やっぱり使えるなぁ、コレ。


サンプルで製作後、キャンプツーリングに酷使してきたラージサイズのサイドバッグ。先日チェックすると背面の下部が一部破けてしまっていました。内側に封入してある樹脂板とサスペンションの間で長い間、挟まれながら擦れたのでしょうか。いずれにせよこのままでは酷くなるばかりなので補修しましょう。


いつもならワッペンを貼り付けて終わりですが、バッグの中に入れる荷物によってはまた同じ箇所が強く当たる可能性もあるかもしれない……というわけで、バイク用で販売されている「保護・遮熱シート」を使ってみることに。この「保護・遮熱シート」、以前にもブログで紹介しましたが……例えば、サイドバッグとサイレンサーが干渉する場合や、防炎仕様ではないバイクカバーの内側に貼る等、その名のとおり「保護と遮熱」をしてくれる防炎性能を付加した不織布なのですが、僕的な“使えるポイント”は両面テープの粘着性の高さ。

 

 

 


例えば、このサイドバッグの帆布素材。つまりコットンが相手ですが、一度貼ると手では剥がせないほどの粘着力でくっついてくれます。患部の大きさに切り取ったら接着するだけ。これで当分剥がれる心配はありません。また多少の厚みをもった不織布なので緩衝材としての役割も果たしてくれます。写真下部、わかりにくいですが、このサンプルのサイドバッグには底面に広範囲でこの「保護・遮熱シート」を貼り付けています。しかも重ねて。これはZ900RSの排気熱(が出る方向が上向きだったため)によるバッグ底面の損傷があったため、2年前に実験で貼り付けたのですが、その後キャンプ場では地面に置くし、雨で濡れるし……と使っていますが、剥がれる気配なし。もちろん薄く磨耗はしています。


というわけで、1分で補修完了。Amazon等で購入できるこの「保護・遮熱シート」バイク乗りなら一つ持ってても損はしませんよ。