大は小を兼ねるに慣れると……


今年はすでに早い梅雨だなんだとも言われていますが、ここのところ朝晩に雨に降られることもあり、カッパだなんだとちょっと荷物が多い日が続いたため、SRの時もKZの時も普段使いにLARGEサイズを使用することが増えました。ちなみにタンクバッグはLONG TOURタイプのLLサイズ。最近は横着してセンターホール使用をSRにも使ってます。上から見て右側前方のマグネットはタンクキャンプに付いている状態で、よくよくみればタンクバッグは少し浮いていますが、よく見なければ気にならない……というワケです。


普段使いに使用しているLARGEサイズのSIDE CARGO PACKは、旧モデルのためバッグ背面に車体とバッグをつなぐためのユーティリティ・ベルトはついていません。が、ソフトタイラップを3本使用しサイドポケットのループベルトと車体を固定。

キャンプ&ロングツーリングでリアシート上にも荷物を積んでいれば、ここまでする必要はありませんが、たったこれだけで荷物の中身が軽くても走行中に後方へズレる心配はありません。

 


そんなこんなでタンクバッグはLLサイズ、サイドバッグはLARGEが、最近のお気に位入り。普段使いにLLサイズやLARGEは大き過ぎるかなぁ……なんて思っていましたが、大は小を兼ねるというか、見た目よりも実用性というか、最終的にはバッグに余裕があるとなにかとラクですからね。

[注意]LARGEサイズは、Z900RSのマフラー側への装着の際はご注意を。

[注意]
下記ブログにて、カワサキZ900RSへの装着を紹介しておりますが、本日、同様の装着で長時間走行をおこなったところ、排気熱でバッグ底面が焦げることがわかりました。

2日間にわたる走行で、小一時間程度、そこまで回転数を上げずに走っている分には何事もありませんでしたが、高速を100〜120km/hの速度で2時間ほど連続走行したところ、マフラーの排気口の延長上のバッグ下部が焦げてしまい、ずいぶん熱をもってしまったことがわかりました。この2日間、停止するたびに、“装着位置の高さ”には気をつけていましたので、マフラーとバッグが触れていたことはありませんでしたが、排気の熱でバッグが焦げてしまったことは驚きでした。

カワサキZ900RSオーナーの皆さん、弊社SIDE CARGO PACKのLARGEサイズは、車体右側(マフラー側)への装着の際は、何かしらの対策が必要ですので、ご注意ください。今後、対応策を考えてまいります。紛らわしい、装着画像を掲載してしまい申し訳ございません。

 

 

 

 


今月末に発売されるカワサキのニューモデル、Z650RS話題ですね〜。それもこれも2018年デビューのZ900RSが、想像以上に多くのヒトに受け入れられたからでしょう。前後17インチだとか、モノサスだとか、倒立フォークだとか……そんなことを忘れさせる仕上がりの高さは、さすがカワサキでしたからね。

 


ところで、Z900RS用にKIJIMAさんが製作したバッグサポートをご存知ですが。デザイン、カラー、パイプ系、大きさ……サイドバッグを外した状態でも気にならない雰囲気は、バッグサポートとして完璧じゃないでしょうか。

 


せっかくクラシカルな仕上がりのZ900RSだからこそ、帆布サイドバッグを付けてみたかったのですが、じつはなかなか良いバッグサポートがなかったんです。というわけで、キャンプツーリングを想定し、左右にLARGEサイズのSIDE  CARGO PACKを装着してみましたが、いかがでしょうか!?


リアシート上の荷物を下ろすとこんな状態。
KIJIMA製バッグサポートにショルダーベルトを引っ掛けているだけですが、バッグサポートのおかげで、これだけ大きなサイドバッグでもタイヤに巻き込まれるような心配はありません。


お次は、STANDARDサイズのサイドバッグ(オリーブドラブ)を普段使いな“片方掛け”。この場合は、走行中にバッグが後方にズレないよう、バッグ背面のユーティリティベルトと車体のどこかを繋いでおくと安心ですね。使用しているのはバイクもバッグも傷つけないソフト・タイラップ。


こちらはSTANDARDサイズの帆布ブラック。ザ、クラシカルなオリーブドラブより、ブラックの方がZ900RSには相性がいい気もしますね。

 


左側でも同様にソフトタイラップで固定。これだけで、どれだけ飛ばしても走行風で後方にズレる心配はありません。

 


Z900RSオーナーの皆さん、KIJIMAさんのバッグサポートとともにSIDE CARGO PACKもぜひぜひご活用ください。

一番人気の定番、オリーブドラブのサイドカーゴ(STD)、再入荷分、予約受付開始しました。


普段の買い物から野外コーヒーセットとともにデイトリップ、左右に振り分ければロングツーリングもこなすSIDE CARGO PACKのスタンダード。

やはり定番のオリーブドラブは人気で、入荷から1ヶ月ほどで完売いたしましたが、ようやく再生産のメドが立ったため予約を開始しました。ひとつあるだけでオートバイライフが豊かになるサイドバッグ、ぜひ今シーズンお試しください。

 

↑PageTop