今年の秋は、突然な感じだ。

猛暑猛暑の今年の夏、それが9月後半まで残暑残暑になってたけど、お彼岸(秋分の日)を境に、突然秋の空に変わった。季節というのはそういうものかもしれなけれど、今年はとくに“突然”な感じが色濃いように思う。いや、それだけ、猛暑を楽しんだ自分があるのかもしれない。

前夜に、僕が親しくしてもらってるグループの仲間のひとりが、残暑がかすかに引いてきた頃に不慮の事故で亡くなったその現場に、そのグループの仲間二人と花を手向けにいったら、爽やかな秋の空気がすぅっと頬をなでた。…と思ったら、その翌日は朝からからりと秋晴れ。会社の周りでは三軒となりの神社の秋祭りで大にぎわい。

もう20年近く例年の恒例行事として迎えてきた日なので、いよいよ今年度も後半と自覚させてくれる節目としてきたものだが、それでもお参りにいって御神輿の出発にお目にかかったのは初めてで、さして有名でもない神社なのに氏子衆がパリッと祭り装束で御神輿を担ぎに集まっている姿をみて、これまでさして感じてこなかったこの町の人情に触れ、あらためて心が現れる想いがした。自分はちゃんと“日本”の中にいたんだなと。

午後から、そのグループの基地にふらりと出かけてみると、秋空の光を受けて端々を輝かせたW1SAがあった。半年以上かけて、そのグループの大将が丹精込めて仕上げたもので、その日が初火入れ&試乗だったそうだ。再びエンジンに火を入れると、アッサリと安定したアイドリング音を奏でる。組み上げたばかりなのに、丁寧に慣らしを終えた新車のようで、九州・大分のオーナーが羨ましく思えた。

それでも、最近ようやく本調子を得た自分のW3も、帰り道で僕に気持ち良く走らせてくれて、気分上々でいつものコンビニの前まで帰ってきたとき、久々にパチリとした。コンビニの向かいの自転車屋さんが店じまいすると、道沿いは一面のシャッターバックになり、おまけにコンビニの蛍光灯が見事な照明になるので、ここに止めると僕のW3も新車のように見えてくるから不思議だ。やっぱり自分のW3も、カッコ良いなぁ…

 

と、ブログはここまでにして、ちょいとお知らせ。このW3に装着している弊社オリジナル“SBサイドカーゴパック”は、今回限定で発売しました“木綿帆布バージョン”。バッグ・ブランド[バリスティックス]さんと相談の上、初めて採用した木綿帆布生地のため、長期使用した場合にどのような感じになるかが分からないので、試験的な生地発注だったため少量限定生産とさせていただいたワケですが、おかげさまで完売させていただきました。

そこで、現在僕もサンプルを実際に試験使用して、実際にどんな感じなるかを見極めた上で、追加生産あるいは継続生産をしていこうと検討を始めました。そのために、現在のところ雨の日も使用し濡れた後や日差しにされされたりした後に、風合いがどのように変わってくるかを見極めていこうとしています。自分たちもきっと旧車に相応しい風合いになっていくと予測していますが、その結果についてはもう少しお持ちください。ちなみに、外側生地以外は従来品と同様のクオリティの素材を維持しております。表地が木綿になったことで水分を吸いやすくなることで、若干の違いはあるにせよ、高い防水性の裏地の効果は十分生かせるものと思っており、たぶん皆さまのご期待に応えられる結果になると思います。ご期待ください。それでは。

なんだかんだで、北海道、行きました。

ストバイ誌面の連載でご存知の[W3再生]シリーズの行きつく先は“北海道”だった!?、とまでは言いませんが、半年以上にわたる旧車再生のトンネルを出たことのひとつの証しとしてロングツーリングに出ることは決めてました。なので、黙ってましたが、じつはずいぶん前から“北海道W1ミーティング”への参加を目標にしていたのです。

そしたら、トンネルは想像以上に長く、出口は出発直前……半徹で整備と準備を続け、荷物をリアシートに括り付けたときには東の空が白んできてました。慌てず慌てて出発。ナラシ走行の下道計画もハナっから変更となり、ナラシ速度での関越高速で一路新潟港をへ。そりゃモー超ネムネム、でもフェリーに乗りさえすれば爆睡してれば北海道だ!とアタマの中で叫び続けてナントカ乗船(…の前にシクジリもありましたけど)。

超爆睡の後、北海道・小樽港に早朝4時半に到着。気温は9℃!!……前日の東京〜新潟では25℃以上だったのに、いきなり一ケタ気温。自分の服装もキャブ調整も2月下旬に戻してスタートぉ!……おっと、ここからのハナシを書きすぎると、次号をぜんぜん読んでもらえなくなりそうなので、この辺でオシマイにしときますヨ。

