[詳細案内]サイドカーゴパック -LARGE-


[SB SIDE CARGO PACK-“LARGE”]

かねてより要望があった“ラージサイズ”。日常使いをコンセプトにした従来の“スタンダードサイズ”のサイドカーゴパックでも左右に振り分けることで、十分容量は確保しますが、やはり3日以上のロングツーリングやキャンプツーリングとなると「もう少し容量が欲しかった」のも正直なトコロ。

撮影時用にモンベル・ムーンライトテント1型(旧タイプ)/ヘリノックスチェア/コンパクトテーブル/エアマット/シュラフを収納しましたが、まだま余裕はあります。

■長さ40cm、高さ35〜45cm、奥行き17cmの大容量はテントも収納可能!

“日常的な使いやすさ”をコンセプトに製作したスタンダードサイズと比較し、横幅は30cm→40cm、高さは26cm→35cm、マチ(奥行き)は11cm→17cm“ラージサイズ”では大幅に容量を拡大しました。昨今のソロツーリング用テント(1〜2人用)も横向きで収納できるため、テント/タープ/シュラフ/マットといった、これまでリアシートに括り付けていたカサばるキャンプ用品もスッキリ積載可能です。

 


■サイドポケットは500mlペットボトル+αの容量を確保。

容量UPとともに使いやすいフラップタイプを採用したサイドポケットは、500mlペットボトル+αの容量で、チェーンオイルやガソリン携行缶等、ツーリング中にスグに取り出したいモノの収納に便利です。またポケットに付くベルトループにはポーチ等を取り付けることも可能です。底面には軍ものバッグよろしく、雨水の浸水を考慮し“ハトメ”を装着。


■ポイントは左右振り分けではなく、自由度の高い“片方掛け”。

大きくするのであれば、やはり往年の振り分けタイプにするべきか? と悩みましたが、今回も“あえて片方掛け”で製作しました。ひと口にロング&キャンプツーリングと言っても荷物の量はヒトそれぞれです。そのため、従来のスタンダードタイプや他メーカーのサイドバッグをお使いの方でも“組み合わせ”て使えるよう片方掛けといたしました。


また大容量サイドバッグの場合、旧車をはじめキックスタートのみのオートバイでは、どうしてもキックスタート時にサイドバッグとブーツのカカトが干渉しがちです。そのため“ラージサイズは車体左側”に、従来のスタンダードサイズやお使いのサイドバッグを“車体右側”に付けることで、わずかはありますが、そうしたキックスタート時の煩わすしさを解消することができます。

 


※バッグの横幅はスタンダードモデルより約10cm長くなっておりますが、オートバイ装着時に使用するショルダーベルトの“取り付け幅”は、従来どおり(スタンダードサイズと同幅)のため、スタンダードモデルを使用されている方であれば同じ感覚で使用/装着できます。

 


■バッグの形状を保つための“内ポケット”も装備。

防水性が高く、適度な張りもある裏地を付けておりますが、帆布である以上、バッグ自体の剛性という意味ではソフト(柔らかい)です。また横幅が40cmと広がったことで、バッグサポート等がなく荷物が少ない状態で使用すると、どうしてもタイヤに巻き込みやすくなります。そのためバッグの張りを保つために、内ポケットを追加しました。ホームセンター等で購入できる発泡系のパネル等を入れるだけでもバッグの形状はずいぶん保たれます。

写真で使用しているのはホームセンターで350円程度だった[左]A3サイズの発泡系パネル。[右]のようにダンボールでも代用できます。

 


■デザインモチーフは1960年代のUS ARMY BAG。

デザインは、’60年代のベトナム戦で使用されていたUS ARMY BAGをモチーフに製作したスタンダードモデルを踏襲。筒状の上部を折り返すことで蓋(フラップ)の役割を果たすギミックのない作りは、軍モノらしいタフな雰囲気を演出するともに、荷物の量に応じて容量を可変できる使い勝手の良い構造です。またメインのベルトには、スタンダードモデル同様の“切り欠きフック”を採用することで開閉は容易に行えます。

