[KZ1000]キャンプが好きなヒトは、家で無意識にTVをつけないヒト!? その1


秋晴れが気持ちよかった先週の水曜日。関越道にのって再びキャンプツーに行ってきました。この日の相棒はKZ1000。バイクもキャンプもハイシーズンのいま、隙あらば出かけるようにしていますが、今回はサンプルバッグのテストなんて言い訳もあり、平日の朝から胸をはって仕事という名のツーリングを楽しんできたのでした。


サンプルバッグというのは、以前から作りたいと考えていたラージサイズのサイドバッグの“合皮ブラック”バージョン。シボがあるややクラシックな風合いの合成皮革はタンクバッグと同じ素材。ですが、重量と柔軟性を考慮しタンクバッグ(1.2mm厚)よりも薄い0.8mm厚を採用しています。

防水性が帆布よりも優れている部分はもちろん合皮の利点ですが、作ってみたかったイチバンの理由は「あくまでサイドバッグなんだけど、どこかパニアケースのようなシステマチックな雰囲気」も楽しめるのでは!? なんてトコロ。帆布ではなく、ハリやコシ、そしてツヤのある合皮でブラックを作りたかったのはそんな狙いもあったのでした。いずれにせよ、修正&改良点も含めてもう少し試したいこともあるのでもうしばらくお待ちください。


さて、関越道で向かったのは群馬県みなかみ町。月夜野インターで下り国道17号で苗場方面へ。この道はかれこれ14〜5年間、毎年フジロックで通っていた懐かしのルート。

あの頃はフジロックにやってくるバイク乗りを出迎えるために、サポートブース用の荷物をたんまり積んだハイエース。「仕事でフジロックなんて最高じゃないか!?」と思ったのは最初だけ……で、始まったら5日間風呂にも入らず毎日スノコの上で数時間の雑魚寝(笑) 全盛期の2003〜2010年くらい(?) は、朝9時から明け方5時までヒトの流れも酔っ払いも途切れない異様なお祭りでしたね〜。

毎年フジロックの駐輪場だけでしか会わないバイク乗りも年々増えてきて、不思議とそれが4年も5年も続くと親しくなり仲良くなり身の上話もするようになったり。楽しかったですねぇ。皆さん、いまも元気にオートバイに乗っているでしょうか!? 参加し始めてから10年くらい経った頃には「自由な気持ちで自分のバイクで来ることなんてないんだろうなぁ」なんて気持ちにもなっていましたが、ブース活動を終了した2014年には「もうフジロックはお腹いっぱい」なんて気分でしたね。


そんなことを考えながら、これまで寄り道すらしたことがなかった17号をキョロキョロしながら走っているとアチコチに“りんご直売”の看板。案の定!? 平日にやっている直売所は皆無でしたが、一軒おじちゃんが屋根修理をしている直売所を見つけ声をかけてみると「少しなら売り物あるよ〜」と。明日の朝ごはん決定です。

 

タイトルの「キャンプが好きなヒトは、家で無意識にTVをつけないヒト!?」に、まったく辿りついていませんが……続く。

 

[SR500F.I.]キャンプツーリングでの積載のテーマ……を、ちょっと楽しんでみました。その2


キャンプツーリングでの積載のテーマ……その1 の続き。


ハイ、前回はどうでもいい断酒話で終わってしまいましたが本題の積載。なんだいつもどおりじゃん……と思うなかれ。まぁタンクバッグにサイドバッグはいつもの我が〈ALLDAYS ROADSIDE™️〉シリーズですが、ずっと考えていたイメージ(追求&発展途上中)とはリアシート上に積んだ2つのスタッフサック……


ちょっと前に近所の古着屋で見つけた’80〜’90sのEDDIE BAUERとL.L. BEANのスタッフサック。往年のダウンジャケットやマウンテンパーカを想像させるオールドスクールなアウトドアカラーがもう最高で、見つけた時に嬉しくなり即買いしたのですが、以前から考えていた積載のイメージとは……「’70〜’80年代のアメリカで日本製オートバイでツーリングする若者」


アウトドアブームの昨今、クルマのカラーしかり、オートバイのパッキングも軍モノ系を筆頭に、カーキやサンドベージュにグレー系、そして定番のブラックと……落ち着いたカラーでまとめるのが主流。ですが、同じアウトドアブームでもひと昔前の“明るいアウトドア”カラーを積んでいる方が当時のアメリカっぽいなぁ……なんて妄想からスタートしました。きっかけは当時の古着が好きだったり、GRATEFUL DEADが好きだったり。初期型テイストのSRしかり、1977年KZ1000しかり、以前から’70〜’80年代のアメリカの雰囲気がなんだか好きなんですよね。


