W1ミーティングお疲れさまでした。


12日(sun)に開催された41回目のW1ミーティング。久しぶりに雨の心配をしないW1ミーティングは170台ちょっとの参加台数で大盛況。ついでにストバイブースもありがたく大盛況で写真はこの集合写真一枚だけ。在庫が残り2つのみだったタンクバッグが早々にお買い上げとなり、その後も「タンクバッグは?」と要望の声多数。在庫数が少ない商品に限って問い合わせが多いのは昔から決まりのようでも、期待に応えられず失礼しました。再入荷までもうしばらくお待ちください。

とにもかくにも参加された皆さん、お疲れさまでした。

 

日常的バイクライフのお供には、ALLDAYS ROADSIDE™️のSIDE CARGO PACKを🙋‍♂️

ご用命は→こちらから。

 


第41回W1箱根ミーティング2024は、GW明けの5月12日(日)10時から。

告知が遅くなりました。

第41回W1箱根ミーティング2024は、GW明けの5月12日(日)10時から、いつもの箱根十国峠で開催されます(雨天時は19日に順延)。主催はお馴染みの、神奈川県に本拠をもつ”W1愛好会”です。そういえば、変わったことといえは、十国峠レストハウスは”森の駅箱根十国峠”という名称になりましたが、場所等に変更はありません。

参加費1000円(見学者は500円),W1〜W3のオーナー+興味をお持ちの方々が集う大人のミーティングイベントです。奮ってご参加ください。

問合せ連絡先は090-3506-4162・W1愛好会会長高橋まで。



 


日常的バイクライフのお供には、ALLDAYS ROADSIDE™️のSIDE CARGO PACKを🙋‍♂️

ご用命は→こちらから。

 

マモラから続く…マシンのホールドのハナシ。

 


的確で適当な写真が見つからないので、またもや礼子さんに登場してもらいましょう。

マシンのホールドのハナシ—-CB450K1で疾走する三好礼子さん(幸福は白いTシャツ)の真横からの図。車体とメインで接してるのは、シートとデン部(シリ/尾てい骨)で、デン部より上には上半身と頭部だけ。傾いたり不安定になるのが嫌いな上半身を安定させるのが、マシンホールドの目的で、荷重とはまるで違うのです。

たとえば、写真の礼子さんが、加速減速の度に、前へいったり後にいったりしては上手くカッコよく走れませんので、ニーグリップやくるぶしグリップなど駆使して、シートへの荷重時に、正確な位置や方向、そのための上半身の姿勢を確保するべくマシン(=身体)ホールドが重要になってくるわけです。



 


日常的バイクライフのお供には、ALLDAYS ROADSIDE™️のSIDE CARGO PACKを🙋‍♂️

ご用命は→こちらから。

 

↑PageTop