[KZ1000]起きたらすぐに山を走れる幸せ〜信州・小海キャンプツー。


10月中旬頃からまた少し忙しくなりそうなので、一泊、秋のキャンプツーに行ってきました。今回の目的地は信州長野・小海エリアにある松原湖高原キャンプ場。グーグルマップとにらめっこし見つけたのですが、なんと一泊1000円(平日+バイク)のキャンプ場で、併設されている温泉にキャンプ場利用者は400円で入れるおまけ付き。つまり1400円の温泉付きキャンプ場で、おまけに起きたらすぐに信州の山を走れる好立地! こりゃ行くしかないワケです。


初日は関越道で本庄・児玉ICまで一気にワープし、群馬〜長野のカントリーロード堪能ルートを設定。高低差が少なく適度なコーナーが続く神流川沿いを通る国道462号線を西へ西へ走ります。ストバイ時代の連載[RSC]じゃありませんが、“全ての起点はリアタイヤ”なんて意識で、ラインはアウトインアウト。曲率に合わせ、そして曲率を予測しリアタイヤを起点に車体を傾けたらスロットルON! 思いどうりに走れたときは重たいKZ1000もまるで“一輪車”……なんて思うほどに軽快。決して飛ばしているワケでもなく、そして大して速くもありませんが……アタマと身体をフルに使う超真剣で超楽しい鍛錬タイム。

霧雨が降るバイク乗り的に“一番濡れる”イヤな天気でしたが、なんとか路面はドライだったので気持ちいいペースで楽しめました。昔からストバイ誌面でもしつこく書いてますが、リアサスペンションのプリロード調整はホント必須。これだけキャンプ道具を積んでいてもKZ1000はいつもどおりの軽快さを保ってくれますからね。

 


R462からR299へ入ったところで雨脚が強くなり、さらに長野まであと峠超え一つというところでまさかの通行止め!? 雨のなか下仁田まで北上しグルッと遠回りはなかなかヘビーでしたが、長野へ入ったところで見事に雨雲はなくなり青空が広がっているじゃありませんか!! その夜、入った温泉のTVで天気予報士さんが言っていた「今日明日の雨雲は低い位置にあるため高い山は越えられない」は、ホントでした。


平日の木曜日、松原湖高原キャンプ場の広大な敷地の林間サイトは貸切状態! ありがたく満喫させてもらいます。

買い出し用に持ってきた3Lサイズのツーリングネットは薪を運ぶのにも重宝しました。


さぁ設営が終わったら温泉でスッキリしお楽しみの宴会。今日の目的は以前から何度か試している焚き火でのベーコン炙り。放ったらかしでも焦げにくく、気が向いたら一枚拝借……的な最高のお酒のお供ですが、これが意外と奥深いんです(僕的に)。

高級ベーコン(スーパーで買えるレベルですが)が良いのかと思いきや、意外とフツーのベーコンの方が美味しかったり……厚すぎない方がツマミとしては良かったり……今回で4回目の挑戦でしたが、いまだに僕好みのセッティングが出ておりません。いやぁオートバイ同様、意外と奥深いベーコン炙り、まだまだ楽しませてくれそうです。

 

 


さて、翌朝。キャンプツーリングの魅力はなんといっても、走り出したらすぐに山! そう、いきなりワインディングを楽しめるところでもあります。しかも今回は信州。赤く染まり始めた木々と青空、そして白樺……たまりません。

 


たっぷり3時間ワインディングを楽しんでもまだお昼12時前。午後から少し仕事があるので、そろそろ進路を八ヶ岳方面に取ります。初めて通った名もなき県道はまっすぐ続く道の先に八ヶ岳連峰を望む絶景。グーグルマップを相当ズームアップしないと出てこない細〜い道でしたが走ってみるもんですね〜。

 


八ヶ岳の麓に差し掛かると見覚えのある風景。以前、ヤマハ・ドラッグスターミーティングの取材で何度か訪れていた富士見高原スキー場です。ここの敷地内にある手打ち蕎麦処もなかなか美味なので今日はここで昼ごはん。中央道に乗る前に小淵沢の道の駅でお土産のリンゴを買って15時に前に編集部着。

