大切なのは“姿勢”です。


本日は早々に売り切れてしまった“帆布”オリーブドラブにも負けない勢いで、多くのユーザーさんから大人気のSB SIDE CARGO PACK-IVの“DARK BROWN”をご紹介。

兵庫県在住のKさんが送ってくれたのは、’66年式トライアンフTR6SRへの装着写真。
関西にお住まいで…見覚えのあるこの外観…!? そして端正ながらもビシッとした佇まいのトライアンフ……メールには書いてありませんでしたが、おそらくココは僕らもしょっしゅうお世話になっている布引クラシックス

 


先日のブログでもお伝えしましたが、先月より“帆布”の経年変化実験のためYASが使っていたDARK BROWNを受け継いだワケですが……YASダブロクにもKZ1000(写真撮る前に腰上バラしてしまいました)にもSRにもいい感じに似合うのであらためて「ダークブラウン良い感じ〜」と喜んでいた矢先に届いたKさんからの装着写真メール。


あらためまして……英国車にも似合うことを証明してくれています。まずはKさんの声を……

「あるきっかけで貴誌を購読するようになって、いろいろ楽しませていただいております。そのおかげで、つい勢いで昔からあこがれていたTriumph TR6SR(1966年式)を購入してしまい、とても楽しい思いをしております。責任を取って下さい(笑)」

 

つい勢いで……スバラシイ!! 決して「無理をしてでも買おう」というハナシじゃありませんが、誰でも一回きりの人生……いつ体調が悪くなったり乗れる環境じゃなくなったりするか分かりません。オートバイに乗るか乗らないか!? この二択であれば、間違いなく乗った方が人生は何倍も豊かになりますからね。どのような理由か分かりませんが、わずかでもストバイがKさんの背中を押すきっかけになれたのならば嬉しいかぎり。

…と、喜んでいたらKさんの本題はここからでした。

「本題ですが、サイドのループ状の部分とメインのストラップに、ホームセンターで買ってきたナイロン製のストラップ&バックルを追加することで、肩掛けでライディングするときにもライディング中の振動などによるズレが少なくなりましたよ。また新品に対しいきなり失礼とは思いましたが、バッグをつり下げるための固定用のリングを背面に追加しました。これでさらに使い勝手が良くなり、お気に入りのバッグになりました!!」

 

市販のショルダーバッグでもバタつきを防止するための同様の工夫がされているモノがありますよね。’70年代に軍モノバッグをユーザーさんが工夫してオートバイに取り付けた……サイドバッグのルーツともいうべきそうした雰囲気を大切にするコトもSB SIDE CARGO PACKの大事なコンセプトのひとつ。ワンタッチで取り付けられるようなオートバイ専用設計にしなかった理由はソコにあります。だからこそ、こうした工夫&カスタムは大賛成!!

 

革製や帆布であればクラシカル……ではなく、専用設計ではないバッグを工夫して装着するコトこそが、憧れた時代と同様のリアリティなのです。定番のSB SIDE CARGO PACKがナイロン製のコーデュラ素材なのに多くの旧車にも違和感なく似合う大いなる理由のひとつがココにあります!! …と、あまり続けると説教クサイのでこの辺で。

 

「SB SIDE CARGO PACKは見た目以上に容量が大きく、A4サイズ以上のドキュメントも収納できるので、ツーリングの他仕事にも便利ですね。色々と活用します!! これからも楽しい記事を期待しております」

とのありがたいお言葉いただきました!! Kさん、ありがとうございます。そして豊かな英車ライフを満喫してくださいね〜。いつか取材も!!

 

 

 

ではでは、ずいぶん前にお客さんから送っていただいた、DARK BROWN + W1SAでお別れ!!

Sport Rider復活 & IKONニューステッカー!!

