9月26日 「片岡義男と“あの頃”のオートバイたち」@ 箱根バイカーズパラダイス ちょろっと協力参加します。


片岡世代&ファンの方々はご存知の先日発売された「片岡義男を旅する一冊」。文庫本を思い起こす表紙デザインがファン垂涎の一冊は、MOTO NAVIを手がけていた編集者の河西さんが編集長をつとめ、クラウドファンディングを利用し作った新しい試みの雑誌。その発売を記念して今週日曜日(9/26)に箱根バイカーズパラダイスにてイベントが行われます。

以下、バイカーズパラダイスHPより転載。



■9月26日(日)11:00-12:30

スペシャル トークショー&ライブ「片岡義男と“あの頃”のオートバイたち」
〜80年代バイクブームを生み出した小説、映画、マンガを語る〜

『片岡義男を旅する一冊』発売記念として、二輪ジャーナリストの小林ゆき氏をMCに雑誌の編集長をつとめた河西啓介氏と自動車ライター嶋田智之氏が“80年代バイクブーム”を盛り上げた小説、映画、マンガなどについて語る。当日は『片岡義男を旅する一冊』の先行販売、アコースティックライブも行われる。

・11;00-11:45 トークショー(河西さん&嶋田さん MC小林さん)
・12:00-12:30 アコースティックライブ(小林さん&河西さん)

以上。


じつはストバイ編集部と河西さんはちゃんと面識がないというか、これまでしっかりお話をさせていただく機会がなかったのですが、大人のBIKE CAMP vol.2の取材で訪れていた道志のキャンプ場で超偶然にお会いし初めてゆっくりと話をしました。ちょうど「片岡義男を旅する一冊」の制作が始まった頃で、W3で白石島へ取材へ行く際のサイドバッグを探していた河西さんは、その日SRに付けていたSIDE CARGO PACK LARGEを気に入ってくれ撮影でも使ってもらいました。(結局、ひとつご購入いただきました。ありがとうございます) そんな縁もあり本が完成した後も少し連絡を取らせてもらい、今週末のイベントでも超〜微力ながら協力させてもらうことになったのです。


今週末の箱根バイカーズパラダイスでの出版記念イベントのテーマは、そう片岡義男にちなんだ「読書」。というわけで、河西さんと相談しカワサキWシリーズの先祖であり、昨年復活した〈MEGURO K3〉のムックを少し販売用に持っていくこととなりました。


「片岡義男を旅する一冊」おそらく一般販売は今週末のバイカーズパラダイスが初ではないでしょうか!? オートバイに限らず幅広い視点・視野で編集された読み応えのある一冊で、三好礼子さんの手紙に始まり、片岡先生の書き下ろしまで!! 一度では読みきれない、そして何度も読み返したくなる充実の内容です。ツーリングがてらいかがでしょうか? おすすめです。

■箱根バイカーズパラダイス
静岡県田方郡函南町桑原1348−2

[KZ1000]秋の夜長に、バイクキャンプ。


大人のBIKE CAMP©︎ vol.2をきっかけにvol.1を購入してくれたヒトも多いようでありがとうございます。

 
vol.1は純粋なギアカタログ、vol.2はいまキャンプを楽しむバイク乗りによるスタイルカタログ。今回vol.2に登場してくれたヒト達はいわゆる雑誌的なベテランの方々ではありませんが、その分、純粋なバイクキャンプの魅力を語ってくれているので、ひとりひとり読んでいくと意外と読み応えたっぷりなスタイルカタログとなっています。まだの方はぜひ→Amazonで。
 

というわけで、秋の夜長にキャンプで読書……反省会も含めて昨日から連休明けの静かなキャンプ場に行ってきました。今回選んだキャンプ場は山梨県甲州市の山の中にある一の瀬高原キャンプ場。価格がリーズナブルだったこととサイトが良い意味で整備されていないため、自然を満喫できる昔ながらのキャンプ場とのことで選びました。

甲州市でガソリン補給後、411号を奥多摩方面へ向かう途中。振り返ると遠くに雄大な富士山が見えました。

そしてもう一つの理由はお気に入りのカントリーロードを堪能できること。

ここ最近、山を走りたいときはまず中央道で上野原まで行き、そこから県道を繋ぎながら山梨県・小菅村を経由し奥多摩方面まで走るルートを選ぶことが多いです。山頂にある道の駅・小菅に併設された温泉がまたいい湯なんです。

