サンエイムック「KAWASAKI MEGURO K3」3月24日発売です。


久しぶりのムック「KAWASAKI MEGURO K3」が3月24日に発売になりました。

 

昨年11月に発表されたカワサキMEGURO K3。「おおっメグロ!?」と旧車ファンほど驚いた新型モデルでしたが、フタを開ければ「あれ? W800!?」と拍子抜けしたヒトも多かったと思います。正直、僕らも同じ気持ちでした。

でもじつはこの落胆(カワサキさんスミマセン!!)から今回のムック企画はスタートしました。「カワサキがこんな安易なことをするハズはない!?」と思い、それからカワサキWシリーズ、そしてWシリーズの先祖でもあるメグロKシリーズまでの歴史をあらためて振り返りました。

そして出てきた一つの重要な事実……それはW1誕生前の1965年にじつはお蔵入りになったあるペーパープロジェクトの存在。その名は「K3(ケースリー)プロジェクト」。K3!? ケースリー!? そう、それはなんとMEGURO K3の“K3(ケースリー)”です。

目黒製作所がW1のルーツでもあるメグロ・スタミナK1を発売したのが1960年。その後、川崎航空機との業務提携→吸収合併を経て1965年にK1改良型として登場したのがカワサキ500メグロK2、そして翌’66年にK2のさらなる改良型としてW1が誕生した……これが一般的に知られている歴史です。ところがさらに掘り下げると……W1誕生前にカワサキ、メグロ両技術者たちの間で企画されていたのが、高出力・高回転型を狙ったOHC並列2気筒のまったく新しい独自のエンジン……「K3」だった!? というのです。

あらゆる事情が重なり残念ながら実現しえなかった計画だったのですが、いま振り返るとこの「K3」ってつまり’99年のW650(ベベルギアを採用したSOHC2気筒)だったんじゃないの!? ……な〜んて憶測を巡らせてしまったのでした。僕らのアタマの中では勝手に1960年から2020年までの60年間が一本の線で繋がった瞬間でした。

以来、メグロK3の見え方が変わったのは言うまでもありません。

 

本誌のテーマは「カワサキWに継承されたメグロ・スピリットとは!?」

果たしてMEGURO K3の誕生は必然だったのでしょうか!? 60年越しの悲願の成就だったのでしょうか!? 

そんなことに想いを巡らせながら「カワサキW」についてあれこれとじっくり考えてみませんか? “乗らない時間の趣味タイム”じゃありませんが、系譜を追うだけではない歴史考察……そんなことを本誌と一緒に楽しんでもらえたら幸いであります。


ではでは、お買い求めは全国の書店、またはAmazonにてよろしくお願いいたします。

SIDE CARGO PACKの“ルーツ”的な使い方。


ストバイ編集部、最初のオリジナルバッグであり、定番としてロングセラーを続けているSB SIDE CARGO PACK(STANDARD)についての小話を少し。※欠品続きで申し訳ございません。各カラー絶賛、製作中であります。

SB SIDE CARGO PACKは、単純な構造にして使い勝手の良い「容量の増減にも容易に対応する、折り返すことでフラップの役割を果たす」仕組みが特徴ですが、モチーフにしたのは1960年代(おそらくベトナム戦時)のUS FIELD CARGO PACKです。着想はその昔の日本のオートバイ乗りの方々が軍モノBagをオートバイ用のサイドバッグとして使っていたことですが、じつは、ルーツである当時のUS FIELD CARGO PACKの(ショルダー)ベルト長は[↑写真]程度の長さしかありません。おそらく肩にかけるか手で持つか……といった使い方をしていたのでしょう。

というわけで……


そもそもこのバッグにファッション的な要素はありませんが、丈夫でしかも汚れだって気にならない……となれば、当時の雰囲気を真似てショルダーベルトを短くしてみると、意外とオートバイに乗らない時でもワークパンツのような感覚でラフに使える相棒になったりします。

映画ディア・ハンターでも観た後に、帰還兵になった気分で肩から下げれば、よりSIDE CARGO PACKの魅力は増す!? かもしれませんよ。


ちなみに余ったベルトは折り返してバックルに通せば気になりません。

 


どのカラーもSOLD OUTに加え、入荷時期の遅延もありご迷惑をおかけしているSIDE CARGO PACKですが、本日“合皮BLACK”が再入荷しました。若干ですが在庫も確保できておりますので、web shopよりよろしくお願いいたします。

“CSB” —Classic Seat Bag (クラシック・シートバッグ) 第一ロット、入荷しました。

 

お待たせいたしました! インスタグラムやフェイスブックでは少しずつ紹介していましたが、ようやく“CSB”—Classic Seat Bag(クラシック・シートバッグ)が入荷しました。


■コンセプトは、「旧車に似合うシートバッグ」

オートバイ用のバッグとしてタンクバッグ、サイドバッグ、シートバッグがありますが、コンセプトに掲げた“旧車に似合うシートバッグ”は用品店を探しても見当たらない……のが現状です。「旧車 × シートバッグ」というと、旧車ミーティング等で老舗コロナ社のスクエアタイプのタンクバッグをシートバッグとして使っているベテランの方々の姿でしょうか。ならば、’60年代のコロナ社のラグビーボール型タンクバッグをモチーフにした我がタンクバッグじゃありませんが、同じように“オートバイのフォルムを崩さない”クラシカルなシートバッグがあってもいいじゃないか!? と企画が始まりました。


