“CSB” —Classic Seat Bag (クラシック・シートバッグ) 第一ロット、入荷しました。

 

お待たせいたしました! インスタグラムやフェイスブックでは少しずつ紹介していましたが、ようやく“CSB”—Classic Seat Bag(クラシック・シートバッグ)が入荷しました。


■コンセプトは、「旧車に似合うシートバッグ」

オートバイ用のバッグとしてタンクバッグ、サイドバッグ、シートバッグがありますが、コンセプトに掲げた“旧車に似合うシートバッグ”は用品店を探しても見当たらない……のが現状です。「旧車 × シートバッグ」というと、旧車ミーティング等で老舗コロナ社のスクエアタイプのタンクバッグをシートバッグとして使っているベテランの方々の姿でしょうか。ならば、’60年代のコロナ社のラグビーボール型タンクバッグをモチーフにした我がタンクバッグじゃありませんが、同じように“オートバイのフォルムを崩さない”クラシカルなシートバッグがあってもいいじゃないか!? と企画が始まりました。


製作における大きなテーマは3つ。

①オートバイのフォルムを崩さない丸みのある形状。
②デイトリップからロングツーリングにも対応する容量。
③容易かつ、あらゆる車種に対応する汎用性の高い装着方法。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


弊社タンクバッグと同様、オートバイのフォルムを崩さないよう“カド(角)”のない筒状のデザインとし、日常使いでも気にならない大きさながら容量は通常時で約10ℓを確保。また出先で荷物が増えた際には両サイドのファスナーを開くことで、荷室は左右に約10cm(2ℓ)拡張します。

 


バッグの全幅は約35cm(拡張時:約45cm)。
メインの荷室幅は約28cm(拡張時:約36cm)。

拡張時はちょうどキャンプ用チェアで有名なヘリノックスのスタンダードサイズが収まる長さです。さらに折りたたみテーブルやコッヘル&ガスストーブ等を収納しても荷室にはまだ余裕があります。


また、バッグ正面の2本のベルトには荷室に入りきらないレインウェア等を括り付けることが可能です。また、そうした際でも荷室へ容易にアクセスできるよう、正面の他にサイド部にも開口部を設けました。

レインカバーはバッグ上部に荷物等を括った状態に対応する大きさで製作していますが、ドローコードで絞るタイプのため、通常(最小使用)時でも問題なく使用できます。

 

 

 

 

 


脱着時にも持ち運びしやすいよう、バッグ後部にはハンドル(取っ手)、さらに脱着式のショルダーベルトも付属しています。また、昔ながらのミリタリーテイストにこだわり、Dカンやナスカンは鉄製を使用しています。ちょっとしたことですが、こうした部分もコンセプト「旧車に似合う」ための大切な要素です。

※ハンドル/ショルダーベルトはあくまでも“ちょっとした移動時”での使用を想定したモノになります。オートバイ装着時と“天地”は変りますのでお気をつけ下さい。


正面フラップの内側にはメッシュのインナーポケット、さらに向かって左側には大小2つの小物ポケットを装備。飛び出したポケット(小)の形状は旧車マニアの方なら分かる!? 老舗ツーリングバッグのポケットをオマージュしています。小物ポケットには付属のショルダーベルトやレインカバーの収納にも便利です。


あらゆる車種に対応できるよう、装着にはツーリングバッグの老舗、タナックスさんの協力を得て〈MOTO FIZZ〉製のツーリングコード“キャリングコード3V”を使用することとしました。中央のゴム製のスタビライザーにコードが通るモトフィズ独自の構造は、クロス状(四方)に安定した固定が可能なスグレモノです。


バッグ裏側に“前後左右”方向に通路を設けた強度のある板材を縫い付けてあります。ご自分のオートバイに合わせた通し方で固定して下さい。ブログ/ギャラリーで紹介している車種への装着は[写真上(↑)]の“通し方”をしています。オートバイによって荷掛けフックやフック代わりに使えるリアウインカー等の位置はさまざまです。ご自分のオートバイに合わせた通し方/装着をお試しください。


またこの装着方法のため、ロングツーリングの際は、テント等の荷物の上からシートバッグを装着することも可能です。この場合、シートバッグを固定するためにツーリングネット等で覆う必要がないため、ツーリング中の荷物の出し入れも容易に行うことができます。またレインカバーはドローコードで絞るシステムのためこうした状態でも難なく装着可能です。


ちなみに、この場合は[写真上(↑)]のようにコードを通しています。

 

