ニュームック『BRITISH TWIN VOL.2』5月30日発売。


インスタ&フェイスブックではすでに表紙を公開していたニュームック『BRITISH TWIN VOL.2』は、今週木曜日/5月30日に発売です。

 


トラディショナルな英国テイストから、個性豊かなアメリカン・カスタム、そしてオリジナルまで……トライアンフ・ツインの今を知る!!

 


今年3月末に開催された2DAYSキャンプで、全10回の幕を閉じたオールド・トライアンフONLYのミーティング[TRIUMPH RIOT]。

2011年にひとりのトライアンフ乗りが始めたミーティングは、回を重ねる毎に注目を集め、1930~’70年代のトライアンフの黄金期を支えた2気筒モデルを中心に、毎年200台以上のオールド・トライアンフ乗りが集まるビッグ・イベントに成長した。

トラディショナルな英国テイストに個性豊かなアメリカン・カスタム、そしてオリジナル。TRIUMPH RIOTの特徴を挙げるなら、そこにスタイルの垣根が存在しないこと。自分の感覚・価値観でトライアンフを自由に楽しむライダー達が、TRIUMPH RIOTの参加者だ。おそらくRIOTと名付けられた意味は、ココにあったのだ。


そんなトライアンフ・ライオットの全10回(2011~2024)の軌跡をまとめたフォトブックは、ライオットの会場と同じように、表紙から最後まで見事にオールド・トライアンフだらけ。

トライアンフ・ツインがもっとも販売されていた1950~60年代のアメリカで、”トライアンフだけのミーティング”があったなら、おそらくこんな雰囲気だったのだろう……そんな気分にもなれる一冊。


表紙は、ファイナルでのハイライトだった“モーニングラン”の様子。総台数200台オーバーで奥の奥までトライアンフ。おそらく本国イギリスでも実現しないトライアンフの祭典。トライアンフ好き、英車好きにはたまらない全164P。

5月30日発売。Amazonでは予約もスタートしてますので、トライアンフ・ラバーズの皆様、お楽しみに。

マチ、意外とあるんです。


オートバイの小脇に佇むちょうどいい「マチ」。小ぶりに見えて、意外とあるんです。


で、サイドポケットからはツーリング中に思いのほか嬉しいドリンクホルダー登場。サービスエリアで買ったお水、飲みきれないときに重宝するドリンクホルダーですが、実際にツーリング中に嬉しいなぁと実感するのは、次の休憩の時に「あ、そうだ水あったんだ」と買いに行く手間が省けたとき。かなり微々たるところですが、これけっこう重要なポイント。

でも、真夏は要注意。走り過ぎると一気にぬるま湯です(笑)

 

なんだかいい雰囲気。ある意味クラシック?


先週の晴れた土曜日に、ずいぶん前に取材して以来、もう何年になるか忘れたけど長い付き合いになるオートバイ乗りが遊びに来てくれました。いまはカワサキ250TRに乗るOさんは、以前ブルーのタンクのCL250に乗っていて、編集部からの帰り道に夜の246で見かけて、青いタンクと赤いヘルメットに目を奪われ、追いかけて声をかけた以来の付き合い。もうめったにそんなことはしなくなりましたが、街で見かけた雰囲気のいいオートバイ乗りを反射的に捕まえてしまうのは、毎週末、何年も原宿でバイカーハントしていた癖が抜けない、もう完全なる職業病。当時は地方でも、休日でもお構いなしに声をかけていましたね。で、OさんもFTR223に乗るパートナーさんもシートバッグやタンクバッグを愛用してくれていて、これまたいい雰囲気で使ってくれているからつい写真を撮りたくなってしまいます。


この日はOさんが合皮のサイドバッグを買いに来てくれたのですが、グレーに塗装されたTRにベストマッチ。最高です。


このふたりというか、この2台のオートバイを見ていると、昔のストバイというか、ある意味クラシックというか、ストバイがずっと言い続けていた日常感が溢れていていい雰囲気だなぁと思うんです。そんなオートバイの雰囲気を壊すことなくバッグを使っているのが、また嬉しいんですよね。

 

Renew!! SIDE CARGO PACK “STANDARD” 帆布オリーブドラブ入荷しました。


お待たせしました。
長らく欠品していた定番中のド定番、スタンダードサイズのSIDE CARGO PACK(帆布オリーブドラブ)の2024ver.が入荷しました。

■オンラインショップはこちらからどうぞ。

少し前に再入荷したラージモデルと同様、基本的な作りやサイズは従来モデルから変更ありません。2024年モデルとしての改良点は、バッグ開閉時に正面の2本のベルトの脱落防止を兼ねたユーティリティテープの追加になります。


[リニューアルポイント①]
バッグ正面に50mm幅のユーティリティテープを追加しました。これまたラージ同様、メインの目的は、バッグの開閉を行う際に正面の2本のベルトが「だら〜ん」とぶら下がらないこと。従来モデルでは荷物を取り出す際、開閉を行う2本のベルトは地面近くまでぶら下がってしまいますが、ユーティリティテープを配したことでベルトのぶら下がりは最小限となり、地味な部分ではありますが非常に使い勝手が向上しました。しかしながら、テープ追加のきっかけは、フックの掛け忘れでぶら下がったままのベルトが走行中のホイール等の巻き込みで切れてしまう事案が多かったからです。ユーティリティテープがあれば、万が一フックをかけ忘れ走行してしまった場合でもベルトがホイール等に巻き込まれる心配はありません。また工夫次第でポーチ等を装着できるよう、2本の開閉ベルトが通る部分+中央にも約5cm程度の隙間を設けてあります。ご自由にお使いください。


容量やサイズ感等、自分たちでも完成形と自負しているロングセラーモデルのため、それ以外は従来どおりです。価格も従来モデルから変更ありません。


日常使いからデイトリップにぴったりの片方がけサイドバッグ。ロングツーリングの際はもう片方だけラージ……といった使い方もおすすめです。とくにキックスタートのみのオートバイでは、車体右側はスタンダード、左側にはラージ、そんな使い方をされている方々も増えています。

ではでは、今年も最高のシーズンになってきました。バッグとともに豊かたオートバイライフを!!

 

明後日12日(sun)はW1ミーティング @箱根十国峠パーキングですよ!!


明後日12日(sun)に箱根十国峠パーキングで開催されるW1ミーティング。なんとか天気も大丈夫そうですね。いつもどおりチームストバイもブース出店します。というわけでW1ミーティング前にW3をリフレッシュ。天気がいいだけで気持ちいいですが洗車はさらに気分よくなりますね。

↑PageTop