ストバイだけじゃなく映画でも!? 「太陽の塔」が9月に公開。


先週、映画「太陽の塔」の試写に行ってきました。最新号のツーリング特集でもその謎に迫った、大阪・千里の丘に立つ、大阪万博のシンボル「太陽の塔」。特集では芸術家・岡本太郎は太陽の塔に一体ナニを込めたのか!? なんてことをテーマにツーレポしましたが、9月公開予定の映画「太陽の塔」も同じ謎に迫るドキュメンタリーでした。

 


今年の春から約50年ぶりにスタートした「太陽の塔」の内部公開。誌面にも少し書きましたが、予約は3ヶ月先までいっぱい。ところがツーリング出発3日前にサイトを見ると万博公園に行く予定の日に偶然、1人分だけキャンセルが出ていました。ところが「俺ツイてるなぁ」なんて喜んだその日は6月18日で大阪地震の日!? しかも万博公園は震源地近く。前日の取材を終え泊まっていた神戸三宮のホテルから万博公園までは大渋滞で、なんとかたどり着くも案の定、万博公園自体も閉園。門には生々しいヒビ割れも。

 


当然ですが、園内に入れないと「太陽の塔」の全景は写真に収められない。地震だから仕方ないとはいえ、こちらも特集取材のメインテーマが門の外からの写真だけじゃページが作れない……呆然としながらも、なんとかできないかと3〜4時間、門の前で寝そべったり背伸びしながら写真を撮っていると……警備員のおじさんがコーヒーをくれ、さらに僕のカメラで写真を撮ってあげるよ、と。落ち込んでたけど優しさに救われました。

 

誌面のメインカットにも使用したこの写真は、地震当日に正門の網越しに200mm望遠レンズで撮影した1枚。

なんでもちょうど今年の春に耐震工事を終えたばかりの「太陽の塔」。そのおかげで万博公園自体は休園にもかかわらず地震から3日後の21日から「太陽の塔」の内部公開だけは再開。地震の影響で当然、予約のキャンセルは多く、21日に再び万博公園を訪れ無事に撮影・取材できたのです。結果としては、万博公園が休園だったことでその日は全部で30人程度の内部公開予約者しか訪れないため、外も中もじっくり堪能することができました。ツイてるんだかツイてなかったんだが……いろんな思いになりましたが、無事に誌面が作れてホッとしました。感謝。

 


大して風がないにも関わらず、目まぐるしく変わった地震当日の空。晴れてたと思ったらどんよりした雲が滞留した重たい空の様子はなんだか東日本の震災の日の空と似てて不気味でした。

 


映画「太陽の塔」では何人もの関係者や識者がインタビューに答えていましたが、僕の結論もあながち間違っていない……いや、むしろイイ線いってる!? なにはともあれ、内部見学はほんとオススメです。

 

Lewis Leathers 40年ぶりのニューモデルは、type:GUITAR WOLF


ストバイ編集部に昨日届いたびっくりニュース!
昨年の20周年記念号での付録キーホルダー(もちろんお持ちですよね!?)でもおなじみ、Lewis Leathersさんがなんでも40年ぶりにニューモデルのレザージャケットをリリースするとのこと。

#723 MEMPHIS JACKET

いまや世界中でライブハウスを満員にし、全身全霊ロックンロールの塊となって疾走し続けるバンド・ギターウルフをイメージしたニューモデル。’70年代にピストルズやクラッシュのメンバーが着用し、オートバイ乗りだけじゃなくロックスターにとってのアイコンにもなったLewis Leathersのレザージャケット。疾走感を求めるオトコ達はいまも変わらず「ルイスが好きなのだ!!」

 


襟は小さめでフロントの開口部もできる限り狭めたメンフィス・ジャケット。ウエストのベルトにはスタッズが施され、肩にはエポレット、さらに背中にはアクションプリーツを装備したオートバイ乗りにとっても嬉しい1着。ライニングにはギターウルフには欠かせないビアーポケット付き!?


