[21年ありがとう]ストリートバイカーズ“最終号” 絶賛発売中!!


●AUTO-BY MAKES THE MAN.「私の趣味はオートバイ。」
●全国秋の旧車ミーティングreport
●YAMAHA SR >>Re-Born<<
●HONDA SUPER CUB C125
●これからは“セニア”ジャケット。

 

 


[1997-2018]STREET BIKERS’ “The LAST ISSUE”

突然のことで驚かれる方も多いと思いますが……11月24日(土)に発売した号をもってストリートバイカーズは最終号となります。“休刊挨拶”については本誌で安田からしっかり書かせていただいておりますのでここでは割愛しますが、1997年から21年もの長いあいだ、ご愛顧、ご愛読ありがとうございました!!

最終号の紹介の前に大事なコトを…

※今後も[STREET BIKERS’]はWEB上で継続していきますので、ご好評のオリジナル・サイドバッグやタンクバッグの製作/販売も変わらず続けて参ります。こちらは変わらずご贔屓いただけたら幸いです。

ではでは来年以降、また別のカタチ/表現でオートバイの楽しさを伝えられるよう、編集長・安田、編集・芝原ともに変わらずオートバイを楽しみ続けて参ります!! というわけでストバイWEBはこれまで以上に活発化していきますので、そちらもチェックお願いいたします!!

 

 


では、あらためまして、ストリートバイカーズ 2018年1月号/Issue 194の紹介を。

 


●特集
[AUTO-BY MAKES THE MAN.]私の趣味はオートバイ。
feat. 第86回アサマミーティング / 第34回W1箱根ミーティング / 古き2輪を愛でる会2018 / 第37回英車の集ひ / オールドタイムランみかも2018

「オートバイを“趣味”にする」とは一体どんなコトなのか? 「私の“趣味”はオートバイです」と胸を張って言えるヒトはオートバイとどんな付き合いをしている(きた)のか!? ーAUTO-BY MAKES THE MAN.ーオートバイが一人前の男を作る。オートバイを趣味にする喜び、好きを続ける幸せ、を、全国各地で行なわれた旧車ミーティングとソコに集まるベテランのヒトビトの笑顔とともにに考えてみました。

 


●YAMAHA SR >>Re-Born<<
「新次元に突入した40年目のSR!?」

待望の、そして厳しい排ガス規制を前に奇跡の復活を果たした40年前の空冷ビッグシングルーYAMAHA SR。変わらない姿で登場し誰もが安堵したSRだが、その中身は大きく変わっていた……なんと!? 40年の歴史の中でずっと5500~6500rpmに設定されていた最大トルクの発生回転数が約2000回転も下がっている!! 一体何のために!? その数値が意味することとは!?

 


●HONDA SUPER CUB C125
カブのようでカブではない!? C100フォルムの新しいカブ。

グロムや新型モンキーと同じ125ccエンジンを搭載し、初代C100フォルムを踏襲したデザインで登場したC125。発売から60周年を迎え生産数1億台を突破した世界中で愛されるスーパーカブが見据える、新たなカブの世界とは!?

 


●これからはセニア・ジャケット。
ベテラン御用達! 性能/素材/価格で選ぶ“4ポケ”ジャケット・カタログ。

毎年新たな最新素材を使用した進化版が登場するなど、クラシック系かどうかではなく、すべてのオートバイ乗りにとって定番として認知されている昔ながらの“4ポケ”JKT。クラシカルなワックスド・コットンから最新ハイテク素材まで……素材/性能/価格で選ぶウインター・ジャケットの決定版、4ポケJKTカタログ。

 

その他にも……以下、盛りだくさんです。
●大好評! ツーレポ
・東京・原宿KRAFTY20周年ツーレポ「9泊10日! 2台のオールド・トライアンフで走る九州〜広島珍道中」
・京都サカイクロン「岐阜・各務原航空宇宙博物館〜飛燕ツーリング〜」
・大阪プレスサイクル「丹波篠山黒豆カブツー」

好評連載シリーズ
・KAWASAKI Z探求シリーズ「GT-Z……突然の腰上オーバーホール」
・WWW.COM「生涯W3&6」
・連載[RSC]リアステア・クラブ「なんとなく運転からの解放!?」

 


では、いつもどおりWEB SHOPでは送料無料でお買い求め頂けますのでそちらもご利用ください!!

