GS750 & ストバイサイドバッグ / タンクバッグ


昨日は普段からサイドバッグを使ってくれているGS750に乗るお客さんが、タンクバッグの大きさを試してみたいとのことで編集部へ来てくれました。おそらく塗装もオリジナルの貴重なGS750は、海外から新規輸入し3年、多少の整備だけで絶好調とのこと。価格もそれほどではなかったようで、アタリ物件だったようです。

 


タンクバッグの“大きさを試したい”というのは、じつはこの頃のGSは鍵付きの“タンクキャップカバー”なるものが付いているため、同時代のカワサキZやホンダCB系にフィットする“センターホール仕様”が使えないのです。

↑センターホール仕様はこちら。タンク中央にタンクキャップがあるモデル向けでもっとも汎用性が高いのですが、タンクキャップカバー!? とは参りました。というわけで、タンクキャップより手前のスペースに“どのサイズのタンクバッグが付けられる”のか!? の確認に来られたのでした。
結果的にタンク自体がそれなりの大きさなので、L(平面サイズはMも同じ)もLLも付きましたが、見た目の雰囲気やご自身の使い方を考慮しLサイズに、またサイドバッグとの相性で帆布オリーブドラブに決定。タンクキャップに被せないので、底面仕様はホールレスです。


サイドバッグも良い感じで似合ってましたよ!


ナナハンだからなのか、GS6750は想像以上に取り回しが軽くて驚きました。始動はセル一発、アイドリングは800〜900rpmでも安定しエンジン音も静か。羨ましいくらいほんと絶好調!


GSシリーズはオーバークオリティとまで言われるたしかな作りも含め、良いオートバイだって聞きますね。こうした名車とともにサイドバッグ&タンクバッグを使ってくれて嬉しいかぎりです。完成までしばらくお待ちください。ありがとうございました〜!

 

というわけで、タイミングさえ合えば、編集部にてバッグのフィッティングもできますので気軽にお問い合わせください。

1950年代にも“ベベルのメグロ”は存在していた!?

写真は三樹書房web「M-BASE」より拝借いたしました。

こちらは1950年代後半に目黒製作所が浅間火山レースに持ち込んだ単気筒レーサーですが、ご覧のとおりなんとベベルギアを採用しています。MEGURO K3のベベルカバーにも”MW”の刻印があってもよかったんじゃないか!? なんて想像してしまう写真ですね。

 

というわけで、現在「カワサキM(メグロ)&W(ダブル)の不思議な関係」に迫るムック本を制作中です。

 

“ベベルのメグロ”は過去にも存在していた!?

MEGURO K3の誕生は必然だった!?

などなど、色々と考えを巡らせながらぜひ本を読んでください。

 

半年ぶりの入稿〜。カワサキ“M & W”なムック本は3月24日発売です。

こんな角度から見ると、単気筒SRのスリムさが強調されてGOODですね〜。細身のタンクに車体に寄り添うマフラー……純正が一番だなぁなんて思ってきたらおじさんの仲間入りでしょうか!?

こんなペースでいいのか!? とは思いますが、昨年9月に発売した「大人のBIKE CAMP」に続くムック本、順調に編集制作中です。今日は半年ぶりに大日本印刷さんに入稿物をお届け。カワサキ”M & W”なムック本は3月24日発売ですのでお楽しみに。

 


書類的な荷物を運んでいた今日はシートバッグとともにこんな使い方。バッグには帰り道用のインナーダウンを仕込んでいました。

↑PageTop