[大人のBIKE CAMP vol.2]トリシティ155、TRI-ADVENTURE計画。


不整地でも高い走破性を発揮するであろうトリシティを使った“TRI-ADVENTURE”計画


シート下に大容量トランクがあるトリシティ300とは違い収納スペースが限られているトリシティ155では、いつものキャンプ道具を積載するための工夫が必要です。よくリアシート上にツーリングバッグやキャンプギアを積載するパターンも見かけますが、給油口がシート下にある以上、その選択肢はナシ。当然、どれだけ荷物を積載しても普段どおりに給油できることは絶対条件です。

 


そこで重宝したのが手前味噌ですがラージサイズの我がストバイ・サイドバッグ。積載用ショルダーベルトの両脇に「用途に応じてご自由に工夫してお使いください」的に付けてあるベルトループに別途Gフックを装着し、長さを調節できるナイロンベルトを使って“振り分けバッグ化“。エラそうに書いてますが、僕らも初めてベルトループを使いました。

前後ベルトは当然シート下を通し車体のラインに合わせながら、各フック等がシート装着面に当たらないようそれぞれ長さを調節したらシートを閉めて完成。通常の振り分けタイプのバッグと違い、前後のベルト長を積載環境に応じて調節できることでずいぶん助けられました。このパターン、トリシティ以外でも応用できそう。


帆布製サイドバッグ ならではの車体への寄り添い具合もいい感じです。


走行中にボディを傷つけないための養生等、まだまだ工夫は必要ですが、逞しさとともに少し“旅感“が出てきました。サイドバッグは各25〜30リットルの容量があるので、シート下の収納(23.5リットル)を合わせればソロキャンプの積載量としては十分。サイドバッグに収まらない“長いモノ”を積載する場合は、別途純正オプションのリアキャリアを使用すれば問題ありません。今回の裏テーマは「トップケースのお世話にはならない」こと。便利なことは百も承知ですが、そこはやっぱり……ね。

 ーTRI-CITYからTRI-ADVENTUTURE。

すでにカスタムではやっている方もいるようですが、最近の四輪のようにサンドベージュ的なカラーになればさらに雰囲気出そうですね。詳しくは9月発売のムック「大人のBIKE CAMP vol.2」にて。

 

#tricity #triventure #triadventure #キャンプツーリング #積載 #サイドバッグ

雰囲気の良いGB350カスタム


素性が良いオートバイほど「自分だったら…」と、改良&カスタムのアイデアが湧いてくるものですがGB350もまさにそんな1台。

大手アフターパーツメーカーからも続々とカスタムパーツが出始めていますが、来月くらいに〈BROWNYARD CLASSICS〉から発売されるGB350用のカスタムパーツはひと味センスが違います。

 


前後フェンダーにシート、テールランプ、ハンドル、リアサスペンションなど、純正フォルムを崩さずに最小限のパーツ交換でスマートに仕上げる工夫はさすがです。注目すべきは要所要所の純正パーツやボルト類を必要に応じてブラックで塗装&交換していること。

 


わずかなパーツ交換や塗装でガラッと雰囲気を変える……フルカスタムが当たり前な時代ですが、なんだか初期TWのトラッカーカスタムを思い起こさせる“センスの良い工夫”があらためて新鮮でした。一周回って国産モデルをスマートに楽しむ……ちょっとイイんじゃないでしょうか!?


ぼちぼちパーツの本生産に入っているようなので、続報が入り次第またお知らせいたします。お楽しみに!!

 

 

#GB350 #custom

 

サイドバッグの小穴をワッペンで補修。


ここ最近ハードに使っていたラージサイズのサイドバッグ底面に小さな穴を見つけました。内側のナイロン素材には達していないほつれのような穴でしたので、アイロンタイプのワッペンで補修します。


ストックワッペン箱を探していたらアイロンタイプでやや大きめ、ちょうどいいのがEssoクンでした。

 


バッチリです。帆布なので裁縫が得意な方なら縫製にて修理も可能ですね。今回は面倒なのでワッペンで補修しましたがこれでまたハードなツーリングに耐えてくれるでしょう!

 


DAY TRIPタイプのver.1、艶ありブラックにブラウンカラーのパイピングでサイドホール仕様。フルオーダー仕様のサンプルタンクバッグ 、一つ出てきましたので、セール価格にてオンラインショップにUPしています。お好みと合う方であればお得ですのでよろしくです。

↑PageTop