[庶民の”Z”] Zはそもそも値段が庶民じゃない…とのご指摘受けました。

4月に取材したBRITISH RUNで皆さんを見送ったあと。最新号誌面にも書きましたが、“Zあるある”な異音に悩みっ放しでした。

前々号からスタートした1977年KZ1000での連載、GT-FOUR “庶民のZ”。おかげさまで好評いただいておりますが……早速、読者の方から「庶民のZなんて言うけど、そもそもKZ1000だって値段が庶民じゃないですよね?」とのご指摘。たしかに、Z1 / Z2ほどじゃないにせよ、KAWASAKI Z系の中古価格は相当ですね。

 


カワサキZシリーズというと、「男カワサキ」のフレーズを誰もが知っているとおり、黒づくめでリーゼントにサングラスといった当時の日本の不良の雰囲気だったり、迫力ある集合管の音を響かせながら走る飛ばし屋のイメージが強いモデルですが、W1やCB750、XSシリーズと同様に、カワサキZだって’70年代の国産スタンダード。写真は’76年のヨーロッパ向けZ1000のカタログの表紙ですが、初めて見たときは「Zにもこんなにジェントルで“正統派”な世界もあったのか!?」とオドロキながら嬉しくなったモノでした。

そして、大人がじっくりと楽しめる“正統派なZ”の世界を追究してみよう! と始まったのが[GT-FOUR〜庶民のZ]。“大人のZ”や“正統派Z”なんて候補もありましたが、’70年代当時のスタンダードモデルはあくまで多くの庶民に向けたもの……というワケであります。

 

深夜の編集部横ガレージにて夜な夜なキャブ整備中。


ところが、正統派なZの世界を追究する前に、キャブセッティングの闇に…。

 

発売したばかりの最新号、連載一回目のタイトルカットはなぜか鳥取県の隼駅。風情のある木造駅舎は隼乗りじゃなくてもオススメ。

そんな模様も含め、最新号では展開しております。GT-FOURな新しい(カワサキは当時から目指していた)Zの世界、まだまだ連載一回目ですがお楽しみください。


おまけ。
締め切り明けの山形旅行で見かけたズボンのスズキ。飾られたベルボトムのオブジェ&カタカタ英語ともにスズキの書体に思わずパシャリ。誌面ではもちろん“パンツ”と書きますが、普段はついついズボンと言ってしまいます。

アバンギャルド…なフルオーダー! 良いんじゃないでしょうか!?


締め切り中に仕上がり、急いでスタジオ撮影したままお客さんの元へ巣立っていった、DAY TRIP TankBag ver.2のフルオーダー。

表皮はレッド、パイピングはホワイト、ジッパーはブラックを選択したこちら、シンプルに考えるとジッパー部もホワイトをチョイスしてしまいそうですが、ブラックにすることで全体に引き締まった印象になりGOOD!!

 

お客さんの車種が分からないのですが、ぜひ装着状態も見てみたいですね。気が向いたら写真送ってくださいね!!

 


こちらは、SNS上から拝借した山梨在住のお客さんの写真。’79年のSPでしょうか!? 初期型SRにLONG TOUR TankBag ver.1がしっくりハマっております。それにしてもアップハン仕様のオートバイの、7:3もしくは6:4くらいの後ろからって良いですよね〜。カッコイイ。

ついに完成! RSCステッカー。


気がつけば、感じれば、分かれば、オートバイが間違いなく楽しくなる、オートバイの仕組みの大いなる基本にして、オートバイが前に進むための大前提……“後輪駆動”を見つめ直す、人気連載リアステア・クラブ[RSC]のオリジナルステッカーがついに完成!!

 


ヘルメットにもオートバイにもちょうどいい大きさ。

 


これぞ「100% RSC」。オートバイはリアタイヤからすべて始まる!?
↑今週木曜日発売の最新号からチラ見せ!?

