「THE MOTORCYCLISTS’ BOOKS」というムックを作りました。

 「THE MOTORCYCLISTS’ BOOKS」というムックを作りました。要はバイク関連の『本』を紹介する一冊です。昨年の暮れから、まずは編集部にある大量の雑誌や書籍、写真集をひっぱり出してみましたが、出てくるわ出てくるわで、もうスゴい量。いわゆる『バイク本』も、やはりバイクブームの1980~’90年代が最盛期だったようですね。

 さて、ミニマリストにシンプルライフ……そんなワードも飛び交うデジタル全盛期ないまに逆らうような企画ですが、そもそもオートバイの本を読む魅力は何か? それはズバリ、今よりさらにオートバイが好きになれること。小説やエッセイ、歴史モノに写真集、さらに哲学系から漫画まで……あらためて掘り返してみると、バイク関連の『本』は、あらゆるジャンルにわたって山のようにありました。

 時に説教じみていたり、わかりにくかったり、自分の感覚とズレている、なんてこともありますが、共通しているのは、書いているヒトたちも、みんな“オートバイ好き”だということ。雑誌の編集業をしていても思いますが、オートバイのことだけで一冊書くなんてとんでもない熱量です。

 自分には合わないと思っていた一冊でも、「そうそう」と思える一文を見つけるだけで、「やっぱりバイクっていいなぁ」としみじみ嬉しくなる。バイク乗りでよかった、バイクが好きでよかった、「THE MOTORCYCLISTS’ BOOKS」ではそんな気持ちになれる名作・名著を集めてみました。数えてみると全部で「84冊」。背表紙だけが見ている本も入れたらおよそ100冊近いかもしれません。

 全6つのカテゴリーに加え、マニアックなコラムから片岡義男の隠れた名作を丸ごと掲載したBOOK IN BOOK企画まで盛りだくさん。走れない日の“脳内ライディング”というわけで、いま読みたい、あらためて読みたいオートバイブックスを総ざらいしてみました。よろしくお願いします。

ONLINE SHOPはAmazon では先行して中面も紹介しています。予約も受付中。

■サンエイムック 「THE MOTORCYCLISTS’ BOOKS」2月27日発売

雨の日のストレス軽減。


雨の日の通勤や取材ではだいたい合皮のサイドバッグが出番。初めて作った時にその防水性の高さを実験するために、ホースで水をじゃぶじゃぶと1分間ほどかけ続けた動画を撮ったことがありますが、当たり前ながらさすが合皮。まるで浸水することはありませんでした。それ以来、バイクだけじゃなくクルマや電車移動の時も雨天時では重宝しています。


完全防水を狙った作りではないため縫製上の縫い目はあります。そのため豪雨の高速を2〜3時間も走るなんて時は、やはり荷物をビニール袋等に入れておくことは大事ですが、内側に張りのあるインナーがついているからか、これがけっこう驚かされるほど雨に強い。目的地に到着後も水滴をサッと拭き取れば終わり。雨の日はもうこれ一択というわけです。

 


モノへの愛着やこだわりは人それぞれ。

気兼ねなく使える。大事なんだけどガシガシ使える。ブランド品のように後生大事に恐る恐る使う大切さとは違う、ある意味ではラフに使えるからこその愛着。ストバイ のバッグシリーズはそんな表現がピッタリくると思っています。

やっぱり使えるなぁ、コレ。


サンプルで製作後、キャンプツーリングに酷使してきたラージサイズのサイドバッグ。先日チェックすると背面の下部が一部破けてしまっていました。内側に封入してある樹脂板とサスペンションの間で長い間、挟まれながら擦れたのでしょうか。いずれにせよこのままでは酷くなるばかりなので補修しましょう。


いつもならワッペンを貼り付けて終わりですが、バッグの中に入れる荷物によってはまた同じ箇所が強く当たる可能性もあるかもしれない……というわけで、バイク用で販売されている「保護・遮熱シート」を使ってみることに。この「保護・遮熱シート」、以前にもブログで紹介しましたが……例えば、サイドバッグとサイレンサーが干渉する場合や、防炎仕様ではないバイクカバーの内側に貼る等、その名のとおり「保護と遮熱」をしてくれる防炎性能を付加した不織布なのですが、僕的な“使えるポイント”は両面テープの粘着性の高さ。

 

 

 


例えば、このサイドバッグの帆布素材。つまりコットンが相手ですが、一度貼ると手では剥がせないほどの粘着力でくっついてくれます。患部の大きさに切り取ったら接着するだけ。これで当分剥がれる心配はありません。また多少の厚みをもった不織布なので緩衝材としての役割も果たしてくれます。写真下部、わかりにくいですが、このサンプルのサイドバッグには底面に広範囲でこの「保護・遮熱シート」を貼り付けています。しかも重ねて。これはZ900RSの排気熱(が出る方向が上向きだったため)によるバッグ底面の損傷があったため、2年前に実験で貼り付けたのですが、その後キャンプ場では地面に置くし、雨で濡れるし……と使っていますが、剥がれる気配なし。もちろん薄く磨耗はしています。


というわけで、1分で補修完了。Amazon等で購入できるこの「保護・遮熱シート」バイク乗りなら一つ持ってても損はしませんよ。

↑PageTop