SPRING SALE、たくさんのご注文ありがとうございます。& まだ継続中ですよ。


3月1日正午からスタートした[SPRING SALE]

 

おかげさまでご好評いただき、すでに多くのアイテムがSOLD OUTしてしまいました。ありがとうございます。週末のご注文分はすべて本日発送いたしました。ご注文いただいた皆さま、到着までもうしばらくお待ちください。


さて、どれもが基本的に「旧車にも似合う」クラシックテイストがコンセプトだからか、サイドバッグでもタンクバッグでもやはり帆布が人気です。というわけで、現在かろうじてセールカート内で生き残っているのは合皮のタンクバッグとサイドバッグ。そこで今日はカラーパイピング・バージョンのタンクバッグについてひとこと。

 

 


生産当初から、どちらかというとスローペースな動きだったのが写真の[赤パイピング]モデル。Streamline-THE TANKBAGのモチーフは、ラグビーボール形状で人気だった日本のオートバイシーンの元祖タンクバッグ、CORONA TOURING BAGのラグビーボール型タンクバッグですが、当時モノは現存数が少ないのか、これまでに旧車ミーティング等で数回しか実物に出会えたことがありません。しかしながら、その数少ない機会の中でもっとも多く出会ったのはじつは[赤パイピングver.]でした。


ALL BLACK、白パイピング、赤パイピングの3ラインナップが並ぶと、一番人気は「黒」そして「白パイピング」と続きますが、じつは僕らの隠れたオススメは「赤パイピング」。まぁシックなタイプから動くのはカバンに限らず定石ですが、この赤パイピング、派手かなぁ……なんて心配はじつは無用。意外といいアクセントになってくれる上に、そうした歴史を知れば知るほど、そのクラシックテイストに満足感が増す不思議な一品です。

オートバイのカラーとはもちろん、帆布のサイドバッグとも相性も悪くありません。というわけで、40% offのこの機会をお見逃しなく!! ぜひご検討ください。

 

 

 

GO→[SPRING SALE]

Today’s……MC 4


以前、千葉からサイドバッグとタンクバッグを編集部まで買いにきてくれた方のSUZUKI GS750。たしか、タンクバッグを帆布と合皮どちらにするかで決めあぐね、じゃあ実際に付けてみましょうとなったのでした。外装もきれいでエンジンも好調なGS750。Z1の成功を受けて登場したスズキのGSシリーズは、その後のヨシムラとのレース参戦記でもわかるようにエンジンもフレームも耐久性から許容度まであらゆる面で優れていたようですね。スズキGS派にはマニアックなヒトが多い気もします。しかしGSはなかなか見かけませんね〜。

 

    

そうそう、それで最終的にはサイドバッグと色味を合わせてタンクバッグも帆布で決まったのでした。

初期スモールタイプのタンクバッグ絶賛仕込み中。


大は小を兼ねるということで、昨年からワンサイズ展開のタンクバッグ。ところが依然として要望が多いのが初期のスモールタイプ。どうせ再販するのならと「小さいけど大きくなる」いつものパターンで仕込み中です。ファーストサンプルは増量幅5cm。もう少し増量幅増やしてもいいかもしれません。まぁ小さいですけど。


スマホやデジカメに帽子、さらにメモ帳にペンに日焼け止め的な小物類……そんな使い方ならば、スマートな印象のスモールタイプもやっぱりスタイリッシュで良いんですよね。ツーリング中はどのちみ、サイドバッグやリアシート上に荷物積載するし……なんてヒトならなおさらかもしれません。


ではではお楽しみに〜。

↑PageTop