デザインソースは仏様にもあった!? HONDA C72 with DAY TRIPタンクバッグ 〈type:PHIL〉


先日、秋田在住のKさんからタンクバッグの装着写真を送っていただきました。Kさんの愛車はHONDA C72。“日本”を強調したオリジナル・デザインの第一号としても知られる、’50年代後半に登場したホンダの250cc実用車、C70の後継モデル。購入していただいたのは、DAY TRIPタンクバッグver.1のフルオーダーで、同時代にマン島TT  でも活躍していたイギリス人レーサー、フィル・リードをイメージした〈type:PHIL(フィルリード風の黒白ツートーン〉。実用車+レーサーイメージの組み合わせですが、時代考証が合ってるとバッチリ似合います。

C70〜72系は燃料タンクのタンクキャップが“右上”に付くため、“サイドホール仕様”でご注文を頂いたのですが、ヤマハSRのタンクをベースに製作した“サイドホール仕様”は、“横幅が広い”タンクの場合、その大きさによってはタンクバッグ自体が“やや右寄り”に装着されてしまうことがあるため、事前にKさんと電話連絡を取りサンプルを送付し装着確認をした上でのご購入となりました。結果は既存のサイドホール仕様でバッチリ。そして装着写真を送って頂いたワケであります。

[写真]HONDAホームページ「語り継ぎたいこと/限りない夢、あふれる情熱/“姿の良い製品は内容も充実している”/1957」より。

“神社仏閣”の相性で知られるホンダC70は、それまで欧米諸国の二番煎じが多数を占めていた国内オートバイシーンにおいて、本田宗一郎さんが「世界に誇れる日本デザイン」をコンセプトに、自らデザインのモックアップまで製作したと言われている’57年登場のOHC2気筒250ccの実用車


月刊時代のSTREET BIKERS’ vol.150(2010年)で特集した「BUKKAKU」。この時取材したC71も状態が良く現役でオーナーさんの日常のアシとして活躍していました。

“BUKKAKU”特集のSTREET BIKERS’ vol150は→コチラへ。


こちらはTED’S SPECIALさんで撮影した150ccのCA95。A=アメリカ輸出仕様で、日本における実用車=黒のイメージとは違い、ブルーやレッドといったポップなカラーリングも多かったいいます。


突然失礼いたします。こちらは奈良の大仏、毘盧遮那仏。以前、ツーリングで訪れた時に望遠レンズで撮影した表情ドアップの写真。前述したように日本オリジナルのデザインをコンセプトにした“神社仏閣”シリーズは、いわゆる神社の鳥居や社を想起させるような“直線”や“角”を意識したデザインが特徴ですが、C70製作前に10日間ほど長期休暇を取り京都に向かった本田宗一郎さんは、それこそ神社仏閣を巡り続け、その中で三千院の仏様には拝観時間を過ぎても見惚れていた……といいます。

「燃料タンク側面のエッジ部分は仏様の眉から鼻にかけての線を頭に描きながらデザインした」本田宗一郎さんの回想録より。


いやぁ初めて知りました。マニアの方には有名な話でしょうか? 直線や四角いデザインばかり注目していましたが、この滑らかな曲線とエッジのルーツがなんと仏様にあったとは!? 恐れいります。今後、お寺に行った時の視点が変わりそうです。京都・三千院は新たな仏閣ユーザーの聖地になるんじゃないでしょうか!? すでになってる?


KさんのC72へ戻りましょう。こちらはアメリカ輸出仕様なんでしょうか!? ツートーンのシートやホワイトリボン、サイドカバーのステッカーがそう思わせるのか、なんだかカリフォルニアの風を感じる良い雰囲気。


そしてあらためて、黒白ツートーンのDAY TRIPタンクバッグver.1が似合っております。

「昨日、秋田県にある小安郷という場所まで走ってきました タンクバックとても使い勝手が良くお気に入りです」とKさんよりありがたいお言葉いただきました!

ありがとうございます!!

 

ちょっと走りに行きたくなるタンクバッグ、もろもろ入荷しました!!

[左/KZ1000]DAY TRIPタンクバッグ-ver.1 [右/W3]DAY TRIPタンクバッグ-ver.2

久しぶりに爽やかな陽気の水曜日。日中にオーダー品を含め欠品していたタンクバッグがもろもろ入荷したので、W3 & KZ1000で撮影しました。※お客様のオーダー品、撮影のため丁寧に拝借させていただきました。また順次発送いたします。もうしばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。


こちらはDAY TRIPタンクバッグ -ver.2のセミオーダーで白パイピング。パイピングカラーが5色(ホワイト/レッド/ブルー/ブラウン/グレー)から選べるセミオーダーですが、やはりホワイトとレッドが不動の人気。トラディショナルなパイピングカラーといえばこの2色ですからね、当然、旧車&クラシックモデルには似合います。

こちらはDAY TRIPタンクバッグver.1のセミオーダーで白パイピング。ホールレスでの注文でしtがので、KZでの撮影ではタンクキャップの後ろのスペースに付けてみました。似合わないオートバイは一切ない、元祖ラグビーボールフォルム!!


