[SR500F.I.]3つのミッションを課したソロキャンプ。

宿泊地は取材でもお世話になっている近場の道志の森キャンプ場。予約不要で川沿いから林間サイトから開けた場所まで選び放題なのでいつきても気楽です。


「ザッパー物語」ムックが校了したら行こうと思っていたソロキャンプ。6月中ならぎりぎり真夏前!? と思っていたのに思いっきり猛暑。道中から思いやられましたが、今回は試したい3つのミッションがあったため、気分転換も含めて近場の道志で決行することに。

[ミッション]
①タープを張る(今さらですが)
②スマート・パッキング(振り分けサイドバッグ+シートバッグのみ)
③ロピア(神奈川系スーパー)でベーコン!?

秦野から山中湖に抜けるルート。ここは山道を楽しんだ後の絶景が最高。何度来ても止まってしまいます。

ミッション③の神奈川系スーパーマーケットの〈ロピア〉で買い出しをするために、この日は東名高速を秦野ICで降り山中湖経由で道志に向かいます。昨年から夜のツマミの定番に“ベーコン焚き火炙り”があるのですが、これを教えてくれた師匠がしつこく言っていたのが「色々試したけどロピアのベーコンが一番」。どうやらロピアにはスーパーなのにオリジナルのベーコン&ハム等があるようで。通り道で探したら秦野IC近くにあったのでこのルートに決定。


初自撮り撮影もスタート。イメージは、夏の空と白Tとジェットヘルメット+コンペシールドというわけで片岡先生の『幸せは白いTシャツ』的な。たしか本の中の三好さんはバイザーは付けてなかったですけどね。


道志の森キャンプ場に着いたら設営前にまずは川涼み。いやぁ最高。今日はこのまま川沿いのサイトにするか〜と川から上がったら、隣にタンデムのオートバイカップルが到着。おまけに同じモンベル・ムーンライトテントだったので、すぐ横でムーンライトテントでソロキャンおじさんがいるのも迷惑だよなぁ……と、空いてる林間サイトへ移動。


さて、ミッション②のスマート・パッキング。先日ブログでも紹介した、リニューアルしサイズUPしたCSB-Classic Seat BagサイドバッグLARGE×2で、すっきり&使いやすい積載に挑戦というワケです。

重要ポイントとしてはこの“広い着座スペース”の確保。キャンプツーであっても道中の走りはしっかり楽しみたい派のため、“着座スペースを圧迫する”積載はNGです。


普段はリアシート上にテントやイス、テーブル等のかさばる道具をツーリングコードで括っていますが、リアシート上がシートバッグになることで道中の荷物等の出し入れもずいぶん容易になりますね。そして道具の量も減らさずに収納できました。

[左から]
・コット:サーマレストのウルトラライトコット
・テント:モンベルのムーンライトテント(旧1型)
・タープ:モンベルのライトタープ
・シュラフ:SOLのエスケイプヴィヴィ
・ギアバッグ:ロスコ
(ローテーブル、スキレット、ストーブ、コッヘル、ライト系、カトラリー、アルミホイル、キッチンペーパー、ナイフ、調味料等)、
・ソロテーブル:Amazon購入
・ソロチェア:Amazon購入
・水筒×2(サイドバッグのサイドポケット収納)
・燃料×2(アルスト&ガソリンストーブ用/サイドポケット収納)
・虫除け&油(サイドポケット収納)
・森林香
[上段左から]
・着替え&ジャケット
・クーラーBAG(ビニール袋中も食材用クーラーバッグ)
・焚き火台:ピコグリル398(袋の中にトライポッド収納)
・サンダル

以上。

ちなみに、2つのクーラーバッグ以外は全て2つのサイドバッグに収納できているため、基本的にシートバッグの中は買い出し前までは空荷に近い状態。日程が増えた場合の着替え増やレインウェア積載もまだまだ対応できる状態です。


