やっぱり好き嫌いがわかれる!? 帆布サイドバッグのワックスコットン化。経過報告。

合計3回のワックスにより陽に当たるとややテカりだいぶ目も詰まってきたオモテ面。

以前のブログで紹介した帆布サイドバッグのメンテナンス、というか改良。ワックスコットンJKTのリプルーフにヒントを得て、帆布サイドバッグの耐久性&防水性UPを企みフェールラーベンの固形タイプのワックスを塗り込み、日々使用しながら経過観察をしています。


そもそもは実験のため3ヶ月ほど付けっ放しにし色褪せてしまったサイドバッグの褪色軽減を目的に、いい意味での使い込んだヤレ具合と経年変化を楽しむべくワックスコットン化しているワケですが、今年10月にスタートしてオモテ面は合計3回ワックスを塗り込みました。ワックスコットンJKTと同様、サイドバッグも裏地が付いているため内部へワックスが侵入する心配はありません。ですが、ワックスコットンJKTのようにそもそも糸にワックスを染み込ませた生地で作られているわけではないため、なかなかスムーズにワックスコットンJKTのような風合いにはなりません……いや、そもそもなるのか!? というギモンもありますが。

ワックス3回施工後。

ワックス無施工。

ワックス施工部分は縫製糸のあいだにもワックスが入り、生地もだいぶ目が詰まってきて独特のゴワつき感も出てきました。陽が当たると鈍くテカる感じもまさに「コレコレ」という風合い。ワックスコットンJKT好きならわかってもらえる、この鈍くテカる風合い……ですがワックスコットンJKTが苦手なヒトにとってはやっぱり不潔感でしかないのかもしれません(笑) お好きな方にはオススメです。

 


ワックスを入れた部分はわずかにベタつき、生地感としては固くなった印象。海外製の高いオンスのワックスコットンを使用したバッグなんかに近づいている風合いで、現時点ではネライどおりな感じ。まだ見える部分というか、雨がかかるオモテ面だけですが、だいぶワックスが浸透し始めていますので、少し抜けてきたら次回はワックスコットンJKT用のリプルーフ・オイルを入れてみようかと思案中です。


そうそうリプルーフ用オイルといえば、現在なぜか市場で枯渇中。いつも渋谷にあるBARBOURの路面店で購入していたのですが、残念ながら閉店してしまったのでオンラインショップをチェックするとここのところSOLD OUT続き。で、ネットでは軒並み価格高騰中。そのうち入荷するのでしょうけど、なんだか心配なので近所でPOP UP SHOPをやっていたdubarryでオイル缶を2缶を購入しました。

では、サイドバッグのワックスコットン化についてはまた続報が入り次第お届けします。

クラシック系のオートバイには定番のオリーブドラブはもちろんハマりますが、主張しすぎないブラックも似合いますよ。

ちなみに明日9日から年末謝恩SALEを開催しますが、スタンダードサイズのSIDE CARGO PACKの帆布ブラックはSOLD OUT次第、一旦終了いたします。検討されていた方はぜひこのSALEでお買い求めください。

 

 

[KZ1000]東京ー明石2泊3日ツーリング。


先週末の金曜日から2泊3日で兵庫・明石まで行ってきました。今回の目的は1972年に登場したカワサキZ1生誕50年を祝うイベントへの参加。久しぶりのキャンプをしないツーリング。ですが、一眼カメラ一式も必要だったので、ニュータンクバッグ(サンプル/赤パイピング)とスタンダードサイズのSIDE CARGO PACKを左右に振り分けることに。タンクバッグにはETC含めた小物、サイドバッグの片方はカメラ等の取材道具、もう片方には着替えやカッパ、防寒着を収納。積載した姿も大げさにならずシンプルでスマート。いいまとまりです。


今回はずっと高速。休憩ペースは給油のタイミングでだいたい100マイル(160キロ)ごと。少し前からLTD仕様のタンクに変えているので、ガソリン満タンで走れる航続距離が少ないのですが、KZ1000だと体の疲労とのバランス的にはこれくらいがちょうどよかったですね。


祝賀イベントは土曜日の午前中から西明石のホテルで開催予定。そのため初日は伊賀で一泊することに決め、お昼前出発ののんびり移動。新東名最初の沼津SAで給油とともに水分補給。日常使用ではさほど出番はありませんが、ツーリングになるとドリンクホルダーはほんと便利。とくにこの季節、冷たい飲み物は一気に飲めませんからね。また些細なことですが、次のサービスエリアで自販機まで行かなくてもいいのが地味に嬉しかったりします。


沼津の次は浜松SAで給油休憩。この日は雲ひとつない快晴で風もなく終始穏やかな陽気。高速でもずっと気持ちよく走れました。しかし高速のガソリンスタンドはやっぱり高い! ハイオク1リットル=¥191でした。