それでも、ちょっとだけヨ……オドメーター7万6500kmからの再スタートでしたんで、今回の北海道ツーの間に迎えると予想していた、その1=77777.7km、パチンコならば大フィーバー(…古いか)。その2=78787.8km、いわゆるナハナハナハ、古くはせんだみつおのギャグでお馴染みの方も多いかと(…それも古いか)、いまでは某SNSのW1グループのメンバーのひとりが大好きなフレーズ。この2つを無事に撮影できたので大満足な旅となりました(…そんなコトでかよ)。

いずれにせよ、次号ストバイ192/9月号は7月24日発売です。お楽しみに!!

サイドカーゴパックの色、いろいろ。

ちょっと詰め込み過ぎかも。でも結構入るんですよ。

2012年9月(絶版のSB156・Wの奇蹟)に1stバージョンを発売して早6年近い歳月が流れた“SBサイドカーゴパック”。その間に、外装部品やストラップ金具の変更、裏地に使用する高防水性PVCナイロン生地の色変更(黒→オレンジ)などを経て、いまでは4thバージョンまで熟成進化してきました。さらには、基本のオリーブグリーンOG&ブラックBLKに加え、限定製作モデルとして、ライトグレイ/ネイビーブルー/ダークブラウンを発売。その中でもダークブラウンDBが好評のため、現在ではレギュラーカラーとして継続生産し、3色のレギュラーカラーとなってます。

おかげさまで、この6年、ずぅーっと変わらないオーダー数を頂き、とにかくみなさんへの提供/供給が最優先の方針のため、じつは僕は普段でも最新バージョンを手にすることはなく、1st/2ndバージョン(一部3rd仕様)のOG/BLK(裏地もBLK)のサンプル品を使用してきましたが、最も古い1stバージョンでさえ、色褪せや防水性の低下などの劣化もなく使ってきましたので、性能面や耐久性においては自信作といえると思います。

名古屋・やば珈琲店前。車体右側に新調したDB、左側には3rdのBLKを使ってます。

ただ、取材や取材外での使用で、弊誌読者の方々やそうでないオートバイ乗りの方々に接するにあたり、当の生産元・発売元でもあるストバイの僕が古いバージョンを使っていても、何の宣伝効果もないなぁ…などと思い、今年から在庫に余裕のあったダークブラウンをおろして使い始めました。すると、このDBもなかなかシブくて、「オマエ、意外にカッコイイなぁ」と眺めながらほくそ笑んだりしてます。

深夜の国道1号、袋井付近。DB、なかなかカッコイイじゃないかぁ。

そして最近は、旧車乗りの方面にも弊誌とともにこのサイドカーゴパックの認知度が徐々に広まってきて、いまお付き合いのあるW1関係の方々にもご利用者あ増えつつあることを嬉しく思うとともに、このサイドカーゴパックが意外にもオートバイの新旧を問わない商品であることに、あらためて気づいた次第です……そもそも、僕が使ってきたベトナム戦争時の米軍官給品である“フィールドカーゴパック”(書類地図などの軽装品を入れる帆布製の手提げ)に端を発する構造とネーミングであるサイドカーゴパックは、素材や部品に最上級&最上質の最新素材を採用するあまり、旧車にマッチする“ヤレ感”が出にくいので、’70年代を中心にした旧車方面ではイマイチな反響でした(某社の振り分けバッグが主流ですからね)が、ここへ来て、そうはいっても旧車でもツーリングに出かける方々が増えてきたからなのか、数多くのオーダーを頂くようになってきました。

W1仲間のYセンパイはOG。かけ方を検討中。

同じくIクンはDBをチョイス。色もマチマチ。

バッグのかけ方もそれぞれに工夫があるようです。

 

そんな時によく訊かれるのが「どの色がいちばん似合うと思う?」という質問。その次に「どの色がイチバン人気?」……コレばかりはそれぞれの好みのモンダイですのでお答えしかねるのですが、じつは、OG/BLK/DBの3色、どれも販売数は似たり寄ったり。どれもウケてるというのが正直なところです。つまり、この3色は、オートバイの新旧を問わない安定した定番カラー、ということかもしれません。まだの方はもとより、振り分けとして2個目をご検討の方も、この3色なら、まぁマチガイはございません。左右別色というものオツかもしれませんよ。

あ、これは名古屋のソウルフード、懐かしの鉄板ナポリタン(その昔はイタリアンと言っていた)。あまりカンケーないっすね。

↑PageTop