ビールや食材の買い出し後はシートバッグの両サイドを拡張しややいびつに膨らんだ状態でしたが、キャンプ場までだから問題ナシ。むしろ収納できたことが嬉しい。

ビールに肉2種にお目当てのベーコンに野菜類にキノコにと、たくさんの買い出した食材は拡張したシートバッグに全て収まりました。我ながら頼もしい。手前味噌ですがわずかなサイズUPが効いてますね。


そしてミッション①のタープ。結果的にぼちぼちキレイに貼れましたが、これはホント苦労した。アッチを引けばコッチが倒れる……じゃありませんが、まず支点となるポールを立てるのに一苦労。本来、ちゃんと立てる順序があるんでしょうね……様子を見ながらタープ用のロープの張りを調整するためにアッチ行ってコッチ行ってアッチ行って、今度は向こう側に……快適空間を作るために汗ダクになりました。


でもやっぱり広い前室と、日陰は居心地抜群。タープがあるだけで、ずいぶんプライベート空間な雰囲気が増して落ちつく落ちつく。雨が降ったらテントの中でうずくまるように小さくなるしかなかった今までがストイック過ぎたんだろうなぁ。

気温も高かったためテントのフライシートは使わず、風通し良い状態で夜もぐっすり眠れました。これもタープのおかげ。


ビールとともに旬のトウモロコシから始めて、鶏もも焼き、いぶりがっこを挟みながら、赤ワインへ移行し、砂肝。この日デビューしたトライポッドが良い仕事してくれます。焼き具合から、ちょっと一息付く時の保温まで……網の高さを調節するだけでOKなんて楽チン過ぎ。


腹も満たされ酔いも回ってきた頃にミッション③のロピア製ベーコン登場。いつもはぶら下げて炙りますが、この日は網を高めにセットしたいい加減なベーコン炙り。師匠に怒られますね……

でも、お世辞抜きで今後は「ロピアのベーコン一択」。マチガイナシでした。フツーのスーパーの手頃なモノからちょっと高級ベーコンまで色々試しましたが、たしかに師匠の言う通り、ロピア一択ですね。もう最後のツマミに最高なんです。ずいぶんとじっくり炙って油が落ちきったように見えても、食べるとジュワッとベーコンの旨味が溢れる……ちょっとコスパ良過ぎです。


最近、キャンプの朝はミニトマトとコーヒーがお決まり。飲み過ぎた翌朝にトマトは心地よくお腹を満たしてくれます。


さて、秋のキャンプシーズン前に企画している『大人のBIKE CAMP』の第3弾。ぼちぼち構成を練らないとですね〜。そちらもお楽しみに。


帰りはゴミの収納でまたシートバッグは拡張しました。


※長らくお待たせしているタンクバッグも絶賛仕込み中です。もうしばらくお待ちください。

 

「カワサキ・ザッパー物語」なんて本を作ってました。6/27発売です。


>>NEW<< ——6/27発売
「THE PHILOSOPHY OF KAWASAKI ZAPPER」
それはオートバイの快感、カワサキ・ザッパー物語。


amazonは、こちらからどうぞ。

昨年12月にカワサキから発表された新型ネオクラシックモデル、Z650RS。Z900RSが初代Z1カラーで登場したように、Z650RSは“ザッパー”の愛称で親しまれた1976年のZ650カラーだったことから、発表直後からファンのあいだでは「待望のザッパー復活!!」や「ザッパーというなら4気筒じゃないと…」云々、賛否両論盛り上がりました。というのも、Z650RSのベースとなったネイキッドZ650は並列二気筒だったのです。

Z900RSで「水冷エンジン」、「モノサス」、「前後17インチ&ラジアルタイヤ」に免疫はついたとはいえ、多くのZファンやクラシック系バイクファンにとっては、やはり「ザッパー復活ならば4気筒であって欲しかった」なんて声が多かったのも事実。久しぶりにバイクファンの中で“ザッパー”というキーワードが脚光を浴びたワケですが……歴史を振り返ると、じつはカワサキが1976年のZ650だけを指して公式に“ザッパー”と名乗ったことはなかったのです!! 

