[SR500F.I.]3つのミッションを課したソロキャンプ。

宿泊地は取材でもお世話になっている近場の道志の森キャンプ場。予約不要で川沿いから林間サイト、そして開けた場所まで選び放題なのでいつきても気楽です。


「ザッパー物語」ムックが校了したら行こうと思っていたソロキャンプ。6月中ならぎりぎり真夏前!? と思っていたのに思いっきり猛暑。道中から思いやられましたが、今回は試したい3つのミッションがあったため、気分転換も含めて近場の道志で決行することに。

[ミッション]
①タープを張る(今さらですが)
②スマート・パッキング(振り分けサイドバッグ+シートバッグのみ)
③ロピア(神奈川系スーパー)でベーコン!?

秦野から山中湖に抜けるルート。ここは山道を楽しんだ後の絶景が最高。何度来ても止まってしまいます。

ミッション③の神奈川系スーパーマーケットの〈ロピア〉で買い出しをするために、この日は東名高速を秦野ICで降り山中湖経由で道志に向かいます。昨年から夜のツマミの定番に“ベーコン焚き火炙り”があるのですが、これを教えてくれた師匠がしつこく言っていたのが「色々試したけどロピアのベーコンが一番」。どうやらロピアにはスーパーなのにオリジナルのベーコン&ハム等があるようで。通り道で探したら秦野IC近くにあったのでこのルートに決定。


初自撮り撮影もスタート。イメージは、夏の空と白Tとジェットヘルメット+コンペシールドというわけで片岡先生の『幸せは白いTシャツ』的な。たしか本の中の三好さんはバイザーは付けてなかったですけどね。


道志の森キャンプ場に着いたら設営前にまずは川涼み。いやぁ最高。今日はこのまま川沿いのサイトにするか〜と川から上がったら、隣にタンデムのオートバイカップルが到着。おまけに同じモンベル・ムーンライトテントだったので、すぐ横でムーンライトテントでソロキャンおじさんがいるのも迷惑だよなぁ……と、空いてる林間サイトへ移動。


さて、ミッション②のスマート・パッキング。先日ブログでも紹介した、リニューアルしサイズUPしたCSB-Classic Seat BagサイドバッグLARGE×2で、すっきり&使いやすい積載に挑戦というワケです。

重要ポイントとしてはこの“広い着座スペース”の確保。キャンプツーであっても道中の走りはしっかり楽しみたい派のため、“着座スペースを圧迫する”積載はNGです。


普段はリアシート上にテントやイス、テーブル等のかさばる道具をツーリングコードで括っていますが、リアシート上がシートバッグになることで道中の荷物等の出し入れもずいぶん容易になりますね。そして道具の量も減らさずに収納できました。

[左から]
・コット:サーマレストのウルトラライトコット
・テント:モンベルのムーンライトテント(旧1型)
・タープ:モンベルのライトタープ
・シュラフ:SOLのエスケイプヴィヴィ
・ギアバッグ:ロスコ
(ローテーブル、スキレット、ストーブ、コッヘル、ライト系、カトラリー、アルミホイル、キッチンペーパー、ナイフ、調味料等)、
・ソロテーブル:Amazon購入
・ソロチェア:Amazon購入
・水筒×2(サイドバッグのサイドポケット収納)
・燃料×2(アルスト&ガソリンストーブ用/サイドポケット収納)
・虫除け&油(サイドポケット収納)
・森林香
[上段左から]
・着替え&ジャケット
・クーラーBAG(ビニール袋中も食材用クーラーバッグ)
・焚き火台:ピコグリル398(袋の中にトライポッド収納)
・サンダル

以上。

ちなみに、2つのクーラーバッグ以外は全て2つのサイドバッグに収納できているため、基本的にシートバッグの中は買い出し前までは空荷に近い状態。日程が増えた場合の着替え増やレインウェア積載もまだまだ対応できる状態です。


ビールや食材の買い出し後はシートバッグの両サイドを拡張しややいびつに膨らんだ状態でしたが、キャンプ場までだから問題ナシ。むしろ収納できたことが嬉しい。

ビールに肉2種にお目当てのベーコンに野菜類にキノコにと、たくさんの買い出した食材は拡張したシートバッグに全て収まりました。我ながら頼もしい。手前味噌ですがわずかなサイズUPが効いてますね。


