いよいよ“帆布”が楽しくなってきた。

こちらは新品の状態……なんですが、オリーブは色の特性上、デジカメとの相性が悪いのか、忠実な色味を出すのがほんとにムズカシイ。実物はもう少し“濃い”んです。

昨年リリースし好評の“帆布”製サイドカーゴパック。最初の半年は予約で完売が続いていたため編集部用在庫がありませんでしが、今年の春頃からようやく少し余裕が出たので、経年変化を楽しむべく「YASによる毎日付けっぱなし実験」を行なってました。


約5ヶ月間くらいでしょうか? 基本的にオートバイから外さず、通勤&取材に使用し当然、日差しとともに雨にも何度も降られてきました。日々見ていると気がつかないもんですが、たまに入荷した新品と比べると色味も風合いもだいぶ使い込まれた雰囲気になってて驚きました。





というわけで、先日入荷したドリンクホルダー付きをYASが使い始め、使い込んだ“帆布”を譲り受け新たな実験を開始します。まずは5ヶ月間の汚れをジャブジャブ洗います。洗剤とナイロン製のタワシを使いながら2〜3回に分けてゴシゴシ洗います。思えば“洗える”ことも“帆布”の魅力のひとつですね。ちなみにネットに入れて洗濯機もラクかもしれません。


これまた写真じゃ伝わりづらいですが、左]が新品で[右]が洗濯後。本来、色落ち具合を見せたい比較写真ですが、逆に[左]の新品の色の濃さやパリッとした生地の質感が伝わるでしょうか? わずかな違いですが、各部にアタリも出始めベルト類もクタッとしたことで、ずいぶんと軍モノらしい風合いになってます。

 


洗濯&乾燥が終わった“帆布”サイドカーゴパック。日の当たる部分によって色の褪せ方も違うようで、何とも言えないムラのある色落ち具合やクタッとした生地の風合いがビンテージのような雰囲気だったため、ついつい古着のデニムとパシャリ。

 

さて、これからが実験の本番。これまで展開してきたコーデュラ・ナイロンにも合皮ブラックにもない“帆布”ならではの楽しみ。成功すると良いなぁ。お楽しみに!

タンクバッグ内ポケット修理依頼


これまで一度もないことでしたが、タンクバッグの修理依頼があったためご紹介します。LONG TOURタンクバッグMサイズのフラップ裏に付くメッシュポケットが外れてしまったようです。このお客さまの場合はご購入からそう経っていなかったため、縫製上の問題もあるかもしれませんので無償にて修理させていただきました。※使用状況や使用日数により状況が異なるため、修理の無償/有償については各依頼主さまとの相談になりますが、基本的に修理は可能ですのでお気軽にご相談ください。

 


ご使用いただいていたのは、LONG TOURタンクバッグ(Mサイズ)のセミオーダー“グレーパイピング”。良い感じに使い込まれた雰囲気が出ていました。

 


当然の状態ですが、きっちり修正しております。Tさま、お待たせいたしました。明日、発送いたします。

“LL”サイズのたっぷり大容量は普段使いにもオススメ。

  

たっぷり大容量が嬉しい新作LONG TOURタンクバッグのLLサイズ。ざっくりとした収納力、どれくらい入るかを撮影したのでご紹介。

写真は底面にグルッと付くファスナーを開け容量を増やした状態。

まずB5版ツーリングマップルを入れると上下左右に余裕たっぷり。

 


さらに1リットル・ペットボトルも余裕で収納。長さのイメージはこんな感じでしょうか。

 


そこにレインウェアを追加。丸めたカッパと一緒にブーツカバーも収納しているため中央部分がかなり膨れてますが、これまたすっぽりと入ります。

 


さらに追加するモノといえば、帽子にデジカメにディスクロック等でしょうか?

 


現実的にはペットボトルとレインウェアを収納し、その上にツーリングマップルやデジカメを入れた方が使い勝手いいですね。そーゆー意味じゃ。そもそも1リットル・ペットボトルはあまり入れませんね。

 


今回、LONG TOUR タンクバッグ”LL”サイズに収納したモノはこちら。ざっくりとした収納力、伝わりましたでしょうか?

 

 

GO→LONG TOUR TankBag-LLサイズ

【お詫びと訂正】 BRITISH TWIN「愉悦の英車真髄」

【お詫びと訂正】

7月24日発売の三栄ムック[BRITISH TWIN〜愉悦の英車真髄〜]におきまして、編集部の確認不足により誤りありましたので、下記の通り訂正いたします。関係各位、並びに読者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 

P4-8
INTRODUCTION
・P6-9にて着用のヘルメットメーカー名
誤:表記無し
正:取材協力●SHM HELMET(DIN MARKET/greasykids.co.jp)

 

P24
第一部 TRIUMPH
・[T2]1952 6T THUNDERBIRD スペック箇所の車名
誤:■1952 6T SPEED TWIN
正:■1952 6T THUNDERBIRD

 

P42-42
モノブロックって何だろう?
・アマル社製モノブロック・キャブレターの英訳箇所
誤:MONO BLOCK
正:MONOBLOC

 

P66-71
軽快な安定感!? こそ英車真髄だ!!
・P66-67の車名
誤:’60 TRIUMPH TR6 TROTHY
正:’60 TRIUMPH TR6 TROPHY

・P68-69の車名
誤:’68 TRIUMPH TR6R TROTHY SPECIAL
正:’68 TRIUMPH TR6R TROPHY SPECIAL

 

P130-131
DRINK a Cup of Tea!「英車乗りは“ミルクティー”がお好き!?」
・P131 下段 ルイスレザーズCEO デレック・ハリスさんの肩書き
誤:Luwis Leathers CEO
正:Lewis Leathers CEO

 

P132-139
Days of LEWIS
・P139 左上GOGGLES MK IXの価格
誤:¥16,800(税別)
正:¥32,000(税別)

・P139 左下RACING GLOVESの価格
誤:¥34,800(税別)
正:¥34,000(税別)

 

以上になります。

大変失礼いたしました。以後、同じような間違いを起こさぬよう編集部一同、徹底して参ります。

 

BRITISH TWIN 「愉悦の英車真髄」編集長 芝原啓彦

8月4日はオールドタイムラン・ミーティング in 蔵の街サマーフェスタ


明後日の日曜日、8月4日は毎年恒例の”オールドタイムラン・ミーティング in 蔵の街サマーフェスタ”が開催。北関東の旧車会の面々が企画・運営する[オールドタイムラン]は、10月に栃木の道の駅みかもで開催される”オールドタイムランみかも”と、この8月開催の”オールドタイムラン・ミーティング in 蔵の街サマーフェスタ”の年2回。

秋の”オールドタイムランみかも”は、もうかれこれ10回を越え、参加台数も年々増え続けている関東を代表する旧車ミーティングのひとつ。そして夏開催の”オールドタイムラン・ミーティング in 蔵の街サマーフェスタ”は、昔ながらの町並みが残る栃木、蔵の街にて同日行われる夏祭りの中で旧車がパレードするアトラクション付き。かき氷を食べる親子や浴衣姿の家族が旧車を眺めながら笑顔になる光景は、まさに昭和な雰囲気でこちらも癒されるなんとも良い時間なんです。

これまた毎年のことですが、参加される方は、暑さ対策を万全に!! 道中も会場も暑さはハンパじゃありません!!

↑PageTop