[大人のBIKE CAMP vol.2]GB350でゆく、九州〜四国出張取材ツー。DAY1&2


9月発売で制作中(7月末予定から延期)の「大人のBIKE CAMP vol.2」の取材で、ホンダGB350とともに岐阜〜大阪〜九州〜四国〜京都と1週間、出張ツーリングに行ってきました。


取材道具にキャンプ道具に着替えとそれなりの荷物量になりましたが、サイドバッグラージを左右に振り分け、さらに純正リアキャリアを使用することで低重心でバランス良く積むことができました。初めて見るヒトは誰もが「意外と大きいですね」と驚くGB350。高身長のオトナが跨っても小さく感じさせない車格とボリューム感は、こうして荷物を積んだ時の逞しさにも表れますね。


仕事を理由に堂々と平日から出かけたツーリングは梅雨入り前ギリギリで奇跡的にほぼ晴天。適度なカーブとアップダウンがある中央道を約300キロGBで快走し初日の目的地、岐阜でW800のキャンプライダーを取材。

バランサーを搭載したロングストローク・エンジンにオーバードライブの役割を果たす5速の組み合わせ……平均110km/hくらいでも不快な振動をまるで感じさせないGBは、それこそWじゃありませんが、高速クルージング中もまるでツインのような心地良さすら感じたほど快適でした。高速クルージングでの快適性は同クラスの単気筒モデル、SRやエストレヤよりもGBに軍配でしょうか!? いやぁホント良いんですよ。


そうそう、岐阜で取材したKさんはそれこそストバイのサイドバッグ&タンクバッグを使ってくれているのですが、バッグ装着の際にユーザーさんのバイクに合わせた工夫ができるようにと付けてあるサイドバッグの“ベルトループ”を上手に利用してくれていたので紹介します。

サイドバッグを開閉する際にも使っている“Gフック”とナイロンベルトを別途用意し、サイドバッグのショルダーベルトと同様にバッグ反対側のグラブバー等に通すことで、バッグ装着時にショルダーベルト部分にかかる負荷を分散させています。これはラージサイズのサイドバッグで荷物が多い場合などに有効な使い方。皆さんもぜひご参考に!!


翌日は午前中から大阪で取材予定だったため、この日は滋賀・彦根でホテル泊。19時過ぎにインター付近のホテルに到着し夜ご飯がてらブラブラしていたらニトリを発見しついついキャンプで使えそうなスキレットを買ってしまいました。だって500円くらいなんですから。それにしても梅雨の晴れ間だからでしょうか!? 琵琶湖方面に見えた夕焼けは少し怖いくらい燃えておりました。


翌日は大阪にて軍幕キャンプを楽しむSRユーザーさんを取材。この軽装であのキャンプ!? と驚くようなキャンプスタイルを見せてくれましたよ。そちらは9月発売の本誌をお楽しみに!!

 


2日目の夜に大阪・南港〜北九州・新門司までフェリーで移動します。南港19:50分発で新門司到着8時半。大浴場入ってビール飲んでぐっすり寝たら朝一から九州を走れる……関西のバイク乗りは九州が近くていいなぁと思っていたら、偶然ストバイ時代にお世話になっていた大阪のチョッパー乗りと遭遇。それこそフェリー泊を含め2泊3日で鹿児島まで行くとのこと。

 


風呂上がりに関東では売っていない久々のカールチーズ味とともに乾杯! 最高です。

さぁ寝て起きたら九州上陸。気温は30度超えの夏日予想。楽しみです。

サイドバッグの小穴をワッペンで補修。


ここ最近ハードに使っていたラージサイズのサイドバッグ底面に小さな穴を見つけました。内側のナイロン素材には達していないほつれのような穴でしたので、アイロンタイプのワッペンで補修します。


ストックワッペン箱を探していたらアイロンタイプでやや大きめ、ちょうどいいのがEssoクンでした。

 


バッチリです。帆布なので裁縫が得意な方なら縫製にて修理も可能ですね。今回は面倒なのでワッペンで補修しましたがこれでまたハードなツーリングに耐えてくれるでしょう!

