【お詫びと訂正】 BRITISH TWIN「愉悦の英車真髄」

【お詫びと訂正】

7月24日発売の三栄ムック[BRITISH TWIN〜愉悦の英車真髄〜]におきまして、編集部の確認不足により誤りありましたので、下記の通り訂正いたします。関係各位、並びに読者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 

P4-8
INTRODUCTION
・P6-9にて着用のヘルメットメーカー名
誤:表記無し
正:取材協力●SHM HELMET(DIN MARKET/greasykids.co.jp)

 

P24
第一部 TRIUMPH
・[T2]1952 6T THUNDERBIRD スペック箇所の車名
誤:■1952 6T SPEED TWIN
正:■1952 6T THUNDERBIRD

 

P42-42
モノブロックって何だろう?
・アマル社製モノブロック・キャブレターの英訳箇所
誤:MONO BLOCK
正:MONOBLOC

 

P66-71
軽快な安定感!? こそ英車真髄だ!!
・P66-67の車名
誤:’60 TRIUMPH TR6 TROTHY
正:’60 TRIUMPH TR6 TROPHY

・P68-69の車名
誤:’68 TRIUMPH TR6R TROTHY SPECIAL
正:’68 TRIUMPH TR6R TROPHY SPECIAL

 

P130-131
DRINK a Cup of Tea!「英車乗りは“ミルクティー”がお好き!?」
・P131 下段 ルイスレザーズCEO デレック・ハリスさんの肩書き
誤:Luwis Leathers CEO
正:Lewis Leathers CEO

 

P132-139
Days of LEWIS
・P139 左上GOGGLES MK IXの価格
誤:¥16,800(税別)
正:¥32,000(税別)

・P139 左下RACING GLOVESの価格
誤:¥34,800(税別)
正:¥34,000(税別)

 

以上になります。

大変失礼いたしました。以後、同じような間違いを起こさぬよう編集部一同、徹底して参ります。

 

BRITISH TWIN 「愉悦の英車真髄」編集長 芝原啓彦

8月4日はオールドタイムラン・ミーティング in 蔵の街サマーフェスタ


明後日の日曜日、8月4日は毎年恒例の”オールドタイムラン・ミーティング in 蔵の街サマーフェスタ”が開催。北関東の旧車会の面々が企画・運営する[オールドタイムラン]は、10月に栃木の道の駅みかもで開催される”オールドタイムランみかも”と、この8月開催の”オールドタイムラン・ミーティング in 蔵の街サマーフェスタ”の年2回。

秋の”オールドタイムランみかも”は、もうかれこれ10回を越え、参加台数も年々増え続けている関東を代表する旧車ミーティングのひとつ。そして夏開催の”オールドタイムラン・ミーティング in 蔵の街サマーフェスタ”は、昔ながらの町並みが残る栃木、蔵の街にて同日行われる夏祭りの中で旧車がパレードするアトラクション付き。かき氷を食べる親子や浴衣姿の家族が旧車を眺めながら笑顔になる光景は、まさに昭和な雰囲気でこちらも癒されるなんとも良い時間なんです。

これまた毎年のことですが、参加される方は、暑さ対策を万全に!! 道中も会場も暑さはハンパじゃありません!!

BRITISH TWIN「愉悦の英車真髄」英国製二気筒の本領を知る。 7月24日発売〜!!


春に発売した(ムック本なのでまだ本屋さんには並んでますヨ)「カワサキWエストレヤ」本に続き、本業の雑誌制作報告です。明日、7月24日発売で今度は英車ムックを作りました。

その名も、BRITISH TWIN「愉悦の英車真髄」英国製二気筒の本領を知る。

ストバイ時代から取材するたびに気になっていた英国旧車。トライアンフ、BSA、ノートン。この3メーカーの名前や、日本車のルーツにもなったこと、また英国製ならではの造形美が魅力的なことは知っていますが、そもそも英車ってどんなオートバイなのか? 1950年代や1960年代と……とにかく旧いイメージがあるけど、そもそもちゃんと走るのか? 現在の交通事情の中でまともに走らせられるのか? そうした漠然とした疑問がずっとあり、気にはなるもののいまいち踏み込めないのが英車の世界でもありました。


英車の歴史はそれこそ古く、その起源は1900年代初頭までさかのぼります。それこそ英車の隆盛を支えたマン島TTが始まったのも1907年。だからこそ本場イギリスでは「1920〜30年代の単気筒マシンこそ英車」というマニアックな世界もあるようですが、今回は日本でも多くの英車ファンの方々が楽しんでいる英国製二気筒モデルを題材にしました。とはいえ、それでもその多くは1950〜70年代に全盛を迎えたモデルで、軽く50年以上も前です。旧車というよりアンティーク!? に近い感覚さえ覚えますが、旧車人気が高まる昨今、全国各地の旧車イベントやミーティングでも調子よく走っている英車を見かけることが増えてきたのも事実……そして、英車乗りの方々と一緒に走ったり、英車ショップのメカニックの方々から話を聞いたりしていると、なんだか「旧いから走らない」と感じていたことこそ根拠のない勝手なイメージだったことを知り、さらに、英車を知れば知るほど単にカタチが似ているから(日本のメーカーが模したから)と「英車を“日本車のルーツ”などと片付けてはいけない」気がしてきたのです。

 


その後、実際に’50〜’60年代のトライアンフやBSA、ノートンに乗らせていただく機会があり、その想いは徐々に確信へと変わっていきました。時代の違い……と片付けるのは簡単ですが、それ以前に英車にはどうやら「英車の世界にしかない徹底した設計思想」があったのです。

 

今回のムック本「BRITISH TWIN「愉悦の英車真髄」英国製二気筒の本領を知る。」は、そうした英車の世界にしかない、英車だけが持つ魅力の本質を考えるきっかけになれれば……と取材を進め制作しました。もちろんそれ以前に、トライアンフって5Tに6TにT100にT110にTR5やらTR6、トロフィーにボンネビル……!? 一体何がどうなってんの? という、そもそも僕らもよく分かっていなかった系譜もできるだけ分かるように整理してみました。


では、目次だけ1日早く公開です。
特集は3部構成でTRIUMPH / BSA / NORTONの二気筒モデルの系譜を紹介。その他、注目は英車真髄を考える企画と、1960年代から日本で英車を楽しみ続けているレジェンドの方々の回顧録でしょうか。すでに反省点もありますが……多くの英車ファンの方々に楽しんでもらえると嬉しいです。ストバイ WEB SHOPでの販売は少し先になる予定なので、web通販はアマゾンが良いかと思います。

では、よろしくお願いいたします。

 

↑PageTop