LTタンクバッグver.2 セミオーダー“ブルーパイピング”。

昨日、職人さんより届いたオーダー・タンクバッグ。今回いただいたオーダーは、LONG TOUR TankBag ver.2 (二階建て仕様)のセミオーダー(パイピングカラーを5色より選べる)のブルー

ver.2(二階建て仕様)の特徴のひとつが、荷室容量を増やす際のジッパーとともに底面をグルっと一周囲むように配されたパイピング。LTタイプver.1には入らないこのパイピングのおかげで、視覚的により“ラグビーボール感”は強調されます。

 

バッグ先端にスナップボタンで留められたジッパーを開くと荷室容量が増える仕組み。

ジッパーをグルッと開くと……↓↓ ドンッ!!

ツーリング中に急に増えたちょっとした荷物の収納にも役立つエマージェンシー仕様! 高さが増してもラグビーボール感は健在。

荷室を増やした際もジッパーのノブはスナップボタンでしっかり固定できるため、タンクを傷つけるようなことはありません。


発送前のお客様からちょっと拝借し装着写真を撮らせていただきました。ブルーパイピングということで、装着写真はブルー系のKZ1000。

↓↓↓


荷室を増やした際も大き過ぎずちょうどいいバランス。振り分けバッグ+リアシートの上にキャンプ道具でも積んでたら、いい感じの旅情が漂いそうな雰囲気ですね。

 

内側には小物収納にも役立つメッシュポケットが付きます。また裏地は視認性の良さとともに高級感も漂うバーガンディを採用。

今回のオーダーはセンターホール仕様でした。

ではではオーダーありがとうございました〜!!

一気に寒くなり冬がやってきましたが、LTタンクバッグとともにより良いオートバイライフをお送りください!! また装着写真もお待ちしております。

ではでは、ご注文お待ちしております→GO!!!

秋を探すお供に…KAWASAKI “Z” + LONG TOUR TankBag


FaceBookでもお友達のWさんが、LONG TOUR TankBag(センターホール仕様)とともに嬉しい記事を上げていてくれたので、FBより写真を拝借しシェアさせてもらいました。

 


「雑誌ストリートバイカーズさんでプロデュース&製作・販売しているタンクバッグ。Z1のタンクには丁度良く見栄えも良いですね。使い勝手もジッパーの位置などとても良いです。容量はこのぐらい。ツーリングマップルにデジカメと缶コーヒー……あと少しの小物が入ります。日帰りツーリングならとても良いと思いますよ。マグネットの羽根が無いので装着もスッキリです。最近はどこ行くにもこれ使ってます」

との嬉しいお言葉!! ありがとうございます。Zシリーズの大きなタンクだとLONG TOUR TankBagタイプがハマりますね。

 


きれいに染まった紅葉の木の下で、秋をつかまえたようです。それにしても写真がキレイで、見ているだけで走りに行きたくなります。Wさん、ありがとうございました〜!! お会いした際にはZについても色々教えてくださいね〜。

2回目のSB SIDE CARGO PACK。


今日は先日届いた装着写真をご紹介!
東京都在住のIさんから届いたのはW650+SB SIDE CARGO PACK-IV(BLACK)。軽快な雰囲気のトラッカースタイルにカスタムされたダブロクにも似合っておりますが、聞けばなんでも初期サイドカーゴパックもご購入していたんだとか…。

 

「じつはこのサイドバッグの初めての型が出たばかりの頃に購入し使っていましたが、当時はあまり荷物を積むことがなかったため、しばらくしてヒトに譲ってしまいました。最近、バイクで荷物を運ぶ機会が増えたため再度購入させて頂いたのですが、初期のものよりもずっと使い勝手が良くなっていて感動しました! デザインも現行のものの方が良いと思います。いまのWに乗って9年が経ちました(過去、初期型にも4年乗っていたのでW歴はもう13)。このサイドバッグのおかげで、まだまだWと付き合っていけそうな気がしています」

 

W650を2台乗りつぎ早13年!! じつは次号の特集企画でも1台のオートバイを4長年乗り続けているベテランの方々を取材しているのですが、1台と長く付き合うからこそ見えてきたり、感じたりするオートバイの魅力は、どうやら何台も乗り継ぐヒトとはまた違った喜びや発見がたくさんあるようなんです。おそらくIさんもそうした感動をW650から得ているんでしょうね。

ストバイ・サイドバッグがそうしたオートバイとの付き合いを少しでも支えていると思うと嬉しい限りです。ありがとうございます!

 


こちらも以前お客さんに送っていただいた写真ですが、このときはマイナーチェンジ第2弾の頃ですね。バッグを開閉するベルトが現行のフックタイプではなく、より当時の米軍バッグに忠実なタイプ。これはこれでベルトが細くいい雰囲気なんですけどね。

↑PageTop