バイク用レインウェアはモンベル一択。


今シーズンから使い始めたカッパはモンベル製。これまで色々なメーカーのカッパでさんざん走ってきましたが、自分史上、総合的にモンベルが一番かも……なんて思い始めています。長年付き合いのある福岡のバイク屋さん、アラメダMCの藤原くんがずっと勧めていたモンベルのモーターサイクルラインのレインウェア。僕らも通勤に取材にツーリングとけっこう走る方ですが、藤原くんも雨でもお構いなしに走るライダーだから「いつかは」と気になっていたのでした。


昨年、これまで使っていたカッパがいよいよ限界を迎えたため、満を持しての初モンベル。防水性が言うことなしはもはや当然で、各種ベルクロやジッパーの使い勝手から携帯性も抜群で、文句の付け所なし。まぁ使ってみてびっくりしました。


で、さらに嬉しいのがモンベルのカッパは上下別売りなところ。秋冬も考慮し、カッパはワンサイズ〜2サイズUPってのはバイク乗りの常識ですが、ジャケットメインでサイズを選ぶとパンツが大き過ぎる……なんて経験はこれまで何度もありました。というわけで、ショップで試着し、ジャケットはXXL、パンツはXLをチョイス。いやぁ、いいですよ、モンベルのカッパ。さすが日本を代表するアウトドアメーカーです。

以前、キャンプ本で取材した時に古参のモンベルの方が仰ってましたが、創業時のメンバーの多くがバイク乗りでもあったとのこと。そんなこともあり昔から「モーターサイクルライン」が存在するんですね。昨今、だいぶ縮小気味でさびしいですが……。今はリーズナブルなカッパもたくさんありますが、カッパも定期的にメンテ(洗濯)すれば長く使える道具です。モンベル製にはしっかりとした「良いもの」を使い続ける喜びがありますね。


で、雨の通勤時は合皮サイドバッグがまた最高。一切濡れないので、財布もスマホも全部突っ込んでます。こちらもオススメ。雨の日は雨の日で走ると色々と発見があるから楽しいですね。