現在シリンダーまで外しせっせと作業中のKZ1000。

ストバイ・インスタグラムではちょこちょこアップしてましたが、現在KZ1000は腰上までバラバラの状態(詳しくは次号でまたお伝えします)……というわけで、4か月車検切れのままだったSR500F.I.を復活。


エンジンオイル交換に加え、1年そのままだったFフォークのオイル交換も行いリフレッシュして車検に。約8年乗りセッティングを繰り返してきたFフォークのオイル量は純正標準の油面+25cc。昨年、IKON製リアサスも純正よりも10mm長い330mmに変更したため、Fフォークの突き出し量はこれまでの15mm→そして10mmと走り比べひとまず12mmで好みのフィーリングに。これまでに誌面でも何度もお伝えしてきましたが、わずか数 ccのオイル量や数ミリの突き出し具合でハンドリングはガラッと変わる。ワケも分からず始めた頃は大変でしたが、分かってくると今の自分の好みや走り方にピタッと合うところが見つかるから、ほんと楽しくてしょうがない。もはやデイトナ製の油面調整ツールはSport Riderの必須アイテム!? ですね。

 

“帆布”サイドカーゴパックのヤレ具合実験のため、YASさんが使わなくなった“ダークブラウン”のサイドバッグを拝借。KZ1000にもSRにもW系にも…もはや何でも似合うこのカラー、ほんと万能ですね。落ち着いた“オトナ感”がいい感じです。

車検に合わせスリップサインが出始めていたタイヤもメッツラー・スポルテック・クラシックからME11 & 77に交換し、ハンドルもデイトナ製’70sハンドル “GT750″タイプから、若干“低く”、ややエンドが垂れている純正アップハンに。車体セッティング&タイヤ効果でスリムなSRがさらにヒラッヒラで超軽快に!! 半年ぶりのSport Riders…やっぱり最高だなぁ!!

 


ちなみに購入すると付いてくるIKONステッカーがリニューアル。こちらも良い感じです。お問い合わせはモーターステージまで。

秋のW1箱根ミーティング、明日は無事に開催予定です。

ここのところ、当日の朝まで不安定な天気予報に悩まされてきたW1箱根ミーティングですが、明日は久々に朝から晴天の予報ということで、予定どおり無事に開催されるようです。久しぶりにきれいな富士山を拝めそうですネ!!

 

↓以下は昨日と同じ内容です。

年2回開催されるカワサキW系バイクのオーナー・ミーティング。神奈川の“W1愛好会”の主催で四半世紀以上にわたり開催されてきたこのイベントは、毎回200台を超えるW1/W1S/W2TT/W1SA/W3などのオーナー達が全国から駆けつける。34回目となる今春のW1“箱根”ミーティングの開催場所は、例年同様の“十国峠レストハウス(R1箱根峠から県道20を熱海峠・伊豆スカ方面に南下約10分)”。希少パーツやノベルティなどの販売、また参加者にはお楽しみ抽選会もあり。マナー/モラルを守る大人のカワサキW系オーナーの方はゼヒ、W情報の交換やW談義に花を咲かせにお越しください。W650/800の方でもWスピリットのある方なら参加OK、W1系にちょっと興味のあるという他機種の方も見学参加可能(参加料500円)です。

■開催日時:10月7日(日)10時受付開始

■場所:十国峠レストハウス駐車場(静岡県田方郡函南町桑原1400-20/TEL0557-83-6211)

■参加資格:W1~W3

■参加費:1000円(参加者名簿・記念写真・記念ステッカーを後日郵送)また他機種の方見学参加は、500円で見学できます(見学希望者は、参加者名簿・記念写真・記念ステッカーの後日郵送はありません)。

●W1愛好会/TEL&FAX0463-93-2735(会長・髙橋)

とはいえ、台風は日本海を通過し北海道方面に抜ける予報。当日の箱根方面の天気は晴れの予報ですが、ただ、日本海側や東北・北海道方面よりお越しになる方は、くれぐれも強風や豪雨など天候や路面状況に気をつけてお越し下さい。そして、無理そうな時は決して無理なさらずに、次回・来春の開催を楽しみにしてください。カワサキWとご自身が無事であれば、またこのW1ミーティングでお会いできるわけですからね。

ではでは、W1 & W系オーナー&ファンのみなさん、明日は箱根・十国峠で会いましょう。/YAS

↑PageTop