関西ツアー:5〜うどん県

午前中はグローブの老舗[JRP]さんで取材。


お昼ご飯は食べログ情報では1966年から続く!? 東かがわ市三本松駅近くの吉本食品にて本場の讃岐うどん。”ぶっかけ”のつもりで頼んだ「冷やしうどん」は、いわゆる蕎麦つゆのようなモノが付くタイプで見当違い。おまけに特盛りを頼んだせいで、もうお腹に目当ての”ぶっかけ”や”かけ”を味見する余裕もない。こんなことなら並盛りを3杯食べ比べすればよかった……と思いながら頂きました。

 

 


腹ごしらえをし内陸の山道へ。有名な剣山スーパー林道方面へ入ると、舗装された道も曲がりくねった道ばかりで2時間くらいでしたが、集中して走る満足感にたっぷり浸りました。

 


山を下り徳島市街へ向かっていると、以前誌面でも紹介した「ぐっさんのバイク旅番組」で登場した道の駅「神山」に到着。2年前でしたか!? この番組がNHKで放送された後は、写真のぐっさん手書きの神山ツーリングマップがここの道の駅で配布されていたハズですが、当然ながらありませんでしたね。

「神山のバイクで行けるいいとこ探して走ってたら、結局その間ず〜っと気持ち良かった」

地元のヒト曰く、どうやら四国は良い道だらけの秘境のようですね。またゆっくり走りにこよう。

KAWASAKI W3 + DAY TRIP!!


今日はお客さんから送っていただいた装着写真をご紹介! なんだかここへきてタンクバッグがまた人気ですね〜。今回は初期オレンジ・ゴールド・カラーがきれいなW3+“DAY TRIP” Tank Bag(ALL BLACK/センターホール仕様)

 


タンクバッグ到着以来、何度かツーリングにも出かけているようで、うらやましくなるような良い景色とともに数枚写真を送って頂いたのは埼玉在住のおかさん(ブログ名)。

「早急のお手配、ありがとうございました。到着からだいぶ遅くなってしまったのですが、やっと先日バイクに装着した画像が撮れました。ツーリングにも行き使用しましたが、想像通りコンパクトでスッキリしたフォルムがW3にピッタリ☆彡 停車時はタンクから外し、そのままバッグとして持ち歩け一石二鳥で大満足です(≧▽≦)b レインカバーが付属されているのも嬉しいですね。先日大活躍でした」とのこと。ありがとうございます!! 文面からもお分かりかと思いますが、なんとオーナーさんは女性の方!! 数ある旧車のなかでも、なんだかW1系は女性オーナーさんが多いような!? 気がします(編集部調べ)。“得も言えぬ”W1ならではの快感は女性すらも虜にするのでしょうか?? 旧車オーナーの経験がない私シバハラは「よく乗っているなぁ」と、女性の旧車乗りを見るたびにほんと感心してしまいます。

 


さて、話をおかさんに戻しましょう。なんでも……
「バイク仲間が赤パイピング仕様のタンクバッグを付けていて『カッコいい!』と思い、色々探してやっと見付けました。ショップなどで他のバッグも検討したりしたのですが、これほど完成度の高い(カッコいい)ものは無いですね。私の感性にドンピシャです! ありがとうございました。大事に使って行きます!!」

なんとありがたいお言葉!! ありがとうございます。「これほど完成度の高い(カッコいい)ものは無い」←ここ拡散希望であります。“違いの分かる”大人の方に気に入っていただけて僕らも嬉しい限りです。それにしても気持ち良さそうなところばかり走ってますね〜。写真からもW3愛が伝わってきます。

 


いや〜W3カッコいい!! タンクバッグ&サドルバッグを黒で統一することで、落ち着いた大人の雰囲気も漂ってます。ではでは、ありがとうございました。また良い写真がありましたらいつでも送ってください。

 

 

関西ツアー:4〜大阪


朝7時に篠山を出発し向う先は大阪・豊中の24時間営業している公衆浴場「五色」。こちら、サイドバッグ・サポートでもお世話になっているシムズクラフトさんの近くで、シムズさんに泊まらせてもらう時にはいつも利用しているのです(……どんだけバイク屋さんで寝泊まりしているかってハナシですね。みなさまありがとうございます)。ここは銭湯価格で大浴場&露天風呂まであって最高!

 


五色で朝うどんを食べ次に向かうはコインランドリー。左右振り分けバッグを使っているとはいえ、片方は取材用一眼レフカメラで埋まっているため、荷物を減らす=着替えを減らすがイチバン。取材はお昼12時からだったため、午前中にカラダも着替えもキレイにいたしました。


しかしこの日は気温30度!! 初日は14度!! もうワックスコットンJKTはジャマでしかありません…。雨が降らないだけマシですね。

 


そしてこの日は大阪は豊中・蛍池に移転したタイガーワークスにて取材。こちらのBSAライトニング・クラブマンは’64〜’65年の1年間しか生産されなかったメーカー純正のレーシング・カスタム車で超希少とのこと! 詳しくは次号誌面をお楽しみに。

 


取材後、一路四国を目指します。今夜の寝床は香川県。淡路島途中のサービスエリアで見た夕日はキレイだったなぁ。

↑PageTop