大人のBIKE CAMP的“プレ”オフ会!? 「”A-BC” 0.0」


9月末に発売した「大人のBIKE CAMP」は3冊目。年一回のペースでなんとか第3弾まで制作できたワケですが、3年前の第1弾で取材させてもらったW650乗りのキリトさんとその後、仲良くさせてもらっていて(「大人のBIKE CAMP」以外でも取材をさせてもらったり)、「一度プライベートでキャンプツーしましょうよ」と話していたキャンプがあれよあれよと発展し、先日、オフ会的[大人のBIKE CAMP-ver.0.0(ZERO)]をしてきました。


その、W650乗りのキリトさん。軍幕好きでキャンプ好き。古着好きでウンチク好き。おまけに酒も好きでお喋りも大好き。何かにつけて「なんで? どうして?」とスグ聞きたがる編集者の質問攻めにも笑顔で応えてくれるナイスガイ。ただの“こだわり派”……ではなく、ナニに対しても“自分なりの理由”がしっかりとある知的な“癖あり”タイプ(良い意味で、ですw)。


第一回の前のZERO会(ver.0.0)と題した「大人のBIKE CAMP」。キリトさんが中心となり当初個性豊かな6人での開催予定でしたが、急な仕事やバイクトラブルで急きょ2名が欠席。初顔合わせも多い4人でのキャンプとなりました。ver.0.0のテーマは、とりあえず色々と今後についても話そうと、「酒」。


道志エリアのキャンプ場に集まった個性豊かな“大人のバイクキャンパー”。クロスカブのオーナーは紅一点の女性ライダーで、W800とクロスカブの2台持ち。午後まで雨が降っていたためクロスカブで走ってきたそうですが、セローとスポーツスターに乗る2名が急きょ欠席となったことで、たまたま“カワサキだらけの(W650/MACH III/KZ1000)キャンプミーティング”!? にもなった当日。「W800で来ればよかった〜」とずいぶん悔しがっていました(笑)



この日の東京都心部は、天気予報に反して午後までダラダラと雨が降り続いていたため意を決してカッパを着て出発しましたが、中央道・相模湖インターに着くとウソのような晴れ間も見える回復ぶり。前泊キャンプをしていたキリトさんから「道志は晴れてるよ」とメッセージをもらっていたのですが、山を一つ越えただけでこうも天気が違うとは。オートバイでツーリングしているとこうした何気ない不思議によく遭遇するものですが、“雨からの急な晴れ”ほど嬉しいモノはありません。カッパを脱いだ瞬間に湿ったジーパンを吹き抜ける風の爽快さったら、もう最高です。


僕が到着したのは3番目。設営前にプシュッとビール(キリトさんはワンカップ)で乾杯。そしてテントを立てた頃にマッハ3に乗るチュンさんも到着。


なかなか見かけることがない普段使いしているマッハ3。しかも後期型。旧車ミーティングであればまだしもココはキャンプ場。おまけに荷物満載。なかなかの光景です。

じつはオーナーのチュンさんと会うのは約20年ぶり。ぼくがストバイ編集部に入ったばかり頃、原宿でアパレルショップを切り盛りしていたチュンさん、当時から英国カルチャーやロッカーズが好きなのは知っていましたが、マッハ3で大人のロッカーズ・スタイルを楽しんでいるとは恐れ入りました。しかもキャンプツーまで。


とかなんとか昔を思い出したり、バイク話をしたり……いつまで経っても立ち話が終わらないので(笑)、明るいうちから焚き火を囲んで宴スタートです。焚き火の隣にはキリトさんがみんなに振る舞ってくれたサイコーのアテ、厚揚げ。僕は今シーズン初のおでんで白ワインをはじめました。


テーマは「酒」、といえば聞こえはいいですが、夜が更ければただのアウトドア飲み会。楽しくたっぷり飲みました。


チュンさんのマッハ3。積載バッグ類を黒で統一し、さらにリアシート上に高く積み上げ過ぎないことで、荷物満載でもマッハのスピード感を損なっていないスマート積載。
ストバイ製SIDE CARGO PACKも愛用してくれている紅一点のKさん。こちらも荷物満載ながら、クロスカブのキャリアを上手に活用しています。手前味噌ながらサイドバッグ、雰囲気GOODですね〜(笑) 次回はぜひW800で!!