とはいえ、自分たちで作ってるサイドバッグもタンクバッグも軍モノ系カーキというわけで、現在はまだ追求途上中ですが、リアシートにオールドスクールな青と赤が並ぶ“明るいアウトドアカラー”はやっぱり狙いどおり良い感じ……と自己満足していたのでした。むしろサイドバッグとタンクバッグはブラックで統一した方がよりアウトドアカラーが映えるのかもしれませんね。

なんて、まぁ遊びの延長で!? テーマを決めた積載もまだまだ楽しんでいこうと思います。


そうした意味でも、大人のBIKE CAMP VOL.4の〈旅のTPO〉は、脳内思考を刺激してくれる企画ですよ!!

 


おまけ

いつもちょっと苦労するベーコンタワー。いい方法はないものか……。

 

[SR500F.I.]キャンプツーリングでの積載のテーマ……を、ちょっと楽しんでみました。その1


9月末に発売した『大人のBIKE CAMP VOL.4』。第2特集「旅のTPO」では、オートバイの積載美ってあるのだろうか? —というギモンから、旅慣れた6人のバイクキャンパーの積載事情を取材してきました。

詳しくは誌面をご覧いただくとして……取材した感想は、誰もが枠に捕らわれていない自由な積載を工夫していて、なんだか同じキャンプツーリングでも“出発前からずいぶん楽しんでいるなぁ”といった印象。


……と、いうわけで。

基本はまぁいつもの積載なんですが、以前から考えていたイメージもあり、少し積載の工夫も楽しみながら一泊キャンプへ行ってきましたので、キャンプツーとともにレポートしてみます。

 


先週は富士山の麓でのキャンプだったので、今回は3時間程度の距離ながらたっぷりと峠道も楽しめる奥多摩エリアへSRで行ってきました。最近少しだけ覚えた(?)ことが、「のんびり休憩してみる」こと。これまでじっくり腰を据えて休憩すると、つい“走る時間”が減ってしまうような切迫感がありましたが、景色のいい場所を見つけたらちょっとだけ積極的に休憩してみることにしています。

今回もパン屋の看板につられて脇道へそれてみると、パン屋の先にそのまま河川敷へ下りられる道がありホッと一息コーヒー休憩。サイドバッグからコーヒーセットを取り出し、あんぱんとともにずいぶんのんびりしてしまいました。

久しぶりにタープポールを2本用意し“小川張り”をしてみましたが、アライテント製ソロタープではやはり意味がありませんでした。


今回のキャンプ場は奥多摩から山梨県に入ったあたりにある〈奥秋テント村〉。テントサイトまでの川を渡る橋が軽自動車がギリギリ通れる幅しかないキャンプ場のため、必然的にソロキャンパーの聖地的な評判もあるところ。さらにリーズナブルでゴミ捨て場もある、バイクキャンパーには最高なキャンプ場。ちなみにこの日は平日だったこともあり、僕を含めてキャンパーはソロで3人だけ。


しかもキャンプ場利用者は300円で入れる温泉までバイクで5分!! 設営でたっぷり汗をかける安心感はやっぱり嬉しい。


作った本のひとり反省会をし、夕飯は1合の米を炊いてカレー。ユニフレームの山クッカーの小さい方+固形燃料での炊飯は、焦げ付きも一切なく超GOODな炊き具合。その後は河岸を変え!? 焚き火でベーコン炙りながらウイスキーをストレートでチビチビと…。


じつは今回のキャンプのもうひとつのテーマが飲み過ぎないこと。

昔からとにかくお酒が大好き。ソロキャンプの楽しみは誰にも邪魔されず延々と飲み続けられること……なんて思っていたフシもあり大抵翌日はグロッキー。で、肝心のバイクも楽しめたもんじゃない。歳のせいか、だんだんコレが本気でツラくなり始め、今回はご飯メニュー+ほどほどのお酒……にチャレンジしたのでした。チャレンジなんて大げさな……と思うかもしれませんが、酔わないと飲んだ気にならないタイプの酒好きならお解りいただけるかと(笑)

当然ながらコレが大正解。眠りは深く、自然の中で目覚める清々しさも初めて!? 体験(笑) 朝からご飯まで食べちゃって……もう最高でした。

というわけで、本題の積載話しは、キャンプツーリングでの積載のテーマ……その2 で。

↑PageTop