラシック(=現行/新型)そのものがそのカテゴリーにしか存在しないからでもあります。リターンライダー向けという観点から開発された中型・普通二輪免許向けの現行・新型ネオクラシックが存在しないのです。なので、ムックとしては大型二輪のみとなりましたが、リターン&再スタートという意味では、非常に魅力的な旧車や中古の普通二輪車もまだまだたくさん存在するのが現状ですから、本誌をじっくりご覧になった上でも、是非ともそちらの選択肢にも目を向け、じっくり考えてご自分のペースに合ったカテゴリー/機種を見つけ、快適で楽しいオートバイライフを始めていただきたく思います。

“オートバイ”“走る道”は無くなりません。いつまでも存在します。いつまでも、貴方を待っています。なので、慌てずにじっくり考えて、ご自分のペースでゆっくりリターン&再スタートをしてください。よろしくお願いします。

無常事務所・ストリートバイカーズ編集部 安田 尚令

 

SAN-EI MOOK リターンライダー必見!!

「NEO-CLASSIC・ネオクラシックの世界」

A4正寸オールカラー132ページ/2200円(税込)

 

↑PageTop