そしてミッション①のタープ。結果的にぼちぼちキレイに貼れましたが、これはホント苦労した。アッチを引けばコッチが倒れる……じゃありませんが、まず支点となるポールを立てるのに一苦労。本来、ちゃんと立てる順序があるんでしょうね……様子を見ながらタープ用のロープの張りを調整するためにアッチ行ってコッチ行ってアッチ行って、今度は向こう側に……快適空間を作るために汗ダクになりました。


でもやっぱり広い前室と、日陰は居心地抜群。タープがあるだけで、ずいぶんプライベート空間な雰囲気が増して落ちつく落ちつく。雨が降ったらテントの中でうずくまるように小さくなるしかなかった今までがストイック過ぎたんだろうなぁ。

気温も高かったためテントのフライシートは使わず、風通し良い状態で夜もぐっすり眠れました。これもタープのおかげ。


ビールとともに旬のトウモロコシから始めて、鶏もも焼き、いぶりがっこを挟みながら、赤ワインへ移行し、砂肝。この日デビューしたトライポッドが良い仕事してくれます。焼き具合から、ちょっと一息付く時の保温まで……網の高さを調節するだけでOKなんて楽チン過ぎ。


腹も満たされ酔いも回ってきた頃にミッション③のロピア製ベーコン登場。いつもはぶら下げて炙りますが、この日は網を高めにセットしたいい加減なベーコン炙り。師匠に怒られますね……

でも、お世辞抜きで今後は「ロピアのベーコン一択」。マチガイナシでした。フツーのスーパーの手頃なモノからちょっと高級ベーコンまで色々試しましたが、たしかに師匠の言う通り、ロピア一択ですね。もう最後のツマミに最高なんです。ずいぶんとじっくり炙って油が落ちきったように見えても、食べるとジュワッとベーコンの旨味が溢れる……ちょっとコスパ良過ぎです。


最近、キャンプの朝はミニトマトとコーヒーがお決まり。飲み過ぎた翌朝にトマトは心地よくお腹を満たしてくれます。


さて、秋のキャンプシーズン前に企画している『大人のBIKE CAMP』の第3弾。ぼちぼち構成を練らないとですね〜。そちらもお楽しみに。


帰りはゴミの収納でまたシートバッグは拡張しました。


※長らくお待たせしているタンクバッグも絶賛仕込み中です。もうしばらくお待ちください。

 

[SR500F.I.]夏のキャンプツー、“スマートパッキング”のススメ。


わずかなサイズUPですが、NEWシートバッグの積載力がずいぶん増したというワケで、以前からやってみたかった「キャンプツー・スマート積載」を試してみました。


要するにサイドバッグLARGEを両サイドに振り分け、リアシート上にはシートバッグのみという構成。リアシート上にキャンプ道具を括らないで済む利点としては……

①ツーリングコード等が不要なこと
②雨天時の対策が容易なこと(シートバッグは専用レインカバーを付けるだけだし、サイドバッグ内は天候が怪しい場合内側でゴミ袋にて養生)
③リアシート上の積載が一つになることで、脱落等の心配がないこと
④着座位置スペースを通常通り確保できること
⑤ツーリング中にシートバッグ内の荷物出し入れが容易なこと

これまでリアシート上にキャンプ道具を括ってきた僕的には、②と⑤はメリット大ですね。

[車体右側のサイドバッグ] ・テント:montbell-ムーンライト1型(旧)  ・コット:サーマレスト/ウルトラライトコット ・テーブル&イス:Amazon購入 ・焚き火台:ピコグリル398

さて、スマート積載で実際にどれだけの荷物が収納できたか見ていきましょう。

まず車体右側のサイドバッグには、テント、コット、テーブル、イス、そして背面の内ポケットに焚き火台を収納しました。テントはモンベルのムーンライト1型(一人用)ですが、今シーズン新調予定の、二人用のムーンライトテント(新型)は、二人用でも旧1型よりコンパクトだからさらに余裕できそうですね。