ギターウルフといえばZ2乗りでもあるセイジさんが2010年にストバイにも登場してくれましたね。


ロックンロールにも通じるオートバイの魅力をたくさん語ってくれました。

 

今月15日にはそんなギターウルフも登場するLewis Leathers Tokyo1周年パーティも開催されますが、このメンフィスジャケットの発売も15日からだそう。お見逃しなく!!

ではでは〜。

 

No.723 MEMPHIS JKT(Horse Leather) : 17万5000+税
レディース:17万+税
8/15 よりギターウルフHPで先行発売(特典あり)
GO→www.guitarwolf.net
GO→www.lewisleathers.jp

〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉がリニューアル!!

 


長らくweb shopから姿を消していた〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉supported by SOTOですが、さらに使いやすく携行しやすいスグレモノにリニューアルしストバイ・オンラインショプに再登場です。

 

〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉ってそもそもなんぞや? という方に、軽く説明いたします。まず注目して欲しいのは商品名の後ろに付くsupported by SOTOの文字。そう、アウトドアやキャンプ好きにはお馴染みの[SOTO]さんです。愛知県豊川市を拠点に燃焼器具メーカーひと筋38年という老舗メーカーさんのオリジナルブランド[SOTO]は、僕らもキャンプツーでは必ずお世話になっているバーナーやストーブを中心とした燃焼器具を幅広くラインナップ。そのたしかな性能と、使いやすくコストパフォーマンスに優れた製品の数々は、世界的な雪山登山のプロフェッショナルから、僕らのようなオートバイ乗りやキャンプ初心者まで、ほんとに多くのアウトドア好きから熱烈な支持を得ています。僕らも仕事抜きで大好きなブランドです。

 

そんな[SOTO]さんがリリースするアイテムのなかから、日帰りコーヒーツーからロング&キャンプツーまでこなしてくれるアイテムを厳選し、オートバイ乗りに向けたストバイ・オンラインショップだけのスペシャルKITが〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉になります。その中身とは…

●サーモスタック・クッカーコンボ
●アミカス(ストーブ)
●フィールドホッパー(コンパクトテーブル)
●ガス缶(105g)

カンタンにそれぞれの商品を説明いたします。


●サーモスタック・クッカーコンボ  ¥8,000(税別)
コッヘル&マグカップ要らずで珈琲からラーメンまでを実現したサーモスタック・クッカーコンボは、350(ステンレス)/400(チタン)/750(アルミ)mlの3種類のマグと、飲み口にも注ぎ口にもなるシリコン製のフタに、専用のリフター、そして保温/断熱性の高い収納用コジーがセットになったモノ。

 

sb178-38-39-1-a
●アミカス(ストーブ) ¥4,800(税別)

[SOTO]さんのなかではエントリーモデルと言われているストーブ“アミカス”は、リーズナブルな価格設定ながら、“すり鉢”状のバーナーヘッドを持つことで耐風性に優れ、またバーナーヘッド全体から炎が出ることで鍋底全体に効率良く加熱することが可能。また故障にも強く、おまけに着火スイッチ(赤いボタン)付きで安心のライター要らず……[SOTO]さんのラインナップの中では入門編ですが、フツーのキャンプツーならば非の打ち所がないほどの実力者。もちろん[↑]のサーモスタック・クッカーコンボの中に収納できます。収納時:幅40×奥行き43×高さ75mm

 

soto-1soto-9
●フィールドホッパー(コンパクトテーブル) ¥4,800(税別)

ワンアクションで4本のスタンドが飛び出すA4サイズのコンパクトテーブルは、天板に軽量なアルミ、スタンドには強度のあるステンレスを使用し総重量約395gという軽さを実現。もちろん収納時も両手で折りたむだけ。ソロツーでの食事、ファミリーキャンプでのサブテーブルに重宝する逸品。数あるキャンプ用ソロテーブルの中でも使いやすさとコンパクトな収納性はピカイチ!! A4サイズ/高さ78mm。

 

sod-710t_1soto-5
●パワーガス105トリプルミックス ¥540(税別)

