[KZ1000]求めたのは「GT」な4 in 1 !? それにしてもエキパイの細さがイイね!! その2


前回の続き。

■求めたのは「GT」な4 in 1 !? それにしてもエキパイの細さがイイね!! その1 は→コチラ

2018〜日本にやってきて登録を済ませた直後。

KZは基本的にノーマルルックのまま。その中でサスペンションを調整・交換したり、Fホイールも重たいキャストからスポークに変えたりと、自分が乗りやすいように少しずつ改良してきた。乗り始めた頃の2018年はまだストバイが存続中で、連載ページでは「目指せE.ローソン(ハンドリング&車体セッティング)」をテーマに進めようなんて目論見もあり、いま付けているスプリングの上下をイエローで塗装したIKONサスペンションは、ゆくゆくは販売も見据えた実験でもあった。

スポーツ・ライディングでもツーリングでも、自分にとってどれだけ扱いやすく、そして使いやすくできるかがカスタムの大事なポイント。で、それとともに楽しんでいるのが見た目での「GT感」の追求。その1でも書いたとおり、輸出専用モデルでもあった1977年のKZ1000はオリジナルの状態で十分「GT」ではあるのだけれども、そこはちょっと自分流にしたい……というのは、世代でしょうか。

 


てなワケで、「1980年頃に中古でKZ1000を手に入れたアメリカの若者が、E.ローソンのライディングに憧れつつも、普段の移動手段でもあり存分にツーリングだって楽しみたいと、”アメリカ人感覚でGT感”を追求していたらどんなKZにしているだろう? 」がコンセプト。

憧れた時代に、もし自分がその場にいたらどうしていたか!? どんなパーツをチョイスしてどんなオートバイにしていたか!? こう考えると、”時代感”という制約はあれど、正解は自分の中にしかない上に可能性は無限大。

 


以前ブログでも書いた「純正ルックでのリアウインカーの後方移設」も“快適な長距離移動”の(サイドバッグ等の装着のゆとりを確保する)ためだし、ヘッドライトケースやメーターケースのメッキ仕様もGT的ゴージャス感の演出。いずれはRサスペンションもIKONのフルメッキかなぁ、なんて考えている。

……てな勝手なコンセプトのせいで集合マフラー探しはなかなか難しかったのでした。

その3へ続く。