では、ザッパーとは何なのか!? 本誌の企画はここからスタートしました。

なんでも「ZAPPER(ザッパー)」とは、「風を切る音」を表す「ZAP」という単語からら生まれたコトバだそうで、1960年代のアメリカでは「速くて飛ばせるオートバイ」を指して使われていたようなのです。当時だとTRIUMPH T120やH-D SPORTSTERがザッパーの部類。

国内でのオートバイ事業参入が後発だったカワサキは、’60年代中盤以降その活路をアメリカに定めるワケですが、ご存知のとおり並列二気筒650ccのW1では見事に失敗。カワサキはこのとき初めて「アメリカの若者が求めているのはどうやら“ザッパー”らしいぞ」と知ることになったのでした。

PART1は、ザッパーを模索した1969年のH1(マッハIII)から、世界一のザッパーを目指した1972年のZ1を“徹底したザッパー目線”で解説。

「日本のメーカーは国内用のモデルを輸出しているが、カワサキは“米国用”のモデルを輸入しているのだ」当時アメリカ・カワサキの総責任者だった浜脇洋二氏は、Z1の開発史を記した『カワサキZの源流と軌跡(三樹書房)』のなかで、当時の戦略についてこう話しています。

なんでも、ホンダ、ヤマハ、スズキよりも遅れてアメリカに上陸したカワサキが、1966年にいち早く現地法人を設立し始めたことは、“アメリカ人になりきりマーケティングすること”。幹部にアメリカ人を雇い、社内では英語を公用語とする。日本の3メーカーとの差別化を図るべく徹底して“郷に入らば郷に従え”精神を貫く。こうした環境下のアメリカで「ザッパーとは何ぞや!?」と模索しながら誕生した“ザッパー第一号”が、じつはジャジャ馬で知られるマッハIIIだったのでした。そして、それまで一般的な呼称でもあったZAPPER(ザッパー)は、次第にカワサキの下で開発思想となり、その後のZシリーズが誕生するのです。

当時、開発思想にまで昇華された「カワサキにとってのZAPPER(ザッパー)」とは何だったのか!? ’60〜’70年代の“カワサキ・ザッパー物語”を紐解くことこそ、いまスタンダードと呼ばれ多くのヒトが楽しむ’70年代のZシリーズの魅力を知るきっかけになり、さらに当時のモデルをモチーフとするZ900RS、そして新型Z650RSの“魅力の本質”が見えてくるのではないか!? それこそが本誌のテーマでありコンセプトです。

題して、「THE PHILOSOPHY OF KAWASAKI ZAPPER」。雑誌というより、読み物に近い? 「カワサキ・ザッパー物語」は6月27日発売です。

PART2は、1976年のZ650。なぜZ650だけが“ザッパーの愛称”で親しまれたのか!? その謎に迫ります。

PART3は、Z650の翌年登場したZ1000。いわゆるZ1系デザインの最終モデル。不人気車でもあったZ1000開発の真相とは!?

PART.4は、’70年代の一部のカワサキ・スタンダード車に付けられていたRS=ROADSTERに着目し、新型Z650RSの魅力に迫ります。

PART5は、Z1開発時に常に議論されていた「優れたツーリングバイクであるために」をテーマに再考。1970年を境にアメリカで“新たなレジャー”として脚光を浴びたツーリング。Z1で追求した魅力はZ900RSにも受け継がれている!?

「THE PHILOSOPHY OF KAWASAKI ZAPPER」
それはオートバイの快感、カワサキ・ザッパー物語。
¥1,200

全国書店、Amazon等でお買い求めください。

〈目次〉
■Introduction——「再び脚光を浴びたザッパーがもたらしたこと」
■本誌を深く理解するためのキーワード解説
■1927-1970 カワサキ年表「造船、飛行機そしてオートバイへ」

——特集——
■Part.1「BORN TO BE ZAPPER」〜“ザッパー伝説”は、アメリカではじまった〜
■Part.2「MORE ZAPPER!!」〜カワサキは“650”の魅力を知っていた〜
■Part.3「THE KING」〜カワサキZはザッパーから大人のマシンへ〜
■Part.4「ROADSTER」〜カワサキ・スタンダードが標榜する、もう一つの本領〜■Part.5「TOURING CYCLE」〜“豊かなトルクに身を任せて遠くまで”〜