[車体左側のサイドバッグ ]
・小道具系収納バッグ×2  シュラフ:ISUKA(3シーズン用)  ・2泊分の着替え  ・ウインドブレーカー

車体左側のサイドバッグには、小物系のギア等をまとめた2つのバッグとシュラフ、着替え、防寒用ウインドブレーカーを収納。また片方のサイドポケットに燃料×2収納しています。


小物系ギアバッグ①には、サイドテーブル(SOTO/フィールドホッパー)に、ガソリンストーブ(オプティマス/スベアストーブ )、コッヘルセット(SOTO/サーモスタック)、そして調味料や革手袋、小型スピーカー等。

 


小物系ギアバッグ②には、スキレット(ニトリ)にシェラカップ(SOTO)、キッチンペーパー、ナイフ、カトラリー、ライト関係、アルミホイル、水用の袋といった道具を収納。どちらもまだ少し余裕がある状態にしています。


基本的にいつもの使うキャンプギアのほとんどがサイドバッグに収まったため、シートバッグにはクーラーバッグのみという余裕のある状態。サイドバッグに計4つあるサイドポケットもまだ一つしか使ってないので、こちらも余裕はあります。


ラージサイズのサイドバッグを使っていると、シートバッグのドリンクホルダーの“すわり”も良い感じです。

 


天候的にレインウェアも必要な時は、シートバッグ上のベルトに括ればOK。シートバッグは左右に拡張もできますし、ツーリングネットを一つバッグに入れておけば、不意に増えた荷物にも対応可能です。

荷物がスマートに積載できると、その分、道中の走りも存分に楽しめます。振り分けサイドバッグ&シートバッグを使ったスマート積載、この夏ぜひお試しください。

[SR500F.I.]勝手に追求シリーズ!? “SRリア・アクスルナットの歴史”〜アクスルシャフト締結、トルク管理していますか?


写真は、約40年の間にじつは“3種類も存在していた”SRのリア・アクスルナットの3兄弟。

[左]1978〜1996までの回り止めコッターピンを使用するキャッスルナット
[中]1997〜2003までのフランジ付きセルフロックナット
[右]2004(2001)〜からのセルフロックナット+ワッシャー

SRのリアのアクスルナットが3種類もあったなんてご存知でしょうか!? 僕はコッターピンを使うキャッスルナットと自分の2010年式SRに使われているセルフロックナット+ワッシャーは知っていましたが、[写真中]のフランジ付きセルフロックナットの存在は知りませんでした。

というワケで、今回の“勝手に追求シリーズ”は、おそらくSRユーザーでも興味ないヒトが多数であろうリアのアクスルナットの変遷の歴史について、勝手に考察したいと思います。。

 

車体から抜いたアクスルシャフトをチェーンアジャスターに通し始めた状態。普通はスルスルと通るのですが、この状態からシャフトは動きません。

コトの発端はこちら。
この部品はSR乗りの方なら分かると思いますが リアのアクスルシャフトと車体左側に付くチェーンアジャスターです。なぜこんな写真を撮ったかというと、通常スルスルと通るハズのアクスルシャフトとチェーンアジャスターのはずが、写真の状態ですでに引っかかりを感じるようになってしまったからです。

じつは4〜5回くらい前からホイールを外す時に「なんだかアクスルシャフトが抜けにくいなぁ(スルスルと抜けてこないなぁ)」と感じることがあったのですが、どうやらチェーンアジャスターが歪んでしまったようで、目視では分かりづらいのですが、アクスルシャフトが通る穴位置がわずかにズレてしまったようなのです。


上の写真は車体から外したアクスルシャフトとアクスルシャフト取り付けに必要な部品。一見、特に問題ないように見えますが、よく見るとシャフト以外の各部品は驚くほど変形・摩耗していました。2010年に新車で購入し丸11年、そして10万キロを超える走行距離を振り返ると、タイヤ交換から各部整備のためのリアホイール脱着回数は数え切れません。というわけで、各部しっかりチェックすることにしたのです。