それでは、撮影できた分だけですが装着写真をどうぞ。

さらに詳しいカワサキW系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいカワサキZ系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいヤマハSR系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいカワサキW系の装着写真は→こちらへ

さらに詳しいトライアンフ系の装着写真は→こちらへ

装着方法はもちろん、使うヒト次第であらゆる可能性が広がることこそ、“CSB”—クラシック・シートバッグが目指した“汎用性の高さ”です。「旧車に似合う」は、言い換えれば「汎用性の高いスタンダードバイクに似合う」ということ。名車と呼ばれるオートバイと同様、汎用性の高さこそ、多くのヒトが長く使い続けられる“スタンダードの要”だと考えます。

 


■“CSB”ー Classic Seat Bag

ショルダーベルト/レインカバー/MOTO FIZZキャリングゴード 付属。
カラー:帆布オリーブドラブ / 合皮ブラック
Made in JAPAN

ややクタッとした風合いも魅力の帆布オリーブドラブ、張りのある合皮ブラック、どちらもオススメです。

ご購入はショッピングカートよりお願いいたします。帆布オリーブドラブの第一ロット生産分は全て予約で完売いたしました。第二ロット入荷時期は2月下旬〜3月上旬になります。

容量:約10ℓ(拡張時:12ℓ)
横幅(全体):350mm (拡張時:450mm)
横幅(荷室):280mm(拡張時:360mm)
奥行き:210mm
高さ:170mm

価格:27,800+TAX

オトナ世代のためのギア選びの参考書「大人のBIKE CAMP」発売中です。


「大人のBIKE CAMP」
リターンライダーのためのリターンキャンプカタログ。
2020-FALL & WINTER

——道具にこだわる楽しさ。
——道具を使いこなす充実感。
——若かりし頃の冒険心の再来。
——外で寝る醍醐味。
——忙しい日常を忘れる解放感。
——いつしか忘れていた、夢中になること。

キャンプブームに火をつけられたバイク好き大人世代に送る“リターンキャンプのためのハウツー本”、「大人のBIKE CAMP」が発売中です。

 

テーマは、
「道具を買い足しながら知る、ソロキャンプの醍醐味」

始めてしまえば楽しいキャンプですが、「何から揃えていいか分からない」「道具があり過ぎて何を買えばいいか分からない」という悩みが多いのもキャンプ。たしかにインターネット上には正規品から模造品までその真偽が分からないままありとあらゆる商品が販売されているし、まとめサイトも同様に溢れています。知識がなければ間違いなくすぐに溺れてしまう情報量は購入する意思すら喪失させられるほど。本来、キャンプを楽しくしてくれるハズの道具が、一方でキャンプを億劫にしているのも事実です。

というワケで…

“道具を揃える億劫からの解放”をテーマに、「大人のBIKE CAMP」では目的・段階別にカタログを4部構成にて展開。道具を一気に揃えるのではなく“買い足しながら知る”ソロキャンプならではの醍醐味を楽しめる、単なるカタログ本とはひと味違う内容となっています。


大人世代にとってキャンプの最大の魅力は、“自分が試される”こと。いくら道具を揃えても経験やノウハウがなければキャンプは充実しません。ある程度、仕事も子育てもやり遂げた大人世代にとって、まるで“生きるチカラ”が試されている気分にもなれるキャンプには“初心者になれる”楽しさがあります。一方で、道具を“使いこなす”ことで何倍にも楽しみ方が広がるキャンプだからこそ、今度は大人の知恵をフル回転させ、“自分だけの工夫”で得る達成感がなによりの充実感となります。

コロナ渦でまだまだ自由に遠くに行ける状況ではありませんが、必要なキャンプ道具をリアシートに括り付け「距離ではない、遠くへ」走りに行きましょう!!

 

 


最新の軽量/コンパクトなギアから定番の名品まで、バイクキャンプに特化した良品だけを揃えることに徹した厳選カタログであると同時に、値段やサイズ/重量がひと目で分かる大きなスペックパッチに加え、実寸をイメージするためのページ下段に設けた40cm定規など、使い勝手の良いカタログになっています。

 

 


■PART1
DAY TRIP COFFEE
まずは日帰りコーヒーツーから始めてみませんか?

いきなりキャンプツーリングを始める前に、まずはリアシートに“外コーヒー”セットを括り付けてデイトリップしてみるのはいかがでしょうか? ガス派とアルコール派に分かれる!? コンパクトストーブから始まり、外コーヒーが文化的になるローテーブル&チェア、こだわり派のためのドリッパーガイド&素材で選ぶマグカップ……全て揃えれてもバッグ一つに収まります。Let’s Day Trip Coffee !!