 

GO→WEB SHOP

 

ストリートバイカーズ最新号(11月号) 9月22日発売!!


■温旧知真……旧車が持つ“本当の魅力”を、考えたことありますか?
feat. HONDA CB450 K2 / KAWASAKI MACH H1&H2 / 650RS W3

■KAWASAKI “Z” 探求シリーズ「GT-Z」
■RSC-リアステア・クラブ「一体“トラクション”って何?」
■WWW.COM
[W3熟成!!]

 


最新号紹介の前に、誤字の訂正……失礼しました。気をとり直しまして…9月は連休のおかげで発売日が2日前倒しになり、昨日22日が発売日でした。昨日は来客があり夜遅くまでバイク談義、今日は朝から久々の天気! というわけで、午前中に湘南方面にモーニングラン……と、締め切り明けだからと仕事そっちのけで、最新号アップが今日になってしまいました。でも、この時期気持ちいいですね〜!!

ではでは、特集の紹介から。

表紙を飾るは数々の伝説が残るKAWASAKI MACH III H1 & H2。タイトルは……温故知新!? とちょっと違う「温旧知真」!? このタイトルに込めた真意とは!?

 

■特集
On Ko Chi Shin
「温旧知真」
feat. CB450 K2 / MACH H1 & H2 / 650RS W3

旧車が持つ“本当の魅力”を、考えたことありますか?」

“旧車の魅力”というと……デザインや素材感がいい、音がいい、鼓動感がある、意外と速い、思ったより乗りやすい、現行モデルよりも味わいがある、古いからいい、手がかかるからいい……などなど、聞けば十人十色さまざまな答えが返ってきます。でも本当にそれだけか!? いまも乗るたびに新鮮な喜びを感じさせてくれる40年以上も前のオートバイが持つ真の魅力って、一体何なんだろう?

「温旧知真」——「古きを訪ねて新しきを知る」四文字熟語“温故知新”をモジッた特集では、HONDA CB450 K2 / MACH III H1&H2 / 650RS W3の3台をフィーチャー。当時、なぜ“そう”出来上がったのか!? 設計自体を見つめ、当時の時代背景に思いを馳せると、楽しくて仕方がない旧車の真実とも言える、新たな魅力が見えてくるかもしれません。40〜50年後のオートバイ乗りをも虜にする旧車の魅力、じっくり考えてみませんか?

part.1
■HONDA ’70 CB450 K2

「目指すは、市販車世界最高峰!?」

part.2
■KAWASAKI MACH III H1 & H2

「カワサキが狙った本当のマッハ伝説とは!?」

part.3
■KAWASAKI 650RS W3

「“古い”と“旧車”は違う……のか!?」

 


その他にも……以下、盛りだくさんです。
・YAMAHA SR400 F.I. 排ガス規制をクリアし復活!?
・オールドタイムラン・サマーミーティング「蔵の街サマーフェスタ2018」
・TAMA Classic 秋の定例会
・MOONEYES Motorcycle Swapmeet
・Lewis Leathers 「Wings, Wheels and Rock’n’ Roll」……ザ・クロマニヨンズ/ギターウルフ/ボウディーズ/ストンピン・リフラフズ
・大好評! 読者ツーレポ「ベテランW乗り、夏休みソロツー“W西遊記”」

好評連載シリーズ
・KAWASAKI Z探求シリーズ「GT-Z……4気筒の“重さ”を考える。part1」
・WWW.COM「W3熟成」
・連載[RSC]リアステア・クラブ「一体トラクションって何!?」

毎度のことながら、ストバイweb shopでは送料無料でお届けいたしますので、書店で見つからない場合はこちらもどうぞご利用ください。

 


そして!!!! 予約でほぼ完売に近い数が出てしまったため、本誌発売まで写真公開を控えたSB SIDE CARGO PACK帆布仕様も在庫わずかですが、web shopオープンします!! ビックリするほど人気で在庫はホントにあとわずか……真剣に追加しようか目下相談中です!! 朗報を乞うご期待!!

