最新ムック「W TOURING」W1が教えてくれた“大人”のツーリング。12月5日発売です。


これから冬……だからこそのツーリングムック作りました。

タイトルは、
『W TOURING』
W1が教えてくれた“大人”のツーリング。


昨今SNSの普及とスマホの進歩によって、オートバイユーザーのツーリング記事を多く目にしますが、SNSには出てこないオートバイ・ツーリングのドラマを、誰もが持っているものです。

そこで、旧車ダブワンと長く付き合ってきたユーザーたちならではの想い・考え方・エピソードに触れることで、決まりきった写真展開だけのSNS記事の奥に潜む、様々な“情景”に触れてもらおうと企画しました。


1966年に登場したカワサキW1シリーズは、初の国産大排気量オートバイとして当時多くのオートバイユーザーに「さらに遠くへ」と夢を抱かせたモデル。そんな一台と長年ツーリングを楽しみ続けるユーザー達の話には、どこかオートバイ・ツーリングの普遍的な魅力があるようにも思えます。

掲載されているレポートはユーザー本人の手記、そして使用する写真もユーザーのスマホなどで撮影したものばかり!? という新感覚“ユーザー・ツーレポ”ムック。乗れない季節の脳内ツーリングをお楽しみください。

 


#Wtouring #12月5日発売 #ストバイ #ツーリング #昔のオートバイ雑誌には必ずあったユーザーのツーリングレポート

[SALE]11月18(sat)〜23(Thu):シーズンオフ手前の……感謝SALE開催します。


オートバイ乗りには嬉しかった季節外れの暖かさも落ち着き、ようやく本来の秋冬めいてきました。シーズンオフ直前……というわけで、少し早いですが今年一年の感謝を込めて今週土曜日から1週間SALEを開催 いたします。

 


■シーズオフ手前……の感謝セール
■期間:11月18日(sat) 12:00 〜 23日(thu)
18日の正午12:00より開始します。
■対象商品:SIDE CARGO PACK STANDARD & LARGE

■価格
SIDE CARGO PACK STANDARD
定価:¥21,450(税込)→¥18,000(税込)

SIDE CARGO PACK LARGE
定価:¥26,950(税込)→¥23,000(税込)

 


今シーズンから〈ALLDAYS ROADSIDE™️〉として新たに独立したストバイ・バッグ部門。材料から縫製まで一貫したMADE IN JAPANの作りの良さを、まずは定番のサイドバッグからお試しください。※SALE中にSOLD OUTになった場合はご容赦ください。

 

SIDE CARGO PACK-STANDARD

SIDE CARGO PACK-LARGE

キックスタートのオートバイにオススメなのが、左右サイズ違いでの装着。

SIDE CARGO PACK-STANDARD

SIDE CARGO PACK-LARGE

 

たまに聞かれる……クラシックサイドバッグの取り付け方法。


たまに問い合わせや質問があるサイドバッグの取り付け方法。先日、お客さんに説明するために写真を撮ったので紹介します。


基本的にバッグのショルダーベルトをグラブレール等に引っ掛けるだけ。もちろんグラブレールでなくても、サスペンションの付け根やフレームだって構いません。要は付けばOKなワケです。

こうしたごくごく簡単な取り付け方法を採用した理由は、容易な脱着高い汎用性、そして、二輪用サイドバッグがなかった時代、多くのバイク乗りが軍モノBagを工夫して取り付けていた雰囲気を再現するため、です。


また好みに応じて装着位置の高さを調節できることも利点です。もちろん負荷のかかるベルト取り付け部分等はしっかり補強してありますので、パンパンに重たい荷物を入れて長時間走行してもベルトが切れる、ほつれる等の心配はありません。

専用パニアケースのようなシステマチックな積載の魅力もありますが、ストバイ・サイドバッグのようなミリタリー・テイストであれば、こうした簡易的な装着であればあるほど“自然なリアリティ”があるように思うんです。


とはいえ、オートバイ用の設計ですので、空荷に近い状態で走行風に煽られないよう、バッグ背面には車体と固定するためのループベルトを取り付けておりますのでご安心を。固定には、車体にもバッグにも優しい樹脂製のソフトタイラップがオススメです。二輪用品店やモノタロウ等でも購入できますよ。

 


そうそう余ったショルダーベルトは折り返して金具に差し込んでおくと、ベルト先端がぶらぶらすることも防止できます。


スタンダードサイズで写真を撮りましたがラージサイズも同様です。

ではではご参考に!!

 

↑PageTop