■〈男からオトナ・カワサキへ〉
石丸直基/登山道夫(Z1 FANCLUB)/佐々木英行/Lewis Leathers/SHM Helmet

■〈Zにまつわるエトセトラ〉
「ステーキ名で呼ばれたZ」/「Z系エンジンの変遷」/「ヨーロッパ仕様のZ」/「カワサキZの伝説あれこれ」

■Story from Photograph「650」
■Epilogue「1970年代の正統派」

 

[SR500F.I.]夏のキャンプツー、“スマートパッキング”のススメ。


わずかなサイズUPですが、NEWシートバッグの積載力がずいぶん増したというワケで、以前からやってみたかった「キャンプツー・スマート積載」を試してみました。


要するにサイドバッグLARGEを両サイドに振り分け、リアシート上にはシートバッグのみという構成。リアシート上にキャンプ道具を括らないで済む利点としては……

①ツーリングコード等が不要なこと
②雨天時の対策が容易なこと(シートバッグは専用レインカバーを付けるだけだし、サイドバッグ内は天候が怪しい場合内側でゴミ袋にて養生)
③リアシート上の積載が一つになることで、脱落等の心配がないこと
④着座位置スペースを通常通り確保できること
⑤ツーリング中にシートバッグ内の荷物出し入れが容易なこと

これまでリアシート上にキャンプ道具を括ってきた僕的には、②と⑤はメリット大ですね。

[車体右側のサイドバッグ] ・テント:montbell-ムーンライト1型(旧)  ・コット:サーマレスト/ウルトラライトコット ・テーブル&イス:Amazon購入 ・焚き火台:ピコグリル398

さて、スマート積載で実際にどれだけの荷物が収納できたか見ていきましょう。

まず車体右側のサイドバッグには、テント、コット、テーブル、イス、そして背面の内ポケットに焚き火台を収納しました。テントはモンベルのムーンライト1型(一人用)ですが、今シーズン新調予定の、二人用のムーンライトテント(新型)は、二人用でも旧1型よりコンパクトだからさらに余裕できそうですね。

[車体左側のサイドバッグ ]
・小道具系収納バッグ×2  シュラフ:ISUKA(3シーズン用)  ・2泊分の着替え  ・ウインドブレーカー

車体左側のサイドバッグには、小物系のギア等をまとめた2つのバッグとシュラフ、着替え、防寒用ウインドブレーカーを収納。また片方のサイドポケットに燃料×2収納しています。


小物系ギアバッグ①には、サイドテーブル(SOTO/フィールドホッパー)に、ガソリンストーブ(オプティマス/スベアストーブ )、コッヘルセット(SOTO/サーモスタック)、そして調味料や革手袋、小型スピーカー等。

 


小物系ギアバッグ②には、スキレット(ニトリ)にシェラカップ(SOTO)、キッチンペーパー、ナイフ、カトラリー、ライト関係、アルミホイル、水用の袋といった道具を収納。どちらもまだ少し余裕がある状態にしています。


基本的にいつもの使うキャンプギアのほとんどがサイドバッグに収まったため、シートバッグにはクーラーバッグのみという余裕のある状態。サイドバッグに計4つあるサイドポケットもまだ一つしか使ってないので、こちらも余裕はあります。


ラージサイズのサイドバッグを使っていると、シートバッグのドリンクホルダーの“すわり”も良い感じです。

 


天候的にレインウェアも必要な時は、シートバッグ上のベルトに括ればOK。シートバッグは左右に拡張もできますし、ツーリングネットを一つバッグに入れておけば、不意に増えた荷物にも対応可能です。

荷物がスマートに積載できると、その分、道中の走りも存分に楽しめます。振り分けサイドバッグ&シートバッグを使ったスマート積載、この夏ぜひお試しください。

↑PageTop