[SR500F.I.]サイドスタンド・スイッチのキャンセル。

サイドスタンドスイッチ&配線を取り外した状態。ブログを読み進めれば分かりますが、先端のカプラーは切断しています。

SR乗りの皆さん、サイドスタンド・スイッチをご存知でしょうか? いわゆるサイドスタンドを出したまま、ギアを入れると強制的にエンジンがストップする、あのスイッチです。’90年代前半ぐらいから付いている(おそらく!?)この安全装置。幸い僕はサイドスタンドのしまい忘れがなかったおかげで、じつは納車から3年くらい経つまでスイッチの存在自体知りませんでした。

サイドスタンドが下りていない状態。スイッチのノブは飛び出したままです。

↓↓

サイドスタンドが下りている状態。スタンドの付け根がスイッチのノブを押すことで通電が遮断される仕組み。

スイッチ自体はサイドスタンド付け根の前方にあり、スタンドを下ろすと付け根がスイッチのノブを押し通電が遮断される仕組み……なんですが、ここ半年くらい「ちゃんとサイドスタンドを跳ね上げている」にも関わらず、ギアを入れるとエンジンがストップする……という状態が頻発するようになってきてました。


犯人はこーゆーこと。スイッチのノブ部分の潤滑不足かなんなのか!? つまりサイドスタンドを跳ね上げてもスイッチのノブが“戻らない”ことが原因。ちょっとしたことですが、エンジンを始動してさぁ発進! とギアを入れた瞬間にエンジンが停まるのはかなりのストレス。おまけにその都度センタースタンドを立ててスイッチのノブを手で引っ張り出さないといけないワケです。半年ほどたま〜に起こるとこの作業を繰り返していましたがもう限界!! というわけで、新品に交換してもいずれ同じことが起こるならと、スイッチ自体をキャンセルすることにしました。


スイッチの配線を辿ると、エアクリーナー・ボックス手前の配線が束ねられている場所で2本の配線がカプラーで繋がってました。まずはカプラーを外してスイッチを分解して構造の確認です。


スイッチのノブの可動部分は若干サビが出ていますね。指で押しても戻ったり戻らなかったり……雨天時の走行も考えると水の侵入も十分あり得る部分。錆が原因で動きが渋くなったのでしょうか? とはいえ、10年&約10万キロ走って初めてのトラブル……そう思うと消耗部品としては十分機能した部類でしょう。

スイッチのノブを押していない状態=サイドスタンドを下ろしていない時(走行時)=通電ON。

↓↓

スイッチのノブを押している状態=サイドスタンドを下ろしている時(停車時)=通電OFF。

構造はご覧のとおり。スイッチを押していない状態=サイドスタンドを跳ね上げている時=走行時は通電している状態。逆に、スイッチを押している状態=サイドスタンドを下ろしている時=停車時は通電が遮断される仕組みになっています。


マニュアルによると……エンジンが始動していてギアが噛み合っている状態(ニュートラル以外)でサイドスタンドを下ろすとエンジンが停止する「サイドスタンド・スイッチ」は、ニュートラル・スイッチサイドスタンド・スイッチ両方が“OFF”になると、イグニッションコイルから電流が流れず点火がカットされる仕組み……だそう。

サイドスタンド・スイッチの方は、文字通り“フタを開けてみれば”単純な構造&仕組み。つまりスイッチをキャンセルするには、つねにサイドスタンドを跳ね上げている状態=スイッチを押していない状態=通電状態=スイッチを介さず2本の配線を繋いでおけばいいわけです。


スイッチの可動部分はかなり錆てました。指で押しても動きが渋い。


というわけで、カプラーとある程度の長さの配線を残し切断。

そして結線。結線後、カプラーとともにコンパクトに収めたかったため今回はハンダで配線を繋ぎました。


配線を折り返しタイラップでまとめたらゴムカバーの中に収納して作業は終了!

相変わらず電気系には苦手意識があり、配線図なんて見たってチンプンカンプン……ですが、落ち着いて分解してみれば誰でも理解できる仕組みでホッとしました。多くのヒトも経験している超簡単な作業でしたが、また一つ知らなかったことを理解でき充実の達成感。

もうあのストレスとは永遠におさらばです!!

