[SR500F.I.]うっかり忘れる、リフレクター問題。


みなさん、テール周りのリフレクター(反射板)気にしていますか? 必要? 不必要? 車検通る? 通らない? 情けないことに、僕はこれまで気にしたことがありませんでした。むしろ若い頃は反射板なんて真っ先に外すモノ……という認識。


もともとSR500/400の後部リフレクターは、[写真上↑]のナンバープレート上部に2つ付くタイプ。調べると、400cc以上のオートバイは基本的に後部にリフレクターがないと車検は通らないどころか、検問等でつまらないとばっちりを受けてしまう可能性があるとのこと。※詳細なリフレクターの大きさや面積等はネットでお調べください。


■左:[1978〜2009]までの後部リフレクター(キャブモデル)
■右:[2010〜]からの後部リフレクター(F.I.モデル)

詳しい理由は分かりませんが、2010年のインジェクションモデルからテールランプとナンバープレートの間に長方形のリフレクターが一つ付くカタチに変更されました。ちなみに僕のSRは2010年のインジェクションモデルですが、当時ストバイでも“初期型ルック”なんてテーマで“昔ながらのオートバイ感”を取り戻すカスタムをしていて、その一環でテールランプ・ブラケットも編集部に転がっていたキャブレター時代のモノに変えていました。


ところが、以前のブログで詳しく紹介していますが、リアウインカーを“純正のまま”後方移設するために、ちょうど一年前くらいに「ウインカーステーが溶接された」ドイツ仕様のテールランプ・ブラケットに交換したのです。ドイツ仕様やリアウインカーの後方移設については以前のブログをご覧ください。要はカワサキW800が2年前からテールランプブラケットにウインカーが付くように変更されたことと同じですね、サイドバッグやパニアケースの装着を考慮した対応/変更です。

で、このドイツ仕様ではこのテールランプ・ブラケットが1982年辺りから輸出が終了する’90年代後半まで採用されているのですが、国内仕様のような左右に2つ付くリフレクターはウインカーステーと干渉し付けられなかったのでしょう。ドイツ仕様ではリフレクターはナンバープレート下に一つ付くタイプが採用されています……ですが、そもそもリフレクターの有無なんて気にしていない僕は、ウインカーを後方移設できたことに満足しずっとリフレクター無しで走っておりました。で、先月の車検で指摘され気が付いたというワケです。


で、こちらのパーツ。SRユーザーにとっては、トラディショナル・メガホンマフラーサイドバッグ・サポートでおなじみのシムズクラフトからリリースされているナンバープレートステーを導入。


シムズ後藤さんがこのステーを製作したきっかけは、なんでも「テールランプとナンバープレートの隙間がどうしても我慢できなかった」という理由だそう。言われてみれば「たしかに!」じゃありませんが、テールランプとナンバープレートの“隙間”がなくなり、チラッとリアフェンダー後端が見える雰囲気はどことなくクラシカル! さらにナンバープレート下にリフレクターを移設するステーまで付く、今の僕にとってなんとも嬉しいパーツだったのです。


ナンバープレートへの振動対策のために付くゴムブッシュはフェンダーに当たらなくなってしまいますが、そもそもしっかりした台座があるのでナンバーが割れることはないでしょう。様子を見守りたいと思います。リフレクターはサイドバッグサポートと共締めにて固定。


というわけで、車検時のうっかりの心配も、検問時のとばっちりの心配もなくなり、どことなくクラシカルな雰囲気にもなり、さらに満足度と愛着が増したSRになりました。

 

“CSB” —Classic Seat Bag (クラシック・シートバッグ)完成!! 予約スタートです。

お待たせいたしました! インスタグラムやフェイスブックでは少しずつ紹介していましたが、ようやく“CSB”—Classic Seat Bag(クラシック・シートバッグ)の詳細を紹介することができます。


■コンセプトは、「旧車に似合うシートバッグ」

オートバイ用のバッグとしてタンクバッグ、サイドバッグ、シートバッグがありますが、コンセプトに掲げた“旧車に似合うシートバッグ”は用品店を探しても見当たらない……のが現状です。「旧車 × シートバッグ」というと、旧車ミーティング等で老舗コロナ社のスクエアタイプのタンクバッグをシートバッグとして使っているベテランの方々の姿でしょうか。ならば、’60年代のコロナ社のラグビーボール型タンクバッグをモチーフにした我がタンクバッグじゃありませんが、同じように“オートバイのフォルムを崩さない”クラシカルなシートバッグがあってもいいじゃないか!? と企画が始まりました。