 


■まず“壊れません”! メイドインジャパンの職人魂。

皮革の鞄職人として60年以上の経歴を持つ熟練の職人が裁断から縫製まで丁寧に製作しております。ポケット内側の処理や、負荷がかかるベルト部分の縫製、またバッグの形状を保ちながら丈夫さにも寄与するバッグを囲うパイピング処理など……その作りの確かさはまさに昔ながらの職人気質、日本が誇るモノ作りの良さを感じられます。生地がヤレることはあっても、通常の使用等でどこかが“壊れる”ことは限りなくありません。※タイヤに巻き込んだり、転倒による損傷は除きます。

 


Left side:ラージ / Right side:スタンダード(帆布オリーブドラブ)

 


Left side:ラージ / Right side:スタンダード(合皮ブラック)

 


Left side:ラージ / Right side:スタンダード(帆布ダークブラウン)

 

 


Left side:ラージ / Right side:スタンダード(合皮ブラック)

 

 


■SB SIDE CARGO PACK-“LARGE”

素材:帆布 / オリーブドラブ
サイズ:幅:40cm × 高さ:35〜45cm × マチ(奥行き):17cm
容量:24ℓ〜30ℓ
サイドポケット容量:500mlペットボトル一本+α
価格:¥17,250(税別)

GALLERYコーナーに、カワサキW650 / W3、そしてヤマハSR500での装着写真の詳細をそれぞれ掲載しております。そちらもご参考にどうぞ。近々、KZ1000バージョンも追加します。

[装着写真]
■W650→こちらへ

■W3→こちらへ

■SR500→こちらへ

■KZ1000→こちらへ

ちょっと走りに行きたくなるタンクバッグ、もろもろ入荷しました!!

[左/KZ1000]DAY TRIPタンクバッグ-ver.1 [右/W3]DAY TRIPタンクバッグ-ver.2

久しぶりに爽やかな陽気の水曜日。日中にオーダー品を含め欠品していたタンクバッグがもろもろ入荷したので、W3 & KZ1000で撮影しました。※お客様のオーダー品、撮影のため丁寧に拝借させていただきました。また順次発送いたします。もうしばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。


こちらはDAY TRIPタンクバッグ -ver.2のセミオーダーで白パイピング。パイピングカラーが5色(ホワイト/レッド/ブルー/ブラウン/グレー)から選べるセミオーダーですが、やはりホワイトとレッドが不動の人気。トラディショナルなパイピングカラーといえばこの2色ですからね、当然、旧車&クラシックモデルには似合います。

こちらはDAY TRIPタンクバッグver.1のセミオーダーで白パイピング。ホールレスでの注文でしtがので、KZでの撮影ではタンクキャップの後ろのスペースに付けてみました。似合わないオートバイは一切ない、元祖ラグビーボールフォルム!!


燃料タンクが大きい’70年代以降のリッターモデルは当然、大柄なLONG TOURタンクバッグとの相性も良いのですが、小柄なDAY TRIPタイプも似合いますよ。

[左/KZ1000]LONG TOURタンクバッグ-Lサイズ [右/W3]LONG TOURタンクバッグ-LLサイズ“帆布オリーブドラブ”


こちらは全長約36cmある、たっぷり大容量のLONG TOURタンクバッグのLLサイズ。今回は帆布オリーブドラブでご注文いただきました。オーダー頂いたお客さんもオートバイは偶然W3とのことでしたが、カラーも一緒でしょうか!? 帆布のオリーブドラブも旧車には鉄板のミスタートラディショナル!! 似合わないワケがありません。使い込んで少し色が褪せてきたら、少量のワックスを塗っても良い感じになりますよ。

 

こちらはLONG TOURタンクバッグのLサイズ。ちょうど[↑]のLLと比べると、全長は約5cm短いタイプになります。欠品中だったホールレス仕様の在庫補充だったため、これまたタンクキャップ手前のスペースに装着。

 


