初期スモールタイプのタンクバッグ絶賛仕込み中。


大は小を兼ねるということで、昨年からワンサイズ展開のタンクバッグ。ところが依然として要望が多いのが初期のスモールタイプ。どうせ再販するのならと「小さいけど大きくなる」いつものパターンで仕込み中です。ファーストサンプルは増量幅5cm。もう少し増量幅増やしてもいいかもしれません。まぁ小さいですけど。


スマホやデジカメに帽子、さらにメモ帳にペンに日焼け止め的な小物類……そんな使い方ならば、スマートな印象のスモールタイプもやっぱりスタイリッシュで良いんですよね。ツーリング中はどのちみ、サイドバッグやリアシート上に荷物積載するし……なんてヒトならなおさらかもしれません。


ではではお楽しみに〜。

最新ムック「W TOURING」W1が教えてくれた“大人”のツーリング。12月5日発売です。


これから冬……だからこそのツーリングムック作りました。

タイトルは、
『W TOURING』
W1が教えてくれた“大人”のツーリング。


昨今SNSの普及とスマホの進歩によって、オートバイユーザーのツーリング記事を多く目にしますが、SNSには出てこないオートバイ・ツーリングのドラマを、誰もが持っているものです。

そこで、旧車ダブワンと長く付き合ってきたユーザーたちならではの想い・考え方・エピソードに触れることで、決まりきった写真展開だけのSNS記事の奥に潜む、様々な“情景”に触れてもらおうと企画しました。


1966年に登場したカワサキW1シリーズは、初の国産大排気量オートバイとして当時多くのオートバイユーザーに「さらに遠くへ」と夢を抱かせたモデル。そんな一台と長年ツーリングを楽しみ続けるユーザー達の話には、どこかオートバイ・ツーリングの普遍的な魅力があるようにも思えます。

掲載されているレポートはユーザー本人の手記、そして使用する写真もユーザーのスマホなどで撮影したものばかり!? という新感覚“ユーザー・ツーレポ”ムック。乗れない季節の脳内ツーリングをお楽しみください。

 


#Wtouring #12月5日発売 #ストバイ #ツーリング #昔のオートバイ雑誌には必ずあったユーザーのツーリングレポート

[ALLDAYS]ブース作りはムズカシイ。


今年に入ってからストバイがプロデュースするバッグ部門を〈ALLDAYS ROADSIDE™️〉というブランドとして独立させ、少しずつ広告展開やイベント出店等、“バッグメーカー”としての活動もスタートさせてきました。上の画像はイベント出店時にブースで配布し始めたプレ・カタログの表紙。カタログ作りは作業的には誌面制作と同じなので、いざ始めると単なるカタログで終わらせるのがもったいなくなってくるから困ったモノです。来年には新しい視点のカタログ=読んで見て楽しめる小冊子に成長させていきますので、こちらもお楽しみに。


で、今年始めた本格的なイベント出店は、先週末に淡路島で開催されたZ祭 で3回目。これまで何十回とあらゆるイベント取材でたくさんのブースを見てきた筈なのに、いざ自分たちでブースを作るとなるとムズカシイものですね。テントの中にテーブルを置いて商品を並べてみたり、価格がわかるポップを作ってみたり、まぁ試行錯誤中です。

上の写真は、そのZ祭でのブースの様子。今回はテントの前にテーブルを置き、雑誌とバッグを並べ、バッグと同カラーの長椅子も陳列台として利用してみましたが、果たしてお客さんにとってどう映ったのか!? 今回導入した、カタログの表紙を拡大したA1サイズのポスター展示は少し目を引いていた気もしましたが、あらためてブース写真を見ていると全体的に「ドコの何屋なの?」という、基本的なわかりやすさが足りていない気がします……。やっぱり大きなバナーが必要なんですかね〜。とはいえ、当日はたくさんのお客さんに見ていただき大忙し。ぼちぼちバッグもバックナンバーも好評でしたのでヨシといたします。

でも、これまでの編集業とは違うモノ作り&物販の世界はほんとに新鮮なことばかりで、今さらながら「どうしようか!? どうしたいのか!?」と考えることが多く、ワクワクしっぱなしでとにかく楽しんでます。というワケで、次回出店時のブースの成長ぶりをお楽しみに(笑)

 

・・

・・


Z祭では淡路島特産のたまねぎをダンボール一箱いただき、帰り際に道の駅あわじで生しらす丼を食し、夜は三宮でその昔出張では必ず通っていた駅近のお好み焼き屋へ行き、翌日は取材以来ずっと良いお付き合いをさせてもらっている神戸の英車専門店〈布引クラシックス〉 さんへお邪魔し豪華なランチをいただいてしまいました。松枝さんご馳走様でした。そして夜遅くまではストバイ初期からお世話になっている同じく神戸の〈fabu〉 さんで長話。これまた長々とお邪魔しました。

 

↑PageTop