大容量“LONG TOUR” TANK BAG、ついに完成!! 予約受付スタート!!


[BAGG × SB]”LONG TOUR” TANK BAG 

スタイリッシュな流線型フォルムはそのままに、大容量“ロングツーリング”仕様として待望のタンクバッグ第2弾がようやく完成しました!! その名も“LONG TOUR” タンクバッグ。



構想2年、製作期間1年。メーカーBAGGさん、そして職人さんと試行錯誤を繰り返し、サンプルは修正を繰り返し5つ目にしてようやく出た「GO」サイン。コンセプトは「B5版ツーリングマップルがすっぽり入り、ロングツーリングでも使い勝手の良いゆとりのある容量」そして「フォルムは当然、オートバイのラインを崩さない“流線型”」じつはこの2つの両立に苦労しました……容量を増やすだけなら、既製品に多い“四角い”形状にすれば早いのですが、やはり「オートバイのフォルムを崩さない“流線型”」は譲れません。

 


前後は流れるようにスラントし、両サイドはまさにラグビーボールをイメージさせる絶妙な膨らみ……前後左右ドコから見てもどの部分も角張らないこの“丸み”こそ、僕らが追い求めたクラシック・モーターサイクルとも共通する「ヒトの手で作られた“温かみ”」。じつは[BAGG × SB]タンクバッグが、旧車をはじめとしたスタンダードなオートバイに似合う理由の真髄は、裁断から縫製に至る全工程をひとりの職人さんが手作業で行なうことで実現したこのフォルムにあるのです! コンピューターではなくヒトの手でデザインが行なわれていた時代のオートバイだからこそ、いつまでも眺めていられる造形美がある……ストバイ読者の方々を始め、クラシック・モーターサイクル乗りなら周知の事実。だからこその“流線型”フォルムなのです。

 


長いヒトなら1~2週間、一度ツーリングに出ると朝から晩まで毎日一緒に過ごすオートバイだからこそ、大量の荷物だってスタイリッシュに積載したいモノ。ツーリング途中の絶景ポイントで自分のオートバイとともに撮影する写真だって、オートバイがスマートな姿の方が良いに決まってます……長くなりましたが、新型”LONG TOUR” TANK BAGのポイントをおさらいします。

 


■ポイント1
B5版ツーリングマップルがすっぽり収まる+αの大容量
まず懸案のB5版ツーリングマップルですが、すっぽり余裕を持って収まります。さらに500mlペットボトルや水筒とメガネケースやCAPを収納してもまだまだゆとりあるたっぷり大容量。またフタを開けた内側にはメッシュ素材のジップ付きポケットを装備。ツーリング先で立ち寄った寺院のパンフレットやすぐに取り出したいカード類やメモなど……さまざまな用途に活用できます。

 


■ポイント2
ガバッと大きく開閉できるWジップ
流線型ラグビーボール形状を利用し、左右パイピング部分に沿ってWジップを配すことで、丸みのあるフォルムはそのままにガバッと開閉できるため、バッグ隅に入り込んだ小物も含め荷物の出し入れは容易です。

 


■ポイント3
スマホも使えるクリアポケット
上面のクリアポケットにはツーリングの道程を記したメモはもちろん、スマホを入れた際にクリアパネルの上からタッチパネルを直接操作することも可能です。ナビとして使用するときだって、ハンドルに付けるわずらわしいスマホ・ホルダーとはもうおさらば。またスマホを入れる際に画面が傷つかないようマジックテープの上下にもしっかり配慮しております。

 


従来の”DAY TRIP” TANK BAGから引き続き採用された左右に付く縦長の小物ポケット。ひと昔前であれば高速道路チケット入れでしたが……ETCが当たり前の現在、片方には付属の専用レインカバーを、もう片方にはライターやボールペンといったイザというときに役立つ小物を入れておくのも便利です。また前方には外した際に持ち運びしやすいハンドルが付きます。