タンクバッグblogでもお伝えしたとおり、あらためて高速をテスト的な視点でも走りましたが、やはり通常時の大きさで常識的な速度での使用であればマグネットのみで固定で脱落する心配はありませんでしたね。この日はサンプルのため、脱落防止ベルトは簡易的なベルトを使いましたが、とはいえ高速走行ではあると安心感は違います。ご予約いただいた皆さんもいろいろと試してみてください。


浜松から伊勢湾岸道を経由し一気に三重へ。最後の給油休憩は御在所SA。この日は鈴鹿山脈に落ちる夕日がとテンションが上がるほどきれいで、疲れた体が生き返るほどのご褒美でした。ここから名阪国道へ入り、伊賀まではあと30キロ程度。


ありがたくホテル入り口前に停めせさてもらいロックでしっかり固定。スムーズでしたがそれなりに疲れていたのか、ご飯食べてビール飲んだら早々に寝てしまっていました。


翌日は日の出時間の6時半に出発。冷え込むとは聞いていましたが、伊賀の町の気温は3℃。そこから新名神・伊賀ICまでの山道ではなんと気温マイナス1℃!? ひと足先に真冬を経験しました。久しぶりにこの辺りを走りましたが、相変わらずたぬきだらけ。伊賀を観光していたら知らぬ間に買ってしまってそうです。


新名神までの途中、徐々に上りはじめた朝日を背にして走っていたら目の前の紅葉した木々が朝日で燃えるように赤く光っていたので思わずUターン。太陽の高さや位置で表情を変える自然を楽しめるのも早起きの魅力ですね。

ストバイ時代にはツーリングレポートを書いてもらったり、ストバイ編集部とは公私ともに付き合いのあるW3/W650に乗る林田さん。

林田さんが撮ってくれました。

給油タイミングで新名神の宝塚SAに寄ると見覚えのあるW650が。ストバイ編集部とは公私ともに付き合いのある林田さんと超偶然の遭遇。今が旬の姫路のカキオコを食べに早朝出発で静岡から走ってきたそうですが、毎度そのバイタリティには驚かされます。しかしツーリング先で知り合いに会うなんてめったにないから嬉しかったですね。おかげで寒さも疲れも吹っ飛びました。3日前にはちょうどYASさんが以前使っていた“少し厚みのある”W650用のシートを林田さんに貸したばかりで、「着座位置が高いだけで色々と変わりますよね〜」なんて会話をしていて、たまたま目の前に停まっていた新型テネレを見ながら「このテネレはシート高がずいぶん高くて」と話していたら……

ヤマハ時代にお世話になっていた牧野さんはテネレでカキオコを食べに行くところでした。

その新型テネレのオーナーが見覚えのある顔!? なんと!? ストバイ時代に長いあいだお世話になっていた元ヤマハの牧野さん。超偶然の知り合いとの遭遇が連続するとは驚きました。天気の良い土曜日だから朝からバイクが多いなぁとは思っていたのですが、なかでも妙にV-MAXばかり何台も来るなぁと思っていたら、納得。牧野さんは初代V-MAXを手がけた方で、この日はV-MAXのオーナーの方々とのカキオコ・ツーリングのようでした。


というわけで、2日目も天気良くテンションも高いまま無事に西明石の祝賀会の会場に到着。イベントレポートはまた後日UPします。ちなみに祝賀会のお土産はZ1のバックミラーのデザインモチーフでもある三笠焼き(どら焼き)でした。Z50thの焼印入り!


冬装備になると上着の袖口を絞ったり、ガントレットタイプのグローブを付けたりで腕時計を見るのが億劫。今回はタンクバッグのマップポケットに入れていきました。それにしてもニュータンクバッグ、通常状態でずいぶん収納力ありますね。まさに必要にして十分。脱着も容易だし、シンプルな構造で使いやすく、おまけに作りは相当タフ。大げさじゃなく一生使えますので、自画自賛で恐縮ですがホントおすすめです。


翌日はうずらの飛行場跡で引き続きZ50thイベントがおこなわれたのですが、その前にカワサキ明石工場の西門前で記念撮影。

片方がけで使うこともできれば、こうしてツーリング時には左右2丁がけ(振り分け)スタイルにもできる我がSIDE CARGO PACK。こちらも脱着のしやすさ、シンプルがゆえの使い勝手の良さ、そしてラフに使っても壊れない丈夫さ、これまた手前みそですがあらためて良いバッグだなぁと再認識。

昔からとくにこだわるわけじゃなく、左右“色違い”を気にせず使っていますが、ツーリングに出て写真を撮るたび「黒の方が似合うなぁ、いややっぱオリーブドラブかな?」なんて考えながら楽しんでいます。色違いでもっていれば、普段使いの片方がけのときは2色楽しめますしね。ちなみに僕的にKZ1000にはBLACKの方が好きですね(笑)

 