(カタログ)
その1:POCKET GAS STOVE「OD缶専用コンパクトガスストーブ」
その2:ALCHOL STOVE「故障知らずの元祖コンパクトストーブ」
その3:LOW TABLE & CHAIR「外コーヒーを文化的に楽しむために」
その4:COFFEE DRIPPER「コーヒーは自分で淹れるから旨い!!」
その5:MUG CUP「素材で選ぶマイ・マグカップ」


■PART2
MY HOME TENT
日常から少し離れた、もうひとつの我が家。

何はなくともテントがあれば、走った先で夜を明かすことができる。テントがあるだけで、いつもより少し距離を延ばして走りたくなる。テントはつまり、日常を非日常へと手軽に変えてくれるもうひとつのマイホームだ。テントがあれば、その日からキャンプは始められる。「外で寝る」ためのギアを揃えましょう。

(カタログ)
その1:COMPACT TENT「場所を選ばない自立型コンパクトテント」
その2:TWO ROOMS TENT「たっぷり前室付き、“過ごす”テント」
その3:COT IN TENT「野営感たっぷりでもコットで熟睡!!」
その4:LIGHT & LANTERN「明るさだけが取り柄じゃない“灯り”選び」


■PART3
NIGHT CAMP FIRE
焚き火はキャンプのメインディッシュだ。

自然の中で過ごすことがキャンプの醍醐味ならば、一瞬たりとも同じ状態がない“焚き火の炎の揺らぎ”こそ、まさに目の前にある常ならざる自分だけの大自然。ソロキャンプのメインディッシュは焚き火でキマリです。昨今の“ウルトラライト”ブームを牽引する!? いま進化がもっとも著しい最新“焚き火台”事情を掘り下げました。

(カタログ)
その1:U&V FIRE STAND「焚き火を身近にしたニューエイジ」
その2:SQUARE FIRE STAND「クルッと丸めて片手に収まる焚き火台」
その3:FIRE STAND MINI「小さいからこそ用途と可能性は無限大!?」
その4:BONFIRE GOODS「“焚き火タイム”をより楽しむために」


■PART4
OUTDOORS KITCHEN
キャンプ飯の充実は、道具を楽しむ気持ちにアリ!?

ご存知のとおり、外で食べる食事は美味しい……と分かっちゃいても、キャンプ飯と言われると途端に「調理に自信がない」→「面倒」の負のループが始まり億劫になる。だからこそ本誌は提案します! キャンプ飯こそ“道具に頼りましょう”、“道具を楽しみましょう”と。昨今ソロキャンパーを虜にしている“テッパン”から始めるキャンプ飯、意外とハマります。

(カタログ)
その1:SOLO TEPPAN「肉も野菜も旨くなる極上のテッパン」
その2:MINI GRILL & COOKER「じっくり呑みたいヒトのための夜の相棒」
その3:LOW STOVE「調理楽チン!! 安定感抜群の低重心ストーブ」
その4:KITCHEN GOODS「夜の宴がさらに充実する野外台所アイテム」

 

リターンキャンプにおすすめのカワサキ・ヴェルシス&スズキVストロームの250アドベンチャー、ホンダ・ハンターカブ&クロスカブヤマハ・テネレ&ツーリングセローもしっかりインプレッションしています。

ではでは、購入は書店orAmazonでお願いいたします。

ステッカー&便利なユーティリティバッグ追加しました!


以前ストバイ時代に制作したステッカーですが、意外と好評で販売要望もあったため少量ですがweb shopにアップしました。どれも5cm以下で、サイドカバーやチェーンケース、ヘルメットにスマホなど、貼りやすい使いやすいサイズです。

どれも1枚=¥300(税込)送料無料です。


また、あると便利なユーティリティバッグの小サイズも少量追加しました。コーチジャケットやスウィングトップ といった春ジャケがすっぽり収まります。

大きさはこの程度。文庫本+αでコンパクトです。

昼間は暑いけど、朝晩は涼しい。街中は暑いけど山に入ると寒い……春〜夏の温度調節にはジャケットを一枚持ち歩くのがイチバンです。そうした時に袋に収まるだけで収納もしやすく便利です。タンクバッグ(Lサイズ以上)にも楽々収納できますからね。こちらは税込¥600。お買い物のついでにぜひ。

それぞれORIGINAL APPAREL & GOODSコーナーでどうぞ!!

 

 

↑PageTop