※毎号誌面にも書いていますが……
熱烈な読者の方々からすでに入部の申し込みをいただいておりますが、ステッカー応募基準は「リアステアこそオートバイを楽しむ基本と信じて疑わないヒト」。いつもの官製はがきやメールで「熱意や感想」とともにご応募いただけたらステッカー1セットお送りしますよ!! 無償ステッカー配付的な感じでもあるので、知り合い&近い人は連絡ください。

 


そしてそして!! 業界の大先輩(YASさんのライダースクラブ時代の師匠)にして、二輪業界で初めて“リアステア”というコトバを使い、あらゆるGPライダーの走りからワークスマシンの解析まで行なってきた「ライダースクラブ」根本さんとMCショーにて写真を撮らせていただきました! ちゃんと「オートバイ乗りは“怖がり”ほどうまくなる。」Amazonで予約して買ったので、会場での2ショット資格はあるのです!


ケニーロバーツの走り方を徹底的に解析し、「オートバイがそう作られている以上、後輪+車体を操るライディング以外にバランス良くオートバイを乗りこなすテクニックは存在しない」…とハッキリ書いてあった’95年のライダースクラブの1ページ。少しライディングに興味を持ち始めた僕が“後輪”をハッキリと意識するようになった一冊。もちろん根本さんによる解説。

 

RSCステッカー、勝手に根本さんに送ってみようかな…。

W1ミーティング、延期の決定!!

本日のW1箱根ミーティングは、延期となりました。

今朝の7時30分時点での現地の天候が、かなりの濃霧な上に雨混じりという状態で、今後大きく回復する傾向が見られないため、W1愛好会・高橋会長が延期と判断。開催は次週20日に順延という決定をされました。前泊組を含めすでに会場に向かわれている方々も多いようなので、W1愛好会の運営スタッフは現地におられますが、ミーティングイベントとしては20日順延開催というコトになりました。これから出かけられる方々は本日これからの天気悪化も考慮の上、無理をされずに見合わせられることをお勧めします。以上、よろしくお願いします。

いよいよ天気がビミョー!なW1箱根ミーティング

天気予報はどんどん早まっていて、決行か中止かが判断つかなくなってきましたが、W1愛好会・高橋会長は「いちおうやるコトにしておきます。ただ明日午前中の現地天候の状況などの判断では、当日現地での中止・順延の判断もあります」とのコトです。すでに現地近くでの前泊組も多数おられるので、現地での開催前提の用意はされますが、当日来場者の人数/イベントとしての充実度などから、順延もありえるということです。いずれにしろ、各自で天候/予報などで判断してムリのないところでお越し下さい、とのことです。皆さま、気をつけてお越し下さい。

今度の日曜はW1箱根ミーティング!!

年2回開催されるカワサキW系バイクのオーナー・ミーティング。神奈川の“W1愛好会”の主催で四半世紀以上にわたり開催されてきたこのイベントは、毎回200台を超えるW1/W1S/W2TT/W1SA/W3などのオーナー達が全国から駆けつける。33回目となる今春のW1“箱根”ミーティングの開催場所は、例年同様の“十国峠レストハウス(R1箱根峠から県道20を熱海峠・伊豆スカ方面に南下約10分)”。希少パーツやノベルティなどの販売、また参加者にはお楽しみ抽選会もあり。マナー/モラルを守る大人のカワサキW系オーナーの方はゼヒ、W情報の交換やW談義に花を咲かせにお越しください。W650/800の方でも、W1系に興味のある方は参加可能です。開催日時:5月13日(日)10時受付開始(※雨天の場合は20日に順延), 場所:十国峠レストハウス駐車場(静岡県田方郡函南町桑原1400-20/TEL0557-83-6211), 参加資格:W1~W3, 参加費:1000円(参加者名簿・記念写真・記念ステッカーを後日郵送)また他機種の方は参加料500円で見学できます。●W1愛好会/TEL&FAX0463-93-2735(会長・髙橋)

じつは、当日のお天気が例年のようにビミョーな感じですので、前日の夜には、このブログやFBで、決行/中止などの決定事項をお知らせします。チェックしてください/YAS

 

↑PageTop