9月26日 「片岡義男と“あの頃”のオートバイたち」@ 箱根バイカーズパラダイス ちょろっと協力参加します。


片岡世代&ファンの方々はご存知の先日発売された「片岡義男を旅する一冊」。文庫本を思い起こす表紙デザインがファン垂涎の一冊は、MOTO NAVIを手がけていた編集者の河西さんが編集長をつとめ、クラウドファンディングを利用し作った新しい試みの雑誌。その発売を記念して今週日曜日(9/26)に箱根バイカーズパラダイスにてイベントが行われます。

以下、バイカーズパラダイスHPより転載。



■9月26日(日)11:00-12:30

スペシャル トークショー&ライブ「片岡義男と“あの頃”のオートバイたち」
〜80年代バイクブームを生み出した小説、映画、マンガを語る〜

『片岡義男を旅する一冊』発売記念として、二輪ジャーナリストの小林ゆき氏をMCに雑誌の編集長をつとめた河西啓介氏と自動車ライター嶋田智之氏が“80年代バイクブーム”を盛り上げた小説、映画、マンガなどについて語る。当日は『片岡義男を旅する一冊』の先行販売、アコースティックライブも行われる。

・11;00-11:45 トークショー(河西さん&嶋田さん MC小林さん)
・12:00-12:30 アコースティックライブ(小林さん&河西さん)

以上。


じつはストバイ編集部と河西さんはちゃんと面識がないというか、これまでしっかりお話をさせていただく機会がなかったのですが、大人のBIKE CAMP vol.2の取材で訪れていた道志のキャンプ場で超偶然にお会いし初めてゆっくりと話をしました。ちょうど「片岡義男を旅する一冊」の制作が始まった頃で、W3で白石島へ取材へ行く際のサイドバッグを探していた河西さんは、その日SRに付けていたSIDE CARGO PACK LARGEを気に入ってくれ撮影でも使ってもらいました。(結局、ひとつご購入いただきました。ありがとうございます) そんな縁もあり本が完成した後も少し連絡を取らせてもらい、今週末のイベントでも超〜微力ながら協力させてもらうことになったのです。


今週末の箱根バイカーズパラダイスでの出版記念イベントのテーマは、そう片岡義男にちなんだ「読書」。というわけで、河西さんと相談しカワサキWシリーズの先祖であり、昨年復活した〈MEGURO K3〉のムックを少し販売用に持っていくこととなりました。


「片岡義男を旅する一冊」おそらく一般販売は今週末のバイカーズパラダイスが初ではないでしょうか!? オートバイに限らず幅広い視点・視野で編集された読み応えのある一冊で、三好礼子さんの手紙に始まり、片岡先生の書き下ろしまで!! 一度では読みきれない、そして何度も読み返したくなる充実の内容です。ツーリングがてらいかがでしょうか? おすすめです。

■箱根バイカーズパラダイス
静岡県田方郡函南町桑原1348−2

[大人のBIKE CAMP vol.2]GB350でゆく、九州〜四国出張取材ツー。DAY4


キャンプの朝は早い。
昨夜は深夜2時頃まで飲んでましたが、7時過ぎにはみんなモゾモゾとテントから出て来てコーヒータイム。のんびりしたいところですが、ここからが取材の本番。二日酔いでダルい身体にムチを入れ5人のキャンプスタイルの話を聞き、撮影していたらあっという間にお昼前でした。みんなと解散した後は、牧のうどんでお昼ご飯。せっかく西日本まで来て冷やしうどんなんて選択肢は基本ナシですが、この日も気温は30度超え。あまりの暑さについ頼んでしまいました。ゴボ天付き。


その後向かった先はW1乗りのマスターが営む城南区の綾部珈琲店。綾部クンも以前何度もストバイに登場してくれている古い仲。そして“キャンプに近い野宿”を楽しむライダーでもあるため取材です。テーマは「キャンプと野宿のあいだ」。こちらも詳しくは9月発売の「大人のBIKE CAMP vol.2」をお楽しみに!! コーヒーも最高ですので近所の方はぜひ……って福岡近郊の方はもう知ってますよね。

 


取材をひと通り終えたら近所の銭湯までひとっ走り。同じくらいの距離にスーパー銭湯もありましたが、できれば昔ながらの銭湯がいいですね。全国共通の雰囲気ながらちょっとした設備の違いが面白かったりします。