 


DAY TRIPタイプのver.1、艶ありブラックにブラウンカラーのパイピングでサイドホール仕様。フルオーダー仕様のサンプルタンクバッグ 、一つ出てきましたので、セール価格にてオンラインショップにUPしています。お好みと合う方であればお得ですのでよろしくです。

[SR500F.I.]ゴム類のメンテ、忘れてました…。その3


今回メーターのダンパー交換をきっかけにあらゆるゴム/ダンパー部品を見直したワケですが、乗り味やフィーリングに直接関わるのに“放ったらかしてしまったシリーズ”がありました。それはハブ・ダンパーです。


■[SR500F.I.]ゴム類のメンテ、忘れてました…。その1はコチラへ。

■[SR500F.I.]ゴム類のメンテ、忘れてました…。その2はコチラへ。

ドリブンスプロケットをリアハブから外した状態。少なくとも5年間は使用し続けていました。皆さんどれくらいの頻度で変えているのでしょう?

ハブ・ダンパーとは……その名のとおりドリブン・スプロケットとリアホイール・ハブとの間に入るダンパーで、SRの場合、専用の形をした6つのゴムの塊が緩衝材になるように入ります。

ハブダンパー交換前。外したリアタイヤのスプロケットを両手で持ち左右に動かすとカタカタとわずかに動きます。このわずかなクリアランスがハブダンパーの摩耗であり、トルク・フィーリングやスロットル・レスポンスにも大きく影響する……ことをあらためて実感しました。

エンジンで発生したパワーがドライブチェーンを介してリアタイヤを回転させ、路面を蹴るリアタイヤがスイングアームを介して車体を前に押し出す……これがオートバイの“後輪駆動”の仕組み。

つまりドリブン・スプロケットとリアハブを繋ぐハブダンパー部分には加減速のたびに相当なチカラがかかっているワケですが、外したリアタイヤのスプロケットを両手で持ち左右へ動かしてみると、数ミリくらい? カタカタと動きました。前回ハブダンパーをいつ頃交換したのか遠い記憶をさかのぼってもハッキリしませんが(記録しておかないとダメですね)、少なくとも5年は経過しているはず。

 

久しぶりの確認だったので「5年以上放ったらかしててこの程度か……」とも思いましたが、よくよく考えればこのクリアランスはそのまま“スロットル・レスポンスのタイムラグ”になるワケです。もちろんそのタイムラグ(=クリアランス)は加減速のたびに“衝撃や振動”にもなる。

 
[左]が新品で[右]が5年以上使用したハブダンパーの状態。見た目に多少の違いはあるものの、見て触る限りではダンパーゴム自体が極端に縮んでいたり硬化している感じはありませんでしたが、新品に組み替えるとどうなるのか。楽しみです。

オートバイ整備の難しいところは、ハブダンパーをはじめこうした消耗部品が“徐々に摩耗・劣化していく”こと。つまり消耗や劣化具合に自分自身も慣れていってしまうためついつい忘れて放ったらかしにしてしまうのです。

写真の都合で片手でスプロケットを持っていますが、しっかりと両手で左右へ動かして違いを確認しました。

ハブダンパーが収まる部分をきれいに洗浄し新品を組み付けました。さてどうでしょうか? 交換前と同様に両手でスプロケットを持ち左右に動かして見ましたが、これが不思議とビタイチ動きません! 交換前にカタカタと左右に数ミリずつあったクリアランスは見事になくなりました。ダンパーのどの部分がどう摩耗していたのか目視ではわからなかったのにハッキリと違うから驚かされます。

 


ハブストッパー、ダストシール、サークリップを組み付け、ドライブハブのグリスニップルからグリスも充填。しっかりと反対側から出てきたことを確認します。あとはホイールを車体に組み付けて終了。

 


ハブダンパーを新品にしたことによる違いは想像以上でした。ハブダンパーの摩耗・劣化によるタイムラグがなくなったことで、明らかにトルクが増したかのようなチカラ強さを感じるようになりました。おまけにそのトルクフィーリングはチカラ強くなったにもかかわらず、はっきりとダンパーを介していることを感じさせるほど“柔らかくて上質”。車検のたびに……とは思いませんが、3年くらいに一度交換しても良いかもしれませんね。はっきりと違いを体感できて明らかに気持ち良くなる……そういえばハブダンパーのこと忘れていたなぁという方、交換オススメですよ。

(おまけ)

右サイドカバーのラバーマウント部分やサイドカバー上部のゴムカバー、またクラッチレバーのホルダーカバーも摩耗・亀裂が入っていたため交換しました。どれも納車時から10年間そのままでした。

 

 

 

↑PageTop