[シムズクラフト]サイドバッグサポートを新型W800に装着。


ストバイ・オンラインショップでも高い人気を誇る、カワサキW800/650/400用シムズクラフト製サイドバッグサポート。そもそもシムズクラフトが得意とするSR用とともにW650時代に開発されたサポートは、基本的に燃調関係以外の車体はそれまでと変わらなかった初代W800に装着できるのは誰でも分かることだったんのですが、第2世代となった2018年以降のW800にはどうなのか!? は、じつはきっちりと検証できていませんでした。


というのも、写真のスタンダードのひと足先に登場した“ストリート”と“カフェ”は、リアフェンダー周りがこれまでのW650や初代W800とまるで違っていたため、1年遅れで登場した↑のW800スタンダード(2019〜)にも付くのだろうか? と少し不安があったのです。第2世代のスタンダードタイプはそれこそリアウインカーがテールランプステーに後方移設されたりとリア周りに若干の変更は加えられたものの、基本的な構造や使用している部品は旧W800やW650と共通のため、無事に装着できました。


これで安心してラージサイズのサイドカーゴパックラージも装着できます。W800はキックスタートがないですから、バッグ装着位置に対してそれほど神経質になる必要はありませんが、それでもウインカーが後方移設された恩恵は大きく、いい塩梅の位置に装着できました。


現在、W800(2018〜STREET/CAFEを除く)/650/400用のシムズクラフト製サイドバッグサポートは在庫を切らしております。次回の入荷は8月下旬を予定しております。毎度、入荷分は予約完売、もしくは即売り切れますので、気になっている方はお急ぎください。また8月下旬分は余裕あります。

GO→サイドバッグサポートはこちらへ
GO→サイドカーゴパックラージ “LARGE”はこちらへ

50年の時を超えて、“どちらのW”にも好評です。


相変わらずコロナウイルスははっきりしませんが、梅雨明けとともに皆さん、少しずつソロツーを始めているようで、タンクバッグ&サイドバッグの写真がまた少し届きましたのでご紹介いたします。

こちらはW650にオリーブドラブのサイドバッグ(スタンダード)とDAY TRIPタンクバッグのver.1をベースにパイピングオーダー(カラー:ブラウン)を装着。サイドバッグはまだ正面の2本のベルトが細い超初期のモノ! 2013年頃でしょうか? 帆布ではなくコーデュラナイロンを使用していた最もタフなモデル。切り欠きフックを追加して使って頂いているようでありがとうございます。ブラウンのパイピングが入るタンクバッグもジェントルイメージのW650と相性抜群!


こちらはどこでしょうか? きれいにデザイン? されたまるでミステリーサークルのような田んぼ。日本にはまだまだ知らない良いところありますね。早く何も気にせず走りに出かけたいものですね。

 


お次はW650 & W800の先祖であり親子のような存在の650RS W3。こちらの方は、LONG TOUR タンクバッグのMサイズとスタンダードタイプのサイドバッグをどちらも“帆布”オリーブドラブで統一。50年前で言えば、コロナタンクバッグ&US ARMYサイドバッグでしょうか? タンクバッグ&サイドバッグは現行新品ですが、バッチリ似合っております。


もちろんバッグ類が何も付いていないオートバイそのままは当然カッコイイのですが、なんだかバッグが付いた状態のオートバイは日常感と言いますか、走ってる感や使い込んでいる感が出ていて、これはこれでまた見惚れてしまう雰囲気ですね。

そう、新旧Wシリーズ人気に負けていないのがSRです。最近またSRユーザーさんからのご注文も多いため、皆さんよかったらツーリングついでに撮った写真をメールで送ってくださいね!

↑PageTop