 

ストリートバイカーズ2018年1月号 (最新号)絶賛発売中!!


■特集「旧車と19インチ」旧車が偉くみえるワケ!?
■全国秋の旧車ミーティングレポート
■[RSC]2nd スイングアームを考える。
■“冬手袋”図鑑 老舗JRP産直レポート&カタログ
■[W3組立]WWW.COMスペシャル

 

なんだか今年もあっという間に年末の声が聞こえてきそうですね。歳をとればとるほど“時間”に対する経験値が増えることで、1年が早く感じるようになる……なんて話を聞いたことがありますが、本当でしょうか? というわけで、あっという間に2ヶ月。11月24日に発売したストバイ最新号は2018年1月号になります。

 


ドーンッと表紙を飾るこのオートバイ、何だか分かりますか? こちらはカワサキW1SA。毎週末、雨に降られ散々だった10月の中で唯一、天候に恵まれた第1週に箱根で行われたW1ミーティングでの1カットです。W1ミーティングの会場に入るにはスロープを上がり鋭角に左折するワケですが、今回は“あるネライ”があり、入り口でYASがしゃがみこみ下から皆さんを撮影いたしました。

 

あるネライとは…!?

 

 


■特集
「旧車と19インチ」
旧車が偉くみえるワケ!?
featuring 「全国秋の旧車ミーティングレポート」

W1ミーティング / 第84回アサマミーティング / 第35回北海道ミーティング / 第36回英車の集ひ / 古き2輪を愛でる会2017 / オールドタイムランみかも2017

そう、特集タイトルは「旧車と19インチ」

カワサキW800が生産終了した現在、じつはH-Dを除くと現行車でフロント19インチのオートバイはありません。エッ!? と思いません? ’50〜’60年代の英車をはじめ、’70年代の国産車のラインナップはそのほとんどがF19-R18だったのにって。時代の流れ(数々の陰謀!?)でしょうか、F19-R18は前後18インチになり、紆余曲折あったレーサーレプリカ全盛期を経て、今やニューレトロ、ネオクラシックと呼ばれるモデルですら前後17インチが主流です。

でも……「前後17インチなんて、レプリカじゃないんだから」といっぱしに批判できても、じゃあF19-R18、もっと言えばフロント19インチの魅力って、一体何だったんだろう? と聞かれてはっきり答えられるヒトも意外と少ないものです。でも、何だか楽しいんですよね(笑)

第32回を迎えたW1ミーティングを始め、第84回アサマミーティング第35回北海道ミーティング、第36回英車の集ひ古き2輪を愛でる会2017オールドタイムランみかも2017と、今年も恒例の秋の旧車ミーティングが「雨にもマケズ」全国各地で開催されました。

そんななか、ひと括りに“旧車”……といっても、’60〜’70年代生まれの旧車が全国ドコでもイチバン元気に走り回っていたように感じました。調査を進めると……威風堂々とした旧車の存在感にはやはり“何か”があるような……その謎を解く鍵は、やはりフロント19インチ!?な〜んて思ってしまったのです。

というわけで、秋の旧車ミーティングとともに“オートバイと19インチ”について、あれこれ思いを馳せてみませんか?

 

 


[RSC]2nd
スイングアームを考える。


“冬手袋”図鑑
老舗JRP産直レポート&防寒グローブカタログ2017〜2018

 

[W3組立]
WWW.COMスペシャル


■New Model Review
「”CB”の意味が見えてきた!?」
HONDA CB1100RSで考える”CB感”。
さかのぼること70年近く!? CB92から始まった”CB”の呼称には、市販スポーツモデルだとか、空冷4発だとか、インライン(並列)だとか……昔からさまざまな憶測が繰り返され続けていますが、CB1100RSとともにあらためて「”CB”とは!?」を考えてみました。新旧CBファン必見ですよ〜。

 


■創刊20周年記念スペシャル第3弾
超豪華・読者プレゼント

 


巻末綴じ込み付録
「IKONサスペンション国産車向けカタログ」


24日発売の最新号、ストバイ・オンラインショップでは何冊でも何回でも送料無料です。こちらもぜひご利用ください。

↑PageTop