またバッグ底面にはタンクキャップの“逃げ”としての“長孔”が付いています。タンクキャップ位置が中央に付く“センターホール”仕様[左]と、YAMAHA SRやHONDA CB72系をはじめとしたタンクキャップがタンクの前方右側に付く“サイドホール”仕様[右]の2種類ラインナップしています。走行中に外れることがない強力マグネットを使用することで日常的な使い勝手も抜群です。

 


>>NEW<<
“LONG TOUR” TANK BAG

MATERIAL:合成皮革、マグネット4個付き。専用レインカバー付属。
COLOR:ブラック
SIZE:縦310 × 横190 × 高さ110(mm)

価格:¥18,500 +TAX

現在、職人さんが目下、量産中です。少々お待たせしてしまい申し訳ありませんが、発売時期は3月末を予定しております。初回ロットは早めの完売が予測される上に、前述したとおり全工程ひとりの職人によるハンドメイドのため、第2ロットはおそらく5月上旬〜となるため、GWでのツーリングに使用したい方は早めのご予約をおすすめいたします。

GO→“LONG TOUR” TANK BAG〈センターホール仕様〉
GO→“LONG TOUR” TANK BAG〈サイドホール仕様〉

 


そしてそして”LONG TOUR” TANK BAGもカラーパイピングを5色から選べるセミオーダーを受け付けます!! こちらは5月中旬〜のお届けになってしまいますが、ぜひぜひよろしくお願いします。※↑上の写真は従来のDAY TRIP TANK BAGのセミオーダーサンプルです。お間違えのないようお願いします。

 

GO→“LONG TOUR” TANK BAG〈センターホール仕様〉セミオーダー
GO→“LONG TOUR” TANK BAG〈サイドホール仕様〉セミオーダー

タンクバッグ “フルオーダー”サンプル紹介

img_4246-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
表皮&パイピングカラーとジッパータイプが選べるタンクバッグの“フルオーダー”システム。これがぼちぼち好評でなかなか職人さんの手が空かなかったため、撮影用のサンプル製作がずいぶん遅れてしまいました。ようやくお客さんから頂いたオーダー分も含め、少し分かりやすく紹介できるタンクバッグが揃ったためあらためて紹介します。

 

img_4260-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
●表皮は(上から)ブラック / ブラウン / レッド / ブルー / グレー / ホワイトの6色から。

●パイピングも表皮と同様の6色より選べます。※詳しいパイピングカラーはwebshopのパイピングカラーのみを選べる“セミオーダー”のページをご覧下さい。つまり、オール単色なんて渋いオーダーも出来ちゃいます。

 

img_4268-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
●ジッパー&テープは、(上から)ホワイトジッパー+ホワイトテープ、アルミジッパー+ブラックテープ、ブラックジッパー+ブラックテープの3種類から選べます。

 

img_4240-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-1img_4205-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-1
■表皮ブラック/ブラック・パイピング/ブラックジッパー&テープ

img_4213-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bcimg_4237-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
■表皮ブラウン/ブラック・パイピング/ブラックジッパー&テープ

img_4233-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bcimg_4190
■表皮レッド/ホワイト・パイピング/ブラックジッパー&テープ

img_4203-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bcimg_4227-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
■表皮グレー/ブラック・パイピング/アルミジッパー&ブラックテープ

img_4228-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bcimg_4198-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
■表皮ブルー/ブルー・パイピング/ホワイトジッパー&テープ

img_4214img_4221
■表皮ホワイト/ホワイト・パイピング/ホワイトジッパー&テープ

img_4230img_4192-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
■表皮レッド/レッド・パイピング/ブラックジッパー&テープ

 

img_4328-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bcimg_4303-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 

p8319384-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bcp8319393-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
上記のふたつはどちらもお客さんから頂いたオーダー品。今のところブルーが人気ですね。

というわけで、フルオーダーどしどしご注文お待ちしておりまーす!!

