GS750 & ストバイサイドバッグ / タンクバッグ


昨日は普段からサイドバッグを使ってくれているGS750に乗るお客さんが、タンクバッグの大きさを試してみたいとのことで編集部へ来てくれました。おそらく塗装もオリジナルの貴重なGS750は、海外から新規輸入し3年、多少の整備だけで絶好調とのこと。価格もそれほどではなかったようで、アタリ物件だったようです。

 


タンクバッグの“大きさを試したい”というのは、じつはこの頃のGSは鍵付きの“タンクキャップカバー”なるものが付いているため、同時代のカワサキZやホンダCB系にフィットする“センターホール仕様”が使えないのです。

↑センターホール仕様はこちら。タンク中央にタンクキャップがあるモデル向けでもっとも汎用性が高いのですが、タンクキャップカバー!? とは参りました。というわけで、タンクキャップより手前のスペースに“どのサイズのタンクバッグが付けられる”のか!? の確認に来られたのでした。
結果的にタンク自体がそれなりの大きさなので、L(平面サイズはMも同じ)もLLも付きましたが、見た目の雰囲気やご自身の使い方を考慮しLサイズに、またサイドバッグとの相性で帆布オリーブドラブに決定。タンクキャップに被せないので、底面仕様はホールレスです。


サイドバッグも良い感じで似合ってましたよ!


ナナハンだからなのか、GS6750は想像以上に取り回しが軽くて驚きました。始動はセル一発、アイドリングは800〜900rpmでも安定しエンジン音も静か。羨ましいくらいほんと絶好調!


GSシリーズはオーバークオリティとまで言われるたしかな作りも含め、良いオートバイだって聞きますね。こうした名車とともにサイドバッグ&タンクバッグを使ってくれて嬉しいかぎりです。完成までしばらくお待ちください。ありがとうございました〜!

 

というわけで、タイミングさえ合えば、編集部にてバッグのフィッティングもできますので気軽にお問い合わせください。

ツーリングコードにバッグが付いていた……的な。


そもそもは「ツーリングコードで固定するシートバッグ」ですが、最近はちょっと荷物があると「収納力のあるツーリングコード」的な使い方ばかり。バッグの中にはそれなりに日常的な荷物を入れているので、普段ならもうひとつタンクバッグ等が必要か、もしくはもう一本ツーリングコードが必要ですが、この使い方が意外と便利でこればかり。


まぁ、あまりスタイリッシュではありませんが、ちょっとした移動時ならいいでしょう。

SIDE CARGO PACKの“ルーツ”的な使い方。


ストバイ編集部、最初のオリジナルバッグであり、定番としてロングセラーを続けているSB SIDE CARGO PACK(STANDARD)についての小話を少し。※欠品続きで申し訳ございません。各カラー絶賛、製作中であります。

SB SIDE CARGO PACKは、単純な構造にして使い勝手の良い「容量の増減にも容易に対応する、折り返すことでフラップの役割を果たす」仕組みが特徴ですが、モチーフにしたのは1960年代(おそらくベトナム戦時)のUS FIELD CARGO PACKです。着想はその昔の日本のオートバイ乗りの方々が軍モノBagをオートバイ用のサイドバッグとして使っていたことですが、じつは、ルーツである当時のUS FIELD CARGO PACKの(ショルダー)ベルト長は[↑写真]程度の長さしかありません。おそらく肩にかけるか手で持つか……といった使い方をしていたのでしょう。

というわけで……


そもそもこのバッグにファッション的な要素はありませんが、丈夫でしかも汚れだって気にならない……となれば、当時の雰囲気を真似てショルダーベルトを短くしてみると、意外とオートバイに乗らない時でもワークパンツのような感覚でラフに使える相棒になったりします。

映画ディア・ハンターでも観た後に、帰還兵になった気分で肩から下げれば、よりSIDE CARGO PACKの魅力は増す!? かもしれませんよ。


ちなみに余ったベルトは折り返してバックルに通せば気になりません。

 


どのカラーもSOLD OUTに加え、入荷時期の遅延もありご迷惑をおかけしているSIDE CARGO PACKですが、本日“合皮BLACK”が再入荷しました。若干ですが在庫も確保できておりますので、web shopよりよろしくお願いいたします。

↑PageTop