製作における大きなテーマは3つ。

①オートバイのフォルムを崩さない丸みのある形状。
②デイトリップからロングツーリングにも対応する容量。
③容易かつ、あらゆる車種に対応する汎用性の高い装着方法。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


弊社タンクバッグと同様、オートバイのフォルムを崩さないよう“カド(角)”のない筒状のデザインとし、日常使いでも気にならない大きさながら容量は通常時で約10ℓを確保。また出先で荷物が増えた際には両サイドのファスナーを開くことで、荷室は左右に約10cm(2ℓ)拡張します。

 


バッグの全幅は約35cm(拡張時:約45cm)。
メインの荷室幅は約28cm(拡張時:約36cm)。

拡張時はちょうどキャンプ用チェアで有名なヘリノックスのスタンダードサイズが収まる長さです。さらに折りたたみテーブルやコッヘル&ガスストーブ等を収納しても荷室にはまだ余裕があります。


また、バッグ正面の2本のベルトには荷室に入りきらないレインウェア等を括り付けることが可能です。また、そうした際でも荷室へ容易にアクセスできるよう、正面の他にサイド部にも開口部を設けました。

レインカバーはバッグ上部に荷物等を括った状態に対応する大きさで製作していますが、ドローコードで絞るタイプのため、通常(最小使用)時でも問題なく使用できます。

 

 

 

 

 


脱着時にも持ち運びしやすいよう、バッグ後部にはハンドル(取っ手)、さらに脱着式のショルダーベルトも付属しています。また、昔ながらのミリタリーテイストにこだわり、Dカンやナスカンは鉄製を使用しています。ちょっとしたことですが、こうした部分もコンセプト「旧車に似合う」ための大切な要素です。

※ハンドル/ショルダーベルトはあくまでも“ちょっとした移動時”での使用を想定したモノになります。オートバイ装着時と“天地”は変りますのでお気をつけ下さい。


正面フラップの内側にはメッシュのインナーポケット、さらに向かって左側には大小2つの小物ポケットを装備。飛び出したポケット(小)の形状は旧車マニアの方なら分かる!? 老舗ツーリングバッグのポケットをオマージュしています。小物ポケットには付属のショルダーベルトやレインカバーの収納にも便利です。


あらゆる車種に対応できるよう、装着にはツーリングバッグの老舗、タナックスさんの協力を得て〈MOTO FIZZ〉製のツーリングコード“キャリングコード3V”を使用することとしました。中央のゴム製のスタビライザーにコードが通るモトフィズ独自の構造は、クロス状(四方)に安定した固定が可能なスグレモノです。


バッグ裏側に“前後左右”方向に通路を設けた強度のある板材を縫い付けてあります。ご自分のオートバイに合わせた通し方で固定して下さい。ブログ/ギャラリーで紹介している車種への装着は[写真上(↑)]の“通し方”をしています。オートバイによって荷掛けフックやフック代わりに使えるリアウインカー等の位置はさまざまです。ご自分のオートバイに合わせた通し方/装着をお試しください。


またこの装着方法のため、ロングツーリングの際は、テント等の荷物の上からシートバッグを装着することも可能です。この場合、シートバッグを固定するためにツーリングネット等で覆う必要がないため、ツーリング中の荷物の出し入れも容易に行うことができます。またレインカバーはドローコードで絞るシステムのためこうした状態でも難なく装着可能です。


ちなみに、この場合は[写真上(↑)]のようにコードを通しています。

 

それでは、撮影できた分だけですが装着写真をどうぞ。

さらに詳しいカワサキW系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいカワサキZ系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいヤマハSR系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいカワサキW系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいトライアンフ系の装着写真は→こちらへ

装着方法はもちろん、使うヒト次第であらゆる可能性が広がることこそ、“CSB”—クラシック・シートバッグが目指した“汎用性の高さ”です。「旧車に似合う」は、言い換えれば「汎用性の高いスタンダードバイクに似合う」ということ。名車と呼ばれるオートバイと同様、汎用性の高さこそ、多くのヒトが長く使い続けられる“スタンダードの要”だと考えます。

 


■“CSB”ー Classic Seat Bag

ショルダーベルト/レインカバー/MOTO FIZZキャリングゴード 付属。
カラー:帆布オリーブドラブ / 合皮ブラック
Made in JAPAN

ややクタッとした風合いも魅力の帆布オリーブドラブ、張りのある合皮ブラック、どちらもオススメです。

※第一ロットは12月中旬の入荷予定。ご予約はショッピングカートよりお願いいたします。帆布オリーブドラブの第一ロット生産分は全て予約で完売いたしました。第二ロット入荷時期は2月中旬〜下旬になります。

