サイドバッグのケアと旅支度。


ご存知の方も多いと思いますが、この部品はリアサスペンション上部の取り付けナットを兼ねたカワサキ純正の荷掛けナット。KZ1000は荷掛けフック等が装備されていないため、少々荷物が多いツーリングでは荷掛けナットやボルト等を自前で工夫しないといけません。これまではKIJIMA製の荷掛けナットを使用していたのですが、ちょっとだけ気になる部分があり、“もう一回り大きなモノ”を探していたのです。灯台下暗しじゃありませんが、求めていたパーツがまさかカワサキ純正部品にあったとは知りませんでした。


写真手前の手で持っているのが、これまで使っていたKIJIMA製の荷掛けナット。ご覧のとおり純正ナットと同じようにサスペンション上部の取り付けナットを兼ねたツーリングライダー御用達のパーツ。当然、荷掛けフックとしては事足りていたのですが、唯一、気になっていた部分は「先端の細さ」。


上の写真はカワサキ純正の荷掛けナットですが、そう、サイドバッグを装着した時にバッグに当たる“ナットの面積”を少しでも大きくしたかったのです。写真のようにスタンダードサイズのサイドバッグでの、大して重たい荷物を入れていない日常使いなら、バッグにも大して負担はかからないでしょう。ですが、キャンプツーリング等で重たい荷物をサイドバッグに入れての長距離走行となると……細い荷掛けナットの先端が振動等でサイドバッグの生地を痛めてしまうかもなぁ……と気になっていたのでした。


とはいえ、これまで何年にもわたり何度もキャンプツーリングしてきましたが、幸いバッグの生地が破れるといったことは起こっていません(もちろん帆布でも)。ですが、これから先の長いバイクライフを考えると養生するに越したことはありません。カワサキ純正というのも、なんだか嬉しい響きですしね。

 


このカワサキ純正の荷掛けナット、M12/1.25サイズですので流用できる他車種もあると思います。

 

日常的バイクライフのお供には、ALLDAYS ROADSIDE™️のSIDE CARGO PACKを🙋‍♂️

ご用命は→こちらから。

 


広そうな公園を見るとつい。


前から気になっていた編集部から少し離れたところにある公園。

職業柄、走りながら撮影で使えそうなところを探してしまいます。今日は用事ついでに、その公園の近くを通ったのでちょっと寄り道。だたっ広くて、奥まで抜けがあって、電灯やベンチが少なく、周りの住宅も限りなく見えない。それでいて利用者は少なめ……都内でそんな都合の良い公園を探すのはけっこう難しいのですが、今日の公園はなかなかいいかもな場所でしたね。

 


たまにはバッグに小説や雑誌でも入れて公園でのんびり読書……そんな気持ちの余裕がもてるようになりたいものです。まぁすでにそんなことも許さない真夏がやってきてる感じですが。

 


日常的バイクライフのお供には、ALLDAYS ROADSIDE™️のSIDE CARGO PACKを🙋‍♂️

ご用命は→こちらから。

 

『大人のBIKE CAMP』第5弾に向けた、西湖キャンプ・ツーリング。その2


キャンプの朝は早い……とはよく言いますが、早寝しているから、というよりは、結局寝ては起きてを繰り返しているうちに、早く夜が明けないかなぁと“朝待ち”していることの方が多い(今回はとくに鹿の鳴き声に起こされたから……)。いつでもどこでもぐっすり眠れるヒトが毎回羨ましいと思ってしまいますが、こればかりは性格というか仕方ないですね。


朝ごはんはしっかり食べる派。この日はレトルトカレーを持ってきていたので、朝食はご飯を炊いてカレーライス。これまでに色々と試しましたが、炊飯は固形燃料でほったらかしが無精なタイプには一番ですね。でもこの日は風防を忘れたからか、炊き上がりは少し柔らかめでした。まぁ焦げるよりはマシ。結局カレーにしてしまえばぼちぼち美味しく食べられますしね。

カワサキZシリーズでもスリムに見えるこの角度、好きです。


積載はもうここ何年もKZでもSRでもまったく同じという安心の安定期。調理器具や焚き火台にシュラフといった、リアシートに括るには「小さな」ギア類は左右に振り分けたSIDE CARGO PACK -LARGE-に収納し、イスやテントに、テント&タープのポール、そしてスタッフサックにまとめた着替えやマット等の「長もの」はリアシートに括っています。お気に入りは、着替えとマットを収納した’70sライクな明るいアウトドアカラーの〈L.L. Bean〉と〈EDDIE BAUER〉のスタッフサック。イメージは当時KZ1000でツーリングしているアメリカ人でしょうか。


「低重心」は積載の基本。ツーリング途中のワインディングを「荷物の存在を忘れて」楽しむためには、“低重心への努力”は怠たれません。そのための振り分けサイドバッグですが、例えば今回のKZ1000なら、軽くてオートバイを傷つけないマット(赤いスタッフサックにサンダルとともに収納)は、最後にテールカウルの上に積載する工夫。高さを抑えるとともに崩れにくさにも寄与し、結果的に見た目のまとまり感もGOOD。


帰路は西湖から精進湖の脇を抜け、国道358から県道36を繋ぎ笛吹市へ。一宮御坂ICから勝沼ICまでひと区間中央道でワープし、フルーツライン経由で国道411を通り奥多摩方面へ。山道快走ルートを楽しんでいたら2時間程度であっという間に八王子付近。ここからは圏央道〜中央道と乗り継ぎ、昼過ぎに世田谷編集部着。


ゆっくりお昼前出発でキャンプ場ではのんびりと過ごし、帰りは山道を堪能と、初めての西湖でのキャンプでしたがルートも時間配分も大満足でした。今度はまったく同じ行程をSRで楽しんでみたいですね。



そうそう、テープの追加によってベルトが下まで垂れ下がらない2024ver.、実際のキャンプでも使い勝手抜群でしたよ!!「片方でも両方でも」な、キャンプツーリングにもバッチリな大容量のSIDE CARGO PACK “LARGE” 、まだ在庫に余裕がありますので、皆さま、今シーズンの旅のお供にぜひ。おすすめです。



■LARGEサイズのSIDE CARGO PACKはこちらから。

 

 

 


日常的バイクライフのお供には、ALLDAYS ROADSIDE™️のSIDE CARGO PACKを🙋‍♂️

ご用命は→こちらから。

 

↑PageTop