W1ミーティングお疲れさまでした。


12日(sun)に開催された41回目のW1ミーティング。久しぶりに雨の心配をしないW1ミーティングは170台ちょっとの参加台数で大盛況。ついでにストバイブースもありがたく大盛況で写真はこの集合写真一枚だけ。在庫が残り2つのみだったタンクバッグが早々にお買い上げとなり、その後も「タンクバッグは?」と要望の声多数。在庫数が少ない商品に限って問い合わせが多いのは昔から決まりのようでも、期待に応えられず失礼しました。再入荷までもうしばらくお待ちください。

とにもかくにも参加された皆さん、お疲れさまでした。

 

日常的バイクライフのお供には、ALLDAYS ROADSIDE™️のSIDE CARGO PACKを🙋‍♂️

ご用命は→こちらから。

 


Renew!! SIDE CARGO PACK “STANDARD” 帆布オリーブドラブ。[詳細について]


ALLDAYS ROADSIDE™︎の定番中のド定番、スタンダードサイズのSIDE CARGO PACK(帆布オリーブドラブ)の2024ver.の詳細はこちらからどうぞ。

■オンラインショップはこちらからどうぞ。

基本的な作りやサイズはひと足前にリニューアルしたラージモデルと同様、従来モデルから変更ありません。2024年モデルとしての改良点は、バッグ開閉時に正面の2本のベルトの脱落防止を兼ねたユーティリティテープの追加になります。


[リニューアルポイント①]
バッグ正面に50mm幅のユーティリティテープを追加しました。これまたラージ同様、メインの目的は、バッグの開閉を行う際に正面の2本のベルトが「だら〜ん」とぶら下がらないこと。従来モデルでは荷物を取り出す際、開閉を行う2本のベルトは地面近くまでぶら下がってしまいますが、ユーティリティテープを配したことでベルトのぶら下がりは最小限となり、地味な部分ではありますが非常に使い勝手が向上しました。しかしながら、テープ追加のきっかけは、フックの掛け忘れでぶら下がったままのベルトが走行中のホイール等の巻き込みで切れてしまう事案が多かったからです。ユーティリティテープがあれば、万が一フックをかけ忘れ走行してしまった場合でもベルトがホイール等に巻き込まれる心配はありません。また工夫次第でポーチ等を装着できるよう、2本の開閉ベルトが通る部分+中央にも約5cm程度の隙間を設けてあります。ご自由にお使いください。


容量やサイズ感等、自分たちでも完成形と自負しているロングセラーモデルのため、それ以外は従来どおりです。価格も従来モデルから変更ありません。


日常使いからデイトリップにぴったりの片方がけサイドバッグ。ロングツーリングの際はもう片方だけラージ……といった使い方もおすすめです。とくにキックスタートのみのオートバイでは、車体右側はスタンダード、左側にはラージ、そんな使い方をされている方々も増えています。

ではでは、今シーズンもALLDAYS ROADSIDE™︎の「本当に使える」バッグとともに豊かたオートバイライフを!!

 



 


日常的バイクライフのお供には、ALLDAYS ROADSIDE™️のSIDE CARGO PACKを🙋‍♂️

ご用命は→こちらから。

 

明後日12日(sun)はW1ミーティング @箱根十国峠パーキングですよ!!


明後日12日(sun)に箱根十国峠パーキングで開催されるW1ミーティング。なんとか天気も大丈夫そうですね。いつもどおりチームストバイもブース出店します。というわけでW1ミーティング前にW3をリフレッシュ。天気がいいだけで気持ちいいですが洗車はさらに気分よくなりますね。



 


日常的バイクライフのお供には、ALLDAYS ROADSIDE™️のSIDE CARGO PACKを🙋‍♂️

ご用命は→こちらから。

 

↑PageTop