上野原から県道18号で丹波山村まで抜け、奥多摩と甲州市を結ぶ国道411号を甲州方面へ走ります。一の瀬高原キャンプ場は411号から脇道を入り、おそらく一の瀬集落のために作られたであろう名もなき生活道路をクネクネと超えた先にあります。出発から160キロほど走っていたので、一度甲州市まで行きガソリンを補給してからキャンプ場へと向かいました。
ちなみに今回使用したバッグ類は、タンクバッグは大容量LONG TOURタイプのLLサイズで定番の白パイピング。Z系の大きなタンクにはジャストフィットです。またサイドバッグは左右ともにSIDE CARGO PACKのラージサイズ※大人のBIKE CAMP2の発売後も多くの方々からお問い合わせいただいておりますが、現在生産調整中で予約/受注を一時的にストップしております。10月上旬頃には再開できると思いますので、もうしばらくお待ちください。

一の瀬高原キャンプ場は噂どおり自然のままが残るキャンプ場で、川沿いから木々が生い茂るサイトまで多種多様でしたが、一つ難点は高低差のある山を切り開いたキャンプ場だったためオートキャンプができるサイトが限られていたこと。駐車場から奥地のサイトまでキャンプ道具を運んでいる方もいましたが、やっぱりテントはオートバイの側がいいですよね。今回はオートキャンプ可能なサイトの一番人気!? という場所が空いていたのでそこにチェックイン。

見上げたらまさに森の中。陽の光をいい感じに遮ってくれる木々の中で涼しく過ごせる抜群のサイトでした。おかげで中秋の名月も遮ってしまいしたが…。

今シーズンラストな枝豆は茹でたらオリーブオイルで炒め話題のほりにしで味付け。半額だった和牛カルビも最高でした。それにしてもこの一年で自分のキャンプ道具もずいぶん変化しましたね。ガソリンストーブ(オプティマス・スベアストーブ)にスキレット(出張中に買ったニトリ製)……どちらもずっと面倒だと思い敬遠してましたが、この一年でずいぶん“道具を使う楽しさ”を知りました。結局自分がイチバンの読者かもしれまないなぁ……なんて思いながらビール&ワインですっかりいい感じに。

というわけで焚き火もそこそこに22時半には寝てました。

翌朝も日の出とともに活動開始。昨夜の残りの薪に火をつけたらコーヒーで一服。夜のお酒もいいけど、外で飲む朝のコーヒーもまた最高です。9時には出発しクルマにもオートバイにもほぼ出会わない平日朝のカントリーロードを堪能し編集部に13時着。往復300キロちょっと。オートバイもキャンプも大満足な一泊2日弱のプチツーリングでした。

朝晩や街と山の中の気温差が激しいいまの季節はベストが一枚あると温度調節にちょうどいいですね。

[大人のBIKE CAMP vol.2]トリシティ155、TRI-ADVENTURE計画。


不整地でも高い走破性を発揮するであろうトリシティを使った“TRI-ADVENTURE”計画


シート下に大容量トランクがあるトリシティ300とは違い収納スペースが限られているトリシティ155では、いつものキャンプ道具を積載するための工夫が必要です。よくリアシート上にツーリングバッグやキャンプギアを積載するパターンも見かけますが、給油口がシート下にある以上、その選択肢はナシ。当然、どれだけ荷物を積載しても普段どおりに給油できることは絶対条件です。

 


そこで重宝したのが手前味噌ですがラージサイズの我がストバイ・サイドバッグ。積載用ショルダーベルトの両脇に「用途に応じてご自由に工夫してお使いください」的に付けてあるベルトループに別途Gフックを装着し、長さを調節できるナイロンベルトを使って“振り分けバッグ化“。エラそうに書いてますが、僕らも初めてベルトループを使いました。

前後ベルトは当然シート下を通し車体のラインに合わせながら、各フック等がシート装着面に当たらないようそれぞれ長さを調節したらシートを閉めて完成。通常の振り分けタイプのバッグと違い、前後のベルト長を積載環境に応じて調節できることでずいぶん助けられました。このパターン、トリシティ以外でも応用できそう。


帆布製サイドバッグ ならではの車体への寄り添い具合もいい感じです。


走行中にボディを傷つけないための養生等、まだまだ工夫は必要ですが、逞しさとともに少し“旅感“が出てきました。サイドバッグは各25〜30リットルの容量があるので、シート下の収納(23.5リットル)を合わせればソロキャンプの積載量としては十分。サイドバッグに収まらない“長いモノ”を積載する場合は、別途純正オプションのリアキャリアを使用すれば問題ありません。今回の裏テーマは「トップケースのお世話にはならない」こと。便利なことは百も承知ですが、そこはやっぱり……ね。

 ーTRI-CITYからTRI-ADVENTUTURE。

すでにカスタムではやっている方もいるようですが、最近の四輪のようにサンドベージュ的なカラーになればさらに雰囲気出そうですね。詳しくは9月発売のムック「大人のBIKE CAMP vol.2」にて。

 

#tricity #triventure #triadventure #キャンプツーリング #積載 #サイドバッグ

↑PageTop