たった一泊1.5日!? なキャンプツーリングでしたが、温泉にキャンプにカントリーロードにワインディングに絶景まで……たっぷり楽しみました。

このテのキャンプツーリング、今シーズンまだまだ行きたいですね〜。今後さらにルート選びが楽しくなりそうです。

 


いつもの積載ですが、一応解説。

シュラフやクッカー類に焚き火台、ストーブ、そして食材と着替えを収納した、左右に振り分けたサイドバッグはSIDE CARGO PACKのラージサイズ。大きなサイドポケットはガス缶や水筒などの収納にも便利です。リアシートにはテント(mont-bellムーンライトテント1型)/コット(Thermarestウルトラライトコット)/テーブル&イス(中華製)/レインウェア/サンダルを積載。

タンクバッグはLONG TOURタイプのLLサイズを使用し、ETCをはじめ充電機器類やティッシュに日焼け止めに歯ブラシにマスク等々……細々したモノを。僕的にはだいぶ積載もこなれてきました。

 

※10月中旬〜下旬頃にはバッグ類の受注/予約を再開できそうなので、もうしばらくお待ちください!!

[KZ1000]夏の思い出。Zだらけの1000kmツーリング。その2


2日目は朝8時に出発。米沢から福島方面へ移動し、磐梯山の北東、安達太良山の北側の間を通る磐梯吾妻スカイラインを走ります。この日は朝からどんより曇り空で山を登るにつれ霧が濃くなり一時は5メートル先も見えない状態でしたが、頂上に近づくにつれ徐々に霧が晴れ絶景が顔を出し始めました。

山道に入った途端、視界5mもない濃霧が嘘のように晴れはじめ青空が!見え、目の前に現れた絶景。写真撮っちゃいますよね〜。


せっかくなので近くにいたバイク乗りの方にお願いしおじさん達の記念撮影。どんどん雲が晴れ始める空もいい雰囲気でしたね。



ワインディングをたっぷり堪能し山を下ると、昨日は磐梯山ゴールドラインから見下ろした猪苗代湖の北岸に到着。湖岸沿いを少し走ると、神社のしめ縄でも似合いそうな立派な木のあるパン屋さんを見つけ休憩。ココ、毎度1000キロツーリングのルートも決めてくれる、道にもナイススポットにも超詳しい先導Tさんが偶然見つけたのですが、一人で切り盛りしてそうな小さなパン屋さんながら次から次へとお客さんが来る知る人ぞ知る名店のようで味も抜群。



底が見える猪苗代湖きれいですね〜。数年前に猪苗代湖岸の天神浜キャンプ場に来た時に酔っ払って湖に入りずいぶん水を飲んだ記憶がありますが……これだけきれいだから平気だったのか!?  なんて思うほど透き通ってました。

また歳のせいでしょうか、不思議と若い頃より記念撮影が好きになっています(笑)

トンボも飛び始め秋の気配が漂い始めてましたが、気温と空模様はまだまだ夏。雨雲を避けながら南下しましたが日光手前で、一瞬で道路が川になるようなゲリラ豪雨に遭遇。手前味噌ですが、タンクバッグ&シートバッグのレインカバーは、そんな突然の雷雨にも瞬時に装着でき一切バッグを濡らすことがないスグレモノ……アメニモメゲズそんなことをあらためて実感。

 

バイク三昧Z三昧な2日間。今から来年の100キロツーリングが楽しみです。来年の目的地の候補の一つは能登半島だそう。国産初の本格GT(Grand Touring)マシン、カワサキZならではのハイスピードな1000キロツーリング、大型バイクならではのこうしたツーリングも爽快です。


今回の旅のお供は、DAY TRIPタンクバッグver.2とCLASSIC SEAT BAGの帆布OLV.。タンクバッグはETCやスマホなど、シートバッグの中には着替えや小物を入れ、上部のベルトにはレインウェアを括り付けました。