燃料タンクが大きい’70年代以降のリッターモデルは当然、大柄なLONG TOURタンクバッグとの相性も良いのですが、小柄なDAY TRIPタイプも似合いますよ。

[左/KZ1000]LONG TOURタンクバッグ-Lサイズ [右/W3]LONG TOURタンクバッグ-LLサイズ“帆布オリーブドラブ”


こちらは全長約36cmある、たっぷり大容量のLONG TOURタンクバッグのLLサイズ。今回は帆布オリーブドラブでご注文いただきました。オーダー頂いたお客さんもオートバイは偶然W3とのことでしたが、カラーも一緒でしょうか!? 帆布のオリーブドラブも旧車には鉄板のミスタートラディショナル!! 似合わないワケがありません。使い込んで少し色が褪せてきたら、少量のワックスを塗っても良い感じになりますよ。

 

こちらはLONG TOURタンクバッグのLサイズ。ちょうど[↑]のLLと比べると、全長は約5cm短いタイプになります。欠品中だったホールレス仕様の在庫補充だったため、これまたタンクキャップ手前のスペースに装着。

 


こうして見ると、合皮ブラックと帆布オリーブドラブ、迷うんですよね〜。どっちも似合う、良い感じです。


今日もコロナの心配さえなければ初夏の爽やかな風が気持ちいい最高のオートバイ日和。そろそろパ〜っと走りに行きたいもんですね。ではでは、今週いっぱい5月31日まで全品送料無料サービス実施中なのでご検討ください。

 

(おまけ)

[SR500F.I.]ソロキャンプツーリングその2 @ 椿荘オートキャンプ場, 道志村, 山梨


キャンプのいいところは、キャンプ場に着いてオートバイを降りた瞬間からビールが飲めること。お酒好きの方は皆さんそうだと思いますが、テント設営前にプシュッとやるのが最高なんですよね。また日が暮れる前ならビールはなおさら美味い!!

SRで行くソロキャンプツーリング、その1は→コチラ

ところがこの日は60キロ程度しか走っていないからか、意外とまだビール気分じゃなく、まだまだ水が冷たい川で冷やすことにしてテントの設営をしました。


そして設営が終わったら今度はお腹が減ってきたので、ビールはさらに後回しにしてホットサンドを作ることに。ホットサンドは朝ごはんと決めてましたが、順序も予定もあったもんじゃありません……でもこれもソロキャンプの良いところでしょうか!? 何をするにも自由なワケであります。ホットサンドクッカーはずっと使ってるコールマン製。ロゴマークの焼印と取ってを取り外しコンパクトに収納できるのがGOOD。


そして食後にコーヒーを淹れてしばし読書タイム。この日のお供は片岡義男の短編エッセイシリーズ。どっぷり読み込むワケじゃない時は、ちょっと考えさせられる短編モノがいいですね。テーブルとストーブとクッカー系はストバイ時代からお世話になってる&愛用しているSOTOさん。


…と、気づいたら字が読みづらくなるほど日が暮れてきたので、いよいよビールを飲みながら焚き火のスタートです。焚き火台は厚さ5mm以下のA4サイズに折りたためる超軽量なピコグリル398。展開サイズはいわゆる倍のA3サイズ大で、おまけにこう見えて各部はタフな作りのため、通常の薪を何本も焚べることができます。オートバイにも通じるハナシですが、道具は構造がシンプルな方が丈夫ですね。ピコグリルもまさにそのタイプ。着火剤は飲み終わったお茶パックを細かく切ったモノ……撮影用に3つ転がしてますが、内側にロウが塗ってあるお茶パックの着火能力は相当頼もしく、ハッキリ言ってひとつで十分。


それにしても焚き火ってどうしてこんなに楽しいんでしょうね?  鍋奉行じゃありませんが、数人でキャンプすると、必ず得意げな顔した“焚き火奉行”が出てきて「こうした方がよく燃える」なんて、あたかも“みんなのため”を装いながら薪いじりを独占しがちですが、ソロキャンプなら焚き火奉行の顔色を気にせず、思うがままに薪をくべ放題&いじり放題! ソロ最高です。


そうこうしていたらあっという間に真っ暗。質素な我が家でしたが、夜の焚き火とともに写すとなんだかタフなバイカーキャンプに早変わり!? う〜ん、いいですね。


さて、2本のビールも飲み干したところで今夜の最大の目的、ステーキを焼く(with 赤ワイン)タイムといきましょう。肉は約200gで527円だった格安オージービーフ。味付けは家から持ってきた味塩胡椒のみ。でもお肉コーナーでもらえる牛脂で焼けば美味しいでしょう!!


鉄板はキャプテンスタッグのB6版。1000円以下で手に入るため入門編にはぴったりですね。ピコグリル焚き火台の良いところは、別売の“串”があるだけで、焚き火で鉄板や鍋料理ができるところ。ある程度牛脂が溶けて鉄板がチンチンに温まったら塩胡椒を振った肉を投入!! 「ジュゥッー!!」といい音とともに、側面を見ていると焼き色がついてくるのが分かります!! もうこの雰囲気だけで我慢できず、赤ワインもスタート!!


赤みが残るミディアムレア具合を狙い早めに裏返します。オッいい感じ!! ここまできたらあとはもう適当。


真ん中に赤みが残る抜群の焼け具合というわけでハサミで4当分にし実食!! ん〜、美味い!! 焼き具合も塩胡椒具合も柔らかさも抜群!! で、ステーキに赤ワインがまた美味い!! 「ちょっと飲み過ぎ」と誰かに注意されることもないソロキャンプ。肉ひと切れにグラス一杯、グビグビ進みます。やっぱりソロ最高。旨い!!


続いてししとう焼き。気分の問題なのか、これも塩胡椒だけで十分ですね。


ステーキ2枚と赤ワインをたっぷり飲んでもう良い気分。その後はウトウトしながらひたすら焚き火を眺めて過ごしておりました。つねに違うカタチの炎はほんとずっと見てられるなぁ。

 

 


おやすみなさい。

 

↑PageTop