刻一刻と気温が変わる自然環境にも対応するパワーガス。量販店でよく見かけるサイズは2つ並べた写真の右側(大きい方)で250g缶。〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉には予備としての携行性に優れ、サーモスタック・クッカーコンボの上部のフタにもフィットする小さなサイズの105g缶がセットになります。

 

 

そして話は〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉に戻ります。

※珈琲ドリップは撮影用に別途用意したものになります。

最近でこそしょっちゅうキャンプツー(正味は野宿ツー!?)をしている僕らですが、数年前まではズブのキャンプ・シロウト。テントもイスもテーブルも、ましてやクッカーなんて編集部にありませんでした。そんなキャンプ初心者の僕らに「キャンプツーって楽しいかも!?」そう思わせてくれたのがこの[SOTO]さんのストーブとテーブルだったのです。気軽に持ち運べ、気軽に使うことができ、気軽にコーヒーやラーメンが食べられたとき、ほんとに贅沢な気持ちになれました。そして少しずつその他の周辺グッズも気になり始めた……というワケです。

そして「そんな感動を皆さんにも伝えたい」と[SOTO]さんに話し実現したのが、上記のサーモスタック・クッカーコンボ+アミカス+フィールドホッパー+パワーガスをセットにしたこの〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉。もちろんSOTOさんでもその他のweb shopでもそれぞれ単体で購入できるアイテムですが、〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉ととしてご購入いただければ……

パワーガス105トリプルミックスをひとつサービスいたします!! さらにSOTOとストバイのオリジナルステッカーも付属!!

わずかなサービスではありますが、それは「オートバイ乗りのキャンプライフを支えたい」という[SOTO]さんの熱い思いとご好意によるもの。

 


もう一度、価格をおさらいします。それぞれ単品だと……
●サーモスタック・クッカーコンボ  ¥8,000(税別)
●アミカス(ストーブ) ¥4,800(税別)
●フィールドホッパー(コンパクトテーブル) ¥4,800(税別)
●パワーガス105トリプルミックス ¥540(税別)
4点合計=¥18,140(税別)


↓↓↓↓↓
〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉だと……
4点合計=¥17,600(税別)
& SOTOとSTREET BIKERS’のオリジナルステッカーもセット付きでご購入いただけます!!

 

それでは使い方の一例をご紹介。

※珈琲ドリップは撮影用に別途用意したものになります。

フィールドホッパー(テーブル)の上に並べたのは、それぞれバラバラにしたサーモスタック・クッカーコンボとパワーガス105gにセットしたアミカス。

↓↓↓↓↓↓

アミカスはもちろんカップの中に収納。そして上部のシリコン製のフタに105gのガス缶カチッと装着しコジーの中に入れれば手のひらサイズに収まります。

↓↓↓↓↓↓

使い方次第で用途は幅広い350(ステンレス)/400(チタン)/750(アルミ)mlの3種類のマグ。アミカス(ストーブ)や専用リフターはマグ内に収納できます。マグ大と小には飲み口にも注ぎ口にもなるシリコン製のフタも付き、収納用コジーは内側にアルミシートを蒸着することで保温・断熱性にも優れています。

 


例えばマグ750(大)でお湯を沸かし、マグ350(小)にドリッパーをセットしコーヒーを淹れ、マグ350(小)をマグ400(中)に重ねてダブルウォールマグにすれば、持ち手も熱くなく保温性にも優れ、シリコン製のフタのおかげで飲み口も熱くない……というスグレモノ。またシリコン製のフタのおかげでお湯も注ぎやすい。さらに専用リフター&ダブルウォールがあることで、冷めたコーヒーを安全・安心に再加熱することも可能。


当然、750mlのマグ大であればラーメンといった簡単な食事も可能です。

 



↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓

すべて収納すると……テーブルを合わせてもこのサイズ感!!
小ぶりなショルダーバッグひとつでもコーヒー&ラーメン・ツーリングに気軽に出かけられる〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉

 

ではでは、この夏〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉とともに「手軽にちょっと贅沢な気持ちになれる」キャンプツーリングを始めてみてはいかがでしょうか?  掛け値なしでオススメです。

GO→〈”HOT CAMP” STARTER KIT〉

↑PageTop