発表から数日で約6000台もの予約!? SRファイナルモデル。

ヤマハさんのサイトに掲載されていましたが、今年でSR生産終了のアナウンスが流れてから発表された2021年モデルは、なんと約6000台もの予約が入ったそうです。ちなみに43年間での累計生産台数はおよそ12万台!!


年代別の購買層がこちら。一時期よりも40代以上の“オトナ世代”が増えているのが、SRが持つ懐の深い魅力を物語っている気がしますね〜。

 

ストバイでも別冊「大人のSR」でも、しつこいくらい何度も書いてきましたが、とにかく2019年以降に刷新されたFIのフィーリングは、FI第一世代のSR乗りとしても嫉妬してしまうほど、もうほんとに最高なんです。スロットルの明け初めから「まるでツイン!? 」と感じてしまうほど、チカラ強く粘る低中速のトルクフィーリングは、これまでのSRとはハッキリ言って別物。でも、しっかり単気筒ならではの気持ちいい鼓動感は伝えてくる……「一度はSR乗っておきたいんだよなぁ」なんて方は、もはやキャブかFIかで迷ってる場合じゃありませんよ!

 


かくゆう私は、最新モデルに嫉妬してしまうFI第一世代のSR乗り。現在、500cc化して楽しく乗っていますが、最新のECUが搭載された現行SR400を500ccにして燃調を整えたらどうなるだろう? と思うと……乗り換えたくなるほどです、ホント。

ツーリングコードにバッグが付いていた……的な。


そもそもは「ツーリングコードで固定するシートバッグ」ですが、最近はちょっと荷物があると「収納力のあるツーリングコード」的な使い方ばかり。バッグの中にはそれなりに日常的な荷物を入れているので、普段ならもうひとつタンクバッグ等が必要か、もしくはもう一本ツーリングコードが必要ですが、この使い方が意外と便利でこればかり。


まぁ、あまりスタイリッシュではありませんが、ちょっとした移動時ならいいでしょう。

↑PageTop