[上]新品。[下]使用した期間は今年で丸11年、走行距離は10万キロ、それこそリアホイールの脱着は何回したか数えきれませんが、数十回にはなるかと思います。

写真は車体左側に使用するチェーンアジャスター。[上]が新品で[下]が使用していたモノ。アクスルシャフトの“アタマの部分”が当たる“外側”が、アクスルシャフトのアタマの径(大きさ)に合わせて見事に1mmほど凹んでしまっています。そしてどうやらリアホイール脱着の際にアクスルシャフトが抜けにくくなる原因(アジャスターの歪みによる穴位置のズレ)を作ったのがこの凹み……

※写真のチェーンアジャスターは新品。

通常アクスルシャフト締結時はこのような状態。アクスルシャフトのアタマ部分とチェーンアジャスターの間にワッシャー等は使用しません。じつはここ数回リアホイールを外す時に、シャフト締結時の締め付けによるチカラで変形したこのアジャスター・プレート部の凹みにアクスルシャフトのアタマが“噛み込んで”しまい、アクスルシャフトを抜こうとするとアジャスターの外側がシャフトのアタマに引っ張られ、アジャスターが“ハの字”に開いてしまうことがありました。どうやらその作業を何度か繰り返しているうちにチェーンアジャスターが変形してしまい、その結果、アジャスターが歪み穴位置がズレてしまったようなのです。

 


よく見ればその裏側、ホイール側もカラー(写真一番右)の径に合わせて凹んでしまっていました。


こちらは車体右側のチェーンアジャスターで、[左]が新品、[右]が使用していたモノ。

車体右側のチェーンアジャスターには外側に2mm厚(Φ27mm)のワッシャーが入り、セルフロックナットで締結しますが、アジャスターのプレート部分とワッシャーはナットの締め付けによりやや円錐状に変形してしまっていました。


さて、ここで質問ですが、皆さんはSRのリアのアクスルシャフトを固定するM16ナットをどれくらいのチカラで締めていますか? これまで10年間、僕は締付トルクなど調べたこともなく“なんとなくガッチリ”締めていました。しかも基本マフラーも外さずモンキーでの作業…。


ふと、少し前にもう少し丁寧に作業してみようとサービスマニュアルでSRのリアホイールのアクスルナットの締付トルクを調べると……なんと129Nm=12.9キロ!! 知り合いのタイヤ屋さんや旧車屋さん、普段SRをあまり整備しないメカニックの方々は揃って「そんなに締めるんですか!?」と驚いた驚異的な数値でした。


そこで最初の写真に戻るワケですが……これまで数え切れない回数の脱着を繰り返しているリアホイールですが、そのうち正しい締付トルクでリアホイールのアクスルナットを締めたのはここ5回ほど。いつ頃からチェーンアジャスターのプレート部が凹み始めたのか定かじゃありませんが、少なからずモンキーで締めていた頃の締付トルクは手や腕の感触から明らかに12.9キロ以下だったこと、またアクスルシャフトが抜けにくくなったのはここ4〜5回? なんて(やや曖昧ですが)記憶を遡ると、なんだか12.9キロの締付トルクはちと締め過ぎ!? なんて疑う気持ちが出てきてしまうのです。

とはいえ、大した整備経験があるワケじゃない僕がメーカーの締付トルクを疑うのもお門違い。参考までに編集部にある他車種サービスマニュアルのリアホイール・アクスルナットの締付トルクを調べると……

・1977 Kawasaki KZ1000=10〜14キロ
・1985 YAMAHA TZ250=10〜13キロ
・2000 Kawasaki W650=10キロ

それぞれ時代や排気量、気筒数等の違いがあるとはいえ、どのモデルも基本的に10キロ以上。やはり締め過ぎと考えたのは僕の勝手な思い込みか……なんて思っていたのですが……


この写真をご覧ください。チェーンアジャスターを新品に交換後、リアホイールをメーカー指定の締付トルクで組み付け2日走行後の状態。もうすでにうっすらとアクスルシャフトのアタマの径に沿って凹みが出来始めていました。このチェーンアジャスター、車体左側が¥990右側が¥1,364。さほど高価ではないとはいえ、こんな短期間でこうした状態になってしまうと思うと……よく脱着する整備箇所として、はたまた工業製品として、はたしてコレは正しい状態なのだろうか!? ……と考えてしまうワケです。


