ニュームック『BRITISH TWIN VOL.2』5月30日発売。


インスタ&フェイスブックではすでに表紙を公開していたニュームック『BRITISH TWIN VOL.2』は、今週木曜日/5月30日に発売です。

 


トラディショナルな英国テイストから、個性豊かなアメリカン・カスタム、そしてオリジナルまで……トライアンフ・ツインの今を知る!!

 


今年3月末に開催された2DAYSキャンプで、全10回の幕を閉じたオールド・トライアンフONLYのミーティング[TRIUMPH RIOT]。

2011年にひとりのトライアンフ乗りが始めたミーティングは、回を重ねる毎に注目を集め、1930~’70年代のトライアンフの黄金期を支えた2気筒モデルを中心に、毎年200台以上のオールド・トライアンフ乗りが集まるビッグ・イベントに成長した。

トラディショナルな英国テイストに個性豊かなアメリカン・カスタム、そしてオリジナル。TRIUMPH RIOTの特徴を挙げるなら、そこにスタイルの垣根が存在しないこと。自分の感覚・価値観でトライアンフを自由に楽しむライダー達が、TRIUMPH RIOTの参加者だ。おそらくRIOTと名付けられた意味は、ココにあったのだ。


そんなトライアンフ・ライオットの全10回(2011~2024)の軌跡をまとめたフォトブックは、ライオットの会場と同じように、表紙から最後まで見事にオールド・トライアンフだらけ。

トライアンフ・ツインがもっとも販売されていた1950~60年代のアメリカで、”トライアンフだけのミーティング”があったなら、おそらくこんな雰囲気だったのだろう……そんな気分にもなれる一冊。


表紙は、ファイナルでのハイライトだった“モーニングラン”の様子。総台数200台オーバーで奥の奥までトライアンフ。おそらく本国イギリスでも実現しないトライアンフの祭典。トライアンフ好き、英車好きにはたまらない全164P。

5月30日発売。Amazonでは予約もスタートしてますので、トライアンフ・ラバーズの皆様、お楽しみに。