こうして見ると、合皮ブラックと帆布オリーブドラブ、迷うんですよね〜。どっちも似合う、良い感じです。


今日もコロナの心配さえなければ初夏の爽やかな風が気持ちいい最高のオートバイ日和。そろそろパ〜っと走りに行きたいもんですね。ではでは、今週いっぱい5月31日まで全品送料無料サービス実施中なのでご検討ください。

 

(おまけ)

[KZ1000]快適キャンプツーリング仕様に向けて。

KZ1000の純正リアウインカーのステーが付くフレーム部分。ウインカーステーの形状に合わせたひし形のゴムブッシュが入っています。

無事にリアウインカーの後方移設を終えたKZ1000。次の課題はこれまで荷掛けフックとしても利用していたリアウインカー・ステーの代わりになるフックを取り付けること。大げさに書いてますがなんてことはない、もともとリアウインカーのステーが付いていたフレームを利用して社外の荷掛けフック取り付けるだけです。キャンプツーリングをはじめ、容易に積載ができることは重要ですからね。リアウインカーの後方移設「勝手に妄想シリーズ 1977〜’78 Z1000(欧州仕様)」の模様は下のリンクからどうぞ。

■[KZ1000]純正流儀でウインカーの後方移設を考える。その1はコチラへ

■[KZ1000]純正流儀でウインカーの後方移設を考える。その2はコチラへ


純正のリアウインカーはステーがフレームにラバーマウントされています。外側はステーの形状に合わせたひし形のゴムブッシュが付いており、内側にはボルトが通る形状のゴムブッシュとカラーが付きます。

 

使用したには、POSHネットアンカー/120mmボルト/20mmカラー×4/10mmカラー×2/ウインカーステー用純正ゴムブッシュ&カラー×4。

荷掛けフックに使うのはSRでも使用し気に入っているPOSH製のネットアンカー。そして120mmのボルトと長さの違うカラーを合計6つ、そしてウインカーステーをラバーマウントする際にフレーム内側で使われていた純正のゴムブッシュ&カラー(まだメーカーから購入できた!)を2セットを別途用意。

フロントフェンダーを外しているのは、じつは数日前にフロント周りで異常が見つかったため…。この件はまた今度詳しく。

SRの時と同様、使い勝手を考慮しネットアンカー自体をグラブレールよりも外側に張り出した位置にしたかったため数ミリ単位にこだわりボルトやカラーを購入しましたが、こうした時に頼りになるのが編集部近所にある「ネジの永井」さん。ワガママ言って何度もボルトとカラーをバイクにあてがい長さを確認させてもらいました。ありがとうございます。


遠目にはあまり目立たないように全てブラックで統一。スッキリした見た目という意味ではもう少し“内側”なのかもしれませんが、実際のツーリングでの実用性を考えるとこれぐらい“張り出して”いないと意味をなしませんからね。

ちなみに“前側”の荷掛けフックはサスペンションの取り付け部を利用したボルトタイプ。たしかKIJIMA製だった…かな。


試しにキャンプツーの荷物を積載。荷掛けフックの位置関係としてはこれまでと変わらないのですが、リアウインカーを後方移設したことでサイドバッグの装着位置もこれまでよりも後方にズラすことができたため全体のバランスが良くなりましたね。

これによりキックスタート時にブーツやスニーカーのカカトがバッグに擦れるストレスからも解放されました……基本セル始動ですが。


KZ1000の時は帆布ダークブラウン合皮ブラックのサイドバッグを使っています。帆布のオリーブドラブももちろん似合いますが、’70年代のオートバイ+帆布オリーブドラブの組み合わせも定番過ぎるかな……と思い、気分を変えて楽しんでいます。

ちなみにサイドバッグの中には着替えやコーヒーセットとシュラフ、焚き火台、そしてキャンプで使う小物等、リアシートにはテント/イス/エアマット/テーブル/タープ/レインウェアを積んでいますよ。

そう、サイドバッグと言えば、現在夏に向けて新たなサイドバッグを仕込んでおりますのでお楽しみに!! 少しずつですが緊急事態宣言が解除されつつありますね。早く何も気にせずキャンプツーに出かけたいものです。

 

 

↑PageTop