製作における大きなテーマは3つ。

①オートバイのフォルムを崩さない丸みのある形状。
②デイトリップからロングツーリングにも対応する容量。
③容易かつ、あらゆる車種に対応する汎用性の高い装着方法。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


弊社タンクバッグと同様、オートバイのフォルムを崩さないよう“カド(角)”のない筒状のデザインとし、日常使いでも気にならない大きさながら容量は通常時で約10ℓを確保。また出先で荷物が増えた際には両サイドのファスナーを開くことで、荷室は左右に約10cm(2ℓ)拡張します。

 


バッグの全幅は約35cm(拡張時:約45cm)。
メインの荷室幅は約28cm(拡張時:約36cm)。

拡張時はちょうどキャンプ用チェアで有名なヘリノックスのスタンダードサイズが収まる長さです。さらに折りたたみテーブルやコッヘル&ガスストーブ等を収納しても荷室にはまだ余裕があります。


また、バッグ正面の2本のベルトには荷室に入りきらないレインウェア等を括り付けることが可能です。また、そうした際でも荷室へ容易にアクセスできるよう、正面の他にサイド部にも開口部を設けました。

レインカバーはバッグ上部に荷物等を括った状態に対応する大きさで製作していますが、ドローコードで絞るタイプのため、通常(最小使用)時でも問題なく使用できます。

 

 

 

 

 


脱着時にも持ち運びしやすいよう、バッグ後部にはハンドル(取っ手)、さらに脱着式のショルダーベルトも付属しています。また、昔ながらのミリタリーテイストにこだわり、Dカンやナスカンは鉄製を使用しています。ちょっとしたことですが、こうした部分もコンセプト「旧車に似合う」ための大切な要素です。

※ハンドル/ショルダーベルトはあくまでも“ちょっとした移動時”での使用を想定したモノになります。オートバイ装着時と“天地”は変りますのでお気をつけ下さい。


正面フラップの内側にはメッシュのインナーポケット、さらに向かって左側には大小2つの小物ポケットを装備。飛び出したポケット(小)の形状は旧車マニアの方なら分かる!? 老舗ツーリングバッグのポケットをオマージュしています。小物ポケットには付属のショルダーベルトやレインカバーの収納にも便利です。


あらゆる車種に対応できるよう、装着にはツーリングバッグの老舗、タナックスさんの協力を得て〈MOTO FIZZ〉製のツーリングコード“キャリングコード3V”を使用することとしました。中央のゴム製のスタビライザーにコードが通るモトフィズ独自の構造は、クロス状(四方)に安定した固定が可能なスグレモノです。


バッグ裏側に“前後左右”方向に通路を設けた強度のある板材を縫い付けてあります。ご自分のオートバイに合わせた通し方で固定して下さい。ブログ/ギャラリーで紹介している車種への装着は[写真上(↑)]の“通し方”をしています。オートバイによって荷掛けフックやフック代わりに使えるリアウインカー等の位置はさまざまです。ご自分のオートバイに合わせた通し方/装着をお試しください。


またこの装着方法のため、ロングツーリングの際は、テント等の荷物の上からシートバッグを装着することも可能です。この場合、シートバッグを固定するためにツーリングネット等で覆う必要がないため、ツーリング中の荷物の出し入れも容易に行うことができます。またレインカバーはドローコードで絞るシステムのためこうした状態でも難なく装着可能です。


ちなみに、この場合は[写真上(↑)]のようにコードを通しています。

 

それでは、撮影できた分だけですが装着写真をどうぞ。

さらに詳しいカワサキW系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいカワサキZ系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいヤマハSR系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいカワサキW系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいトライアンフ系の装着写真は→こちらへ

装着方法はもちろん、使うヒト次第であらゆる可能性が広がることこそ、“CSB”—クラシック・シートバッグが目指した“汎用性の高さ”です。「旧車に似合う」は、言い換えれば「汎用性の高いスタンダードバイクに似合う」ということ。名車と呼ばれるオートバイと同様、汎用性の高さこそ、多くのヒトが長く使い続けられる“スタンダードの要”だと考えます。

 


■“CSB”ー Classic Seat Bag

ショルダーベルト/レインカバー/MOTO FIZZキャリングゴード 付属。
カラー:帆布オリーブドラブ / 合皮ブラック
Made in JAPAN

ややクタッとした風合いも魅力の帆布オリーブドラブ、張りのある合皮ブラック、どちらもオススメです。

ご購入はショッピングカートよりお願いいたします。帆布オリーブドラブの第一ロット生産分は全て予約で完売いたしました。第二ロット入荷時期は2月下旬〜3月上旬になります。

容量:約10ℓ(拡張時:12ℓ)
横幅(全体):350mm (拡張時:450mm)
横幅(荷室):280mm(拡張時:360mm)
奥行き:210mm
高さ:170mm

価格:27,800+TAX

↑PageTop