「CB750FOURその真実」読むと感謝したくなる一冊です。

八重洲出版から今月発売された「CB750FOUR その真実」は、1963年に現・本田技研工業に入社しベンリイ125/CB450/CB750FOURのエンジン設計をはじめ数々の名車を手掛け、後にHRC取締役として活躍された松田稔さんが監修された1冊。

「開発開始後50年がすでに経過している事でもあり、本書では開発過程を、1968年9月組立の1X(1次先行試作車)、68年12月組立の2X(2次先行試作車)、69年2月組立の工試車(工場試作車)の3段階に分け、各段階での問題点とその対策を包み隠さず書き上げると共に、誤認されている項目は修正し、今後の資料としても役立つようにまとめてみた」(ヤエスメディアムック「CB750FOURその真実」この本を読むにあたり—より引用)

……雑誌屋が言うのもなんですが、これまでの雑誌等の記事とは比べる次元にない真実がここにあります。CB750ファン、HONDAファンはもちろんですが、全てのオートバイ好きが読む価値のある内容は、思わず「こんな一冊を作ってくれてありがとう」と感謝してしまうほど。1週間の外出自粛程度じゃ足りないくらい濃密です。編集部でも思わずもう一冊追加購入しましたが、読む用、保存用、何かあった時用と……もう一冊購入予定であります。

3XL装着例ーHONDA CB750 FOUR


今月リリースした特大3XLサイズのタンクバッグ。ことの発端は弊社タンクバッグをいくつもご購入いただいているお客様の相談からでした。それは「ツーリング中の写真をi PADで撮影するため、i PADの出し入れがしやすいタンクバッグが欲しい」という内容でした。


こちらはLONG TOURタンクバッグのサイズ比較。左から3XL→LL→Lになります。(全てバッグ下部のファスナーを開くことでエマージェンシー用の荷室を設けられる“二階建て”仕様)。お客様がお使いのi PADのサイズは主流のB5版相当で、大きさだけであればLサイズでも収納可能です。事実、このお客様もずっと“Lサイズ”を使っておられました。それでも「より大きいサイズのタンクバッグが欲しい」という理由は、デザイン的に内部の荷室よりも狭くなってしまう“開口部の大きさ”にありました。


こちら、Lサイズ(幅はLLも同じ)の開口部は約A5版+αくらい。入り口を通ってしまえば中はギリギリB5版が入る大きさになります。つまり頑張ればB5版のi PADは入るのですが、出し入れがとにかく煩わしいというわけです。
こちらは3XLサイズ。写真じゃ分かりづらいですが、開口部がグッと大きくなっているのが伝わるでしょうか?


大昔のB5版ヤングマシンがすっぽり入ります。


というわけで、年季の入ったCB750にお乗りのお客様とともに完成した3XLサイズのタンクバッグ。ご注文は発色の良いフルオーダーでいただきました! ありがとうございます。


発売以来“現役”な雰囲気のCB750。ベテランのオートバイ乗りの方にも選んでいただき光栄です。

クレジット決済可能になりました。

電子マネー全盛の時代にも関わらず、銀行振込&代引きのみだったストバイwebshopですが、お待たせしました、ようやくクレジット決済導入いたしました。

もはやネット通販も大半がクレジット決済、実際に僕ら自身も100%クレジット。わずらわしい振込の手間、代引き支払いの手間、もういりません。というわけで、どしどしご利用ください。今後ともよろしくお願いいたします。

欧州ベテランライダー御用達!! 特大3Lタンクバッグ受注開始〜!!


先日お知らせしていた特大3XLサイズのタンクバッグ。ようやく詳細が決まりましたので受注を開始いたします。

通常のLサイズと比較し、左右幅で約60mm、前後長で約70mm大きくし、エマージェンシー用に延長できる高さも50mm→80mmに増やしたことで大幅な容量UPを実現しました。写真はエマージェンシー用に荷室容量を増やした状態です。

大昔のヤングマシン。サイズはB5版です。大判のツーリングマップルやi PADがB5版ですが、今回の特大3XLでは容量UPとともにB5版がすっぽり入る“開口部”を確保することが狙いでした。

容量UPはもちろんですが、大判ツーリングマップルや主流のi PADのサイズ=B5版が出し入れしやすい“開口部の大きさ”を確保することが狙いでした。

左からSOTO製サーモスタッククッカーコンボ。SOL製防寒用シュラフカバー、モンベル製エアマット、ISUKA製シュラフ。

荷室を大きくした状態での容量ですが、上記の野宿セットを収納しても余裕があります。

フラップ裏のポケットサイズも大きくなりました。サイズ感は文庫本を入れても余裕の大きさになります。

 