[KZ1000]秋の夜長に、バイクキャンプ。


大人のBIKE CAMP©︎ vol.2をきっかけにvol.1を購入してくれたヒトも多いようでありがとうございます。

 
vol.1は純粋なギアカタログ、vol.2はいまキャンプを楽しむバイク乗りによるスタイルカタログ。今回vol.2に登場してくれたヒト達はいわゆる雑誌的なベテランの方々ではありませんが、その分、純粋なバイクキャンプの魅力を語ってくれているので、ひとりひとり読んでいくと意外と読み応えたっぷりなスタイルカタログとなっています。まだの方はぜひ→Amazonで。
 

というわけで、秋の夜長にキャンプで読書……反省会も含めて昨日から連休明けの静かなキャンプ場に行ってきました。今回選んだキャンプ場は山梨県甲州市の山の中にある一の瀬高原キャンプ場。価格がリーズナブルだったこととサイトが良い意味で整備されていないため、自然を満喫できる昔ながらのキャンプ場とのことで選びました。

甲州市でガソリン補給後、411号を奥多摩方面へ向かう途中。振り返ると遠くに雄大な富士山が見えました。

そしてもう一つの理由はお気に入りのカントリーロードを堪能できること。

ここ最近、山を走りたいときはまず中央道で上野原まで行き、そこから県道を繋ぎながら山梨県・小菅村を経由し奥多摩方面まで走るルートを選ぶことが多いです。山頂にある道の駅・小菅に併設された温泉がまたいい湯なんです。

上野原から県道18号で丹波山村まで抜け、奥多摩と甲州市を結ぶ国道411号を甲州方面へ走ります。一の瀬高原キャンプ場は411号から脇道を入り、おそらく一の瀬集落のために作られたであろう名もなき生活道路をクネクネと超えた先にあります。出発から160キロほど走っていたので、一度甲州市まで行きガソリンを補給してからキャンプ場へと向かいました。
ちなみに今回使用したバッグ類は、タンクバッグは大容量LONG TOURタイプのLLサイズで定番の白パイピング。Z系の大きなタンクにはジャストフィットです。またサイドバッグは左右ともにSIDE CARGO PACKのラージサイズ※大人のBIKE CAMP2の発売後も多くの方々からお問い合わせいただいておりますが、現在生産調整中で予約/受注を一時的にストップしております。10月上旬頃には再開できると思いますので、もうしばらくお待ちください。

一の瀬高原キャンプ場は噂どおり自然のままが残るキャンプ場で、川沿いから木々が生い茂るサイトまで多種多様でしたが、一つ難点は高低差のある山を切り開いたキャンプ場だったためオートキャンプができるサイトが限られていたこと。駐車場から奥地のサイトまでキャンプ道具を運んでいる方もいましたが、やっぱりテントはオートバイの側がいいですよね。今回はオートキャンプ可能なサイトの一番人気!? という場所が空いていたのでそこにチェックイン。

見上げたらまさに森の中。陽の光をいい感じに遮ってくれる木々の中で涼しく過ごせる抜群のサイトでした。おかげで中秋の名月も遮ってしまいしたが…。

今シーズンラストな枝豆は茹でたらオリーブオイルで炒め話題のほりにしで味付け。半額だった和牛カルビも最高でした。それにしてもこの一年で自分のキャンプ道具もずいぶん変化しましたね。ガソリンストーブ(オプティマス・スベアストーブ)にスキレット(出張中に買ったニトリ製)……どちらもずっと面倒だと思い敬遠してましたが、この一年でずいぶん“道具を使う楽しさ”を知りました。結局自分がイチバンの読者かもしれまないなぁ……なんて思いながらビール&ワインですっかりいい感じに。

というわけで焚き火もそこそこに22時半には寝てました。

翌朝も日の出とともに活動開始。昨夜の残りの薪に火をつけたらコーヒーで一服。夜のお酒もいいけど、外で飲む朝のコーヒーもまた最高です。9時には出発しクルマにもオートバイにもほぼ出会わない平日朝のカントリーロードを堪能し編集部に13時着。往復300キロちょっと。オートバイもキャンプも大満足な一泊2日弱のプチツーリングでした。

朝晩や街と山の中の気温差が激しいいまの季節はベストが一枚あると温度調節にちょうどいいですね。

↑PageTop