[SR500F.I.]インジェクションモデルの燃料タンクの内部構造。FIタンク→旧ナロータンク加工。

[左]1978〜’84年までの初期ナロータンク。[右]2010年のFIタンク。※形状は’85年以降と同じ。ちなみに容量は初期ナロータンク:12L、’85〜2008(キャブ):14L、2010〜(FI):12L(内部構造変更により容量減少)。

2010年にインジェクション化したSR400。外観はほぼ変わらないまま登場しましたが、キャブレターからインジェクションへの変更に伴い、じつは大きく変わったのが燃料タンクの内部構造でした。ずいぶん前にストバイ誌面で展開した記事ですが、今でもよく質問されることであり、あまりタンクの内部を見る機会もないと思いますので、当時の大工事の模様をあらためてご紹介。

奥がキャブレターモデルのガソリンタンクの下側。手前がFIモデルのガソリンタンクの下側。FI用のタンクには2本の燃料の“戻り”用の管と残量警告灯のセンサーの取り付け口、さらに前方には圧(エア)抜き用の丸い弁が追加されている。

つねに一定の圧力で燃料が噴射されるインジェクションは、燃料はタンク→フューエルポンプ→要求された必要な燃料をインジェクターから噴射→余分な燃料はタンクに戻る、という循環式。そのため、インジェクションモデルからタンクの中に2本の燃料“戻り”用の管が追加されました。その他には、手前に見える燃料コック用と似ている穴は残量警告灯センサーの取り付け口(燃料コックはこれまで通りの位置)、タンク前方には圧(エア)抜き用の丸い弁が追加されました。FIの場合、圧力とともに燃料が戻ってくるため、従来のタンクキャンプでのエア抜きだけでは足りなかったんでしょう。


もう一度“分割前”に戻りますが、上から見るとキャブレター時代(’85〜’08)と変わらない形状でしたが、裏から見ると色々と追加されているのが分かります。中身を見た後だと追加されたそれぞれの意味がよく分かります。ちなみにFIモデルからタンク裏側のオイルタンクを兼ねたバックボーンと接する部分に断熱材が追加されました。FI乗りの方はピーンとくるかもしれませんが、圧力とともに燃料が循環しているため、長時間走行していると、外から触っても分かるほどじつはタンク内のガソリンの温度は高くなっています。断熱材の追加はその熱がオイルタンクに影響を与えないための配慮。つまり「何だコレ取ってしまえ」はご法度です。

黒と赤のタンクが混ざってますが、FIモデルが発売されたばかりの当時、加工をお願いしたBRAT STYLEさんにはヤマハヨーロッパからのカスタム依頼もあったため、同時にふたつの純正FIタンクを分割しておりました。

さて、また“分割後”ですが、こちらはタンクの上下を分割した“上側”。つまり左の初期ナロータンクの“上側”とFIタンク“下側”を組み合わせるというカスタムです。
まずは初期型と幅/長さが異なる燃料コックをFIタンクから初期ナロータンクに移設。



全体の溶接前がこちら。


まるで純正タンクのように見せたかったため、できる限り“リブ”を残して欲しいとオーダーしましたが、薄い鉄板の溶接でリブを残すのは至難の技。「多少、波打っちゃうよ」と言いながらも、キレイに仕上げてくれたブラットスタイル高嶺さんの技術の高さは相当なモノ。現在、東京・赤羽とアメリカ・カリフォルニアに店舗を持つBRAT STYLE。レーシーでワイルドな雰囲気に目がいきがちですが、細部にわたる丁寧な仕上げは職人の領域です。


[左]加工前の2010年式“FI”タンク。[右]初期ナロータンクの“上”とFIタンクの“下”が合体し塗装も終了した状態。

「ヤマハが発売したような純正感」がテーマでしたので、塗装の色合いは2010年式の純正カラーを採用。ペイント作業はメーカー純正カラーの塗料を数多く揃える浜松第一塗装さんでお願いしました。見てくださいこのメタリック感、ほんと純正に負けないクオリティです。



というわけで、無事、自然にナロータンクを付けたFIモデルになったワケです。あれから9年くらい経つでしょうか? おかげさまで加工した部分の破損も塗装の劣化もありません。

3月2日「ネオクラシックの世界」発売!!

昨年暮れ辺りから密かに取材編集活動をしていたムック、リターンライダー必見!!「NEO-CLASSIC・ネオクラシックの世界」が、3月2日にようやく発売になりました。全国書店あるいはアマゾンで購入可能です。

何しろ最近は空前の“旧車ブーム”でありますが、それもそのハズ……じつはこれまでの旧車ファン・旧車マニアに加えて、いわゆる“リターンライダー”なる方々が旧車を求める傾向が強まってきたからでもあるのです。年齢的には50歳以上が中心……20代の頃はオートバイにもずいぶん乗っていたけど、30代になると仕事の忙しさや責任に加えて、プライベートでも結婚・子供・マイホーム…とよく言われる重荷・足かせも増え、一家の長としては時間も資金もなかなか自由にならない時期が訪れ、20年余りにわたる長いトンネルを抜け、子供立ちも自立して手を離れ、住宅ローンなどの目処も立ち、長年連れ添った愛妻・伴侶も自分の時間・人生の楽しみ方も見出した様子。一家の長としての責任も徐々に軽くなってきた頃、諦めてきた“オートバイライフ”をもう一度楽しもう!! と思い立つ方々が急増してきているのが、ここ数年の旧車ブームに少なからず影響を及ぼしているようです。

