[注意]LARGEサイズは、Z900RSのマフラー側への装着の際はご注意を。

[注意]
下記ブログにて、カワサキZ900RSへの装着を紹介しておりますが、本日、同様の装着で長時間走行をおこなったところ、排気熱でバッグ底面が焦げることがわかりました。

2日間にわたる走行で、小一時間程度、そこまで回転数を上げずに走っている分には何事もありませんでしたが、高速を100〜120km/hの速度で2時間ほど連続走行したところ、マフラーの排気口の延長上のバッグ下部が焦げてしまい、ずいぶん熱をもってしまったことがわかりました。この2日間、停止するたびに、“装着位置の高さ”には気をつけていましたので、マフラーとバッグが触れていたことはありませんでしたが、排気の熱でバッグが焦げてしまったことは驚きでした。

カワサキZ900RSオーナーの皆さん、弊社SIDE CARGO PACKのLARGEサイズは、車体右側(マフラー側)への装着の際は、何かしらの対策が必要ですので、ご注意ください。今後、対応策を考えてまいります。紛らわしい、装着画像を掲載してしまい申し訳ございません。

 

 

 

 


今月末に発売されるカワサキのニューモデル、Z650RS話題ですね〜。それもこれも2018年デビューのZ900RSが、想像以上に多くのヒトに受け入れられたからでしょう。前後17インチだとか、モノサスだとか、倒立フォークだとか……そんなことを忘れさせる仕上がりの高さは、さすがカワサキでしたからね。

 


ところで、Z900RS用にKIJIMAさんが製作したバッグサポートをご存知ですが。デザイン、カラー、パイプ系、大きさ……サイドバッグを外した状態でも気にならない雰囲気は、バッグサポートとして完璧じゃないでしょうか。

 


せっかくクラシカルな仕上がりのZ900RSだからこそ、帆布サイドバッグを付けてみたかったのですが、じつはなかなか良いバッグサポートがなかったんです。というわけで、キャンプツーリングを想定し、左右にLARGEサイズのSIDE  CARGO PACKを装着してみましたが、いかがでしょうか!?


リアシート上の荷物を下ろすとこんな状態。
KIJIMA製バッグサポートにショルダーベルトを引っ掛けているだけですが、バッグサポートのおかげで、これだけ大きなサイドバッグでもタイヤに巻き込まれるような心配はありません。


お次は、STANDARDサイズのサイドバッグ(オリーブドラブ)を普段使いな“片方掛け”。この場合は、走行中にバッグが後方にズレないよう、バッグ背面のユーティリティベルトと車体のどこかを繋いでおくと安心ですね。使用しているのはバイクもバッグも傷つけないソフト・タイラップ。


こちらはSTANDARDサイズの帆布ブラック。ザ、クラシカルなオリーブドラブより、ブラックの方がZ900RSには相性がいい気もしますね。

 


左側でも同様にソフトタイラップで固定。これだけで、どれだけ飛ばしても走行風で後方にズレる心配はありません。

 


Z900RSオーナーの皆さん、KIJIMAさんのバッグサポートとともにSIDE CARGO PACKもぜひぜひご活用ください。

春ですね〜

東京は今週がどこも桜が満開ですね。通勤中についつい立ち止まって写真撮っちゃいますが、意外と桜とバイクってムズカシイんですよね……このW800の写真は、取材でもお世話になっているFB「Wエストレヤ会」副会長Fさんの一枚。お仕事はプロカメラマンなので当然かもしれませんが、桜とW800がいいバランスで収まってます。コレがなかなか撮れないんだよなぁ。


こちらは今日の通勤途中で僕が撮った一枚。道路の両脇に立派な桜の木が並ぶ、それこそキレイなところなんですが……写真にするとどうも伝わらないんですよね〜。


さて、最初に紹介したFさん。いつもいい雰囲気でストバイ・サイドバッグを使ってくれているのですが、じつはこのサイドバッグ、STANDARDではなくLARGE。なんだか、写真効果も手伝ってか!? “LARGE”サイズを片方掛け”で普段使いもいいかも!? なんて思わせてくれます。おまけにリアウインカー位置だって純正のまま。皆さん、ご参考にどうぞ。

 


こちらは通勤途中のKZ1000とSTANDARDサイズのSIDE CARGO PACK-BLACK-。W800+LARGEを見た後だと、KZ1000だってこともあり小さく見えますね。


帆布ブラックは今回から仲間入りしたニューバージョン。これまでの合皮タイプもよかったですが、クタッとした雰囲気がある分、クラシックなオートバイにもしっくりきますね。小さく見えても容量は頼もしいので、一つあると便利ですよ!

[KZ1000]夏の思い出。Zだらけの1000kmツーリング。その2


2日目は朝8時に出発。米沢から福島方面へ移動し、磐梯山の北東、安達太良山の北側の間を通る磐梯吾妻スカイラインを走ります。この日は朝からどんより曇り空で山を登るにつれ霧が濃くなり一時は5メートル先も見えない状態でしたが、頂上に近づくにつれ徐々に霧が晴れ絶景が顔を出し始めました。

山道に入った途端、視界5mもない濃霧が嘘のように晴れはじめ青空が!見え、目の前に現れた絶景。写真撮っちゃいますよね〜。


せっかくなので近くにいたバイク乗りの方にお願いしおじさん達の記念撮影。どんどん雲が晴れ始める空もいい雰囲気でしたね。



ワインディングをたっぷり堪能し山を下ると、昨日は磐梯山ゴールドラインから見下ろした猪苗代湖の北岸に到着。湖岸沿いを少し走ると、神社のしめ縄でも似合いそうな立派な木のあるパン屋さんを見つけ休憩。ココ、毎度1000キロツーリングのルートも決めてくれる、道にもナイススポットにも超詳しい先導Tさんが偶然見つけたのですが、一人で切り盛りしてそうな小さなパン屋さんながら次から次へとお客さんが来る知る人ぞ知る名店のようで味も抜群。



底が見える猪苗代湖きれいですね〜。数年前に猪苗代湖岸の天神浜キャンプ場に来た時に酔っ払って湖に入りずいぶん水を飲んだ記憶がありますが……これだけきれいだから平気だったのか!?  なんて思うほど透き通ってました。

また歳のせいでしょうか、不思議と若い頃より記念撮影が好きになっています(笑)

トンボも飛び始め秋の気配が漂い始めてましたが、気温と空模様はまだまだ夏。雨雲を避けながら南下しましたが日光手前で、一瞬で道路が川になるようなゲリラ豪雨に遭遇。手前味噌ですが、タンクバッグ&シートバッグのレインカバーは、そんな突然の雷雨にも瞬時に装着でき一切バッグを濡らすことがないスグレモノ……アメニモメゲズそんなことをあらためて実感。

 

バイク三昧Z三昧な2日間。今から来年の100キロツーリングが楽しみです。来年の目的地の候補の一つは能登半島だそう。国産初の本格GT(Grand Touring)マシン、カワサキZならではのハイスピードな1000キロツーリング、大型バイクならではのこうしたツーリングも爽快です。


今回の旅のお供は、DAY TRIPタンクバッグver.2とCLASSIC SEAT BAGの帆布OLV.。タンクバッグはETCやスマホなど、シートバッグの中には着替えや小物を入れ、上部のベルトにはレインウェアを括り付けました。

↑PageTop