容量:約10ℓ(拡張時:12ℓ)
横幅(全体):350mm (拡張時:450mm)
横幅(荷室):280mm(拡張時:360mm)
奥行き:210mm
高さ:170mm

価格:25,800+TAX

[SR500F.I.]富士山一周キャンプツー。その1「積載荷物編」

タンクバッグはLONG TOURタイプのLLサイズ(セミオーダー/赤パイピング)。サイドバッグは左側にLARGEサイズ、右側にスタンダードサイズの二刀流。ストバイ編集部イチ推しのバイクツーリングにおける“ニューノーマル”。積載量に応じた自由なバッグのチョイス。道具に左右されない主体性こそ、面倒な積載を楽しむ秘訣かもしれません。

先週、久しぶりに仕事抜きでソロキャンプに行ってきました。

9月に発売したムック本「大人のBIKE CAMP」を作りながらついついポチッと新調してしまった道具も使いたいなぁ……なんて思っていたら1泊キャンプなのにそれなりの荷物。自画自賛になりますが、片方にはLARGEサイズ、もう片方にはスタンダードサイズサイドバッグ二刀流がかなり良い塩梅でした。

[上段左から]サーマレストのマット/モンベル・ムーンライト1型/ヘリノックスのチェア/ワイズギアのオーバーパンツ/イスカの3シーズンシュラフ/ユニクロのライトダウン/SOLのエマージェンシーヴィヴィ[下段左から]SOTOのテーブル/冒険用品のテッパン/SOTOのサーモスタッククッカーコンボ/SOTOのレギュレーターストーブ(緑のポーチ)/ヘッドライト&ランタン(青のケース)/STCのピコグリル(焚き火台)/焚き火用うちわ

上の写真はSRに積載したキャンプ道具(収納状態)。手の込んだ調理をするワケじゃありませんが、この時期、防寒を考えると意外と荷物は増えてしまうもの。氷点下まで耐えられるダウンシュラフでもあれば良いのですが、平気で4〜5万するシュラフはそうそう買えません。やはり一年中使える3シーズンシュラフ+走行中の防寒にも使えるオーバーパンツ+ライトダウン系での防寒がおすすめです。

LARGEサイズのサイドバッグの横幅は約40cm。ウインカーの後方移設が効いてます。

リアウインカーを後方移設したことで、LARGEサイズも難なく装着。以前のブログでも紹介していますが、ドイツ仕様の純正ウインカーステー付きテールランプブラケット、今こそ復活させて欲しいパーツと思いますが、ヤマハさんいかがでしょうか!?


サイドバッグLARGEのウリの一つが、“使いやすい”大型サイドポケット。この日は片方には水筒とアルコール燃料。もう片方にはカセットガスを収納しました。

ほとんどの道具&装備はサイドバッグに収まるため、リアシートの上にはテント&イス、そして軽いサーマレストのマットはフェンダー上に括り付けます。その狙いは積載荷物の重心を低くすることと、買い出しやキャンプのゴミ、そしてお土産等を括る余裕を持つこと。

 


ちなみにモンベルのムーンライトテントには、ヘリノックスのイスを括り付け、袋にはSOTOのテーブル(フィールドホッパー)を収納しています。“同じ長さ”の道具を一緒に収納することも、安心&安定した積載をするためのポイントですね。

 

上の写真はキャンプでのゴミを積載した翌朝の状態。基本コンビニ袋にゴミをまとめると思いますが、コンビニ袋のゴミを積載した状態はとにかく見た目がワルい。せっかくの良い景色の前で愛車と共に写真……なんて時にも気持ちが萎えてしまうため、エコバッグ等でさらに覆ってみましたが、これ良いですね。家に着くまでゴミを積んでいることすら忘れてました。

 

 

 

 

走ると寒いですが、標高が高くなるにつれ木々の葉っぱはところどころ赤く染まり始める季節。グラデーションのような紅葉と青空のコントラストはほんとにきれい……なんて思いながら、こんなことに喜ぶなんて歳をとったのかなぁとしみじみ感じたツーリングでした。

普段と順番が逆ですが、次回はタイトルのとおり、あらゆる角度から眺めてみた!? “富士山一周”ツーレポです。

↑PageTop