ただし、そうしたリターンを目指す方々の中には、若かりし頃の思い出も手伝って旧車に乗りたいと思う方が多い一方で、旧車のメンテナンスやメカニズムに対する自信が今ひとつなく、いつでも調子良く走らせられるか心配な方々も相当数いるわけです。何しろオートバイから離れていた期間も長いわけですから、分からないでもありません。

そこで選択肢として俄然注目を集めるのが、“ネオクラシック”という旧車スタイル/テイストの現行新型モデルだ!と考えたのです……ネオクラシック・モデルならば、見た目・外観を満足させながら、実際の乗り味もクセのない染みやすいものだし、調子もとりあえず新車・新型らしく安定しているし、メンテ・整備の面でも旧車にありがちな難しさもない。だから、長年オートバイから離れていた人にとって、ネオクラシックを手にした時に、まずは大きく深い充実感・満足感を得られるモデル群となるだろう!くらいに自信を持ってオススメしたいカテゴリーなのです。それらネオクラシック・モデルで、オートバイライフを快適に再スタートして、かつて若い頃に経験したハズの楽しさや喜びを堪能した後に、さらに広くあるいは深くオートバイを楽しめむべく、旧車の世界に踏み込んでみても遅くはないだろうし、そのままネオクラシックで得られる楽しさや喜びを重ねていくのもいいことだと思います。

そうしたリターン・再スタートを始めよう!と決めた方や、そこでそういう選択の岐路に立って逡巡されている方にこそ役立てていただきたいムック/バイヤーズガイドとして、今回の「NEO-CLASSIC・ネオクラシックの世界」を編集制作しました。

内容的には、まずオススメのネオクラシックとして、クラシック度の濃い順に、国産ネオクラシックW800 / CB1100 / SR400 / Z900RS / ZSR900&700の6機種、そして海外メーカーのTRIUMPH T120&100 / MOTOGUZZI V7 IIIの3機種を徹底インプレ。しかもそれぞれの技術的背景やルーツモデルの歴史に触れての徹底解説(BMW RnineTやDUCATI SCRAMBLERも紹介)。さらには、リターン世代の大人向けのオーソドックス・ギア考やパニアケースを中心にしたラゲッジ考や、センタースタンド考などを展開してます。ポイントはじつは、こうした一連の内容は、これからリターンという方々ばかりでなく、今すでに、旧車や新型車に乗りオートバイライフを楽しんでいらっしゃる方々にも楽しんで読んでいただけるよう、各メーカーや各機種の系譜・歴史を取り混ぜながらの濃い内容にしてあるので、ご覧いただいた誰もが何らかの発見などをしてもらえると思っております。

KAWASAKI W800

HONDA CB110

 

 

 

 

 

 

 

YAMAHA SR400

KAWASAKI Z900RS

 

 

 

 

 

 

 

YAMAHA XSR900&700

SUZUKI KATANA

 

 

 

 

 

 

TRIUMPH T120&100

MOTO GUZZI V7 III

 

 

 

 

 

 

 

……今回ネオクラシック・モデルのムックを、リターンライダー向けに編集制作する際に感じたり気づいたことですが、オートバイライフを再スタートされる方ということは、そのほとんどがかつて乗っておられた=既に免許を取得されている方々だということです。そしてその多くは、免許制度改変時期のことも考えると“中型・普通二輪免許”保持者ということになると思いますと、“いつかは大型二輪!”という夢や願望があったとしても、リターン&再スタートから新たに大型二輪免許を取得して晴れて大型二輪を手にするのは大変な労力や努力の要ることでもあります。じつは、今回オススメとしてまとめた機種が全て大型二輪免許カテゴリーなのは、ネオクラシック(=現行/新型)そのものがそのカテゴリーにしか存在しないからでもあります。リターンライダー向けという観点から開発された中型・普通二輪免許向けの現行・新型ネオクラシックが存在しないのです。なので、ムックとしては大型二輪のみとなりましたが、リターン&再スタートという意味では、非常に魅力的な旧車や中古の普通二輪車もまだまだたくさん存在するのが現状ですから、本誌をじっくりご覧になった上でも、是非ともそちらの選択肢にも目を向け、じっくり考えてご自分のペースに合ったカテゴリー/機種を見つけ、快適で楽しいオートバイライフを始めていただきたく思います。

“オートバイ”“走る道”は無くなりません。いつまでも存在します。いつまでも、貴方を待っています。なので、慌てずにじっくり考えて、ご自分のペースでゆっくりリターン&再スタートをしてください。よろしくお願いします。

無常事務所・ストリートバイカーズ編集部 安田 尚令

 

SAN-EI MOOK リターンライダー必見!!

「NEO-CLASSIC・ネオクラシックの世界」

A4正寸オールカラー132ページ/2200円(税込)

 

↑PageTop