 


さっぱりして綾部珈琲店に戻ると不良なトライアンフが降臨。ストバイ読者にはおなじみ「不良の鎧」こと「KATS ARMOR」の眞龍さんです。今夜は綾部珈琲店の2階で久しぶりの再開を祝して宴です。


豪華なお寿司と博多バージョンの黒ラベルで乾杯。懐かしい話から最近のバイクシーンの話、さらにライディングの話までこれまた話題は尽きることなく深夜まで。いやぁ楽しかった。福岡は相変わらず濃いオートバイ乗りばかりです。


翌朝、極上のモーニングコーヒーを頂いて四国へ向けて出発です。初日から天気に恵まれ感謝ですね。

 

[大人のBIKE CAMP vol.2]GB350でゆく、九州〜四国出張取材ツー。DAY1&2


9月発売で制作中(7月末予定から延期)の「大人のBIKE CAMP vol.2」の取材で、ホンダGB350とともに岐阜〜大阪〜九州〜四国〜京都と1週間、出張ツーリングに行ってきました。


取材道具にキャンプ道具に着替えとそれなりの荷物量になりましたが、サイドバッグラージを左右に振り分け、さらに純正リアキャリアを使用することで低重心でバランス良く積むことができました。初めて見るヒトは誰もが「意外と大きいですね」と驚くGB350。高身長のオトナが跨っても小さく感じさせない車格とボリューム感は、こうして荷物を積んだ時の逞しさにも表れますね。


仕事を理由に堂々と平日から出かけたツーリングは梅雨入り前ギリギリで奇跡的にほぼ晴天。適度なカーブとアップダウンがある中央道を約300キロGBで快走し初日の目的地、岐阜でW800のキャンプライダーを取材。

バランサーを搭載したロングストローク・エンジンにオーバードライブの役割を果たす5速の組み合わせ……平均110km/hくらいでも不快な振動をまるで感じさせないGBは、それこそWじゃありませんが、高速クルージング中もまるでツインのような心地良さすら感じたほど快適でした。高速クルージングでの快適性は同クラスの単気筒モデル、SRやエストレヤよりもGBに軍配でしょうか!? いやぁホント良いんですよ。


そうそう、岐阜で取材したKさんはそれこそストバイのサイドバッグ&タンクバッグを使ってくれているのですが、バッグ装着の際にユーザーさんのバイクに合わせた工夫ができるようにと付けてあるサイドバッグの“ベルトループ”を上手に利用してくれていたので紹介します。

サイドバッグを開閉する際にも使っている“Gフック”とナイロンベルトを別途用意し、サイドバッグのショルダーベルトと同様にバッグ反対側のグラブバー等に通すことで、バッグ装着時にショルダーベルト部分にかかる負荷を分散させています。これはラージサイズのサイドバッグで荷物が多い場合などに有効な使い方。皆さんもぜひご参考に!!


翌日は午前中から大阪で取材予定だったため、この日は滋賀・彦根でホテル泊。19時過ぎにインター付近のホテルに到着し夜ご飯がてらブラブラしていたらニトリを発見しついついキャンプで使えそうなスキレットを買ってしまいました。だって500円くらいなんですから。それにしても梅雨の晴れ間だからでしょうか!? 琵琶湖方面に見えた夕焼けは少し怖いくらい燃えておりました。


翌日は大阪にて軍幕キャンプを楽しむSRユーザーさんを取材。この軽装であのキャンプ!? と驚くようなキャンプスタイルを見せてくれましたよ。そちらは9月発売の本誌をお楽しみに!!

 


2日目の夜に大阪・南港〜北九州・新門司までフェリーで移動します。南港19:50分発で新門司到着8時半。大浴場入ってビール飲んでぐっすり寝たら朝一から九州を走れる……関西のバイク乗りは九州が近くていいなぁと思っていたら、偶然ストバイ時代にお世話になっていた大阪のチョッパー乗りと遭遇。それこそフェリー泊を含め2泊3日で鹿児島まで行くとのこと。

 


風呂上がりに関東では売っていない久々のカールチーズ味とともに乾杯! 最高です。

さぁ寝て起きたら九州上陸。気温は30度超えの夏日予想。楽しみです。

↑PageTop