CB750に装着したイメージがこちら。やはり全体的にかなり大きいため、燃料タンクが大きい大型車や欧州車向けでしょうか。


そしてフルオーダーのイメージがこちら↓

こちらはフルオーダーで、表皮=赤、ファスナー=赤、パイピング=白、マップポケット無し。


イメージは↑欧州のベテランライダーでしょうか!? 写真はカワサキZですが、ホンダCBやスズキGS、そしてBMW等でも欧州では大きなタンクバッグを装着しているライダーが多い印象です。

 


■LONG TOUR TANK BAG – 3XL (EUROPEAN CONTINENTAL)

[価格]
スタンダードモデル(合皮ブラック):¥25,700+TAX
セミオーダー(パイピングカラー変更):¥27,700+TAX
フルオーダー:¥29,200+TAX
帆布(オリーブドラブ/ダークブラウン):¥27,700+TAX

[サイズ]
前後長=380mm
横幅=240mm
高さ=130〜210mm

[受注製作期間]
他のタンクバッグ同様、1〜2週間になります。

大きいタンクバッグを使う気持ち分かるなぁ。

全てLONG TOURタンクバッグ。 [左]特大3XL(近日発売予定) [中]LLサイズ [右]Lサイズ

近々リリース予定の特大3XLサイズのタンクバッグを筆頭に、“荷室を拡げられる”LONG TOURタイプを並べてみました。左から3XL→LL→Lとなります。


■特大3XL(縦380mm/横240mm/高さ130〜210mm)


■LL(縦360mm/横190mm/高さ130〜180mm)


■L(縦310mm/横190mm/高さ110〜160mm)


■特大3XL(縦380mm/横240mm/高さ130〜210mm)


■LL(縦360mm/横190mm/高さ130〜180mm)


■L(縦310mm/横190mm/高さ110〜160mm)


■特大3XL(縦380mm/横240mm/高さ130〜210mm)


■LL(縦360mm/横190mm/高さ130〜180mm)


■L(縦310mm/横190mm/高さ110〜160mm)


そんな中、最近はLLサイズが通勤にもちょうど良く愛用しています。

今日は暖かかったのでタンクバッグには[左から]帰り用のオーバーパンツ、インナーダウン、水筒、おむすび、ディスクロック、書類等を収納してました。以前はこの量だとサイドバッグを使ってましたが、大きなタンクバッグに慣れてくるともう離れられません。


もちろんこの内容量は荷室を拡げた状態での収納力。お昼頃雨だったので久しぶりにレインカバーを付けましたが、荷室を拡げた状態だとなかなかの迫力。レインカバーはぴったりサイズで作っているので、若干丁寧に装着しなければいけませんが付けてしまえばフィット感は抜群です。ツーリング中に写真撮るときなどでもオートバイの雰囲気を崩しません。


KZ1000だとLLサイズ以上もいいですね。

W1といえば、「音」or 「ハンドル」!?


やっぱりダブワンは“音”……なんてイメージが強いと思いますが、ダブワン乗りじゃない僕からすると、いつ見ても良いなぁと思うのは独特なハンドル。立ち上がる角度や垂れ角など……「V字」を思わせるフォルムは、当時の国産大型モデルの中では唯一の形状じゃないでしょうか。結果としてW1ハンドルを見ると「’60年代らしいなぁ…」と見惚れてしまうワケです。W1 & W1SとW1SA以降はまた少し違うとか、W1Sは配線中通しとか……マニアに言わせるとどうやら年式/モデルによって細かい違いはあるようですが、W1シリーズはどれもハンドルの形状は抜群! 意外と英車乗りからも人気があるようです。

またスイッチボックスもシンプルで、これがまたハンドルをスタイリッシュに見せるんでしょうか!? メーターからハンドル、タンクに続くデザインも最高です。


そんな初期W1はCLASSICCYCLE TOKYOのお客さん。クラシックサイクル後藤さんによると初期W1だけの見所はじつは色々とあるようで、みんなでW1談義で盛り上がりました。このW1はS以降のキャブトンタイプのマフラーが付いていますが、初期W1の純正はモナカマフラー。ところが「音はモナカよりキャブトンなんだよなぁ」という方が多いのもW1事情とのこと。’66年から’74年まで、様々な変更とともに進化したW1シリーズ。オリジナルで乗るヒト、いいとこ取りでミックスして楽しんでいるヒト、どちらもたくさんいるのが納得です。


そんなW1オーナーさん、合皮ブラックのサイドカーゴパックをご愛用してくれています。「ドリンクホルダーが思った以上に便利で助かってます」と喜んでくれていたのでひと安心。ありがとうございます!

↑PageTop