GO→フルオーダー(センターホール仕様)
GO→フルオーダー(サイドホール仕様)

1〜3月中使用できるクーポン券について


昨年12月〜1月にかけて行なったセールで1万円以上お買い上げしていただいた方々にプレゼントした“クーポン券”について説明を。

3ヶ月間のあいだはクーポン券を使用すると(1回限り)、なんとWEB SHOP内の全商品が[1割引き+送料無料]でご購入いただけます。※最新号/バックナンバー/定期購読は除く。SB SIDE CARGO PACK-IVやTANK BAGはもちろんですが、普段のセールでは値引きできないオススメ・セレクトアイテムが“1割引き”でご購入頂けることが、なにより大きなメリットです。

 

☆オススメ第1位
IKON製リア・サスペンション
まずオススメなのは僕らも使用し性能とコストパフォーマンスのバランスに太鼓判を押すIKON製リア・サスペンション。性能面はweb shopを見ていただくとして、何がオススメってずばり高額商品だからです!! 4〜5万円台ということは“1割引きも大きい”というワケです。この機会にいかがでしょうか?

W1シリーズ/W800 & 650 &400用。

メッキカバー 定価¥49,000 → ¥44,100 +TAX (送料無料)
ブラックカバー 定価¥55,000 → ¥49,500 +TAX (送料無料)
メタリックカバー 定価¥58,500 → ¥52,650 +TAX (送料無料)


SR500/400用 初期型ルック 定価¥49,000 → ¥44,100 +TAX (送料無料)


それぞれ車種に合わせバネ選定を行ないセッティング。プログレッシブレートの不等ピッチスプリング使用 / 3段階イニシャル・プリロード調整 / 4段階ダンピング(伸び減衰)調整機構付き。

 

☆オススメ第2位
SOTO製HOT CAMP STARTER KIT


第2位は、老舗・燃焼器具メーカー[新富士バーナー]さんのブランド”SOTO”さんのご協力を得て実現した、オートバイ乗り用〈HOT CAMP STARTER KIT〉。現在リリースされているソロテーブルの中ではもっとも使いやすく収納時もコンパクトな“フィールドホッパー”をはじめ、初心者から上級者まで唸らせる超小型バーナー”アミカス”、そしてコッヘルがセットになったKIT。こちらも1割引でご購入頂けるチャンスはございません。
定価¥10,648 → ¥9,583 +TAX (送料無料)

 

☆オススメ第3位
シムズクラフト製サイドバッグ・サポート

こちらはSB SIDE CARGO PACKとともに大好評パーツ。もちろん僕らも使用しています。SB SIDE CARGO PACK自体は左右2本ショックのオートバイであれば、サイドバッグサポートがなくてもタイヤに巻き込むといったことはありませんが、サイドバッグサポートがあるとサスペンションカバーとの擦れ等からサスペンションを保護できます。何より僕らがこのサポートをオススメする理由はバッグを装着していない時でもサマになるから! やっぱりオートバイはカッコ良くないとイケマセン!! W800/650 & SR500/400用ともに同価格。
定価¥8,500 → ¥7,650 +TAX (送料無料)

 

☆オススメ第4位
BALLISTICS製BBQコンロ

第4位は来たるキャンプシーズンにぴったりなBBQコンロ。こちらはSB SIDE CARGO PACKの製作でもおなじみBULLETさんの別ライン”BALLISTICS”からリリースされるBBQコンロ。コンパクトに収納できるサイズながら、A4サイズのため2〜3人でのBBQまで対応するスグレモノ。炭に絶妙な空気を送り込む計算された風穴も嬉しいポイントです。
定価¥8,900 → ¥8,010 +TAX (送料無料)

 

☆オススメ第5位
オーダータンクバッグ

おなじみタンクバッグのフル・オーダー&セミ・オーダー。表皮の配色、パイピングカラー、ジッパーをそれぞれ選べるフル・オーダーと。パインピングカラーが全5色より選べるセミ・オーダー。どちらも通常ラインナップよりも別途オーダー工賃がかかるため、ぜひ“1割引” & “送料無料”を利用して下さい。
・フル・オーダー  定価¥19,100 → ¥17,190 +TAX (送料無料)
・セミ・オーダー  定価¥17,560 → ¥15,800 +TAX (送料無料)

 


ではでは、ぜひこの機会をご利用ください。

 

↑PageTop