New シートバッグをYAMAHA SRへ装着。


>>NEW<< CSB-Classic Seat BagのヤマハSRへの装着写真を撮影しましたので紹介します。


丸みのある樽型のおかげでしょう……旧モデルからメインの荷室が前後左右ともに2cmサイズUPし、全体的にはボリュームアップしていますが、スリムなSRへ装着してもそれほど大きさは感じさせません。「必要十分な大きさにして、大げさにならない」このバランスを取るのがなかなか大変でした。

 

ではでは、引き続きよろしくお願いいたします。

 

大は小を兼ねるに慣れると……


今年はすでに早い梅雨だなんだとも言われていますが、ここのところ朝晩に雨に降られることもあり、カッパだなんだとちょっと荷物が多い日が続いたため、SRの時もKZの時も普段使いにLARGEサイズを使用することが増えました。ちなみにタンクバッグはLONG TOURタイプのLLサイズ。最近は横着してセンターホール使用をSRにも使ってます。上から見て右側前方のマグネットはタンクキャンプに付いている状態で、よくよくみればタンクバッグは少し浮いていますが、よく見なければ気にならない……というワケです。


普段使いに使用しているLARGEサイズのSIDE CARGO PACKは、旧モデルのためバッグ背面に車体とバッグをつなぐためのユーティリティ・ベルトはついていません。が、ソフトタイラップを3本使用しサイドポケットのループベルトと車体を固定。

キャンプ&ロングツーリングでリアシート上にも荷物を積んでいれば、ここまでする必要はありませんが、たったこれだけで荷物の中身が軽くても走行中に後方へズレる心配はありません。

 


そんなこんなでタンクバッグはLLサイズ、サイドバッグはLARGEが、最近のお気に位入り。普段使いにLLサイズやLARGEは大き過ぎるかなぁ……なんて思っていましたが、大は小を兼ねるというか、見た目よりも実用性というか、最終的にはバッグに余裕があるとなにかとラクですからね。

一番人気の定番、オリーブドラブのサイドカーゴ(STD)、再入荷分、予約受付開始しました。


普段の買い物から野外コーヒーセットとともにデイトリップ、左右に振り分ければロングツーリングもこなすSIDE CARGO PACKのスタンダード。

やはり定番のオリーブドラブは人気で、入荷から1ヶ月ほどで完売いたしましたが、ようやく再生産のメドが立ったため予約を開始しました。ひとつあるだけでオートバイライフが豊かになるサイドバッグ、ぜひ今シーズンお試しください。

 

↑PageTop