こちら主催キリトさんのW650。日本軍製の当時物ケースを愛用する軍物ラバーな積載はベテランの香りも漂います。


ぼくのKZはラージサイズのSIDE CARGO PACKを左右に振り分け、リアシートにはテントやテーブル等の長モノを積載したいつものスタイル(だからって写真がずいぶん雑ですね……スミマセン)。


案の定、酒にまかせてワイワイ楽しんでしまい、肝心の“今後”については煮詰められませんでしたが……オフ会的大人のBIKE CAMP、略してAdult OnlyなBIKE CAMP……A.B.C.。世代的にはA.P.C.ですが、A.B.C.。正しくは、A-B.C.!? (要一考!?) 少しずつ広げていけたらと思っています。

箱根W1ミーティング 2022-10-9


先週日曜日(10/9)に開催された秋のW1箱根ミーティング。

午後から雨予報でもあったため、春開催に比べると参加者は少なめでしたが、それでも相変わらずの盛況ぶり。ズラッとW1ファミリーが(メグロシリーズ & W650 & W800)が並ぶサマは圧巻です。


中心はやはりW1シリーズですが、旧車ミーティングにはめずらしく、SにSAのタンクやシートが付いていたり、SAにSやW3の外装が付いていたり、W3にSAのマフラーが付いていたり……良い意味で「オリジナルにウルサクない」のも魅力。ボルト一本までオリジナルにこだわる世界もありますが、そうした意味ではW1ミーティングはずいぶん気軽に参加できる旧車ミーティングかもしれません。

 


すでに40年、40万キロ以上走り続けているW1界では有名な浦さんのW1S。今回も北海道から当たり前のように自走で参加です。やはり日々メンテナンスされていて走っているオートバイは不思議とオーラがありますね。

 


W1のルーツでもあるメグロが見られるのも嬉しいですね。K3の参加も期待してます。

 


W3、W3カラーのW800、W800、そして再びW3と並んだ、チーム“アズキカラー”。


前回同様、ストバイブースではバッグとムックをスペシャル価格で販売。今回もシートバッグを検討されていたお客さんにご購入いただきましたが、イベント特価はいつものセールよりもお得なのでぜひお声がけください。また嬉しいことに、駐輪場ではストバイバッグを装着したW1も多数目撃。ありがとうございます。

 

また春にお会いしましょう!!

大人のBIKE CAMP VOL.3 、9月26日発売です。


『大人のBIKE CAMP VOL.3』
バイクキャンプの“原点回帰”カタログ。

毎年秋に発売している「大人のBIKE CAMP」シリーズの第3弾が9月26日に発売となります。

キャンプブームの影響で“キャンプ時間の充実”ばかり注目される昨今ですが、「キャンプも主役、移動も主役」がバイクキャンプのイイトコロ。

というわけで、第3弾の『大人のBIKE CAMP』では、バイクキャンプの原点回帰をコンセプトに、“キャンプの充実と積載の両立”を考え直しました。

荷物を増やし過ぎずに、いかにキャンプ時間を充実させるか? 一方で、積載を気にするあまり荷物を減らしてばかりでは、せっかくのキャンプが楽しめません。

ある意味、バイクキャンプを始めたときから、誰にとっても課題となる基本のキ。なんとなく抱えている“不安”や“ギモン”をここらで解決しましょう。

 

 