大人のBIKE CAMP的“プレ”オフ会!? 「”A-BC” 0.0」


9月末に発売した「大人のBIKE CAMP」は3冊目。年一回のペースでなんとか第3弾まで制作できたワケですが、3年前の第1弾で取材させてもらったW650乗りのキリトさんとその後、仲良くさせてもらっていて(「大人のBIKE CAMP」以外でも取材をさせてもらったり)、「一度プライベートでキャンプツーしましょうよ」と話していたキャンプがあれよあれよと発展し、先日、オフ会的[大人のBIKE CAMP-ver.0.0(ZERO)]をしてきました。


その、W650乗りのキリトさん。軍幕好きでキャンプ好き。古着好きでウンチク好き。おまけに酒も好きでお喋りも大好き。何かにつけて「なんで? どうして?」とスグ聞きたがる編集者の質問攻めにも笑顔で応えてくれるナイスガイ。ただの“こだわり派”……ではなく、ナニに対しても“自分なりの理由”がしっかりとある知的な“癖あり”タイプ(良い意味で、ですw)。


第一回の前のZERO会(ver.0.0)と題した「大人のBIKE CAMP」。キリトさんが中心となり当初個性豊かな6人での開催予定でしたが、急な仕事やバイクトラブルで急きょ2名が欠席。初顔合わせも多い4人でのキャンプとなりました。ver.0.0のテーマは、とりあえず色々と今後についても話そうと、「酒」。


道志エリアのキャンプ場に集まった個性豊かな“大人のバイクキャンパー”。クロスカブのオーナーは紅一点の女性ライダーで、W800とクロスカブの2台持ち。午後まで雨が降っていたためクロスカブで走ってきたそうですが、セローとスポーツスターに乗る2名が急きょ欠席となったことで、たまたま“カワサキだらけの(W650/MACH III/KZ1000)キャンプミーティング”!? にもなった当日。「W800で来ればよかった〜」とずいぶん悔しがっていました(笑)



この日の東京都心部は、天気予報に反して午後までダラダラと雨が降り続いていたため意を決してカッパを着て出発しましたが、中央道・相模湖インターに着くとウソのような晴れ間も見える回復ぶり。前泊キャンプをしていたキリトさんから「道志は晴れてるよ」とメッセージをもらっていたのですが、山を一つ越えただけでこうも天気が違うとは。オートバイでツーリングしているとこうした何気ない不思議によく遭遇するものですが、“雨からの急な晴れ”ほど嬉しいモノはありません。カッパを脱いだ瞬間に湿ったジーパンを吹き抜ける風の爽快さったら、もう最高です。


僕が到着したのは3番目。設営前にプシュッとビール(キリトさんはワンカップ)で乾杯。そしてテントを立てた頃にマッハ3に乗るチュンさんも到着。


なかなか見かけることがない普段使いしているマッハ3。しかも後期型。旧車ミーティングであればまだしもココはキャンプ場。おまけに荷物満載。なかなかの光景です。

じつはオーナーのチュンさんと会うのは約20年ぶり。ぼくがストバイ編集部に入ったばかり頃、原宿でアパレルショップを切り盛りしていたチュンさん、当時から英国カルチャーやロッカーズが好きなのは知っていましたが、マッハ3で大人のロッカーズ・スタイルを楽しんでいるとは恐れ入りました。しかもキャンプツーまで。


とかなんとか昔を思い出したり、バイク話をしたり……いつまで経っても立ち話が終わらないので(笑)、明るいうちから焚き火を囲んで宴スタートです。焚き火の隣にはキリトさんがみんなに振る舞ってくれたサイコーのアテ、厚揚げ。僕は今シーズン初のおでんで白ワインをはじめました。


テーマは「酒」、といえば聞こえはいいですが、夜が更ければただのアウトドア飲み会。楽しくたっぷり飲みました。


チュンさんのマッハ3。積載バッグ類を黒で統一し、さらにリアシート上に高く積み上げ過ぎないことで、荷物満載でもマッハのスピード感を損なっていないスマート積載。
ストバイ製SIDE CARGO PACKも愛用してくれている紅一点のKさん。こちらも荷物満載ながら、クロスカブのキャリアを上手に活用しています。手前味噌ながらサイドバッグ、雰囲気GOODですね〜(笑) 次回はぜひW800で!!


こちら主催キリトさんのW650。日本軍製の当時物ケースを愛用する軍物ラバーな積載はベテランの香りも漂います。


ぼくのKZはラージサイズのSIDE CARGO PACKを左右に振り分け、リアシートにはテントやテーブル等の長モノを積載したいつものスタイル(だからって写真がずいぶん雑ですね……スミマセン)。


案の定、酒にまかせてワイワイ楽しんでしまい、肝心の“今後”については煮詰められませんでしたが……オフ会的大人のBIKE CAMP、略してAdult OnlyなBIKE CAMP……A.B.C.。世代的にはA.P.C.ですが、A.B.C.。正しくは、A-B.C.!? (要一考!?) 少しずつ広げていけたらと思っています。

↑PageTop