そこで、最初に紹介したSRのリアホイール・アクスルナット3兄弟に戻ります。

[左]1978〜1996までの回り止めコッターピンを使用するキャッスルナット
[中]1997〜2003までのフランジ付きセルフロックナット
[右]2004(2001)〜からのセルフロックナット+ワッシャー

ちなみに、それぞれの時代のマニュアルで締付トルクを調べると……
[左]1978〜1996:キャッスルナット=締付トルク:8.3〜13kg・m
[中]1997〜2003:フランジ付きセルフロックナット=締付トルク:11kg・m
[右]2004(2001)〜:セルフロックナット+ワッシャー=締付トルク:12.9kg・m

まぁ、やっぱり10キロ以上では締めた方が良いのは確かなのですが……アクスルナット側はチェーンアジャスターだけじゃなくワッシャーも変形していたことを考えると……[写真中]のフランジ付きセルフロックナットの存在が気になるのです。そもそも1978年〜1996年までのキャッスルナットもフランジ付きだし……。


平ワッシャーの主な役割は、広い面積で締め付けることによる座面の安定や緩み止めですが、2004年以降のセルフロックナット+ワッシャーのワッシャーそのものが歪んでしまったことを考えると……どう見ても歪むことはなさそうな一体成型でしっかりとした厚みがあるフランジ付きナットが気になる……というワケです。

さらに!! フランジ部分(ワッシャー)の直径を比べると、[左]キャッスルナットのフランジ部分と[右]現行モデルのワッシャーの直径は27mmにもかかわらず、[中]のフランジ付きセルフロックナットのみ直径はなんと30mm!! おまけに30mmの直径はチェーンアジャスターのプレート部の径とほぼ同じ。締め付けによるアジャスタープレートの凹みのことも考えると……やっぱり「1997〜2003年までのフランジ付きセルフロックナットの一択じゃないか!!」となるワケです。

ところが!!

[左]1978〜1996年:キャッスルナット=価格:¥830(税別)
[中]1997〜2003年:フランジ付きセルフロックナット=価格:¥1,110(税別)
[右]2004(2001)〜:セルフロックナット+ワッシャー=価格:¥420+110(税別)

ありがたいことにどれもまだヤマハから購入できるのですが、コレしかない!! と思ったフランジ付きセルフロックナットは、なんと1,110円もするのです!! 現行モデルのセルフロックナット+ワッシャーの約2倍の価格。これはなかなかの違いであります。



さて、懸案の「一度締めただけで凹みが生じるチェーンアジャスター問題」。ちなみにサービスマニュアルには「磨耗していたら交換」等の記述はないため、そもそもチェーンアジャスターが凹むことは想定にないのかもしれません。

というわけで、機能的に問題ない程度であっても、そして見えない部分であってもチェーンアジャスターが凹むことは極力避けたい、と思う僕は両サイドのチェーンアジャスター脇に〈1997〜2003年までに使われていたフランジ付きセルフロックナット〉のフランジ部分と同じ直径30mm(チェーンアジャスターのプレート部とほぼ同じ!!)で、厚さも現行ワッシャーよりもぶ厚い3mm厚のワッシャーを加えることとしました。

唯一、気がかりは左側チェーンアジャスターのホイール側。ここには余計なワッシャーを挟むことはできないため我慢するしかありません。左右に3mm厚のワッシャーを組み込み締結後、ナットから飛び出たシャフトの長さを確認しましたが、これだけ余裕があればまず問題ないでしょう。というワケで、アジャスタープレートの保護はひとまずいいんじゃないでしょうか?


とはいえ10キロ以上締められるトルクレンチなんてそうそう持っているモノじゃありませんし、律儀に規定トルクで締めましょう……なんてハナシでもありません。実際、僕も9年間はマフラーすら外さずにモンキーでの作業でしたしね。一度、チェーンアジャスターやワッシャーの摩耗具合を確認し、各パーツを新品にした際には新たにワッシャーを追加するのもオススメ……なんて話です。


……と言いつつ、今回実際に見比べるために3種類のアクスルナットを購入したため、いずれナット側は3mm厚のワッシャーをやめて最高級のフランジ付きセルフロックナットに交換するつもり(笑)

 

↑PageTop