“オトナの趣味性”をくすぐる、コンパクトテント+タープの世界。

キャンパーの世界で「コレができたら一人前」と言われる、通称“小川張り”に代表される〈コンパクトテント+タープ〉の世界。ルーツをさかのぼると、そこには“実用”と“自由”なんてキーワードも出てくる!? “オトナの趣味性”をくすぐる世界が広がっていました。タープの基本から、“小川張り”誕生の背景、すぐに役立つコンパクトテント+タープ・カタログまで、バイクキャンプにおける「タープのギモン」に答えます。

(タープを知る/コンパクトテント+タープカタログ/知ってる? 小川張り/軽量ソロタープ/使えるハンマー/軽くてタフなペグ/たっぷり前室付きテント)


完全保存版!! 積載の悩みを解決する「徹底積載大全」。

「なぜそう積むのか!?」……オートバイの仕組みを知った上での積載と、ただ積み上げるだけでは、道中の安心感も楽しさもまるで別モノ。意外と知らない“オートバイと積載の仕組み”を復習し、コードやフック等の“積むための小物”を把握、そして最新積載バッグカタログまで、バイクキャンプに特化した積載だけでたっぷり26Pボリュームでお届けする積載大全。

(積載にまで影響するオートバイの仕組み/積む&縛る“向き”/フックは作る/キャリアを知る/サイドバッグ&ケース/専用パニアを作る/新世代シートバッグ/汎用タンクバッグ/リアショック調整で別世界)


走りも変わる!? “軽さ”を楽しむギア選び。

山岳キャンプほど気にする必要はありませんが、荷物の“軽さ”はそのままオートバイの走りにだって直結する要素。わずか数百グラムの違いでも、そこはチリツモ。キャンプギアを詰め込んだバッグがズッシリと重たいか、スッと持ち上げられるか、それだけでもバイクキャンプの気軽さは変わる!?

(アンダー500gで探す焚き火台/アルコールストーブを持とう/軽くて使えるイス&テーブル/やっぱり万能!? アルミクッカー/気になる“軽ギア”)


レジャー感覚で冒険する、原二キャンプの世界。

小さいからこそ、気持ちはデッカく、旅は豊かになる!? “カブキャン”を筆頭に、いまオトナ世代をもっとも夢中にさせる、手軽に「週末を冒険に変えてくれる」原二キャンプの魅力を解剖します。

(パート1「元祖キャンプギアな、カブ」/パート2「HONDA Monkey125」)


古いからこそ、工夫が楽しい!? 旧車でもバイクキャンプ

旧車……といっても、とびきりクラシックなイギリス製モーターサイクルでバイクキャンプを楽しむヒトビトがいる。静岡・掛川にある〈ROLLING’S MOTORCYCLES〉は、旧車でもたくさんのキャンプギアを積載するための工夫を楽しむ珍しい英車専門店。「積載大全の続き」的な目線でも楽しめる“旧車でもキャンプ”な世界。

(登場バイク)1926 NORTON MODEL18/1973 TRIUMPH TR5T/1975 NORTON COMMANDO 850 Hi-Rider/1939 VELOCETTE MAC MDD/1938 NORTON MODEL18

 

CONTENTS-目次

■ギアカタログ-part.1
「HAVE A NICE LIVING!」そろそろタープ攻略しませんか?

■ギアカタログ-part.2
「LIGHT & FAST」走りも変わる!? “軽さ”を楽しむギア選び。

■積載大全-FOR FUN TOURING-
キャンプツーは積載次第!?

■「旅がダイナミックな、オトナの原二キャンプ」
~レジャー感覚で冒険してみませんか?~

■「旧車でもキャンプ」
~古いからこそ、工夫が楽しいバイクキャンプ~

■ヤマハ流ネオクラシックの回答!?
――YAMAHA “new” XSR900

■手段としてのバイクキャンプ考。
――牛田浩一(B.O.W)

■秋冬寝床研究会

■ズボラが美味い!? オトナの二輪メシ。

ご注文は全国の書店、またはAmazonにて。

↑PageTop